元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

謎会!?

謎会!?

今夜は謎会!?

いや、謎でもなんでもないのですが
なぜだか集まった仲良しグループの呑み会。

なぜ集まったのかは謎。

やっぱり謎会なのか!?

一次会は満員で急遽省略。
早めの二次会、そして三次会と宴は続く。

真夏の夜のおたのしみ♪

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
満月と 出迎えと 豚まんと

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コミュニケーション お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

冷暖自知

人間ていうのは、ほんとうに大事なことがわかるときは、絶対に大事なものを失わないと獲得できないのではないかと僕は思います。

via: こころの読書教室

寂しい あまりにも寂しい

何もわかりたくないと思ってしまうほど寂しい

それでも わかる時、わからされる時がくる

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
台風の影響でちょっとしたトラブル発生

コメント:0 | TB:0 【見逃せない!この1冊】  天命 自覚 観念 

ページTOPへ↑

EDIT

歴史を忘れ直視することをやめないために

【日本ニュース】広島原爆の日:広島平和宣言(全文)

73年前、今日と同じ月曜日の朝。広島には真夏の太陽が照りつけ、いつも通りの一日が始まろうとしていました。皆さん、あなたや大切な家族がそこにいたらと想像しながら聞いてください。8時15分、目もくらむ一瞬の閃光。摂氏100万度を超える火の球からの強烈な放射線と熱線、そして猛烈な爆風。立ち昇ったきのこ雲の下で何の罪もない多くの命が奪われ、街は破壊し尽くされました。「熱いよう!痛いよう!」潰(つぶ)れた家の下から母親に助けを求め叫ぶ子どもの声。「水を、水を下さい!」息絶え絶えの呻(うめ)き声、唸(うな)り声。人が焦げる臭気の中、赤い肉をむき出しにして亡霊のごとくさまよう人々。随所で降った黒い雨。脳裏に焼きついた地獄絵図と放射線障害は、生き延びた被爆者の心身を蝕(むしば)み続け、今なお苦悩の根源となっています。

世界にいまだ1万4千発を超える核兵器がある中、意図的であれ偶発的であれ、核兵器が炸裂(さくれつ)したあの日の広島の姿を再現させ、人々を苦難に陥れる可能性が高まっています。

被爆者の訴えは、核兵器の恐ろしさを熟知し、それを手にしたいという誘惑を断ち切るための警鐘です。年々被爆者の数が減少する中、その声に耳を傾けることが一層重要になっています。20歳だった被爆者は「核兵器が使われたなら、生あるもの全て死滅し、美しい地球は廃墟と化すでしょう。世界の指導者は被爆地に集い、その惨状に触れ、核兵器廃絶に向かう道筋だけでもつけてもらいたい。核廃絶ができるような万物の霊長たる人間であってほしい。」と訴え、命を大切にし、地球の破局を避けるため、為政者に対し「理性」と洞察力を持って核兵器廃絶に向かうよう求めています。

昨年、核兵器禁止条約の成立に貢献したICANがノーベル平和賞を受賞し、被爆者の思いが世界に広まりつつあります。その一方で、今世界では自国第一主義が台頭し、核兵器の近代化が進められるなど、各国間に東西冷戦期の緊張関係が再現しかねない状況にあります。

同じく20歳だった別の被爆者は訴えます。「あのような惨事が二度と世界に起こらないことを願う。過去の事だとして忘却や風化させてしまうことがあっては絶対にならない。人類の英知を傾けることで地球が平和に満ちた場所となることを切に願う。」人類は歴史を忘れ、あるいは直視することを止めたとき、再び重大な過ちを犯してしまいます。だからこそ私たちは「ヒロシマ」を「継続」して語り伝えなければなりません。核兵器の廃絶に向けた取組が、各国の為政者の「理性」に基づく行動によって「継続」するようにしなければなりません。

核抑止や核の傘という考え方は、核兵器の破壊力を誇示し、相手国に恐怖を与えることによって世界の秩序を維持しようとするものであり、長期にわたる世界の安全を保障するには、極めて不安定で危険極まりないものです。為政者は、このことを心に刻んだ上で、NPT(核不拡散条約)に義務づけられた核軍縮を誠実に履行し、さらに、核兵器禁止条約を核兵器のない世界への一里塚とするための取組を進めていただきたい。

私たち市民社会は、朝鮮半島の緊張緩和が今後も対話によって平和裏に進むことを心から希望しています。為政者が勇気を持って行動するために、市民社会は多様性を尊重しながら互いに信頼関係を醸成し、核兵器の廃絶を人類共通の価値観にしていかなければなりません。世界の7,600を超える都市で構成する平和首長会議は、そのための環境づくりに力を注ぎます。

日本政府には、核兵器禁止条約の発効に向けた流れの中で、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現するためにも、国際社会が核兵器のない世界の実現に向けた対話と協調を進めるよう、その役割を果たしていただきたい。また、平均年齢が82歳を超えた被爆者をはじめ、放射線の影響により心身に苦しみを抱える多くの人々の苦悩に寄り添い、その支援策を充実するとともに、「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。

本日、私たちは思いを新たに、原爆犠牲者の御霊に衷心より哀悼の誠を捧げ、被爆地長崎、そして世界の人々と共に、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓います。

平成30年(2018年)8月6日

広島市長 松井 一實

via: 広島市 - 平和宣言【平成30年(2018年)】

広島は今日6日、73回目の「原爆の日」を迎え、平和記念式典が催された。

松井一実広島市長は平和宣言の中で、自国第一主義の台頭、核兵器の近代化などに対して懸念を訴えるとともに、日本政府に対して核兵器禁止条約を核兵器のない世界への一里塚とするための取組を進めることを求めた。

一方、安倍晋三首相は今年も禁止条約には触れず、核の保有国と非保有国の橋渡しに努めると述べた。

この1年で死亡が確認されたのは5393名。奉安箱に納められた原爆死没者名簿は115冊、記載人数は31万4118名となった。

全国の被爆者健康手帳所持者は今年3月末で15万4859名と年々減少を続けており、平均年齢は82.06歳に達した。

次世代にどう被爆体験を伝えていくかが大きな課題になっている。

このまま時間に任せてフェードアウトさせてしまってよいのか?

核兵器をやむを得ないものとして認めてしまってよいのか?

核抑止や核の傘という考え方は極めて不安定で危険極まりない。

人類は歴史を忘れ直視することをやめたとき重大な過ちを犯してしまう。

だからこそ私たちは「ヒロシマ」を「継続」して語り伝えなければならない。

平成30年(2018年)広島平和記念式典
●1年前の今日:
絶対に譲れないことがある

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  戦争 原爆 伝える  自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

満員電車の辛さを教えられました

満員電車の辛さを教えられた 満員電車の辛さを教えられた

君たちに満員電車の辛さを教えてあげます。

via: Twitter / @hikikomorigati

満員電車の辛さを教えられた

見事なまでにペッタンコですね!

まるで布団圧縮袋のようです。

もう何年も満員電車に乗っていませんが、こういう画像を見せられると凄さが伝わってきます。

パンの持ち主が同じように圧縮されていないことを切にお祈りいたします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
うっかり見損ないかけた淀川花火大会

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  満員電車 ビックリ 伝える 

ページTOPへ↑

EDIT

今年も真夏の風物詩を満喫しました

第30回なにわ淀川花火大会

今夜は大阪の真夏を象徴するイベントの一つ、第30回なにわ淀川花火大会でした。

打上げ場所の淀川河川敷からは直線4kmくらい離れていますが、ウチのマンションからも観ることができます。

間近で観るような爆音や臨場感はあまり感じられませんが、淀川付近の混雑とは無縁ののんびりとした花火見物を楽しんでいます。

次女とお母ちゃんは小学校の映画会、長女は学習塾があったので、今年は一人静かに最上階の踊り場でカメラを構えました。

大阪の真夏の風物詩

しかしクライマックスが近づいた頃、二組の親子連れが現れて大騒ぎ。
のんびりとしたムードが一変して賑やかな花火見物となりました。

そして、やはり今年も気になったのは、花火が打ち上がる真正面の方向にあるマンション。

あまり高く上がらない花火を隠してしまうだけでなく、花火が上がるたびにマンションがまるで爆発炎上したように見える姿は、まるで地獄絵図のようですww

けれども今となっては、それも含めて真夏の風物詩となっています。

真正面のマンションが大炎上か!?

淀川の花火が終わるといよいよ夏休みも後半に差し掛かります。

記録的な猛暑が続く今年の夏。
早く涼しくなって欲しいと思いつつ、まだまだ夏は終わって欲しくないとも感じます。

一度しかない2018年の夏を、まだまだ満喫し尽くしたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
旅に出ていました

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  花火  イベント 

ページTOPへ↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT