元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

尊重する人は尊重される

コールセンターで対応する人

客に「プラグがちゃんと刺さっているか?」を確認させたい時、そのまま言っても「当たり前だろ!」って言われてしまう。そこで「プラグを一旦抜いて、もう一度刺してみてください」と言えば、客は「やってみます(アッ!これプラグ抜けてるじゃねえか)…認識されました!」となり、平和的に解決できる

via: Twitter / kazoo04

これスゴイです。

ホントに使えます。

ときどき紹介されている方法なのですが、あまり一般に定着しないのは何故なんでしょう。

という自分も肝心なときには忘れちゃってるんですけどね^^;

営業やコールセンターの仕事でなくたって使えます。

子どもに時間割を確認させたいとき、高齢の親に戸締まりを確認させたいとき、そして調子がイマイチのときの自分に対しても使えますね。

実際にちゃんとやっているかどうかはさておき、相手はちゃんとやっていると思っているわけですから、その気持ちを尊重する態度が大切なのですね。

たいていの人は自分の気持ちを汲んでくれる人の言うことには耳を傾けようとするものです。

じっくり話を聴いてもらえるだけで心が落ち着いて素直になれることがあるのと似ていますね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:ご一緒にいかがですか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  尊重 承認 聴く コミュニケーション 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

しまった! 

たんすいかぶつ君

なんやこれ

via : Twitter / mama_healthy

糖質カットの時代にあって
この逆張り戦略は当たるのか?

っていうか
この弁当を選ぶ人は
ネーミングなんて見ていないだろうけど^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:もっと普及してもよいはず!?

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  油断 

ページTOPへ↑

EDIT

応援されていることを忘れてはならない

批判に耳を傾ける必要はない

「この作品大好き!買っちゃう!」って人が1万人いて、「なんだこれ。買わね」って人が1万人いたら、当然ですが本は1万冊売れるんですよ。決してプラマイで0冊になったりしない。好きだって言ってくれる人の数は重要ですが、好みもあるんだから、嫌いだって人のこと考えてても仕方ないですよ。

via: Twitter / amaneko2

何百人に非難されたって、応援してくれる人の数がマイナスになることはない。
何百人に疑われたって、信じてくれる人の数がマイナスになることはない。

むやみに迷惑をかけるようなことをしない限り、誹謗中傷や反対意見に耳を傾ける必要はない。

たった一人でも応援してくれる人がいるのなら、たった一人でも信じてくれる人がいるのなら、その人のために全力を尽くしたい。

それが自分に与えられたお役目なのだから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
世界淡水魚園水族館ならではのお土産

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  信頼 応援 天命 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

これが虹の端!?

虹の端っこ

生まれて初めて虹の端っこを見た。

via: Twitter / utstar_

エッ!? これ本物?

だとしたらスゴイ!!

虹の根元には宝物が埋まっているとか
虹の端を見た人は幸運を手にするとか
ラッキーな迷信があるようですが
写真を見ただけでも
何かイイことあるかな?

っていうか
こんな珍しいもの見れただけでも
良かったってことは確かですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ありがとう! 吉田沙保里さん

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ラッキー 珍しい  

ページTOPへ↑

EDIT

偶然とは思えないくらいのカオナシ

この扇風機めっちゃカオナシ

バブエちゃんに言われて気づいたけど扇風機めっちゃカオナシ

via: Twitter / M__zales

たしかにカオナシがいるww

しかも
めっちゃカオナシ!!

いや、ただ
それだけのことなんですが…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
蚊取線香の携帯にはCDケースがピッタリ!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  そっくり 空目 勘違い  

ページTOPへ↑

EDIT

目を見張る成長ぶりが嬉しかった長女の誕生日

14年前の今日、長女が生まれてきてくれました。

随分と久しぶりに熱帯夜を免れた朝。

薄雲に覆われていたものの爽やかな夜明けでした。

今日は長女の誕生日。

14年前の今日、彼女は生まれてきてくれました。

お盆休み中の誕生日なので毎年当日に誕生日会を開いています。

ですが、今年は明日までお預けとなりました。

というのも、一昨日から三日連続で学習塾の特訓講座に参加しているからです。

朝から晩までびっしりカリキュラムが詰まっています。

体力・気力・学力ともについていけるか心配しましたが、21時過ぎに無事帰宅。

思いのほか成果が上がったようで、授業やテストの様子を興奮気味に話して聞かせてくれました。

我が娘ながら、よく頑張りました。

おとなしめのわりに何にでも挑戦するタイプで好奇心も強い方ではありますが、そのキモチにパワーやテクニックが追いつかないことが少なくありませんでした。

しかし、確実に地力を高めてきています。

親の予想以上に逞しく成長してくれています。

明日の誕生日会、楽しみだね♪

いっぱい焼肉食べてください。

お誕生日 おめでとう!

お誕生日 ありがとう!

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
親になって13年経ちました

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 誕生日 成長 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

大人も相談したくなるレベル!

チューリップ

「種と球根は何が違うの?一年生のときにチューリップを育てて、今年はそだたなかったんですけど、ゴーヤを育てた。」

先生「チューリップは本気になったら種も取れるの」

お友達「えっ」

「種作らしてしまうと球根の栄養がみんなそっちにいってしまって球根できない。チューリップ一個咲いたら種50個くらいはできるの」

「えっ」

「増やそうと思ったらどっち使う?」

「種」

「そやね。けど球根は親とおんなじ色咲かせる。種より早く花が咲くの。タネはどんな色の花が咲くかわからないの」

「えっ」

via: #夏休み子ども科学電話相談 - Togetterまとめ

えっ!
そうなん!!

種ができるのは知っていましたが
なぜ種を使わないのかは初耳でした。

知的好奇心をくすぐるガチ回答!

恐るべし、夏休み子ども化学電話相談。

大人も相談したくなるwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
淡々と繰り返される真夏の行事

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  こども 質問 本気 

ページTOPへ↑

EDIT

小野小町のインスタ見てみたい!

中学校の先生が「最近の若い人は感動した時に写メを取りますね。どんどん取りなさい、その時の気持を覚えておきましょう。それは、昔の人が俳句や和歌を読んだのと同じ理由なんですよ。あなた達の感性と同じなんですよ」とおっしゃっていたこと、思い出しました。

via: Twitter / supan_caall

イイなぁ コレ。

なるほど! 納得です。

写メする人が全て俳人や歌人たちと同じ感性だとは思いませんが、多くの人に当てはまることは間違いないのではないでしょう。

そう考えると、あまり馴染みのない古典や詩歌も解りやすくなりますし、自分の感覚として体験できるから直感的に理解できます。

こういう視点を持てると勉強も楽しくなりますね。

写真を撮るという行為は情報を切り取ってインプットするだけのようにみえますが、表現という面からみるとアウトプットの要素も多分に持ち合わせています。

何に感動して何をどう撮ったか?
そこには多かれ少なかれ個性や生活環境が現れ出ます。
明確なアウトプットがなくとも現れ出たものはその人の表現そのもの。

撮った写真をSNSなどに投稿すれば文字通り表現であり、昔の俳句や和歌と同様の感性が働いていると考えることは自然なことだと思います。

逆に言うと、昔の俳人や歌人が現代に生きているとしたら、きっと写メ撮りまくって、Twitterやインスタにガンガン投稿しているでしょうね。

もしかして彼らも「イマドキの若いヤツ等は何かにつけてスグ詠むからな…」とか、当時の年寄りたちに言われていたんでしょうか?

っていうか、小野小町のインスタ凄いだろうな。
100万フォロー間違いないよな。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
まさに酷暑

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感動 表現 感性 映像 コトバ 

ページTOPへ↑

EDIT

ノーモア ヒバクシャ

長崎平和宣言 長崎平和祈念式典 2017年8月9日

「ノーモア ヒバクシャ」

この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。

核兵器を、使うことはもちろん、持つことも、配備することも禁止した「核兵器禁止条約」が、国連加盟国の6割を超える122カ国の賛成で採択されたのです。それは、被爆者が長年積み重ねてきた努力がようやく形になった瞬間でした。

私たちは「ヒバクシャ」の苦しみや努力にも言及したこの条約を「ヒロシマ・ナガサキ条約」と呼びたいと思います。そして、核兵器禁止条約を推進する国々や国連、NGOなどの、人道に反するものを世界からなくそうとする強い意志と勇気ある行動に深く感謝します。

しかし、これはゴールではありません。今も世界には、1万5000発近くの核兵器があります。核兵器を巡る国際情勢は緊張感を増しており、遠くない未来に核兵器が使われるのではないか、という強い不安が広がっています。しかも、核兵器を持つ国々は、この条約に反対しており、私たちが目指す「核兵器のない世界」にたどり着く道筋はまだ見えていません。ようやく生まれたこの条約をいかに活かし、歩みを進めることができるかが、今、人類に問われています。

核兵器を持つ国々と核の傘の下にいる国々に訴えます。

安全保障上、核兵器が必要だと言い続ける限り、核の脅威はなくなりません。核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください。核不拡散条約(NPT)は、すべての加盟国に核軍縮の義務を課しているはずです。その義務を果たしてください。世界が勇気ある決断を待っています。

日本政府に訴えます。

核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。日本の参加を国際社会は待っています。

また、二度と戦争をしてはならないと固く決意した日本国憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、核兵器のない世界に向けて前進する具体的方策の一つとして、今こそ「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めます。

私たちは決して忘れません。1945年8月9日午前11時2分、今、私たちがいるこの丘の上空で原子爆弾がさく裂し、15万人もの人々が死傷した事実を。

あの日、原爆の凄まじい熱線と爆風によって、長崎の街は一面の焼野原となりました。

皮ふが垂れ下がりながらも、家族を探し、さ迷い歩く人々。黒焦げの子どもの傍らで、茫然と立ちすくむ母親。街のあちこちに地獄のような光景がありました。十分な治療も受けられずに、多くの人々が死んでいきました。

そして72年経った今でも、放射線の障害が被爆者の体をむしばみ続けています。原爆は、いつも側にいた大切な家族や友だちの命を無差別に奪い去っただけでなく、生き残った人たちのその後の人生をも無惨に狂わせたのです。

世界各国のリーダーの皆さん。被爆地を訪れてください。

遠い原子雲の上からの視点ではなく、原子雲の下で何が起きたのか、原爆が人間の尊厳をどれほど残酷に踏みにじったのか、あなたの目で見て、耳で聴いて、心で感じてください。もし自分の家族がそこにいたら、と考えてみてください。

人はあまりにもつらく苦しい体験をしたとき、その記憶を封印し、語ろうとはしません。語るためには思い出さなければならないからです。それでも被爆者が、心と体の痛みに耐えながら体験を語ってくれるのは、人類の一員として、私たちの未来を守るために、懸命に伝えようと決意しているからです。

世界中のすべての人に呼びかけます。最も怖いのは無関心なこと、そして忘れていくことです。戦争体験者や被爆者からの平和のバトンを途切れさせることなく未来へつないでいきましょう。

今、長崎では平和首長会議の総会が開かれています。世界の7400の都市が参加するこのネットワークには、戦争や内戦などつらい記憶を持つまちの代表も大勢参加しています。被爆者が私たちに示してくれたように、小さなまちの平和を願う思いも、力を合わせれば、そしてあきらめなければ、世界を動かす力になることを、ここ長崎から、平和首長会議の仲間たちとともに世界に発信します。そして、被爆者が声をからして訴え続けてきた「長崎を最後の被爆地に」という言葉が、人類共通の願いであり、意志であることを示します。

被爆者の平均年齢は81歳を超えました。「被爆者がいる時代」の終わりが近づいています。日本政府には、被爆者のさらなる援護の充実と、被爆体験者の救済を求めます。

福島の原発事故から6年が経ちました。長崎は放射能の脅威を経験したまちとして、福島の被災者に寄り添い、応援します。

原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は、核兵器のない世界を願う世界の人々と連携して、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くし続けることをここに宣言します。

2017年(平成29年)8月9日

長崎市長 田上富久

via: Huffington Post Japan

長崎は今日、72回目の原爆忌を迎えました。

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典には、核保有国を含む58カ国の代表と被爆者や遺族らが参列し犠牲者の冥福を祈りました。

この1年間で死亡が確認された3551人の原爆死没者が名簿に書き加えられ、長崎原爆の死没者は計17万5743人となりました。

田上市長は平和宣言の中で、国連で核兵器禁止条約が採択されたことを被爆者の長年の願いが形になったとして意義を強調するとともに、核兵器廃絶に向けた歩みをさらに進めることの重要性を訴えました。

そして、先の広島平和宣言と同じく、条約に反対する核保有国や日本を含む核の傘の下にある国々に対して核兵器に依存する安全保障の在り方を見直すよう強く求めました。

これに対して安倍首相の挨拶には、広島に引き続き条約についての言及はありませんでした。

今年もまた政治色の強い平和宣言になりましたが、核兵器禁止条約の話題が大きく取り上げられ、極東におけるきな臭い動きが活発になっている昨今、当然のことであろうと思います。

外交や国際政治には一筋縄では解決できな問題が山積している上に、難しい駆け引きが要求されますから理想や正論だけを声高に訴えることはできません。

しかし、世界唯一の被爆国であり、多くの罪のない市民の生命を失った我が国において核兵器廃絶の実現は責任であり悲願です。
キレイ事だけでは済まない難局もあるかと思いますが、とるべき進路の先にある核心部分については、日本国民の意志として常に明確にし決してブレることがあってはなりません。

被爆国の原点。

決して忘れてはならない譲ることのできない絶対条件です。

これだけは絶対に譲れないという姿勢を堅持するよう政府関係者に強く希望します。

長崎平和祈念式典2017
●1年前の今日:
核兵器の歴史は不信感の歴史です

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   戦争 原爆 日本人 天命 責任 

ページTOPへ↑

EDIT

満月と 出迎えと 豚まんと

今日は満月。月食も観られるようです。

リムジンバスの車窓から大きく赤い月が観えました。

伊丹空港から大阪市内へ向かうハイウェイはいつものように混んでいます。

青森県へ帰省していた母親は一日遅れで無事に戻ってきました。

今日は満月。

明日の未明から明け方にかけては月食もあるようです。

まだまだイイことありそうな予感。

そう言えば、空港で蓬莱の豚まんを買って帰りました。

ひさしぶりの551。

愛娘たちも歓迎してくれることでしょう!

楽しみです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
史上最速でも長かった道のり

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   家族 551の豚饅 歓迎 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

台風の影響でちょっとしたトラブル発生

【台風5号】 久しぶりに関西直撃

台風5号は非常にゆっくりとしたスピードで日本列島に沿って進んでいます。

関西も久しぶりに直撃をくらいましたが、ウチの近所では今のところ大きな被害は出ていないようです。

ですが、実はウチには少しばかり被害が出ました。

というと大げさなのですが、ちょっとしたトラブルです。

先月末から青森県に里帰りしていた実母は、今日の夕方の飛行機で帰阪する予定でした。

ところがこの天候です。

1つ前の便は早々に欠航が発表されました。

が、母が搭乗する予定の便は出発予定のままです。

しかし、出発の1時間前になって出発遅延の発表が出ました。
さらにその後、出発はするものの伊丹空港に着陸できない場合は羽田か福岡に向かうこともあると案内されました。

青森空港までは親戚が見送りに来てくれていますが、その先は母一人です。
慣れない空路、しかも全く違う土地に降ろされるのは不安が大き過ぎます。

もちろん航空会社が宿も代替便も用意してくれるはずなのですが、大事をとって明日の便に変更しました。

往路でも機材トラブルで1時間遅れになりましたが、帰路は24時間遅れとなる予定です。

母が再び親戚宅へ戻った直後、搭乗する予定だった飛行機が伊丹に着きました。

予定通り乗っていれば今頃は… などと思うキモチもなくはありませんが、年寄りで特に忙しい身でもないので、安全策をとって間違いはなかったと思います。

親戚宅から電話してきた母の声が落ち着いていたのが何よりです。

さて、明日は無事に帰って来れるでしょうか?

今は心配もあることでしょうけれど、無事に帰ってこれさえすれば、このくらいのトラブルなら旅の醍醐味として良い思い出になるに違いありませんね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
なんか悪いことしでかしちゃったかな!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  台風   想定外 安全 安心 

ページTOPへ↑

EDIT

うっかり見損ないかけた淀川花火大会

第29回なにわ淀川花火大会

今夜は第29回なにわ淀川花火大会でした。

が、実は…
うっかり忘れておりました^^;

次女はお母ちゃんと一緒に学校の映画会へ行っていましたし、自分と長女ものんびりテレビを観たりしながらくつろいでいました。

それでも聴こえてくるんですね。

打上げ場所の淀川河川敷からウチまでは直線4kmくらい離れていますが、花火が始まると数秒遅れで聴こえてくる轟音で気づきます。

そして北側の開けた階段の踊場からは花火もよく見えます。
淀川付近の混雑とは無縁ののんびりとした花火見物ができます。

今年は適度に風も吹いているので意外に涼しいですし、煙が立ち込めて花火が隠れることもありません。

第29回なにわ淀川花火大会

ただ、ちょっと問題もありまして、花火が打ち上がる真正面の方向にあるマンションが、あまり高く上がらない花火を隠してしまうようになりました。

それだけでなく、花火が上がるたびにマンションが爆発炎上したように見えるというオマケ付き。その様子はさながら地獄絵図のようですww

まぁ今ではコレも見どころの一つになってるんですけどね(^^)v

第29回なにわ淀川花火大会

というわけで、もう一枚、別の角度から撮った十三新之介さんのビデオからこっそりキャプチャさせていただいた画像を貼っておきます。

第29回なにわ淀川花火大会

新之介さん失礼します。ありがとう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
イロモノではない! アーティスティックな奇策

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  花火  イベント 

ページTOPへ↑

EDIT

旅に出ていました

月曜から旅に出ていました。

今朝、帰宅したところです。

久しぶりの飛行機は機材トラブルで出発遅延

久しぶりの飛行機、伊丹空港から青森を目指します。

ところが、機材トラブルで搭乗できませんでした。

いきなりケチがつきましたが、トラブルも旅の醍醐味のひとつ。ある意味で楽しいものです。

時間に余裕がありましたし、喫茶券をもらって軽いランチもいただけたし、ブログのネタにもなったので良かったです。

果たして代替機が準備され一時間遅れで出発しました。

岩木山の麓はリンゴ果樹園が拡がっています

今回の旅の目的は、実の母を帰省させることでした。

八十歳も近くなってきたので、元気なうちに故郷の親戚を訪ねさせてあげたいと思い、本人もそう希望したので同行したというわけです。

母の実家は津軽富士・岩木山の麓にある山間の村。昭和初期に母の両親(自分にとっては祖父母)たち四十数名が入植して拓いた開墾地です。

戦後は村で生まれた子どもたちも住んでいたので活気もあったようですが、今は限界集落さながらの寂れ具合。

現代風に建て替えられた家屋も目につきますが、小学校も統廃合でなくなり、自分が子どもの頃に遊びに来た時と比べても寂しくなっていました。

そして、母の生家は既に建物自体が撤去され草むらになっていました。

ですが、リンゴ畑は親戚が引継いでくれているので現役で稼働中。
かろうじて故郷の印を残してくれています。

念願の墓参が実現

この村のはずれにある墓地に母の両親の墓があります。
この墓をお参りするのも旅の目的のひとつでした。

子どものころ訪れたときは、ただの石ころがならんだだけの原始的な墓場でしたが、立派な墓石が並べられていて驚きました。

子孫たちの多くは里に下りていってしまいましたが、厳しい環境の中、苦労に苦労を重ねて拓いた祖父母たちは、どんな気持ちでここに眠っているのでしょうか。

そして、ここで生まれ育った母は、どんな気持ちで墓参したのか。
深く聴いてみることもなく、淡々とお参りを済ませて山を後にしました。

関西から遠く離れた津軽、母方の親戚は滅多に会えない人たちばかりですが、自分たち親子を温かく迎え入れてくれました。

遠い親戚より近くのなんとか等と言いますが、滅多に会えないからこそ、かけがえのないご縁を感じるということもあるような気がします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
モッチモチのアザラシ大福!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  旅行 親子 故郷 墓参り 親戚  感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

豚まんの「ざぶとん」は天然木の薄板に限る

豚まんの底の薄板がキレイにめくれた!

551の豚まん食べたことある人ならこの嬉しさが分かっていただけるハズ

via: Twitter / muginomaki

わかります。
わかりますとも!

ホント滅多にないんですよね。
こんなにキレイにめくれるのって。

まぁね。薄板にへばりついた皮を歯で削ぎ取るっていうのも豚まんの醍醐味ではあるんですけどね。

でも、やっぱりキレイにめくれると気持ちイイですね。

キレイにめくれた時って、気持ちイイだけじゃなくて豚まん本体がしっとりしていて美味しいですよね。

ちなみに、底に敷くのは薄板に限ります。

グラシン紙のようなクッキングシートが敷かれた豚まんも出回っていますが、蓬莱のような薄板の方が断然イイですね。

蓬莱の場合、あの薄板は四国産の松の木で「ざぶとん」と呼ばれています。
あの松の木の香りが豚まんの味をより一層ひきたてているのだそうです。

そういえば一昔前までは、たこ焼きも薄板の船に入っていましたし、駅弁なども木の箱で売られていましたね。

天然木は調湿機能が優れている上に香りがイイので多用されていましたが、昨今はプラスチックや紙に替わってしまい実に残念です。

蓬莱さんには松の木の「ざぶとん」を継続していただきたいと願ってやみません。
これからもずっと、美味しい豚まんとキレイに「ざぶとん」がめくれた時の楽しみを味わえるように…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ただならぬ親子

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  美味 料理 プロフェッショナル  

ページTOPへ↑

EDIT

探し当ててみたくなる場所

隠された東京スカイツリー撮影ポイント

隠された東京スカイツリー撮影ポイント。
この景色を探すのに30分くらい歩いた。

via: Twitter / Ne9neQ

2年くらい前に話題になった写真だけど、コレ何度も見てもスゴ~イ!

矢印をピッタリ合わせて撮っているだけじゃなくて、標識の意味もリンクしてるところが尚スゴイ!

634mより高い建物の建設禁止(これより追越しのための右側部分はみ出し通行禁止)
これより立ち止まっての眺め禁止、350mで満足せず450mの第二展望台へ(これより駐車禁止)
徒歩でご来場ください(横断歩道あり)

via: Twitter / Ne9neQ

来週 東京に行くので、このポイント探してみようかな。

行ったからどうってことないのだけれど…
なんだろう? このプチ探検してみたい衝動!

一番の課題は、好奇心が猛暑に勝てるかどうかだ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
無性に惹かれる便利グッズ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  好奇心 探検 お気楽 

ページTOPへ↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT