元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

鉄道の計画運休が救った生命は数え切れない

台風21号が通過して丸一日が経過しました。

一夜明けた今朝、参拝散歩に出てみて驚きました。

公園の桜の木が何本も折れたり倒れたりしていて、いつものコースが通行不能になっていました。

昨日の時点で見聞きしていた様子を遥かに上回る荒れっぷりです。

台風の爪痕は予想以上に深く大きいものでした。

午後2時過ぎの暴風雨の恐怖が蘇ってきます。

関西の鉄道ほぼ全線で計画運休

近畿で実施された今回の計画運休。専門家は「不要不急の外出自粛や会社の休業を促し、駅での大きな混乱を防いだ」と評価しています。

via: Twitter / @mainichi

「計画運休なんて大げさ過ぎるんじゃないか」
3日の時点では多くの関西人がそう思っていたでしょう。
4日の午前中も晴れていましたからね。

でも、この判断は正しかったと今では断言できます。

早々に鉄道が運休を決めたことで企業や商業施設が休業の判断をしやすくなりました。
学校も早い段階で休校を決めることができました。

数十年ぶりの暴風雨や高潮に見舞われ、屋根が飛び、車は横転し、街路樹や電信柱はなぎ倒されました。

にも関わらず、人的被害や混乱は最小限にとどめられたと言っても過言ではありません。

これは奇跡ではありません。
紛れもなく鉄道各社の計画運休による減災です。

窮地に陥った多くの人命を救った人はヒーローとして皆に名を覚えてもらえる。 他方、台風を見越して一日前に運休を決めることで多くの人命を窮地に陥らせない判断を出来た鉄道鉄道会社の人達の名前を僕らは知ることはないけど、彼らこそが名もなきヒーローだよな

via: Twitter / @Isaacsaso

これまで他社が運休しても止まることのなかった京阪電車でさえ、全線ストップを決断しました。

あの阪神淡路大震災の時ですら動いていた京阪がです。
苦渋の決断であったことは予想に難くありません。

しかし、そのおかげで都心での大混乱を防ぎ、多くの人命を救うことができました。

災害時は警察や消防、自衛隊のみなさんが自らの身体をはって活躍してくれていることはよく知られていますが、今回はそれにプラスして鉄道各社の英断がただならぬ減災に寄与したことは間違いありません。

役割を全うしてくれた方々には本当に頭が下がります。
この事実を多くの人に知ってもらいたいです。

そして、自分たちにも減災できる間接的な行動があるに違いないということを強く心に刻み込みました。

「備えあれば憂いなし」
それは自分のためであり社会全体のためでもある。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

鉄道各社の計画運休が救った生命は数え切れない
●1年前の今日:
誰にも向けずにキモチをぶちまけるワーク

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  台風 防災 役割 責任  天命 感謝 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/4480-b2124081

PREV | PAGE-SELECT | NEXT