元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

小野小町のインスタ見てみたい!

中学校の先生が「最近の若い人は感動した時に写メを取りますね。どんどん取りなさい、その時の気持を覚えておきましょう。それは、昔の人が俳句や和歌を読んだのと同じ理由なんですよ。あなた達の感性と同じなんですよ」とおっしゃっていたこと、思い出しました。

via: Twitter / supan_caall

イイなぁ コレ。

なるほど! 納得です。

写メする人が全て俳人や歌人たちと同じ感性だとは思いませんが、多くの人に当てはまることは間違いないのではないでしょう。

そう考えると、あまり馴染みのない古典や詩歌も解りやすくなりますし、自分の感覚として体験できるから直感的に理解できます。

こういう視点を持てると勉強も楽しくなりますね。

写真を撮るという行為は情報を切り取ってインプットするだけのようにみえますが、表現という面からみるとアウトプットの要素も多分に持ち合わせています。

何に感動して何をどう撮ったか?
そこには多かれ少なかれ個性や生活環境が現れ出ます。
明確なアウトプットがなくとも現れ出たものはその人の表現そのもの。

撮った写真をSNSなどに投稿すれば文字通り表現であり、昔の俳句や和歌と同様の感性が働いていると考えることは自然なことだと思います。

逆に言うと、昔の俳人や歌人が現代に生きているとしたら、きっと写メ撮りまくって、Twitterやインスタにガンガン投稿しているでしょうね。

もしかして彼らも「イマドキの若いヤツ等は何かにつけてスグ詠むからな…」とか、当時の年寄りたちに言われていたんでしょうか?

っていうか、小野小町のインスタ凄いだろうな。
100万フォロー間違いないよな。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
まさに酷暑

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感動 表現 感性 映像 コトバ 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/4090-be3c7175

PREV | PAGE-SELECT | NEXT