元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

この解決方法は、アリか? ナシか?

僕は白檀の匂いが好きで、ときどきお香を焚きます。
でも先日は、お香立てが見つからなかったのです。
家中、何か代わりになるものはないかと探し回りました。
できるだけ全部使い切りたいから、コップなどに入れるのは論外です。何か、何か……
で、結局、恐ろしくダサい解決方法を見つけてしまいました。これです↓

ダサすぎるお香立て

……ビジュアルがどうしようもなさすぎで、いろんなモチベーションがダダ下がりします……
いや、匂いがかげればいいんだ。見た目なんてどうでもいいじゃないか……

via: ダサすぎるお香立て:小鳥ピヨピヨ

こういうものを見て…
機能的に問題はないし、その場にあるものを活用して型に拘ることなく楽しむという前向きかつ柔軟な発想だと思うか。
匂いがかげればいいんじゃない。型式美を含めての香なのだと思うか。

自分なりの基準を持って判断する限りは、どちらが正しいということもない。

一貫した自分の考えがなく、他者の評価や視線に判断を左右されることが一番ダサい。

そう思う。

ホンマか^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
アンパンマンの手作りは難しい!?

コメント:1 | TB:0 【なに?コレ?】  意思 アイデア 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

いつでも思い立ったが吉日!

思い立ったが吉日

結果、いつでもいい。

via: Twitter / konpeyy

ダウンから5日目…
今朝は平熱だったので5時の参拝に出かけました。

久しぶりに感じる外の空気。
昨晩は雨だったせいもあって爽やかさは不足気味…
でも、少し寒さも緩んでいて助かりました。

帰宅後、少し休んでからラジオ体操もやってみましたが、やはり頭痛と関節痛で思うようにならず情けない…

それでも熱はないので午前中は遅れていた仕事を少しすすめました。
この調子だと完治に近いなと思っていたのですが、午後から再び微熱と頭痛・関節痛。
仕方なく今日も静養することにしました。

まぁ、ここまで来たら もう焦っても仕方ありません。

それは2日目くらいにも書いたことなんですけどね^^;
やっぱり成るようにしか成らないもんです。

感触的には明日はもう少し楽になりそうなので、明日からは予定通りのスケジュールにしてみようと思っていますが、正式には明朝になってから決めます。
とはいえ、ズルズルと先延ばしばかりしていられません。

遅れている仕事を優先的に挽回するのも一手ですが、これ以上は遅れる仕事を増やさないことを優先しようと考えています。
遅れてしまったものは改めて予定を組み直させてもらうよう頭を下げます。
ですが、もう次明日からは遅れを出さない! そう決めています。
結局、早く正常に戻そうと思うのなら、異常を正常化することよりも今後は異常を出さないこと、これが大切かと…

明日の朝、調子が良ければ、明日からは正常に仕事します。
しんどそうだったら明後日まで伸ばしますが、明後日以降は正常に行動します。

いつからでもイイんだけど、思い立ったが吉日!
自分自身で決めた日からスイッチを切替えて行動します。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
悩むことは悪いことではない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   自主自立 決断 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

一番の自分の味方は自分です

誰に言われてもいい
言わせておけばいい

何を言われてもいい
言わせておけばいい

人それぞれに考えがあって
人それぞれに都合があって
いろんな人がいろんなことを
投げかけたくなるのでしょう

誰かに責められたり
何かを咎められたり
批判されたりしても
自分が正しいと思うなら
自分が信じているのなら
気にしなくてイイのです

うっかり気にしてしまっても
決して自分を悪く言わないで

自分で自分を責めないで
自分で自分を咎めないで
自分の信念を捨てないで

一番の自分の味方は自分です

一人になっても自分のことを
応援し続けなきゃダメですよ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

したものの・・・

何ひとつあってないんやけど…

何ひとつあってないんやけど…

via: Twitter / chronicle_AT

さすがにコレはいただけない^^;

時には素直に非を認め
反省した方がイイ場合もありますねww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
石鹸は小さくなると なぜ泡立たなくなるのか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   信念 天命 自主自立 反省 

ページTOPへ↑

EDIT

風邪ひきましたが、意外と元気だったり…

風邪ひきました

久しぶりに風邪ひきました。

昨日の朝から関節痛や頭痛があったので、ちょっとヤバイなと思っていたのですが、やはり具合は悪くなる一方…

先週は愛娘たち、昨日はお母ちゃんが体調を崩しましたが、ついに父ちゃんの番が来たようです^^;

今朝は参拝散歩もお休みしました。
丸一日しっかり養生すれば回復すると信じて、今日の予定はひとまずオールキャンセルすることに決めました。

しかしながら、そうカンタンにはいきませんね。
やっぱり今日やらなきゃならないこともありますからね。
お母ちゃんもダウンしているので家事もやらなきゃならないし、遅れることのできないシゴトもあります。
こういう時、組織のバックアップがない個人事業主は辛いですね。

いや、まぁ、こんな駄文を書けるくらいですから、たいした風邪ではないのですが…
明日は休診日ですし、外せない予定も入っているので、念のため近所の医院へ行ってきました。

午後からは体は辛かったものの気力が回復しました。
薬に頼ることになってしまいましたが、午後の予定は概ねこなすことができましたし、家事もなんとか片づきました。
午前中の養生も効いたのでしょうね。

それにしても、やっぱり考えておかなきゃならないですね。
今のシゴトのやり方は、あまりにも労働集約的です。
自分が倒れると止まってしまうシゴトが多すぎます。

いざという時のために備えや改善が必要です。
以前から気にしてはいたものの準備ができていません。
これを機に真剣に考えようと思います。
そして、早期実施を図ります。

これができれば、もちろん自分のためでもありますし、その事例はお客さまのためにも直ぐに活用することができます。
なぜ今まで先送りしてきたのか不思議です^^;

ピンチはチャンスと言いますが、このことに気づけたことは何よりの収穫です。

体調不良のわりに、なんだか気分は前向き!
空元気なんかじゃないですよ。
元気!本気!勇気!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
国産には違いなさそうですが…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  風邪 ピンチ チャンス 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

光りだせ 僕等の青春 1ページ

光だせ 僕等の青春 1ページ

今日は長女が通う中学の体育大会。
発熱で一昨日から2日授業を欠席しましたが、今日は頑張って出かけていきました。

今朝もまだ微熱がありましたが、どうしても参加したいとのこと。
ほとんど食事も喉を通らず体力は落ちているはずですが、病状は回復傾向にありましたし、何より本人は気合に満ちていたので参加させました。

長女の出番は午後の2種目。
時間がとれたので午後から応援に行ってきました。

10月半ばを過ぎているというのに最高気温は28度と夏日の予報が出ていましたが、日中はほぼ薄曇りで比較的過ごしやすかったです。
とはいえ、病み上がりの身体に長時間の屋外活動は堪えたでしょう。
それでも体調不良を感じさせない元気一杯の走りを見せてくれました。

チームの成績は振るいませんでしたが、スウェーデン・リレーのアンカーとして大健闘。
全力を出し切って中学生はじめての体育大会を終えました。

帰宅後、夕方には再び熱が上がってしまいましたが、よく頑張りました。

いろいろ気になることもあるでしょうが、無理せず充分に養生してください。
おつかれさまでした。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

スウェーデンリレーのアンカーで大健闘
●1年前の今日:
この発想はなかった!!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  運動会 成長  自主自立 家族 

ページTOPへ↑

EDIT

被爆71年目の広島原爆忌に思うこと

(全録)広島「原爆の日」 松井一實市長が平和宣言

広島は今日、71回目の原爆忌を迎えました。

平和記念公園では例年通り平和記念式典が開かれ、約5万人が犠牲者を悼むとともに改めて平和を誓いました。

松井一実市長は平和宣言で、現職の米大統領として初めて広島を訪問したオバマ氏のスピーチを引用して、核兵器廃絶へ、情熱を持ち、世界が連帯して行動を起こすよう呼びかけました。

また、今日〈現地時間では5日〉リオデジャネイロではオリンピックの開会式が行われました。
21日までの会期中はオリンピックの話題が目白押しになることでしょう。

それは今日の朝刊が広島原爆忌よりもオリンピックの記事を大きく掲載していることを見ても明らかです。

オリンピックはスポーツを通じた世界的かつ平和的なイベントですから大きく取り上げられることに不思議はありません。
けれども、広島原爆忌は世界で初めて原爆が実践に使用された日であり、わが国はもちろん、世界各国で平和や核廃絶について考えるに相応しい日として認知されるべきだと思います。
オリンピックと比較することの是非はともかく、原爆忌の意義を軽んじてはならないし、繰り返してはならない過ちとしての認識が薄らぐことがあってはならないと思うのです。

被爆後71年が経過し被爆者の平均年齢が80歳を超えた今、ただでさえ風化を避けることができない状況を迎えていますが、だからこそ忘れてはならない日として強く意識したいものです。

オリンピックの開会式は、この日を避けてもらいたかったですし、意図的に同じ日にしたのではないことを強く願って止みません。

さらに、今夜は全国各地で花火大会が開催されました。
花火には鎮魂の意が込められていると言われていますから、これも行事自体には問題はないのですが、個人的にはこの日の花火見物は複雑な思いを抱かざるを得ません。
毎年このブログでも「なにわ淀川花火大会」の記事を掲載していますが、今年ばかりは爆音と閃光の映像をアップする気にはなれませんでした。

昨年の今日ここに、自分たちにできることは祈りだけではないはずだと書きました。
戦争や原爆の悲惨さにとどまらず、戦争や原爆投下に至る状況を知り、それを後世に伝えていかなくてはならないことにも触れました。
本質的な取り組みをさらに進めることを誓いました。
が、この一年を振り返ってみて、まだまだ実践が不足していることを反省させられた一日でした。

核兵器廃絶へ、情熱を持ち、世界が連帯して行動を起こす…
これをスピーチの台詞で終わらせることなく実行するために、自分は具体的に何をすれば良いのか再確認し、たとえ一つでも実践を増やしていきます。

被爆71周年 広島平和記念式典
●1年前の今日:
自分たちにできることは祈りだけではないはず

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  戦争 原爆 伝える  自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

何かに反対する時は

「反対」は「賛成」より楽

「反対」って「賛成」より楽なのよね。賛成には理由が要るけど反対にはたいした理由が要らない。「なんとなく嫌いだから」これだけで十分反対の理由になるw それに賛成は時には責任が付いてくるけど、反対には責任は付いてこない。賛成派が失敗したら「それ見たことか」賛成派が成功したらダンマリかせいぜい「それをやらないほうがもっと良くなった」くらい言っておけばいい。

via: otsune tumblr

烈しく同意!

反対する時は、必ず「代案」を出す。

その「代案」に賛成して責任を負う。

自戒の念を込めての忘備録。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
その一歩は・・・

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  責任 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

明日は明日の風が吹く

明日は明日の風が吹く

「明日はいい日になるといいなぁ」と願う人もいれば、「明日はいい日にしよう」と、もう今日から決めてる人もいる。

via: Twitter / shh7

もっと他にも…

「明日はいい日になるに決まってる」
「明日はいい日になるような気がする」
「明日はいい日でなくてはならない」
「明日はいい日かどうかなんて関係ない」
「明日はいい日になるわけがない」

…などのように、人それぞれ
さまざまな考えや思いがあります。

しかしながら
どの人のどんな考えや思いであっても
全て明日という未来のことであって
どうなるかなんて分からないのです。

「明日はどうなるか分からない」

明日を楽観的にみようと悲観的にみようと
主体的に捉えようと従属的に捉えようと
能動的に考えようと受動的に考えようと
可能性に期待しようと諦めようと
それは各々の思い描いた架空の明日であって
実際に明日がどうなるのかは
明日になってみなければ分かりません。

そう!
だから自由に仮定すればイイんですね。

予想がはずれて落ち込まないように
悪い目の仮定をするのも自由だし、
とてつもなく良い仮定をして
良い結果を引き寄せようとするのも自由。

「明日はどうなるか分からない」

さて…
自分ならどんな仮定をしてみるだろうか?

うん…
やっぱり良い結果を想像していたいな。

なかなかそう思えない時もあるけれど
できるだけ前向きな仮定をして明日を迎えたい。

「明日はどうなるか分からない」

ですが、良い仮定をしている方が
明日までの時間をワクワクしながら過ごせそう!

今夜はこう思って眠ることにします。

「明日はいい日にできる」

「明日もいい日でよかったね」

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
日曜参観 2015

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽  自主自立 未来 選択 自由 

ページTOPへ↑

EDIT

しつけとは?

しつけとは?

私が尊敬する糸賀一雄先生にお尋ねしました。
「しつけとはどういうことですか」と。
先生は、「自覚者が、し続けることだ」とおっしゃる。

「自覚者といいますと?」と聞くと、「それは君じゃないか。君がやる必要があると認めているんだろう? それなら君がし続けることだ」

「息子は?」

「放っておけばいい」

via: 致知

そうそう!
そうなんですよね。

まず、自分がやる。
やってみせるということですね。

そして、やり続けること。
身につけさせたいと思うのは、やり続ける価値があると思っているからなのですから、やり続ける姿勢をやってみせるわけです。

さて、自分はできているだろうか?

もうイイ歳になっていますから、若い頃よりはできるようになってきたのではないかと思います。

まずは自分がやる。そして、やり続ける。
完璧ではないにせよ、そこはある程度できるようになってきました。

ところが、なかなかできないんですよね…
「放っておく」っていうのは(^^ゞ

できていない相手が気になってしまう。

何度も言っているのに…
言うだけじゃなくて自分もやっているのに…
そう思うと黙っていられなくなるんですね。

去年もこの記事を引用してエントリーしていたのですが、あんまり分かってなかったということなのでしょう。
まぁ、やってみせることすらできなかった頃と比べれば、少しは黙っていられるようにはなっているのでしょうけれど^^;

実際にやってみて、親が履物をそろえ直しているのを目の前で、息子がバンバン脱ぎ捨てて上がっていくのを見ると、「おのれ!」とも思いました。
しかし、糸賀先生が放っておけとおっしゃったのですから、仕方ありません。

私は叱ることもできず、腹の中で、「くそったれめ!」と思いながらも、自分の子供であることを忘れて、履物をそろえ続けました。

すると不思議なことに、ひたすらそろえ続けているうちに、だんだん息子のことも意識の中から消えていって、そのうちに履物を並べるのが面白くなってきたのです。

外出から帰ってきても、もう無意識のうちに、「さあ、きれいに並べてやるぞ」と楽しみにしている自分に気がつきました。
さらに続けていると、そのうちに、そういう心の動きさえも忘れてしまい、ただただ履物を並べるのが趣味というか、楽しみになってしまったのです。
それで、はっと気がついたら、なんと息子どもがちゃんと履物を並べて脱ぐようになっておりました。

via: 致知

そうかそうか!
そういうことですね。

まずは自分がやる。そして、やり続ける。
そこはできている。

そこはできていましたが、楽しんでやっていませんでした。
うまくいっていないときは、やらせるために渋々やってみせているだけでした。

逆に相手が行動してくれるようになった時は、ほぼ例外なく自分自身が好きでやっている時、楽しんでやっている時でした。

好きでやっていること楽しんでやっていることは、相手がどのような反応を示そうとも、好きなこと楽しんでやっていることに変わりありません。
つまり、楽しんで続けている姿勢をやって見せているわけです。

これを知る者はこれを好む者に如かず。
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

まさに、こういうことなのでしょう。

では、どのようにして楽しめば良いのか?

いやいや…
その心配は必要ありませんね。

なぜなら、自分が楽しんでできないこと、あるいは自分が好んでやり続ける価値がないと思っていることを、相手にやらせようと思うことはないはずだからです。

ならば、自分はどうして楽しんでやっていない時があったのか? どうして放っておけなかったのか?

その答えはスグに思いつきました。
できれば気がつきたくなかった答えでしたが(^^ゞ

それは、やっぱり自分にもできていないことだったから。
やってはいたけれど、楽しんでやれるくらい好んではいなかったこと。
仕方がなくやっていただけのことでした。

それに気づいてからは、以前よりも放っておけるようになりました。

それでも大切なことだという思いはあったので、好んでやっていたわけではありませんが自分ではやり続けていました。
しかしながら続けているうちに、義務感がなくなっていることに気づきました。
そして次第に、やらずにはいられないようになっていました。

楽しんでやるという域にはまだまだ届きません。
ですが、なんとなく、いつか楽しめるようになるんじゃないかという気がしています。
というか、既に好んでやっていると言ってもイイくらいです。

この先どうなるかは分かりませんが、この調子で続けてみます。
それが自覚者の姿であると信じて…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ま イイかっ^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】    自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

ありのままの自分でいるということ

「今、自分がもっているものの中から極めたいと思うものをひとつだけ選ぶとしたらなにを選ぶか?」と考えてみて浮かぶものが、どうあがいたって自分の人生の中心になる。やりたいことは外側にはない。芽はすでに自分の中にある。

via: Twitter / shh7

人は改善という名の下に、ついつい自分以外のものになろうとしてしまいます。

自分ができていないことや持っていないものをピックアップして、それらを補おうとします。

自分の中の苦手なことや足りないものを見つけ出しては、練習を積んだり対価を払ったりして手に入れようとするのです。

学校や会社でもこのような改善を求められ続けてきました。

自分にはできないことをできる他人と比較して、自分にはないものを持っている他人と比較して、常に他人より自分を低いポジションに置き、よくできた他人を目標にして頑張ろうという発想です。

しかし、どうでしょう?

隣の芝生は青く見えるものです。

ところが、その隣人もまた隣の芝生が青く見えています。

つまり、自分にはできないことができる誰かにも、自分にはないものを持っている誰かにも、できないことはあるし、持っていないものもあるということ。
その誰かだって自分と同じく不完全だということ。

輝いて見えるその誰かは、不完全な自分を受け容れて、できること、持っているものに注目し、それを磨き鍛えあげることによって強みを発揮しているのです。

そもそも人はそれぞれの役割や持って生まれた才智が違います。
誰もが同じ役割を担い同じ能力を身に付ける必要はありません。

にも関わらず、人は改善という名の下に、ついつい自分以外のものになろうとしてしまうのですね。

大切なことは、自分にできないこと、持っていないものではなく、自分にできること、持っているものに注目すること。
得意なこと、持って生まれた能力やセンス、自分の取り柄を自覚すること。
それらを活かして自分の担うべき役割に徹すること。

自分以外の誰かになろうとしないこと。
自分自身を活かしきり生ききること。

もちろん、向上心を持つことは悪いことではありません。
進化成長しなくても良いということでもありません。

明日の目標は、今日までの自分超え!

自分の才能を取るに足りないものだと決めつけず、自分にできること得意なことに更に磨きをかけ鍛えあげていきましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ついつい動くモノに反応してしまいます

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  あるがまま 自主自立 天命  成長 

ページTOPへ↑

EDIT

ついつい忘れがちな、でも大切なこと

どうぞどうぞ

例えば「寝る前にトイレにいきなさい」って指示したって子供は聞かないので、「パパトイレ行きたい!」「ママが行く!」と先を争うフリをすると「僕が行く!」と言い出すのですかさず息子に「どうぞどうぞ」と譲る。この「上島システム」の採用により子育て凄い楽になった。

via: Twitter / Isaacsaso

マジ効きますよ!
この「上島システム」
(^^)v

ウチでも特に下の娘には効果てきめんです。

たしかに効果はあるのですが、楽かどうかは微妙ですね。

なぜなら、事ある毎に咲きを争うフリをしなければならないし、「どうぞどうぞ」と譲らなければなりませんから。
この「上島システム」の効果というものは、所詮その場その時に限ってのみ狙い通りの結果が得やすいということなんですね。

いつかは自らすすんで行動するようになるのならイイのですが、そうはいきません。
この「上島システム」には、自立・自律のための学習効果は期待できないということです。

そもそも、寝る前にトイレに行かせるなどの指示は何の目的で行われているのでしょう。

言うまでもなくそれは「教育」の一貫ですよね。
生活指導は最も基本的かつ重要な教育ですからね。

ところが、この「上島システム」には教育的な学習効果は期待できない。

では、何故この「上島システム」を採用してしまうのか?

それは、ハッキリ言って、忘れちゃってるんでしょうね。本来の目的を^^;

自分で自分の身の回りのことをできるようにさせるためにしていたはずが、いつの間にか、その場・その時の手間を省きたい… 楽をしたい… つまり、親の都合を優先しちゃってるんでしょうね。

言うことを訊かない子に言うことを訊かせようとしている。
親が子どもをコントロールしたいってことですね。

だって、その方が楽だし、その場だけで見れば効率的です。

でも、それは子育てなんかじゃないですよね。
少なくとも教育ではないことは間違いありません。

自立・自律させようとしていたはずが、逆に思いのままに動かそうとしてしまっている…
あまりにも うっかりし過ぎですね。
怒鳴ったり罰を与えて脅したりすることなどと同様に多用すべきではない策だと改めて思います。
烈しく反省(^^ゞ

そんな訳で、ウチではこの「上島システム」を封印しました。
手っ取り速く言うことを訊かせるには効き目あるんですけどね^^;

本来の目的を忘れないように、愛娘たちの将来のために、もっと脳みそに汗かきながら向き合っていきます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
両刃の剣を感じる傘の防犯対策

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立  自我  

ページTOPへ↑

EDIT

自分の価値は自分が決めている

人が自分の価値を決めるのではない。自分を認めてくれる人を、自分で探す責任がある。

自分がどんなふうに見られたいかなんていうのは自分で決められることなのだ。実は人が決めることじゃない。人が自分の価値を決めるのではない。自分を認めてくれる人を、自分で探す責任がある。人に認められるために自分を磨く努力と、自分を認めてくれる人、市場を自ら探す努力。どっちも必要だ。

via: Twitter / shh7

ダメ出しする人の期待に片っ端から応える必要などない。

自分を認めてくれない人にかまっている暇があったら、もっと自分を認めてくれる人に時間を割いたほうがイイ。

誰かれ構わずイイ顔しようったって、そんな上手くいきっこないし、むしろ自分の価値を下げることになる。

自分の価値を最大限に活かしたいなら、自分の価値を認めてくれる人を自分で選ぶことが肝心。

自分の価値は自分の心構えと行動で決まる。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ついつい…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立 選択 承認 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

挑戦者たちへ

挑戦者たちへ

今、辛さや苦労に悩まされているのは、現実にしっかり向き合っているという証拠だ。

見て見ぬふりをしていれば、その場限りの安らぎを得ることはできるかもしれないが、いつまで経っても状況は変わらない。

現実から目を逸らさずに課題を1つずつ潰していくこう!

僅かであっても可能性を辿っていけば必ず事態は好転する。

暗闇に差し込む一筋の光と自分自身を信じて歩みを進めていこう!

あの光の向こうで共に盃を交わす日まで…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そこは見せちゃマズイでしょ~

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   チャレンジ 可能性 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

自分基準で目標設定する

自分の足で立つ 自分の意思で歩く

だれかを見返すために目標を設定してがんばる、ということをもし私がやったとしたら、きっと、そこで目指す成功なり幸せなりは、人に見せるためにどこか無理をしたものになるだろう。その分、しなくてもよい努力を抱え込むことになるだろう。私は、自分の心が本当に求めるものに対して頑張りたい。

via: Twitter / zoonieyamada

そうそう! コレ大事。

それじゃぁ いったい自分の心が本当に求めるものっていうのは何なのか?

そう自分に問うてみてスグに答えることは意外と難しい。
少なくとも自分の若い頃はそうでした。

逆に、誰かを見返すために頑張るとか、人に認められるために頑張るというのは、意外にカンタンなことだと言うこともできます。

某氏よりも◯◯で勝ちたいとか、あの△△で有名な某氏に高評価してもらいたいという類の目標は、自分よりリードしている相手を基準にして設定するものです。
つまり、その目標の基準は実は他人のものなんですよね。
特定の個人であれ、世間一般の不特定多数であれ、自分以外の人の基準に乗っかっている目標。既に用意されている目標だということです。
ですから、たとえそれが難易度の高い目標であったとしても、目標自体は周知既存のものであって、右に傚え的に設定したものなんです。

対して、自分の心が本当に求めるものっていう目標は、決して他人が示してくれるものではありません。
あくまで自分が自分自身に向き合って自分に問うて、引出し、編み出し、創り出して初めて設定できる目標です。

ところが、自分のことだからこそ自分自身では見えにくい。
自分の心が本当に求めるものなんて今まで考えたこともない、もしくは考えたことがあっても結局よく分からない。
だから他人よりも自分のことの方が見えていない。
だから自分を基準にした目標設定ができないんですね。

やはり自分自身としっかり向き合う姿勢が大切。
そうでなければ、いつも他人の目を基準に生きていくことになります。
それは自分でありながら自分を生きていないということ。
カンタン便利かもしれませんが、活き活きと充実した人生だとは言い難い。

実はこの「自分基準で目標設定する」ということ自体が、しあわせな人生の実現に欠かせないことだと思うのです。
目標を成し遂げることができれば最高ですが、その成否に関わらず、自分基準の目標を設定し挑戦を開始した時点で既に自分の人生を歩んでいる状態だからです。

面倒くさくても、解りにくくても、自分自身に向き合い自分に問うて、自分なりの基準と目標を引出し、編み出し、創り出していきたいものです。
まずは、自分基準で目標設定することを目標にしてもイイくらいです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
エサを分かち合う鳥たちは生ぬるいのか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立  自由 独自化 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ベストを狙うことは必ずしもベストだとは限らない

お気楽に...

自分のできることを増やす、という発想に行き詰まったら、「自分のやり過ぎを減らす」という観点から考えてみる。「今日は空気読むの少しサボる」とか。「今日は好きな人に好かれようとするの少しサボって、ただ好きなまんま接する」とか。「話が途切れても無理して話題探さない」とか。

via: Twitter / shh7

エエわ~
こういうお気楽な姿勢…

ポジティブ思考オタクとか 根性論オヤジには ゼッタイ思いつかないアイデアですな^^;

何度も書いていますが、お気楽な暮らし方っていうのは、エエ加減に手抜きをして自分が持っている可能性をみすみす逃すような生き方じゃありません。

プラスもマイナスも、陽も陰も、白も黒も、どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、時処位に応じて自由自在に使い分ければイイんじゃないのっていう考え方。
その丁度イイ加減のバランスのところが自然だし気持ちイイよねってことなんです。

だいたいの場合は「無理しない」っていう選択になることが多いんですが、時にはガチガチに無理を利かせて集中的に力を注ぐことだって悪くない。いつもダルダル~ってしてなきゃならないこともありません。

大事なことは、自分が本当に望むことを選ぶこと。
そして、自分が自分の意思で選ぶこと。

そのためにはけっこう頭に汗かいて考えなきゃならないこともありますし、その気になればスポ根並みの努力をしてもイイ。まぁ たぶん もうボクの場合ははしないだろうけど(^^ゞ

もうコレしかない! と思ったら要注意ですね。

ちょっと頭を冷やして考えれば、必ず他にも視点があるものです。

それが最善策ではないかもしれませんが、必ず他にも案はある。
最善策に拘ることなく次善策や駄策でも気にせずに出しまくれば、コレしかない症候群を解消することはできます(^^)v

ええねん ええねん
それで ええねんて。

その程度でイイの? そう思うかもしれませんが、毎度毎度ベストの選択なんてできやしませんよ。にんげんだもの(みつを)

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
「これしかない!」と思っていることは…
●1年前の今日:
非常呼出し!?

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽  自主自立 選択 自由 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT