元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

And he turned into a true legend.

Jazz Legend Al Jarreau Dies.

また一人、偉大な存在を失いました。

Al Jarreau 1976 -Take Five

何も変わっていないと思っていても、
こうして時は常に移ろいゆくのです。

Al Jarreau - Mornin'

そう。つべこべ言っている暇はない。

今、此処がベストタイミングなのだ。

Al Jarreau - Spain (Live Under The Sky 90)

残された時間は着実に失われている。

今やらずして何時やるつもりなのか?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

謹んでご冥福をお祈りします。

Al Jarreau - Moonlighting

米ジャズ歌手のアル・ジャロウ氏が12日、米ロサンゼルスで死去した。76歳だった。中西部ウィスコンシン州ミルウォーキー出身で、1975年、35歳でデビューした。米音楽界最高の栄誉であるグラミー賞をジャズ、ポップ、R&Bの3部門で獲得した。代表曲に「モーニン」などがある。体調を崩し、引退を発表したばかりだった。

via: YOMIURI ONLINE

●1年前の今日:
自慢話はなぜウケが悪いのか?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  音楽  別離 あこがれ 

ページTOPへ↑

EDIT

奇妙きてれつ! 見せる音楽?

「妖精のエアと死のワルツ」の楽譜

音楽経験者にしか解けないクイズが話題となってますが、ここで「妖精のエアと死のワルツ」の楽譜をご覧ください。

via: Twitter / az_ldm

「妖精のエアと死のワルツ」の楽譜

後半は殆どアスキーアートの世界^^;

妖精のエアと死のワルツ(英: Faerie's Aire and Death Waltz (from "A Tribute to Zdenko G. Fibich))は、ジョン・スタンプによる未刊の風刺的楽曲の一つ。1980年に作曲及び著作権登録された作品で、そのユーモア性と演奏不可能性で有名となった。点刻技法(stippling)を用いた美術作品の一例であり、「ペンギンを逃がせ」などの奇異な演奏指示などが書かれているため、音楽家の気晴らしを目的として、音楽室やオーケストラ室の壁に飾られることが多い。

via: Wikipedia

特徴は「演奏できないこと」と言われていますが、スタンプ氏曰く「音楽というよりも美術作品」とのことなので、演奏できるかどうかは問題ではないのでしょうね。

ところが、コンピュータ上で実演した人がいたようです。

妖精のエアと死のワルツ

やはり、音楽というよりも美術作品であるようですww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
鏡開きだ! 餅食べよう!

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  音楽 アート  遊び心 

ページTOPへ↑

EDIT

新年初リハーサル

30年前のオリジナルメンバーで再結成した親父バンド

今日は今年初めてのスタジオリハーサルでした。

昨年の春、再開した音楽活動。
実に29年ぶりのことで何から何まで思うようにいかず戸惑いっぱなしでしたが、なんとか今年も継続できています。

が、再開当初はリハビリの日々に心が折れそうになりました。

50歳を過ぎてパワー、スピード、センスなどは明らかに衰えています。

特にショックだったのは記憶力の低下でした。

曲やフレーズがなかなか覚えられない…

他のメンバーたちは当時からずっと音楽を続けている超ベテラン揃い。
プロやセミプロの人たちに囲まれてプレッシャーは強まるばかり。

とにかく数稽古あるのみと思いつつも、練習の成果は振るわず途方にくれる日も少なくありませんでした。

けれども何故か、ワクワク感と楽しさは常に感じていました。
リハーサルの日を心待ちにしている自分に驚きを隠せませんでした。

そうこうしているうちに、メンバーの励ましに支えられて少しずつ勘を取り戻すことができてきました。

とはいえ、20代前半の状態を完全に復旧することはできるはずもなく、ついには開き直って初心者としてプレイしようと思うにいたりしました。

すると不思議なもので、気持ちが軽くなるだけでなく、プレイも良くなってくるのですね。

若い頃のようなパワーやテクニックは失ってしまいましたが、年齢相応の味といいますか無駄を削ぎ落としたプレイができるようになったように思います。

みんなの足を引っ張らないようにすることばかり気にしていた頃に比べて、今では自分にできることだけに最善を尽くすことを心がけているせいか、伸び伸びとプレイを楽しむことができています。

もちろん、それだけで歓んでいるレベルではなく、まだまだ練習を積み重ねていく必要はあるのですが、一つの峠を越すことはできたのかもしれません。

今日の新年初リハーサルも厳しいオーダーにめまいがするほど翻弄された3時間でしたが、汗ビショになりながらも疲れも忘れて楽しむことができました。

何かと頭を悩ませることも少なくない昨今ではありますが、音楽が生きる糧に少なからず役立っていることを感じています。

今後もこの親父バンドをライフワークにしていきたいものです。
というか、そうなることは自然の流れだと確信しています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
広口缶化の推進を強く要望します!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 天命  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

とってもカワイイんですが…

楽譜にかわいいのいた

楽譜にかわいいのいた(*´꒳`*)

via: Twitter / SognandoY

うわぁ~!
カワイイ♪

ただ・・・

屈託のない笑顔で「歯切れよく」「滑らかに」という相反する表現をたて続けに求められてしまうと、一筋縄でいかない子なんだろうなと、ちょっと腰が引けてしまいますwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
負の連鎖を断ち切るために

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  記号 音楽 カワイイ 苦笑い 

ページTOPへ↑

EDIT

イロモノではない! アーティスティックな奇策

The Rhysonic Wheel

回転とは等間隔で規則的な運動です。若いころに自転車のスポークに魅せられたミュージシャンのPete O’Connellさんは、Rhysonic Wheelなる装置を自作し、回転を利用したオリジナルのギター奏法を発明しました。

via: GIZMODO JAPAN

天晴 お見事!

回転運動と楽器の特性を活かしきっていますね。

おそらく唯一無二のパーカッシブ・ギター・インストゥルメント。Rhysonic Wheelが一定間隔でギターの弦とボディをストロークし、時にミュートをかけたり運指を変えたりして曲に変化をつけています。等間隔なビートゆえに4つ打ちキックとの相性も良く、トリッピーながら叙情的です。エモです。

via: GIZMODO JAPAN

これまでにも既成概念に捕われない独自の奏法で魅了するギタリストは存在しましたが、このような奏で方は見たことがありません。 それでいて単に奇をてらっただけでなく、音楽性も高く惹きつける魅力を感じるオリジナリティがありますね。

そして、なによりも…

自転車のスポークに魅せられて…

このスタート地点こそが唯一無二ですね。

Rhysonic

自転車のタイヤにビニールテープがくっついて「テペペペペ」と小気味よいビートが生まれたら、自然にはがれるまでそのままにしたい気持ちは確かにわかる。Peteさんのトラックメイク原体験も、ビニテ発だったのかもしれません。

via: GIZMODO JAPAN

さすがに それはないと思いますが(^^ゞ

自分も子どもの頃に、扇風機に紙や布を弾かせて色々な音の変化を楽しんでいたことがあります。
事実上楽器として使っていたと言っても過言ではありませんが、改造や奏法の確立を進めて新たな楽器へ仕上げるところまではいきませんでした。
まぁ普通はそんなもんでしょうけれど^^;

魅せられて、のめり込んで、乗り越えて、ぶっ飛んでいるからこそ、彼の楽器とプレイには人を惹きつけてやまない強烈な魅力があるのでしょう。

実に素晴らしい!!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

Rhysonic Wheel - Pete O’Connell
●1年前の今日:
「ゲリラ豪雨」の和名がカッコイイ件

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 楽器 独自化 アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

謎のミッション!?

意味不明な楽譜の指示

一番意味わかんない楽譜の指示はこれだって結論出てるから

via: Twitter / assaaaaaanon

えっ!?

カメレオン的って!?

カメレオン的
って、いったい?

何をどのようにすればよいのでしょうか?

具体性に欠ける上に意味不明┐(´∀`)┌

その点、コチラは…

さらに難易度の高い楽譜の指示

via: Twitter / MDG_ZLM

やること自体は明確なのですが^^;

盗みながら!?

かなり難易度の
高い指示です
┐(´д`)┌

完全に遊んでますね、
否、楽しんでますね^^;

音楽の奥深さを改めて垣間見た気がしますwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
チャンスや運命を活かすためには…

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】   音楽 遊び心 

ページTOPへ↑

EDIT

30年のブランクを乗り越えて…

30年ぶりの復活を暖かく迎え入れてくれたメンバー

29年ぶりにスタジオ入りしました。

その29年前は、たった2日だけのピンチヒッターだったので、実質30年以上のブランクがあります。

しかも、音楽歴35年以上のベテラン、現役プロとセミプロの人たちに混じっての音合せです。

正直まったく付いていけませんでした^^;

体力とテクニックの衰えは想定した通りでしたが、記憶力の低下は予想を遥かに上回るもので困惑の極みでした。

けれどもメンバーたちは、30年ぶりの復活を暖かく迎え入れてくれました。

緊張しましたが、堅くなって何もできなくなるということはなく、衰えを感じつつも手応えを掴むことができました。

不思議と躊躇いも気負いもなく心から満喫できました。

めちゃめちゃ楽しい2時間でした。

ありがとう(^^)/
最高のメンバーです!

これから先もますます楽しみ!!
どうぞ よろしく お願いします。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
当たり前だと思っていること

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 チャレンジ 同志  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

今日もキマったぜ!

やるなぁ~
完全に楽器を使いこなしてる!

キメのパターンには
かなり自信があるんだね♪

ドヤ顔まいりました\(´∀`)/

さらに
スクラッチDJもお得意のようです。

やっぱりキメは
このパターン(^_-)b

クーちゃん…
否、クーちゃんさん

師匠と呼ばせてください!

ボクも しっかり練習しますwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
誠意は通じた!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  動物 音楽 楽器 エンターテナー 

ページTOPへ↑

EDIT

流れに乗って思い立ったが吉日

思い立った時に遅すぎるという事は無い

【思い立った時に遅すぎるという事は無い】 いつも心に留めている黒柳徹子さんの言葉 諦めることが多かった子供時代の私を奮い立たせてくれた。

via: Twitter / sweetcocoamilk

GW中、若い頃の同志たちと久しぶりに会う機会がありました。

たまに会っている奴もいるのですが、人によっては実に30年振りの再会です。

不本意な若気の至りで疎遠になってしまった連中でしたが、30年のブランクを感じないくらい盛り上がりました。

当時の志を捨ててしまったのは自分一人でしたが、不思議と後ろめたさや気負いは感じませんでした。

血が騒ぐ… ってヤツでしょうか。
完全に魂を持っていかれているのが分かりました。

かつての同志は、今でも同志なんだな。

…というわけで、
あっさり誘いに乗ってみようと思います。

遅すぎるとは思いますが、とにかくやってみます。
残された人生の中では今がイチバン若いんだしね。

流されず 流れに逆らわず 流れに乗っていこう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
コンビニでは「袋」に充分ご注意ください!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  同志 再会  音楽 チャンス お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

人は見かけによらぬもの

商店街にいそうなおばちゃんが演奏する「ブルース」只者じゃない!と話題に100万再生になりそうw

I Need Your Love So Bad -- My Grandmother Playing the Guitar
via: @attrip

ちっ ちっ ちっ ちっ!

なかなかの演奏だとは思うけど、メンフィスにはこんな輩は巨万といるんだぜ。

君たちは「商店街にいそうなおばちゃん」だからスゴイと思ってるんだろう。

でも、本当に「商店街にいそうなおばちゃん」なのかい?

この人物はもしかしたらメンフィスの街はずれのバーで夜な夜な演奏している売れないギタリストかもしれない。

そう! 「商店街にいそうなおばちゃん」という見かけだけでは判断できない。

もっと言うとね…
この人は「おばゃちゃん」なんかじゃない。
「おばちゃん」に見える「おっさん」かもしれないんだ。

どう見たって「おばちゃん」だって?

何を言ってるんだ!?

あのジェームス・ブラウンだって「おばちゃん」ライクな風体じゃないか。

この際「おばちゃん」だろうが「おっさん」だろうがイイじゃないか。

そんなことより、もう一杯呑ろうぜ!

沁みるブルースを聴きながら…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

商店街にいそうなおばちゃんが演奏する「ブルース」只者じゃない!と話題
●関連記事:
着物でブルース
●1年前の今日:
これぞプロの成せる業!

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  思い込み イメージ 音楽  

ページTOPへ↑

EDIT

いよいよ夏本番! スリリンクで熱いライヴを満喫

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

昨夜のことですが、久しぶりにLIVEに行ってきました。

若い頃に憧れたミュージシャン達のスペシャルユニットです。

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

一緒に行った友人はバンド小僧だった高校時代の同級生。

開場早々に入店して臨場感を楽しみます。
その間も当然の如く懐かしい話題で盛り上がります。

SWS 2015 Tour in 大阪CafeMake

SWSは本邦屈指のトッププレイヤー3人による、一風変わったセッションユニットです。

ライブ・パフォーマンスの特徴は
全曲オールインプロビゼーション!

何も決めずに、その場のムードに合わせたお題に合わせて演奏をスタート。完全即興の生演奏。

終わり方すら決まっていないので、演っている方も観ている方もスリリングな緊張感に包まれながらも、ノリノリの不思議な空間を満喫しています。

しかし流石に見事に演ってくれますね。
無難にまとめることなく、メンバーが互いに挑発したり煽ったり庇い合ったりしながらのプレイには独特の味があり、セッションユニットとは思えないバンドカラーが色濃く感じられます。

三人三様、持ち場持ち場を完璧にこなしています。
それは演奏だけではなく、MCやファンサービスにも発揮されています。

セッテイングも撤収もセルフで…

ちなみに、SWSツアーでの透さんの楽器は、おなじみの100点セットではなく、こんなにコンパクトで、しかもマイクなしです!

そうる透の生音なんて、そうそう耳にできませんよ。

けれども、やっぱり、いつも通りのパワフルな大音量でした^^;
演奏とともに、チューニングやセッティングのテクニックが、楽器のポテンシャルを最大限に引き出しているのですね。

いや~ ホントに楽しいライブでした。

演奏前からライヴ後の時間まで、ずっとゴキゲンでした。
ぜひまた、3人のスケジュールを合わせて再来して欲しいものです。

次回への期待をふくらませながら、今日もライヴの余韻は続いています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

サインもらいました!
●1年前の今日:
硬いものは硬いままでイイような気もします

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ライブ 音楽 満喫 

ページTOPへ↑

EDIT

コレ やってみ~たい!!


The Allen Twins Cover: Pompeii/The Cup Song (Mashup)

双子の姉妹による
ギターとコップのデュオ。

なかなかイイ(^^)v

…っていうか
このコップ、やってみた~い!!

ウチに紙コップあったかなぁ

ちょっと練習してみよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ギターとコップのデュオ

 

●1年前の今日:これは心配ですwww

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 楽器  

ページTOPへ↑

EDIT

改めてドラムの存在感を思い知らされる動画


Vadrum - Drum Intro Medley (50 Drum Intros in 5:50!)

この50年間で最も人気のある
ドラムイントロから始まる50曲を厳選し
5分50秒にまとめているムービーです。

投稿者によると…
ミリオンセールスを成し遂げた作品には
ある共通点があるといいます。

それは

「アルバムに1曲は
ドラムイントロの曲がある」

ということ…   だそうです。

はて…
それが本当かどうかはわかりませんが
こうして聴いてみると
イントロの先をもっと聴いてみたくなる
ワクワク感たっぷりの曲ばかりですね。

ちなみに
演奏されている曲は以下の50曲!

  1. STEVIE WONDER 「Master Blaster (Jammin’)」
  2. BON JOVI 「Always」
  3. LED ZEPPELIN 「When the Levee Breaks」
  4. COLDPLAY 「In My Place」
  5. BLONDIE 「Call Me」
  6. THE KNACK 「My Sharona」
  7. MASSIVE ATTACK 「Teardrop」
  8. THE OFFSPRING 「Come Out and Play」
  9. QUEEN 「We Will Rock You」
  10. THE SURFARIS 「Wipe Out」
  11. NIRVANA 「Scentless Apprentice」
  12. LED ZEPPELIN 「Rock and Roll」
  13. THE BEATLES 「Come Together」
  14. TOTO 「Rosanna」
  15. BLINK-182 「Feeling This」
  16. RIHANNA 「Umbrella」
  17. LED ZEPPELIN 「Good Times Bad Times」
  18. RED HOT CHILI PEPPERS 「Dani California」
  19. LED ZEPPELIN 「Moby Dick」
  20. BLINK-182 「First Date」
  21. IGGY POP 「Lust for Life」
  22. STEVIE WONDER 「Superstition」
  23. FRANK ZAPPA 「Peaches En Regalia」
  24. STEVE MILLER BAND 「Take the money and run」
  25. U2 「Sunday Bloody Sunday」
  26. DREAM THEATER 「6:00」
  27. PAUL SIMON 「50 Ways to Leave Your Lover」
  28. QUEENS OF THE STONE AGE 「Song for the Dead」
  29. AEROSMITH & RUN-DMC 「Walk This Way」
  30. BOX CAR RACER 「There Is」
  31. SPIN DOCTORS 「Two Princes」
  32. LED ZEPPELIN 「The Crunge」
  33. DURAN DURAN 「So Misled」
  34. KATRINA & THE WAVES 「Walking On Sunshine」
  35. NIRVANA 「Smells Like Teen Spirits」
  36. ALICE IN CHAINS 「No Excuses」
  37. QUEEN 「Radio Ga Ga」
  38. METALLICA 「2 X 4」
  39. RUSH 「YYZ」
  40. MICHAEL JACKSON 「Billie Jean」
  41. MICHAEL JACKSON 「Rock With You」
  42. IRON MAIDEN 「Run to the Hills」
  43. JUDAS PRIEST 「Painkiller」
  44. DREAM THEATER 「Honor Thy Father」
  45. DEEP PURPLE 「Fireball」
  46. VAN HALEN 「Hot for Teacher」
  47. BLUR 「Song 2」
  48. SEPULTURA 「Territory」
  49. GUNS N’ ROSES 「You Could Be Mine」
  50. MEGADETH 「Rust In Peace…Polaris」

いずれ劣らぬ名曲の数々…

さて、何曲わかりましたか?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

最高のドラムイントロ 50連発!

 

●1年前の今日:驚きとワクワク…

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  スゴイ 存在 役割 音楽 

ページTOPへ↑

EDIT

埋立地のフィルハーモニー楽団


Landfill Harmonic- The world sends us garbage... We send back music

世界は私たちにゴミを与え
私たちはそれを音楽にして返す

パラグアイの首都アスンシオン郊外にあるカテウラ地区。

大量のゴミの山の上に作られた小さな町で
南米の中でも最貧困のスラム街の一つと言われています。

この地域に住む多くの人たちは
使えそうなゴミを見つけてはそれを売って生活をしています。

Landfill Harmonic

ある日、Nicolas Gomez氏はゴミの山から
バイオリンのシェル型ケースを発見します。

それをミュージシャンのFavio Chavez氏と共に
ちゃんと演奏できるバイオリンにリサイクルしました。

これを契機に
チェロ、フルート、ドラムなどを
ゴミの山から次々に再生していきました。

Landfill Harmonic

そして生まれたのが
Landfill Harmonic というオーケストラ。

メンバーはカテウラ地区の子どもや若者たちです。

バイオリンの音色を聴くと
まるで自分の体内に蝶が舞うような気持ちになります

子供がリサイクル楽器を弾いている姿を見ると
とてつもなく幸せを感じます

厳しい生活の中で生まれたオーケストラは
楽器をリサイクルしている人にとっても
その楽器を演奏している人にとっても
夢と希望を与えてくれる一筋の光となっています。

Landfill Harmonic

スラム街の貧しい人たちによる
廃棄物のリサイクル楽器の演奏ですが
そのハーモニーは予想を遥かに上回る美しさ…

冒頭の映像は
ドキュメンタリー映画「Landfill Harmonic」の予告編です。

Youtubeでは200万回以上も再生され
2014年中の公開を目指してキャンペーンを展開するなど
さらに多くの人びとの心に感銘を与えています。

人々は、簡単にモノを捨ててはいけない
そして、人も簡単に見捨ててはいけない

何の気なしに使い捨てしているゴミ…

それは本当にゴミなのだろうか?

何にも代えがたい宝を
ゴミ扱いしていないだろうか?

猛烈に反省させられるとともに
勇気と希望を与えられたような気がします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

Landfill Harmonic

cf: Landfill Harmonic

 

●1年前の今日:それでもネコがスキ!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   自主自立 音楽 希望 再生 

ページTOPへ↑

EDIT

歌の上手いインコが想像以上に凄い件


オカメインコ ぽこちゃん cockatiel singing Totoro

トットロ トット~ロ♪

ほぉ~!
音程しっかりしてるなー

しかも
長めのタメが効いてるねー

それに、何と言っても
楽しそうに唄っているのが
なんだか とっても イイ感じ…(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

歌の上手いインコが想像以上に凄い件

 

●1年前の今日:再び親子でプロ野球を観戦して思うこと

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  動物 カワイイ 音楽 スゴイ 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT