元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

世界の平和と一層の発展を祈ります

天皇陛下のお言葉!【全国戦没者追悼式 2016年8月15日】

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日のわが国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることはありません。

ここに過去を顧み、深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

via: BLOGOS

今日、日本武道館で行われた71回目の全国戦没者追悼式で、天皇陛下は上記のようにお言葉を述べられました。

戦後70年を迎えた昨年に引き続き「深い反省」という言葉を用いて世界平和への願いを強く表されました。

この「反省」は、敵味方に関わらず戦争による悲惨な経験をしたあらゆる人々に向けられた「反省」であり、心底から恒久的な世界平和を望んでおられることが感じられます。

また、長い間大きな変化のなかった全国戦没者追悼式でのお言葉にこのような特徴的な内容を2年連続で盛り込まれたことは、その思いの強さが表されていることはもちろん、極東地域での情勢に対して憂慮されているのではないかとも考えられます。

先の戦争に至った経緯や責任問題についてはさまざまな議論があろうかと思いますが、「戦争の惨禍を再び繰り返さない」という一点に関しては、日本国民の悲願であり誓いです。

惨禍の犠牲となった戦没者に対し敬意と感謝の念を忘れることなく、それを次の世代に伝えていくこと、そして平和を守ることこそが今を生きる国民の責務であると改めて確信しました。

全国戦没者追悼式
●1年前の今日:
戦争の惨禍が再び繰り返されぬための反省を

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  平和  天命 戦争 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/3729-da6972f5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT