元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

ルーチンワークをきちんとこなす意義

ルーチンワークをきちんとこなす意義

日頃のルーチンワークをきちきちとこなすことで、自分の精神を安定させる。 その安定した精神で、不安定なことをする。新しいことに挑戦したり、やりたくないけどやらなきゃいけないことに着手したり。 不安定になることを拒否するのではなく、そういう挑戦を受け入れるための基盤をつくる。

via: Twitter / fta7

作業をルーチン化したり生活習慣を身につけたりすると、その作業をの質を安定化させたり、精神的・肉体的に負担を減らしたりできますが、実はもっと大きなメリットがあります。

それが、集中的に力を注ぎたいことに余裕を持って取り組めるようになるということ。

雑務や雑用と呼ばれていることは可能な限りルーチン化して日常茶飯事にしておく。定例作業は最優先で片付けておく。
それによって雑多な諸作業に気をとられることなく本当にチャレンジしたいことに集中することができるのです。

ただ楽になるためだけにルーチン化しようとしても、なかなか上手くいきません。
「べつにそこまで楽にならなくても何とかなるからイイや」と思えばルーチン化する必要性がなくなってしまうからです。

もっと改善したい! もっと伸ばしたい! そのチャレンジに集中するために時間が必要、費用が必要… などというキモチが強ければ、その他の作業負担を減らしたい動機に直結しますから、ルーチンワークをきちんとこなすことも自然にできるようになるでしょう。

これはルーチンワークに限ったことではありません。
どんな計画でも目標でも、その先にある目的や落とし所が明確でなければ、絵に描いた餅になってしまいがちです。

今さらではありますが^^; なかなか予定通りに運んでいないと感じていることがあるのなら、その予定・計画・目標などの先にあるはずの目的を改めて確認し直してみた方がイイかもしれませんね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
かわいいユンボ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ルーチン 目的 明確化 チャレンジ 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/3611-a74e43f1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT