元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

自分基準で目標設定する

自分の足で立つ 自分の意思で歩く

だれかを見返すために目標を設定してがんばる、ということをもし私がやったとしたら、きっと、そこで目指す成功なり幸せなりは、人に見せるためにどこか無理をしたものになるだろう。その分、しなくてもよい努力を抱え込むことになるだろう。私は、自分の心が本当に求めるものに対して頑張りたい。

via: Twitter / zoonieyamada

そうそう! コレ大事。

それじゃぁ いったい自分の心が本当に求めるものっていうのは何なのか?

そう自分に問うてみてスグに答えることは意外と難しい。
少なくとも自分の若い頃はそうでした。

逆に、誰かを見返すために頑張るとか、人に認められるために頑張るというのは、意外にカンタンなことだと言うこともできます。

某氏よりも◯◯で勝ちたいとか、あの△△で有名な某氏に高評価してもらいたいという類の目標は、自分よりリードしている相手を基準にして設定するものです。
つまり、その目標の基準は実は他人のものなんですよね。
特定の個人であれ、世間一般の不特定多数であれ、自分以外の人の基準に乗っかっている目標。既に用意されている目標だということです。
ですから、たとえそれが難易度の高い目標であったとしても、目標自体は周知既存のものであって、右に傚え的に設定したものなんです。

対して、自分の心が本当に求めるものっていう目標は、決して他人が示してくれるものではありません。
あくまで自分が自分自身に向き合って自分に問うて、引出し、編み出し、創り出して初めて設定できる目標です。

ところが、自分のことだからこそ自分自身では見えにくい。
自分の心が本当に求めるものなんて今まで考えたこともない、もしくは考えたことがあっても結局よく分からない。
だから他人よりも自分のことの方が見えていない。
だから自分を基準にした目標設定ができないんですね。

やはり自分自身としっかり向き合う姿勢が大切。
そうでなければ、いつも他人の目を基準に生きていくことになります。
それは自分でありながら自分を生きていないということ。
カンタン便利かもしれませんが、活き活きと充実した人生だとは言い難い。

実はこの「自分基準で目標設定する」ということ自体が、しあわせな人生の実現に欠かせないことだと思うのです。
目標を成し遂げることができれば最高ですが、その成否に関わらず、自分基準の目標を設定し挑戦を開始した時点で既に自分の人生を歩んでいる状態だからです。

面倒くさくても、解りにくくても、自分自身に向き合い自分に問うて、自分なりの基準と目標を引出し、編み出し、創り出していきたいものです。
まずは、自分基準で目標設定することを目標にしてもイイくらいです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
エサを分かち合う鳥たちは生ぬるいのか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立  自由 独自化 お気楽 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/3582-106b89e3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT