元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

チャンスとは選んだ者にのみ与えられる権利

読書感想画コンクール奨励賞受賞

昨日、長女ゆきちゃんが学校から帰ってくるなりカバンも置かずに言いました。
「あの絵で表彰状もらったよ!」

何のことかと思って聞いてみると、冬休みの宿題で描いた絵がコンクールで入賞したとのことでした。

よほど嬉しかったのでしょう!
今までに何度か表彰されたり絵画展に展示されたりしたことはありましたが、こんな反応は始めてでした。

自我も強くなってきて友だちや家族とのコミュニケーションがスムーズでないことも増えてきたこともあって、最近は少なからずふてくされ気味だったのですが、久しぶりに素直な笑顔を見せてくれて父ちゃんも嬉しかったです。

この絵は、読書感想画コンクールへの応募作品になっていました。
印象に残っている本の場面や感想を絵で表現するというもの。

冬休みの宿題だったのですが、自由課題だったので必ず提出しなければならないものではありませんでした。
ですが、わりと絵が好きな長女は描くつもり満々で冬休みを過ごしていました。

ところが、冬休みも残り少なくなってくるにしたがって少しずつ意気消沈。
「やっぱり出すのやめる」と言い出しました。

けれども、3日くらい休みが残っていたので父ちゃんは予定通り絵を描くことを強く勧めました。

自分でやると決めたことは最後までやり抜いた方がイイ。
次のチャンスはいつ来るかも分からないし来ないかもしれないのだから、できる時にやっておいた方がイイ。
そう言われて渋々描き始めました。

イヤイヤやっている作業が捗るはずもありません^^;
下書きどころか描くテーマとなる本を決めることもできません。

悩んだ末にイチバン好きな小説を選び、その中でもイチバン好きなシーンを思い浮かべて下書きを始めました。

しかしヤル気が出てきたわけではなく、なかなか筆は進みません。
叱咤激励されたり手伝ってもらいながら、なんとか始業式前日までに完成させることができました。

これまでコンクールに出品した絵は戻ってこないこともありましたので、念のために写真を撮っておきました。
この時は描き終えた安堵感と達成感で自然な笑顔になっているものの、それまでは苦虫を潰したような渋い顔つきで描いていたのですけどね^^;

その後、すっかり絵のことは忘れていました。
そんな中での昨日のできごとだったのです。

「よかったね」
「うん」

「描いてよかったやろ」
「うん」

それで全てが通じ合えたと思います。

ゆきちゃん、奨励賞受賞おめでとう!

選択肢は意思とは無関係に天から降ってくる。
このチャンスを生かすも逃すも自分選択次第。

チャンスとは選んだ者にのみ与えられる権利。
選択肢はあるようでないと思って挑戦しよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
気のせいが気のせいでなくなる!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  おめでとう チャンス チャレンジ 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/3559-62a5e28c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT