元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

共存共栄の可能性を探ってみる

VHSビデオカセットテープ

VHSテープ全盛の時代の米国のレンタルビデオ店での話。「見終わったあとはテープ巻き戻してから返却してください」とシールを貼っておいても、巻き戻さずに返却する人が多く、店としては頭を抱えていた。そのまま次の客に貸してしまうと次の客の気分が悪くなるし、店でいちいち巻き戻していては手間がかかって仕方がない。

これを「マナーの問題」としてしまうと、ほぼ解決不可能な難問になってしまうが、この店では思い切ってルールを変更してしまうことにより、この問題をみごとに解決したのだ。VHSテープに貼り付けるシールの文言を「このテープは一度最初まで巻き戻してからご覧ください。返却時は巻き戻さなくても結構です」に変更しただけだ。

こうやって基本ルールを変えただけで、借りたばかりのテープが巻き戻っていなくても気分を害する客はいなくなったし、逆に巻き戻してあると「得をした気になる」ようになったのである。注目すべきは、誰も行動パターンを大きく変えたわけでもないのに、皆の気分が良くなった点である。

via: Life is beautiful

同じ手間でも感じ方は正反対ですね!

「いつもキレイにお使いいただき、どうもありがとうございます」と書かれたトイレにも通ずるものがありますね。
さらに、男性用小便器の中央に的形を付けることで便器周辺の汚れが激減するという事例においては、命令はおろか依頼嘆願すらなしに美化促進を実現しています。

概して、ココロのすれ違いは、見方やコトバのすれ違いから生じます。

視点の置き方次第で価値は変化します。
自分の立場で目的を達成することを考えるだけではなく、そこに関わる人たちの立場で見直してみることによって、両者の利害がぶつかり合わないポイントを見つけることも可能です。

心理をついたテクニックは無闇に多用するべきではないと思いますが、感謝や思いやりを意識した工夫で生活はもっと良くなるはず。

対決する前に共存共栄の可能性を探ってみよう!
「自分さえ良ければ」より「共に良くなる」の方が上手くいく。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ステキ過ぎる非常口誘導サイン

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 共感 承認 信じる お気楽 

ページTOPへ↑















非公開コメント

http://haniwa.blog3.fc2.com/tb.php/3558-e7472871

PREV | PAGE-SELECT | NEXT