元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT |

EDIT

やっぱり風呂あがりは牛乳ガブ飲みでしょ

やっぱり風呂あがりは牛乳ガブ飲みでしょ

温泉のロッカーが100円入れるやつで使い終わったら100円戻ってきて、さらにその先に牛乳の自動販売機が設置してあって「ああ、これ考えた人頭良いな。さぞかし牛乳が売れるだろう」と思ってたら、牛乳が120円だったので「アホか」と思った

via: Twitter / @_marony

そもそも
最初から販促のシナリオなど
まったく考えもしなかったのか…

それとも
当初に意図を忘れて
安易に値上げをしてしまったのか…

いずれにしても
ちょっと勿体なさ過ぎます。

っていうか
誘導して欲しい。
牛乳を買わせて欲しい。

風呂あがりに
腰に手をあてて牛乳をガブ飲みする…

それは紛れもなく
銭湯体験の重要なファクター。

常連客にとっては
ないと落ち着かない習慣的行動。

慣れない人にとっては
一度はやってみたい憧れの儀式。

ここまでの流れを
如何にスムーズに体験できるかが
温浴施設の好感度に影響するはずです。

コーヒー牛乳が発売されたのは昭和30年。
奇しくも昭和30年代は銭湯が最も増えた時期です。
さらに冷蔵庫などの家電が普及し始めた頃でもあります。

こういった背景が
入浴+冷たい飲料+マッサージ椅子
というスタイルを産み出し大ヒットさせました。

その後は時代を経て旧来の銭湯は姿を消しつつあり
瓶入り飲料も紙パックやペットボトルに主役を譲っています。

しかし、時代や物価の変化に合わせて
牛乳以外のドリンクも比較検討しながら
改善工夫を凝らしていく価値は充分あります。

入浴+飲料+マッサージ椅子のコラボ
古くからある超定番ですが
今の時代に合った価値を伝えることができれば
まだまだ使える手堅い販促策です。

少なくとも自分たちのような
ノスタルジックな体験を味わいたい層には
そそられまくるキラーコンテンツなんですから…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
夏の訪れ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  定番 販促 ノスタルジー 価値 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |