元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

EDIT

顔で笑って心で泣いて

笑って受け流せるからといって、その人が傷ついていないわけではない

言われて困るところを話題にされたとき、笑って受け流せるからといって、その人が傷ついていないわけではない。つっこまれて、見事に返して、ちょっとうれしそうにさえ見えるとしても、それはその人が鍛錬のすえ身につけた精一杯の防御策なのかもしれない。

via: Twitter / 1101_nagata

その通り!

平気なふりして笑っていても
どうしようもなく悔しくて悲しくて
思い出したくないけれど忘れられない…

そんな経験が自分にもありました。

ところが

何を言っても和やかな笑顔を絶やさない
朗らかで優しい友達のことになると
ついつい面白がったりしているうちに
うっかりキツイ冗談を言ってしまう…

そんな自分もいたのです。

さすがにこの歳になってからは
少しは自制できるようになったと思いますが
うっかりに油断は禁物です。

特に親しい間柄であればあるほど
うっかりや甘えが出てしまうもの。

大切な人たちを悲しませることは
けっして本望ではないと思うのなら
事ある毎に再確認しておきたいですね。

笑って受け流せるからといって
その人が傷ついていないわけではない

口癖になるほど繰返し
自分自身に言い訊かせてやりたい。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
こちらこそ ありがとう!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  油断 笑顔  コミュニケーション 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |