元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

絶大なる目ン玉の威力

絶大なる目ン玉の威力

何度注意してもテレビのB-CASカードを2歳男児に抜かれてイタズラされるので、Twitterか何かで見た「イタズラされたくない場所に目のシールを貼るとやめる」ってのを試したら、マジで一発でやめてくれたからオススメ。

via: Twitter / kiyomimi

へぇ~!!
ホントに効くんですね!

防犯用などで街頭でも見かけますが
眉唾モノじゃないかと思っていました。

ウチには B-CAS機器がありませんし
いたずらする小さな子もいませんが
何かの機会に試してみたいものです。

ちなみにコレの効き目って
視線を気にする心理とかじゃなくて
単に怖いからじゃない!?

怖いよね。大人でも^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
梅雨明け待たずに真夏到来

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  心理 無意識 視線 恐怖 いたずら 

ページTOPへ↑

EDIT

声にならない声にも耳を傾ける

第二次世界大戦で帰還した爆撃機がダメージを受けていた部分を示すしるし

赤のドットは、第二次世界大戦で帰還した爆撃機が、機体のどの部分に戦闘ダメージを受けていたかを示すしるしだ。帰還率を高めるために、あなたなら防護のための装甲板をどこに追加するだろうか? 統計学者、エイブラハム・ウォールドは、ダメージの"ない"部分を強化するよう忠告した。データを収集することができたのは、帰還した爆撃機だけであり、ドットがない部分を攻撃された機体は帰還できなかったということだからだ。

要点で学ぶ、デザインの法則150

これ深い。。。 もっと別の問題を考えるときにも使えそうだ。

via: Twitter / second_homa8823

いわゆる生存バイアスを考慮した冷静な分析ですね。

ほとんどの場合、淘汰されたものは注目されることはなく、勝ち残ったもののみが評価の対象として語られます。たとえ勝者の数が圧倒的に少なかったとしても。

成功者として有名な経営者の本はベストセラーになりますが、成功実績がなく事業を破綻させた人には出版の機会さえ与えられません。

歴史上の勝者は後世に大きな影響を与えますが、敗者は歴史を残すことなく忘れ去られてしまいます。

しかし、たいてい成功者や勝者は僅かしか存在せず、それ以外の表面化しない事例が圧倒的多数を占めているはずなのです。

にも関わらず我々は成功者や勝者ばかり注目してしまいがちです。

成功するため、勝つために、成功者や勝者を研究する価値があることについては否定しません。

けれども、成功するためには致命的な失敗をしてはならないという条件がついてまわることも確かです。

ならば、致命的な失敗を侵さないように、敗者にも目を向ける必要があるはず。

消極的な防戦のためではなく、成功を勝ち取る可能性を高めるために、目立つ成功事例のみに注目するのではなく、失敗を含むあらゆる事例を偏見なく俯瞰的に観ることが大切だということ。

しあわせな人生を実現したいと思う人ならば、あるいはチームの命運を預かるリーダーなら、ネガティブになり過ぎず、ポジティブ一辺倒にもならず、ニュートラルな視点で事を捉えて判断していきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
使ってみたいのですが…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  視点 心理 無意識  

ページTOPへ↑

EDIT

投げ出さないためのNGワード

僕だって、毎日のなかで面倒くさいと思うことはけっこうあります。でも、絶対に言葉に出してはならないと誓っています。
面倒くさいという言葉には、すべてを否定する強烈な「打消しのパワー」があります。一生懸命に生きよう、毎日できるだけ楽しく暮らそうと、いくら本気で思っていても、「面倒くさい」とつぶやいたとたん、すべて魔法がとけたみたいに、だめになってしまう気がします。

via: あたらしいあたりまえ。

うん。コレ大事!

あんまり意識してムリにポジティブにするのは不自然だと思うのですが、「面倒くさい」だけは避けた方が良いと。

たとえ思ったとしても口に出さない。

コレ言っちゃうと、踏ん張っていたものが堰を切ったように崩れ去ってしまいます。

弱音を吐いたり愚痴をこぼしたりしたくなる時もありますが、このコトバだけは避ける。
それだけで最後の砦は護れるような気がします。
というか、体験的に実感しています。

致命傷さえ負わなければ後で挽回できます。
投げ出してしまう前に、ちょっと一息いれましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
どこかで見たことある顔だな!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コトバ 無意識 心理 

ページTOPへ↑

EDIT

良かったことを記録する意義

思い出すことは「良いこと」が多い方がいい

しょっちゅう思い出すこと、考えることこそが今の自分の性格を形作っている。これを心理学用語で利用可能性ヒューリスティックという。つまり、できるだけ自分について思い出すことは「良いこと」が多いほうがいい。だからこそ、「今日の良かったこと」を日記に残すことには実際的な効果がある。

via: Twitter / fta7

これホント!

「脳内環境を整える」とか「脳内辞書を書き換える」などと言いますが、「良いことに囲まれる」ことや「良いことを常識化する」ことで、当たり前に良いことを感じることができるようになり、さらに良いことを引き寄せることにつながります。

とてつもなく良いことを1度だけ思い起こすよりも、ちょっとした良いことを何度も数多く思い出すことの方がより効果的です。

小さなしあわせ、小さなよろこび、小さな成功を記録し続けることで、大きなしあわせ、大きなよろこび、大きな成功を導いてくれることもある。

というか、しあわせや、よろこびや、成功というものは、外部から入手するものではなく、それを感じる心を整えるということなのでしょう。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
自信をつける方法

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  無意識 心理  

ページTOPへ↑

EDIT

それって命よりも大切ですか?

チラ見 please! Thank you!

どのポストも
どのチラ見も
どのメールも
どのサーチも
どのSMSも
命の価値はない

後にしましょう

ちょっとくらい大丈夫だろうが
取り返しのつかない結果を招く

たとえ致命的でなくとも
二度とない貴重な時間や体験を
無闇に捨ててしまっていることは少なくない

ましてや大切な人の命を代償にするなんて…

どんな後悔や反省も後の祭り

今一度、心に留め置きます

それって命よりも大切ですか?
●1年前の今日:
スーパームーンの皆既月食

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  生命 油断 無意識  

ページTOPへ↑

EDIT

当たり前だと思っていること

かたつむり どこで死んでも わが家かな (小林一茶)

ポジティブ

via: Twitter / spicagraph

これって
ポジティブなの?

・・・などと、
思ったり...思わなかったりするのですが…

それはさておき…(^^ゞ

これって
本当にに小林一茶の詠んだ句なの?

という疑問が胸騒ぎのように込み上げてきました。

いや… 何の根拠もないんですけどね^^;

果たして、ザッと検索してみたものの、明確な作者情報は見つかりませんでした。

出典を明確にしないまま一茶の句だとして掲載しているサイトは数えきれないくらいあるんですけどね^^;

さらに調べていくうちに、こんな情報を見つけました。

質問(Question)

「かたつむり どこで死んでも わが家かな」という句の作者と表記が知りたい。作者は小林一茶ではないかと思う。

回答(Answer)

以下の資料に該当の句についての記述があり、これを提供した。作者は不明とされている。表記は資料により異なる。

加太こうじ「私の日本学(連載第7回)江戸の笑い 川柳」(『思想の科学 1986.1 No.71』p107-115)
 p108 「川柳は十八世紀の中頃、懸賞文芸として江戸ではじまった。(中略)応募するのは個人ではなくて、仲間をさそい合わせての地域ー町内を単位 とした集団とした。それゆえ、川柳選のいわゆる古川柳には作者名はない。」
 p111 「市井の人事に関する古川柳も少し紹介しておく。意味はそれぞれ考えてもらうことにする。」
     10の川柳が紹介されているうちに以下があり。<かたつむりどこで死んでも我家なり>

『誹風柳多留全集 12』(岡田甫校訂 三省堂 1978)
 p46 柳多留 百五十三篇 天保九戌~十一子年刊?
 p47 名木小會酉四月十二開 題 鳥一羽濡手出毛利朝櫻 一字言込 催主 
      櫻木連 竹賀 川升評 百五十三編
 p55 153編17丁最終句「蝸牛 何所て死でも我家也 綠リ」とあり

『江戸川柳辞典』(浜田義一郎編 東京堂出版 1977)
 p92 蝸牛 かたつむり
   「かたつむりどこで死でも我家なり 一五三17」「鑑賞」あり(この辞典の典拠は上記『誹風柳多留全集 12』)

via: レファレンス協同データベース

かいつまんで言うと
作者不明ってことですね。

つまり、小林一茶の作品であるという根拠はないと。

もちろん、この書物以外に小林一茶が詠んだことを記録した資料があるのかもしれませんし、何も記録が残っていなかったからといって、一茶が詠んでいないという証拠もありません。

けれども、この川柳は小林一茶のものだということは当然のことであるかのように流布されていて、かつ今もなおインターネットを通じて拡散しているという事実に少なからず唖然としました。

ネットで意図的にデマやガセネタを流す人がいたり、その真偽を確かめもせずに拡散に手を貸す投稿をしたりすることが問題視されていますが、これも似たような状況だということでしょうか?

自分もまた、こうしてweblogを公開したり、SNSを利用しているわけで、意図的ではないにせよ同じような行為をしてしまっていることもあるかもしれません。
特にボクの場合は引用をすることが多いので、充分に注意しなくてはなりません。

いや~ ホント…
無意識のうちにしでかしちゃってるかも!
怖い… 怖い…^^;

そんな不安を抱えつつも、なんとか毎日やっていけるのも、安心して眠れる家と心許せる家族のおかげです。
困難や不安があっても、いつも見守り続けてくれている家があると思えば心強いですからね。

かたつむりのように歩みは遅くとも着実に、生命の限り人生を活かし切りたいものです。

(やっぱり! ポジティブかも…)

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
衝撃的な「ながら運転ダメ」CM

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 感謝 無意識 思い込み 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

インプット・アウトプット

インプット・アウトプット

将来が不安になったり、自己成長を志向すると、人はインプット熱が上がる。もっと本を読もう。もっとセミナーに出席しよう。もっと人に会おう。でも、できる奴はすべてのインプットはアウトプットのためであることを認識している。アウトプットなきインプットは意味が無いものだと考えている。

via: できる奴の仕事術9箇条
Tribal Marketing・ikedanoriyuki.jp

たしかに大事なポイントですね。

何のためのインプットなのかを意識しないと、活用や行動に結びつくことは稀だと思います。

そして、知っているだけ考えているだけで、活用したり行動したりしなければ、いわゆる成果には繋がりません。

その点については、概ね同感です。

けれども同時に「それが全てではない」とも思うのです。

つまり、「アウトプットなきインプットは意味がない」とは限らないと思うのです。

引用元は「できる奴の仕事術9箇条」という記事ですから、やはり成果を重んじて効率的でない方法を断じているのでしょう。

それはそれで納得なのですが、インプットしたことは、たとえ意識的にアウトプットしなくても大いに意味があると考えています。

(その時点でボクは「できない奴」なのかも^^;)

人となりやキャラクター、教養などと呼ばれるものは、その人がインプットしてきたことによって形成されます。

特にアウトプットを意識せずとも自然なカタチで表面化します。
あるいは、判断基準や咄嗟の対応に顕れることもあります。

教養はこれ見よがしにアウトプットするものではありません。
滲み出るものであり、醸しだされるものです。

しかし視点を変えてみれば、これらも無意識のうちにアウトプットしていることなのです。

意識せずともアウトプットしている人となり、キャラクター、教養などを変えていこうとするなら、やはりアウトプットを意識したインプットがポイントになってきます。

ですが、アウトプットなきインプットには意味がないということはありません。
どんなインプットも自分の一部となって活かされています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
滋賀県といえば琵琶湖です

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  勉強 考える 無意識  行動  

ページTOPへ↑

EDIT

思いとは裏腹に…


Baby Caught In A Spilled Milk Situation

これはカワイイ!
けど、ちょっと可哀想^^;

拭いても 拭いてもキレイにならない
不思議なミルクに翻弄される赤ちゃん^^

けれども
笑ってばかりいられないかもしれません。

こういうことって
一人前の大人にも
あるんじゃないのかな?

焦れば焦るほど…
カッコつけようとすれはするほど…
つじつまを合わせようとすればするほど…

思いとは裏腹に
ドツボにはまってしまうこと(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 
拭いても拭いてもキレイにならない…

●1年前の今日:甘えんぼうの泣き虫ですが…

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  カワイイ 無意識 ドジ  

ページTOPへ↑

EDIT

持ち物には持ち主の人となりが顕れる

本にしてもCDにしてもなんで借りたりダウンロードにせず、購入してるかというと借りたりダウンロードするとパーソナルなものになっちゃうのが嫌なんだよね。自分が父親の本棚や兄貴のレコードラックから探したように、子どもや仲間にここらからなにか気に入ったものを持っていってほしいのよ。

via: Twitter @pride_of_urawa9

あぁコレ、よく解ります!

持ち物には、そこはかとなく
持ち主の人となりが顕れているものです。

CDはJazzばかりだとか
本は戦国時代の歴史小説が多いとか
サッカー関連グッズが家中にあるとか
その人の趣味趣向がよく解りますよね。

そういう解りやすい場合だけでなく
一見バラバラなように見える様々な持ち物にも
よく見ると何かしら共通点があるものです。

持ち主の個性というかこだわりが
そのモノたちを通じて感じられます。

ところが
ダウンロード販売やオンデマンド配信が
少しずつ一般的になってきて
身の回りに溢れていたモノが
どんどん少なくなってきています。

こうなってくると
本や音楽やビデオなどの存在は
表面上からは隠されることになってしまい
人となりが表現されていたメディアが
少しずつ減っていくことになります。

父親の書棚からこっそり借りて読んだ本…
勝手に聴き漁っていたLPレコードの数々…

子どもの頃を思い出します。

読んだり聴いたりすることがなかったとしても
毎日目にする背表紙やジャケットからは
少なからず影響を受けていたに違いありません。

昨今の主流になりつつあるデータ商材では
こうした影響を受けることも少なくなるでしょう。

とはいえ
たちまち人間関係に大きな影響を与えることは
ないんじゃないかとも思っています。

たしかに寂しさや危惧は感じているのですが
モノが減ったからといって
あらゆる関係性が失せるわけではありません。

持ち物を通じて人となりを感じていたのは
モノが豊富だからこそできたことです。

現在のようにモノが溢れていなかった時代には
持ち物から得られる情報も多くなかったはず。

その代わりに別の何かが
その人を表すメディアになっていたことでしょう。

それは、無意識に出る態度や表情だったり
判断基準や口癖だったりしたかもしれません。

あらゆる生活の場面でそこかしこから
その人のことを感じることはできます。

そして、
モノが溢れかえっている現在や
モノが減っていくかもしれない未来にも
常に同じ状況は存在し続けています。

持ち物が人となりが伝える機会が減っても
人を感じさせる媒体は他にもあるわけです。

むしろ、モノが減ることによって
それらが再び活性化してくる可能性もあります。

こっそり借りていた本やレコードの代わりに
これからの時代は何が人を感じさせるのでしょうか?

いずれにしても
黙っていても知らず知らずのうちに
伝わる何か、伝える何かがあるのです。

だからこそ
いつ誰に何が伝わってもいいように
普段から少しでも自分を磨いていたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

LPレコードラック
今どきLPレコード持っていかれても再生できないかもね^^;

 

●1年前の今日:それなりには頑張ってるんだよ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  無意識 メディア コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

マズイことをマズイと解っているか?

悪い習慣に気づいているか?

ジャンクフードは
癖になる美味しさがありますが
毎日これを食べ続けていると
やっぱり身体に悪いよなぁ… って
たいていの人は理解していると思います。

タバコだって
アルコールだって
習慣になってしまうと
なかなかやめられないものですが
飲み過ぎは身体に良くない… って
たいていの人は理解していると思います。

でも中には
そんなことを全く意識せずに
毎日摂り続けている人もいるようです。

今スグに止めれなくても
マズイということが解っていれば
習慣を変えられる可能性は
まだ残っているとは思うのですが
マズイという意識すらないとしたら
改善の余地はほとんどゼロに近いですね。

無知でいたり、麻痺していたりして
無意識的にマズイ行動を継続してしまうことほど
恐ろしいことはないのかもしれません。

毎日繰返しているとマズイことは
ジャンクフードやお酒、タバコ以外にも
けっこう たくさんあるような気がします。

毎日当たり前のように顔を合わせている人…
毎日当たり前のように耳にするコトバ…
毎日当たり前のように接している情報…

もし、こういうものが
身体や心に良くないものだったとしたら…

そして
それがマズイことだと解っているならまだしも
無意識に接し続けているのだとしたら
それは、やっぱり
恐ろしいことだと思うのです。

毎日当たり前のように繰返していることを
改めて見直す機会をとってみた方がイイかも…

習慣改善のきっかけになるかもしれません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:混ぜるなキケン!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  無意識 習慣 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

一目瞭然!

体温で色が変わるおしゃぶり

via: Twitter / suteki__design

これは イイかも!

体温で色が変わるおしゃぶりです。

発熱して具合が悪い時というのは
気分の具合も悪くなっていますから
そんな時ほど赤ちゃんは
おとなしく熱を測らせてくれないもの。

この おしゃぶりなら
いつも通りくわえさせているだけで
おおよその体温を把握することができますから
高熱の可能性がないときは
嫌がる赤ちゃんを押さえつけてまで
無理やり熱を測る必要はありませんね。

また
機嫌よく元気に遊んでいたとしても
いつの間にか高熱が出ていることがありますが
そんなときでも、体温が目に見えますから
うっかり発熱を見逃すことが少なくて済みそうです。

まぁ 正確な体温を把握できるわけではなく
あくまで目安になるだけではありますが
特に「測る」という行動を意識しなくても
いつも通りの生活をしているだけで
体温が自然に目に見えて判るというところが
とってもイイ感じですね。

まだ日本では発売されていないようですが
ウチの娘たちが赤ちゃんだった頃に売っていたら
きっと買って使っていたと思います。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:こうもり

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 無意識   

ページTOPへ↑

EDIT

習慣の力を有効活用する

テレビをだらだら観るくらいなら、あなたが好きな人の話に耳を傾けたほうがずっと良い。どんなくだらない意見や情報も、繰り返し聞き流していると、それは自分の中に浸透してしまうのだ。くだらない価値観が、自分の思考の一部となってしまうのだ。それより自分の好きな人を、自分の一部にしてしまえ

via: Twitter / shh7

習慣は知らず知らずのうちに
予想をはるかに超えた力を発揮します。

自分の思考の一部にするならば
くだらないテレビをだらだら観るよりも
好きな人の話に耳を傾けた方が良いというアイデアは
なるほど一理あるに違いないという気がします。

けれども、その効果は
注目する対象を自分の一部にしてしまう
というところにあるのであって
自分が相手の一部になるわけではないのですね。

いつも自分が好きな人に会って話を聞いたり
いつも自分の好きな人のことを考えたりしていると
確かに、その人のことを
より理解できたり、より好きになれたりするのですが
必ずしも相手が自分のことを
より理解してくれたり、より好きになってくれる
というわけではありません。

とっても大事なことに気付かせてくれた
とっても素敵なつぶやきなのですが
思いの届かない人への起死回生策として活用することは
もう一工夫が必要かと思いますので悪しからずwww

…なんて
他人事のように書いてはみたものの、
自分がイチバン期待していたということは
きっと見透かされているんだろーなぁ (^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

テレビをだらだら観るくらいなら、あなたが好きな人の話に耳を傾けたほうがずっと良い

 

●1年前の今日:孤独と独創性

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  習慣 無意識 アイデア お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

偉人の名言より家族の小言

偉人の名言より家族の小言の方がよほど胸に突き刺さるよ。

via: Twitter / yodaka

そう言われてみれば
なるほど そうですね!

名言っていうのは
名言と言われているだけのことがあって
心の奥まで染み渡るようなコトバであったり
誰をも納得させてしまう本質を突いた論であったり
圧倒的なパワー放つ生き様の表現であったりします。

場合によっては
名言との出会いで人生が変わったり
座右の銘として生きる指標にしていたり
勇気や希望を与えられることもありますね。

けれども、それと同時に
「ほほー」とか「なるほどねぇ」
「エライ人はさすがだなぁ」などと
他人事のように接してしまったり
違う世界の出来事のように感じて
受け流してしまったりすることもあります。

その点、家族の小言っていうのは
ちょっとした何気ない呟きだったり
文句やぶっちゃけトークだったり
有名人の名言のような
輝きや渋さや高尚さはほとんどなく
ある意味で戯言そのものだったりするのですが…

それでも なぜか
家族の小言がきっかけで人生が変わったり
座右の銘として生きる指標になっていたり
希望や勇気を与えられることもあるのです。

しかも!
その影響力は 名言よりも強く、
圧倒的に叩きのめされたり
とんでもなく感動させられたり
死んでも忘れないと確信したりもします。

家族っていうのは
社会の中でも最も身近な存在で
空気のように当たり前の存在であったとしても
やはり、なくてはならない存在でもあって
ふと吐き出された家族の本音の小言は
想像以上の影響力をもって胸に刺さってきます。

これって
いわゆる存在感が関係してるんだうなぁ…

偉人の名言だって
自分自身が尊敬したり憧れたりしている人が
その人らしい内容を表現していると感じた場合は
やはり他の場合に比べて身近さを覚えるでしょうし
強い影響力を受けることもあるのだと思います。

これは、ある意味で

コトバの内容よりも
誰が言ったコトバなのか

ということが
関係していると言えるような気がします。

身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼされるんですね。

ということは・・・

名言のような
勇気や希望を与えて人生を好転させたり
発見や気付きを与えて感動と豊かさをもたらす
ポジティブなコトバだけではなくて…

疎外感や絶望を味あわせたり
寂しさや切なさ、やりきれなさを誘う
ネガティブなコトバだって同様に…

身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼされるんじゃないでしょうか。

・・・

どうも 疑う余地はないようです。

なぜなら…
身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼすのですから・・・

だとしたら・・・

もしかすると
知らず知らずのうちに
ちょっとした小言が
大切な人たちを
とてつもなく辛いキモチにさせたり
やりきれない腹立たしさを
感じさせているかもしれませんね。

いや… きっと!
数えきれないくらい
そんな罪を犯してきたように思います。

そう言えば 最近…
ちょっと小言が多くなってるような気がします^^;

これまでの罪は償いきれないとしても
せめて これからは充分に注意しなきゃ!
…と、強く反省。。。

でも それとは逆に・・・

もしかすると
知らず知らずのうちに
ちょっとした呟きが
大切な人たちに
勇気や希望を与えていたり
感動や信頼や心の安らぎを
感じさせていることもあるかもしれません。

自覚はあまりないのですが
これも きっと たまにはあったのでしょう。

だから やっぱり!
意識することが とても大切なのですね。

素直にコトバにすることは難しいかもしれません。
上手く正確に表現することは難しいかもしれません。

でも せめて…

大切な人を 大切に思っているキモチを
ちゃんと伝えるために…

大切な人が いつも しあわせでいてほしいと
強く願っていることを
改めて意識して暮らしていきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「あいしています」

 

●1年前の今日:スクエアなプードルさんなのです

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   信頼 共感 承認 感謝 無意識 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

自分の機嫌をとるのも悪くない

うん そうそう…
そういうことなんですよね。

そういうことなんだけど
このところ 知らず知らずのうちに
そういうふうにできてなかった気がします。

ずっと前から解っていることなんですけどね~

素直に実践できていたはずなんですけどね~

どうも いつの間にやら
自分を甘やかしちゃいけない…  みたいな
なんか そういう厳しいというか
呑気な腑抜けに喝を入れるというか
自作自演で天の声を聴かせていたように思います。

でもね  ココロの動きは正直ですね。

ちょっと 居心地の悪さがあったもんね。

今、このタイミングで
ブレかかっていることに気がつけて良かった(^^)/

また、初心に帰って
お気楽な生き方を満喫していこうと思います。

まぁ それはそれとして…

見えないことに対する不安や焦りは
少なからず誰しも持っているのですから
たまにはブレるのも べつに悪くはないんですよね。

不安や焦りだって 正直なココロの動き。

それが出てきた時は そのキモチを受け容れて
少しくらい自分に共感してあげたって
バチは当たりませんよね。

・・・っというわけで、

これでイイのだ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫) これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 スペシャル版 [DVD] これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 スタンダード版 [DVD]

 

●1年前の今日:昔話盛り

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  無意識 許す 共感 あるがまま お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

睡眠と記憶

1日6時間寝ないと記憶がなくなる
という説があるらしいです。

人の脳は、寝ている間に
その日に入ってきた知識や体験を整理して
重要だと判断したものだけを保存しています。

それにかかる時間は平均6時間で
睡眠時間がそれ以下の場合は
大切な知識や体験が
なかったことになってしまうそうです。

科学的な根拠があるのかどうかは判りませんが
もし、そうなのだとしたら
睡眠こそが、自分自身をつくっている…
と言っても過言ではないような気がします。

ならば・・・
忘れたいことがあるときは
わざと 寝なければいい…
のかもしれません。

ただし・・・
どの知識や体験が消えて
どの知識や体験が遺るのかは判りません。

それに
忘れたいことを ずーっと寝ずに考え続けていたら
忘れるどころか染みついてしまいそうです。

実は重要でないことに拘っているけれど
本当のところは忘れた方が良いようなことを
ちゃんと忘れさせてくれるのが睡眠なのでしょう。

やっぱり…
変なことは考えず寝た方がイイですね(^^ゞ

もしかしたら、このことは
日頃から意識し続けていることが
より定着して現実のものとなりやすい…
ということと 関係あるのかもしれませんね。

いや、これも
特に根拠は ないのですが な~んとなく

喜怒哀楽 あらゆる感情を満喫するとともに
自分の可能性を信じて、ぐっすり眠りたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

睡眠と記憶

 

●1年前の今日:他人の不幸は蜜の味 的に…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  無意識 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT