元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

| PAGE-SELECT | NEXT

EDIT

伝わらなければ存在しないのと同じ

濠を浚渫しています。

読めねえよ

via: Twitter / bunkagakusei

自分はたまたま少し縁があって知ってましたけど、普通はこんなの読めないですよね。

読めない ≒ 通じない

通じない ≒ 意味がない

つまり、この看板の存在価値はありません。

せめて「堀の底にたまった泥やゴミを取り除く工事をしています」くらいにはしておきたいもの。

「L=141.50m」とかもよく解りません。

というか、そもそも工事現場の公告と周辺住民への注意喚起を一つの看板に兼用させようとしているところに問題がありそうです。

知らせるべきことを確実に伝えたいのであれば、それぞれに必要な項目を適切な表現で別々の看板・サインを掲示した方がイイですね。

でなければ、何かの事情で工事内容を知られたくないとしか思えないですから^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ビフテキはビーフステーキの略じゃない!?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  変な看板 表現 役割 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

And he turned into a true legend.

Jazz Legend Al Jarreau Dies.

また一人、偉大な存在を失いました。

Al Jarreau 1976 -Take Five

何も変わっていないと思っていても、
こうして時は常に移ろいゆくのです。

Al Jarreau - Mornin'

そう。つべこべ言っている暇はない。

今、此処がベストタイミングなのだ。

Al Jarreau - Spain (Live Under The Sky 90)

残された時間は着実に失われている。

今やらずして何時やるつもりなのか?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

謹んでご冥福をお祈りします。

Al Jarreau - Moonlighting

米ジャズ歌手のアル・ジャロウ氏が12日、米ロサンゼルスで死去した。76歳だった。中西部ウィスコンシン州ミルウォーキー出身で、1975年、35歳でデビューした。米音楽界最高の栄誉であるグラミー賞をジャズ、ポップ、R&Bの3部門で獲得した。代表曲に「モーニン」などがある。体調を崩し、引退を発表したばかりだった。

via: YOMIURI ONLINE

●1年前の今日:
自慢話はなぜウケが悪いのか?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  音楽  別離 あこがれ 

ページTOPへ↑

EDIT

22年目の祈り

22年目の祈り

via: 産経フォト

22年目の1月17日。
今年も寒い朝になりました。

テレビ各局とも早朝の特別番組はなく、かろうじてBS1だけが追悼のつどいの様子を生中継していました。
神戸市中央区の東遊園地で開かれた追悼のつどいには、午後5時までに約3万人が訪れましたが、昨年と並んでこれまでで最も少ないとのことです。
SNSで繋がっている人たちは震災体験者や同年代の人も多いので、震災関連の投稿も目につきましたが、既に少数派になっている感は拭えません。

1.17は、こうして少しずつ霞んできました。
震災を目の当たりにした人にとっては実に哀しいことですし、防災面でも過去の体験を活かしていく上で風化は望ましいことではありません。

とは言え、いつまでも旧態依然とていては新たな息吹を注ぎ込んで活力ある街づくりをすることはできません。
旧きを淘汰し新しきを取り入れることは被災地の復興や活性化そのものであるとも言えます。

神戸市が昨年11月に行った調査によると、震災後に生まれたり転入してきたりした人は全市民の約44%に達しており、過半数を占める日も近いでしょう。
震災体験者や震災を知る人たちは少しずつ着実にこの世を去り、いつしか震災は伝説になっていきますが、それもまた復興の証なのです。

特別な日だったはずの1.17は、20年余の年月を経て普通の日になりつつあります。

けれども、自分にとっての1.17は、やはり特別な日であることに変わりありません。
今年も変わらず静かに祈りを捧げ誓います。
追悼のつどいで灯された灯籠の如く、たとえ微かであっても生命の光になれますように…

・・・などと、
思いを巡らせながら過ごした22年目の断食日。

●1年前の今日:
未来につなげる

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  阪神・淡路大震災 震災 生命 天命  

ページTOPへ↑

EDIT

元日の午前中に届いた宅配便

元日の午前中に届いた宅配便

元日のこと…
お雑煮とお節料理をいただき氏神さまへ参拝した後、自宅でのんびり穏やかに過ごしていると、ピンポーンと呼鈴が鳴りました。

誰かな?

来客の予定もなかったので呆気にとられてしまいましたが、インターホンで確認してみると、宅配便でした。

元日の午前中に宅配!?

届いた荷物は年末にネットショップで注文した商品。
特に急ぐ必要のない品物でした。しかも、特売で95%オフになっていた100円の商品が1つ。

そんなこととは知らない若干ご高齢ぎみの配達員さんは、とてもにこやかに荷物を渡してくれました。

なんだか申し訳ない気持ちになりました。

思わず、普段は口にしないような台詞がこぼれてしまいました。

元日からたいへんやね~
おおきに ありがとう!
お気をつけて…

配達員さんは元気よく返事をすると同時に丁寧にお辞儀をしました。
そしてまた急いで次の荷物を届けるべく駆けていきました。
実に爽やかで気持ちのよい配達員さんでした。

通販で品物を注文するとき、急がない場合は必ず「お急ぎ便」でない方のオプションを選択するようにしています。
今回は選択肢がなかったのですが、これからは備考欄に急がない旨を追記しようと思います。

このような宅配事情には業者間の過当競争や消費者の行き過ぎた要求が背景にあることは間違いありません。
売る方も買う方も もう少しハードルを下げてもイイんじゃないでしょうか?
本当に急ぐ場合は追加料金がかかるのが当然なのではないでしょうか?
24時間営業も、正月三賀日営業も、お急ぎ便も、当たり前だと思っちゃマズイですよね。

一所懸命に働くすべての人たちに感謝!
いつも ありがとうございます。

そして、どなたさまも
もうちょっと お気楽に参りましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
温かい正月、凍てつく心

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  過剰 サービス 感謝 ゆるい お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

素直に謝る

素直に謝る

とても頑固だと思っていた人が、今日突然謝ってきた。「ゴメン、あれは俺の認識違いだった」って。わりと言い合った件で突然謝られて、自分はどう思ったかというと、その人のことがすごい好きになった。自分の間違いを認め、あやまる、という行動は、他人からの評価を下げはしない。下げはしないよ。

via: Twitter / shh7

そうそう!
これホント。

でも、カンタンにはできないんだな。
分かってはいても、なかなか行動に移せない。

だけど、分かっているなら大丈夫。
心の片隅に留め置いて忘れないようにしよう!
いつか必ず訪れる素直に謝れる日のために。

そして、知らない人は、ぜひ覚えておいた方がイイ。

間違いを認め、あやまる、という行動は、他人からの評価を下げはしない。決して下げはしないよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
大丈夫?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  謝る 素直 勘違い コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

あえて先送りした方がイイ場合もある

悩ましい課題の結論は夜に出しちゃダメ!

何をするにも遅すぎることはないってことは逆言えば今は何もしなくてもいいってことだし寝るか

via: Twitter / shimobayashi

うわぁ~ コレ
一番アカンやつやん
^^;

とはいえ…
ジタバタすればするほど泥沼に引きずり込まれるように何やっても上手くいかない日もあるものです。

そんな日はサッサと寝た方がイイよ。

特に悩ましい課題の結論は夜に出しちゃダメ!

夜間は実質オフタイムだから明日の朝でも遅すぎるということはないし、朝の方がダンゼン頭の回転がイイ。

夜中に煮詰まっちゃった時、結論は必ず翌朝に先送りしよう!

というわけで、もう寝るか┐(´∀`)┌

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ゲシュタルト崩壊という言葉が思い出せない時

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  先送り 結果 焦燥感 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ぐちゃぐちゃな時に大切なこと

ぐちゃぐちゃな時に大切なこと

何をしたら良いかわからなくて、頭がごちゃごちゃで、全くやる気がでなくて、何にも興味が持てなくて、辞めたいのにやめられなくて。徹底的にぐちゃぐちゃなときに必要なのは、すごく簡単な約束事を作り、それを毎日守ること。守れなかったら、もっとカンタンにする。守れるまでハードルを下げ続ける。

via: Twitter / shh7

そうそう!
いつも言ってること。
いつもやってること。

でも、たまに
どんなにカンタンにしても
なぜか守れないことがある。

それって、たぶん
やりたくないことなのに
約束事に入れちゃってる時。

どんなにカンタンでも
やりたくないことは
やりたくないからね。

やりたくなくても
やらなきゃいけない…
そんなこともなくはない。

そんな時には
やりたくない度合いが
ちょっとでも低いものを選ぶ。

ハードルを下げるって
テクニックやフィジカルの
難易度を下げるだけじゃない。

ココロのハードルを下げるために
どうしてもやりたくないことを
とりあえず後回しにしてみる。

そんなんじゃ
やらなきゃいけないことが
いつまで経っても終わらなくない?

少し時間はかかるけど大丈夫!
とにかく、とりあえず動き出せば
少しずつヤル気が回復してくる。

少しヤル気が出てきたら
やらなきいけないことを
少しずつ約束に加えればイイ。

ぐちゃぐちゃな時に大切なことは
とにかく少しでもイイから動くこと。
カンタンでイイから約束を守ること。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
背中を押すコトバ

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  ヤル気 回復 カンタン 行動 約束  

ページTOPへ↑

EDIT

海辺でオレンジの旗を見たら逃げて!

海辺でオレンジの旗を見たら逃げて!

海辺でオレンジフラッグを見たらそれは地震発生&津波が来るぞという合図。海に出ていると揺れも警報も聞こえないため、視覚情報の津波防災合図です。 みなさん海に行くときは覚えておいてください!

via: Twitter / hashbeorange

このツイートは#beORANGE @海の防災(@hashbeorange)というプロジェクトが呼びかけています。

海辺でオレンジの旗を見たら逃げて!

オレンジは、津波防災の色。 海辺の街でオレンジフラッグを見たら「地震発生、津波がくるぞ」という合図! ※まだ設置されていない行政区もあります。まずは自分で判断し避難してください

via: Twitter / hashbeorange

東日本大震災をきっかけに始まったこのプロジェクトは、オレンジ色のフラッグを津波避難ビルやタワーに掲げて、海上や海岸にいる人に危険を報せて少しでも早く避難できるようにすることを目指しています。

beORANGEのwebサイトにオレンジフラッグが設置されている海岸が掲載されています。

既に100ヶ所以上ありますが、日本は四方を海に囲まれていますから、まだまだ充分とは言えません。
このオレンジフラッグの存在や必要性が広く認知され、全国の海岸に普及できるようにプロジェクトは活動を続けています。

海辺でオレンジの旗を見たら逃げて!

海辺でオレンジフラッグを見たら「津波が来たぞ早くあがれ」の合図。沿岸部の街中でそれが見えたらそこは行政が指定した「津波避難ビル」であるということ。

via: Twitter / hashbeorange

めったに海には近づかないから関係ないと考える人もいるかもしれません。
しかし、いたるところに海岸がある日本で暮らしている限りは、いつ海難に遭っても不思議ではありません。

ぜひ、オレンジフラッグの意味を覚えて、いざという時のために忘れないようにしたいものです。

そして、少しでも多くの人にオレンジフラッグの存在を知ってもらえるように、家族や知人にも教えてあげたいと思います。

SNSなどでの拡散はあまり好きではありませんが、このような情報はできるだけ多くの人に拡がるといいですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
たいていのことは誰かが知っている

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  メッセージ 防災 津波 地震  危険 

ページTOPへ↑

EDIT

停滞気味で行動できない時は

停滞気味で行動できない時は

考えたり悩んだりするばかりで停滞気味…
なにかにつけ行動に移せなくなっている…

そんな時は、人に会うのが一番イイ!

背中を押してくれる人がいるかもしれないし、ブレーキを外してくれる人がいるかもしれない。

でも、本当に大事なのは、様々な人に会って様々な人の話を聴いて、ぐちゃぐちゃになること。

様々なコトバで様々に表現された様々な意見を、わけが分からなくなるくらい浴びせかけられてみる。

人に会ってヒントや正解を教えてもらおうとするのではない。
人に会って自分の考えやコトバを一旦リセットするということ。

その上でもう一度自分で考えると驚くほど自由な発想ができるものだ。

結果、背中を押すのも自分自身、ブレーキを外すのも自分自身だったりする。

いつも答えは自分の中にある。
しかし、自分一人では見つけにくいことが少なくない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
カンタン! 美味しい! 自家製みかんジャム

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  コツ 行動 思考 心理 ハック 

ページTOPへ↑

EDIT

来月から洗濯表示が変わります

日本のJIS規格(2016年11月まで)と2016年12月新JIS規格の比較

おーい!みんなぁぁあああ!!! 来月から洗濯表示が変わるぞぉっ!!!早くも切り替わってる服もあるけど洗濯表示が海外規格に切り替わるから今のうちに知っておいて気をつけて扱おうな!

via: Twitter / izumi_aot

引用したツイートに添付された画像では見にくいので、消費者庁が公表している書類をリンクしておきます。【PDF】
新JISの洗濯表示記号

新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになります。
また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるようになると考えられます。
このように、新しい洗濯表示に変わることによって、一般消費者の利便性の向上が期待できます。

via: 家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について

どう見ても新JISの方が分かりにくいです。
数が増えたことは改善に繋がっていると思うのですが、記号のデザインは改悪でしょう。

ピクトグラムは直感的に理解できるところに意味があります。
直感的に理解しづらいデザインはピクトグラムとして優れているとはいえません。
そういう意味では「慣れれば大丈夫」という問題ではないと思うのです。

国際規格に合わせる必要がどこまであるのかということについても疑問です。
日本の住民なら日本国内で流通している製品を日本国内で洗濯するのが一般的なわけで、その条件下で分かりやすい表示にすべきでしょう。
海外製品については個人が持ち込んだものについては仕方がないにせよ、輸入の場合は事前に日本用の記号表示を義務づけることで対処できます。
むしろ、ピクトグラムとして優れたJIS規格デザインを海外の人にも知ってもらいたいくらいです。

それにしても覚えるのが大変ですね。
初期トラブルも発生するでしょう。

とはいえ、残念ながら既に決定事項なのです。
好き嫌いに関わらず、来月からは新JIS表示を使わなくてはなりません。

今後の再改正に期待しながらも、まずは新しい記号を覚えて、大切な衣類を台無しにしないように気をつけましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ささやかなしあわせ

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  洗濯 記号 マーク  

ページTOPへ↑

EDIT

後悔先に立たずではありますが

後悔先に立たずではありますが

あのね…

たとえ自分が正しくたって
どんなに相手が間違っていたって

言っちゃいけないことや
やっちゃいけないことがあるだろう

ついついじゃ許されないことや
うっかりじゃダメなことがあるだろう

謝って済まないことも少なくない
いい歳こいて何してるんだ?

普段は偉そうなこと言ってるくせに
ぜんぜん修行が足りてないわ

厳重に厳重を重ねて自戒

●1年前の今日:
神戸といえば…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  反省 懺悔  

ページTOPへ↑

EDIT

今こそ再認識したい基礎教育の重要性

国民全体に対する基礎教育の徹底は最重要課題

基礎教育っていうのは、一言でいうと昔のエラい人たちが発見・発明してきた原理を学び、3000年ぶんくらいの文明の叡智を10年そこそこで吸収することだよ。必然的に暗記中心だよ。逆にいうと、基礎教育を軽んじることは、3000年ぶんの人類の叡智を軽んじることだよ。

via: Twitter / 5chneewei55

いや ホント…

義務教育の意味はココにあるんですね。

日本が豊かでいられる理由は、基礎教育が広く行き渡っているからに他なりません。

鎖国していた江戸期に日本を訪れた欧米人たちは、一般市民たちの識字率の高さに驚いたと言いますから、他国に増して基礎教育を重んじてきた歴史があることは間違いないでしょう。

にも関わらず、現代社会においては、この人類の叡智を軽んじる傾向が強くなりつつある気もします。

生活や仕事に直結する知識や技術を身につけることは大切なことですが、それを使いこなし、さらに発展させた智慧として次の世代に受け継ぐためには、やはり基礎教育あってのことではないかと思うのです。

本人の好きなことを自由にやらせるという教育は一見すると非の打ち所がないようですが、やはり義務教育の期間中は好き嫌いに関係なく基礎教育を徹底させることを疎かにしてはなりません。

社会に出る前に約3000年分の人類の叡智に触れておくことで、その後の選択肢が圧倒的に広がり、自分のやりたいことを実現させる可能性を高くすることもできます。

マイナス成長の時代、長期化する不景気の最中、経済政策や福祉政策に注目が集まりがちですが、今こそ手を緩めてはならないのは全国民に対する基礎教育の徹底です。

わが国では既に義務教育が一般化しているので、つい忘れられがちですが、決して忘れてはならない最重要課題として再認識しておきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
グリコといえば…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  智慧 基本 真理  天命 

ページTOPへ↑

EDIT

世界の平和と一層の発展を祈ります

天皇陛下のお言葉!【全国戦没者追悼式 2016年8月15日】

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日のわが国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることはありません。

ここに過去を顧み、深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

via: BLOGOS

今日、日本武道館で行われた71回目の全国戦没者追悼式で、天皇陛下は上記のようにお言葉を述べられました。

戦後70年を迎えた昨年に引き続き「深い反省」という言葉を用いて世界平和への願いを強く表されました。

この「反省」は、敵味方に関わらず戦争による悲惨な経験をしたあらゆる人々に向けられた「反省」であり、心底から恒久的な世界平和を望んでおられることが感じられます。

また、長い間大きな変化のなかった全国戦没者追悼式でのお言葉にこのような特徴的な内容を2年連続で盛り込まれたことは、その思いの強さが表されていることはもちろん、極東地域での情勢に対して憂慮されているのではないかとも考えられます。

先の戦争に至った経緯や責任問題についてはさまざまな議論があろうかと思いますが、「戦争の惨禍を再び繰り返さない」という一点に関しては、日本国民の悲願であり誓いです。

惨禍の犠牲となった戦没者に対し敬意と感謝の念を忘れることなく、それを次の世代に伝えていくこと、そして平和を守ることこそが今を生きる国民の責務であると改めて確信しました。

全国戦没者追悼式
●1年前の今日:
戦争の惨禍が再び繰り返されぬための反省を

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  平和  天命 戦争 

ページTOPへ↑

EDIT

核兵器の歴史は不信感の歴史です

被爆71周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

長崎平和宣言 2016年

長崎平和宣言

核兵器は人間を壊す残酷な兵器です。

1945年8月9日午前11時2分、米軍機が投下した一発の原子爆弾が、上空でさく裂した瞬間、長崎の街に猛烈な爆風と熱線が襲いかかりました。あとには、黒焦げの亡骸(なきがら)、全身が焼けただれた人、内臓が飛び出した人、無数のガラス片が体に刺さり苦しむ人があふれ、長崎は地獄と化しました。

原爆から放たれた放射線は人々の体を貫き、そのために引き起こされる病気や障害は、辛うじて生き残った人たちを今も苦しめています。

核兵器は人間を壊し続ける残酷な兵器なのです。

今年5月、アメリカの現職大統領として初めて、オバマ大統領が被爆地・広島を訪問しました。大統領は、その行動によって、自分の目と、耳と、心で感じることの大切さを世界に示しました。

核兵器保有国をはじめとする各国のリーダーの皆さん、そして世界中の皆さん。長崎や広島に来てください。原子雲の下で人間に何が起きたのかを知ってください。事実を知ること、それこそが核兵器のない未来を考えるスタートラインです。

今年、ジュネーブの国連欧州本部で、核軍縮交渉を前進させる法的な枠組みについて話し合う会議が開かれています。法的な議論を行う場ができたことは、大きな前進です。しかし、まもなく結果がまとめられるこの会議に、核兵器保有国は出席していません。そして、会議の中では、核兵器の抑止力に依存する国々と、核兵器禁止の交渉開始を主張する国々との対立が続いています。このままでは、核兵器廃絶への道筋を示すことができないまま、会議が閉会してしまいます。

核兵器保有国のリーダーの皆さん、今からでも遅くはありません。この会議に出席し、議論に参加してください。

国連、各国政府及び国会、NGOを含む市民社会に訴えます。核兵器廃絶に向けて、法的な議論を行う場を決して絶やしてはなりません。今年秋の国連総会で、核兵器のない世界の実現に向けた法的な枠組みに関する協議と交渉の場を設けてください。そして、人類社会の一員として、解決策を見出す努力を続けてください。

核兵器保有国では、より高性能の核兵器に置き換える計画が進行中です。このままでは核兵器のない世界の実現がさらに遠のいてしまいます。

今こそ、人類の未来を壊さないために、持てる限りの「英知」を結集してください。

日本政府は、核兵器廃絶を訴えながらも、一方では核抑止力に依存する立場をとっています。この矛盾を超える方法として、非核三原則の法制化とともに、核抑止力に頼らない安全保障の枠組みである「北東アジア非核兵器地帯」の創設を検討してください。核兵器の非人道性をよく知る唯一の戦争被爆国として、非核兵器地帯という人類のひとつの「英知」を行動に移すリーダーシップを発揮してください。

核兵器の歴史は、不信感の歴史です。

国同士の不信の中で、より威力のある、より遠くに飛ぶ核兵器が開発されてきました。世界には未(いま)だに1万5000発以上もの核兵器が存在し、戦争、事故、テロなどにより、使われる危険が続いています。

この流れを断ち切り、不信のサイクルを信頼のサイクルに転換するためにできることのひとつは、粘り強く信頼を生み続けることです。

我が国は日本国憲法の平和の理念に基づき、人道支援など、世界に貢献することで信頼を広げようと努力してきました。ふたたび戦争をしないために、平和国家としての道をこれからも歩み続けなければなりません。

市民社会の一員である私たち一人ひとりにも、できることがあります。国を越えて人と交わることで、言葉や文化、考え方の違いを理解し合い、身近に信頼を生み出すことです。オバマ大統領を温かく迎えた広島市民の姿もそれを表しています。市民社会の行動は、一つひとつは小さく見えても、国同士の信頼関係を築くための、強くかけがえのない礎となります。

被爆から71年がたち、被爆者の平均年齢は80歳を越えました。世界が「被爆者のいない時代」を迎える日が少しずつ近づいています。戦争、そして戦争が生んだ被爆の体験をどう受け継いでいくかが、今、問われています。

若い世代の皆さん、あなたたちが当たり前と感じる日常、例えば、お母さんの優しい手、お父さんの温かいまなざし、友だちとの会話、好きな人の笑顔…。そのすべてを奪い去ってしまうのが戦争です。

戦争体験、被爆者の体験に、ぜひ一度耳を傾けてみてください。つらい経験を語ることは苦しいことです。それでも語ってくれるのは、未来の人たちを守りたいからだということを知ってください。

長崎では、被爆者に代わって子どもや孫の世代が体験を語り伝える活動が始まっています。焼け残った城山小学校の校舎などを国の史跡として後世に残す活動も進んでいます。

若い世代の皆さん、未来のために、過去に向き合う一歩を踏み出してみませんか。

福島での原発事故から5年が経過しました。長崎は、放射能による苦しみを体験したまちとして、福島を応援し続けます。

日本政府には、今なお原爆の後遺症に苦しむ被爆者のさらなる援護の充実とともに、被爆地域の拡大をはじめとする被爆体験者の一日も早い救済を強く求めます。

原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧(ささ)げ、私たち長崎市民は、世界の人々とともに、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くすことをここに宣言します。

2016年(平成28年)8月9日

長崎市長 田上 富久

via: 長崎市│平成28年長崎平和宣言(宣言文)

長崎は今日、71回目の原爆忌を迎えました。

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典には、53カ国の代表を含む約5600人の被爆者や遺族らが参列し犠牲者の冥福を祈りました。

この1年間で死亡が確認された3487人の原爆死没者の名簿が奉安され、長崎原爆の死没者は計17万2230人となりました。

田上市長は平和宣言の中で、核兵器保有国の首脳らに被爆地訪問を促すとともに、核軍縮交渉を前進させる枠組みを話し合う国連の会議への参加を要求。
日本政府には、非核三原則の法制化や北東アジア非核兵器地帯の検討を求め、唯一の戦争被爆国として行動に移すリーダーシップを発揮して欲しいと述べました。

年を重ねる毎に政治色の強くなる平和宣言ではありますが、それでも恒久平和の実現と核兵器廃絶を懇願する被爆地の首長スピーチとしては妥当な内容であったと思います。

例年同様この宣言に賛同しない意見も散見しますが、平和記念式典を主義主張の駆け引きの場に利用することなく、この日ばかりは平和の祈りを捧げ犠牲者の慰霊に注力していただきたいと切に願います。

そして自分自身もまた、世界唯一の被爆国の国民として、それ以前に日本人として、戦争の悲惨さと平和の大切さを忘れることなく、僅かでも後世に伝えていくことを改めて誓います。

●1年前の今日:
平和の理念

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   戦争 原爆 伝える 日本人 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

被爆71年目の広島原爆忌に思うこと

(全録)広島「原爆の日」 松井一實市長が平和宣言

広島は今日、71回目の原爆忌を迎えました。

平和記念公園では例年通り平和記念式典が開かれ、約5万人が犠牲者を悼むとともに改めて平和を誓いました。

松井一実市長は平和宣言で、現職の米大統領として初めて広島を訪問したオバマ氏のスピーチを引用して、核兵器廃絶へ、情熱を持ち、世界が連帯して行動を起こすよう呼びかけました。

また、今日〈現地時間では5日〉リオデジャネイロではオリンピックの開会式が行われました。
21日までの会期中はオリンピックの話題が目白押しになることでしょう。

それは今日の朝刊が広島原爆忌よりもオリンピックの記事を大きく掲載していることを見ても明らかです。

オリンピックはスポーツを通じた世界的かつ平和的なイベントですから大きく取り上げられることに不思議はありません。
けれども、広島原爆忌は世界で初めて原爆が実践に使用された日であり、わが国はもちろん、世界各国で平和や核廃絶について考えるに相応しい日として認知されるべきだと思います。
オリンピックと比較することの是非はともかく、原爆忌の意義を軽んじてはならないし、繰り返してはならない過ちとしての認識が薄らぐことがあってはならないと思うのです。

被爆後71年が経過し被爆者の平均年齢が80歳を超えた今、ただでさえ風化を避けることができない状況を迎えていますが、だからこそ忘れてはならない日として強く意識したいものです。

オリンピックの開会式は、この日を避けてもらいたかったですし、意図的に同じ日にしたのではないことを強く願って止みません。

さらに、今夜は全国各地で花火大会が開催されました。
花火には鎮魂の意が込められていると言われていますから、これも行事自体には問題はないのですが、個人的にはこの日の花火見物は複雑な思いを抱かざるを得ません。
毎年このブログでも「なにわ淀川花火大会」の記事を掲載していますが、今年ばかりは爆音と閃光の映像をアップする気にはなれませんでした。

昨年の今日ここに、自分たちにできることは祈りだけではないはずだと書きました。
戦争や原爆の悲惨さにとどまらず、戦争や原爆投下に至る状況を知り、それを後世に伝えていかなくてはならないことにも触れました。
本質的な取り組みをさらに進めることを誓いました。
が、この一年を振り返ってみて、まだまだ実践が不足していることを反省させられた一日でした。

核兵器廃絶へ、情熱を持ち、世界が連帯して行動を起こす…
これをスピーチの台詞で終わらせることなく実行するために、自分は具体的に何をすれば良いのか再確認し、たとえ一つでも実践を増やしていきます。

被爆71周年 広島平和記念式典
●1年前の今日:
自分たちにできることは祈りだけではないはず

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  戦争 原爆 伝える  自主自立 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT