元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

これはジェネレーションギャップなのか!?

階段の踊り場

21歳に「踊り場」って言葉が通じなかった。
「今はクラブって言うんですよ?」
わたしが言ってる踊り場はディスコのことじゃない。

via: Twitter / yu_yu0529

うーーーーーん┐(´д`)┌

それじゃない方なんだけどなぁ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

おどり‐ば〔をどり‐〕【踊り場】

1 踊りをおどる場所。
2 階段の途中に、やや広く場所をとった平らな所。
3 経済用語。景気が上昇する局面で、景気の回復が鈍り、横ばいの状態にあること。ふつう景気が悪くなる局面では用いない。「日本経済が踊り場を脱却する」

(デジタル大辞林)

●1年前の今日:
とってもカワイイんですが…

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  コトバ 日本語 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

岩手県の横断歩道に見る尊重し合う文化

イイですね。
子どもから大人まで当たり前にやってるんですね。

「きちんとルールを守る」とか「真面目な優等生」とは一線を画する文化だと思います。
法律上は横断歩道なら歩行者優先だし、歩行者は遠慮なく通ってイイんですが、それでも会釈するんです。

もちろん、ルールを守ることは必要です。
でも、ルールさえ守ればイイのかと言われると、そうでもないことが少なくありません。

どちらが優先だとかいうルールの上に、互いの立場を尊重するキモチがあるかどうかですね。
「止まるのが当然だからな」と「ちゃんと止まってくれるから安心して渡れますよ。ありがとう」では、明らかに空気が違います。

この動画だけでは判りませんが、おそらく歩行者だけではなく、ドライバーたちも会釈したり、配慮のある運転をしているのだと想像できます。

「目には目を歯には歯を」と言いますが、不法行為はもちろんのこと、当然の権利を主張するだけの態度には、同じく不法行為や悪意を伴った行動や態度が返されるものです。

このことは、当然の権利をきちんと行使できるよう協力してくれている人や状況に感謝する態度を示すことで、協力した側もやり甲斐があったと感じて更に協力的な態度になると言うこともできます。

厳しいルールで縛っても良くならないという話はよくあること。
むしろ、互いに譲り合い認め合うことによってルールが守られるようになってくるという好事例ではないでしょうか。

岩手県では当然の如く行われているようですが、この好循環を支えているのは、やはり教育なのだろうと思います。

地方だからとか県民性だとかいうこともあるのでしょうけれど、家庭や学校でちゃんと教えているからこそ根付いているのでしょう。

そして、それが形骸化した上辺だけのものではないことを大人たちが実践して見せている。
だからこそ、子どもたちは当然のこととして身につけていく。
さらに、その子どもたちが大人になって同じように手本を見せていく… という好循環。

「こんなこと都市部ではムリだ」と一笑に付されるムードが蔓延しているようにも感じていますが、現実にできている地域がスグ近くにある以上、ムリではないと考えた方が自然です。

たしかに難しい課題ではありますが、種を植えなければ根付きませんし実も成りません。

岩手県でもきっと少人数の人が始めたことから拡がっていったはず。
自分たちの地域でも、まずは始めてみる価値はありそうです。

実は自分は永く大阪で暮らしていますが、時々このような会釈をしています。
少ないながら他にもしている人がいることも知っています。

これからは、もっと意識して好意的な態度で道路を通行しようと思います。

目の黒いうちに定着するかどうかは解りません。
それまでに廃れているかもしれません。
ですが、ひとりからでも始めてみたいと思います。
少なくとも自分の周辺くらいは、今よりも少しはキモチ良くなれそうですし、僅かでも愛娘たちに和の心の手本を示したいですから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

横断歩道で止まってくれた車に会釈をする歩行者
●1年前の今日:
ムチャしよるなぁ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 尊重 承認 配慮 感謝 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

「言い訳するな」と言う前に…

「なぜ?」を「どうすれば?」に言い替える

人は「なぜ?」と質問されれば言い訳を考えたくなるし、「どうすれば?」と質問されれば解決策を考えようとするものです。

(大橋禅太郎)

「言い訳するな!」と言っている人の多くは、その前に「なぜこんなことをしたんだ?」と言っているはずだ。

相手に言い訳を促しているのは自分自身だということに気づいていない。

このような場面では概して相手に落ち度があることが多いので、ついつい叱責してしまうのだろうが、言い訳を引き出したところで何のメリットもないことは自明だ。

そもそも「なぜ?」という言い回しは、疑問形でありながら質問ではなく、断定的な感情の押しつけであることが少なくない。

本当に改善や解決を求めているのなら、質問を「なぜ?」ではなく「どうすれば?」に切り替える必要がある。

「どうすれば改善できるのか?」
「どうすれば同じミスをおこさずに済むのか?」

原因究明の名の下に過ぎたことへの責任を追及をすることよりも、同じ過ちを繰り返さないための対策を議論し確認し合うことが大切であろう。

そこで、「なるほど、次回からそういう質問に切り替えよう!」ということになる。

しかし、そう思ったところで実行できる人は多くない。
そうカンタンに「なぜ?」を「どうすれば?」に切り替えることはできないのだ。

失態に対してのイライラや怒りの感情が先にたち、冷静な解決手段を講ずることができなくなっているからだ。

そして、こんなときに沸き起こってくる自問は「自分はなぜ切り替えることができないんだ?」である。

自分に対しての質問であっても同じこと。
改善・解決しようとするならば、「どうすれば質問を切り替えることができるだろうか?」でなくてはならない。

このように日頃から「なぜ?」と問いただす癖が身についてしまっていて、「どうすれば?」と質問することは容易いことではない。

まずは手始めに、あらゆる場面で自分に「どうすれば?」の質問を投げかけてみよう!

日常から「どうすれば?」を繰り返し投げかけ続ける。

これを習慣化することによって、いつしか自ずと建設的な考えを引き出す感覚を掴むことができるようになってくる。

怒りを向けるしかないのは、この感覚を持てていないからだ。

一朝一夕にできることではないが、建設的な考えを引き出す方法やそのメリットを理解することができれば、イライラする必要もなくなってくる。

日頃から「なぜ?」という質問を「どうすれば?」に切り替えるワークをコツコツと積み重ねていきたい。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
後悔先に立たずではありますが

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  質問 コトバ 改善 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

ほんの一手間にあらわれる心遣い

線路の落とし物を拾ってもらう

JR大井町の駅で、片方の靴を線路に落とした女性が、靴を拾ってもらおうと駅員さんを呼んだ。かけつけた駅員さん、まずは片足ストッキングのみでホームに立つこの女性の為に自分の白手袋を女性の足元へ。こういうの対応はさすがにマニュアルではないだろう。素晴らしい気遣いに感動した。( ;∀;)

via: Twitter / semetter

とってもイイ話。

こういうエピソードに触れると
当事者でなくても温かいキモチになります。

それにしても
ほんの一手間で大違いですね。

ちゃんと落とし物を拾ってもらえるだけでも
充分にありがたいことなんですけどね。

日頃の取組みや乗客に対するキモチが
こうしたプラスワンの行動を生むのでしょう。

さて、自分なら
このような場面で
同じような行動ができたでしょうか?

特にルーティーンワークは
サービスやおもてなしではなく
ついつい単純作業になってしまいがちです。

関わる人たちの顔を思い浮かべながら
今一度、自分の仕事や行動を
見直してみようと思います。

ちなみに…

この女性はきっと綺麗な人だったんだな…
などという下世話な予測は
かなりの確率で的を射ている気もしますが
この際、条件に考慮せず
素直なキモチで自省に努めます^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
次女が表彰されるので風邪どころではない件

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  おもてなし 配慮 コミュニケーション 共感 行動 

ページTOPへ↑

EDIT

「PRC」って「RPG」みたいやな

「PRC」って「RPG」みたいやな

昨日の夕飯の後、家族で「MADE IN PRC」の話をしていたのですが…

父:最近は「MADE IN CHINA」って書いてないねん

娘:えっ そうなん

父:「PRC」って書いてんねんで

娘:「PRC」って何?

父:ピープルズ リパブリック オブ チャイナ

娘:なんやそれ?

父:英語で中華人民共和国

娘:「PRC」って「RPG」みたいやな

父:それはゲームやろ

娘:あっ そうか! ケームやな

父:まぁ 似てるといえば似てるかも

娘:「RPG」は何の略やったかな?

父:知らんの?

娘:たしか ローカル…

父:えっ!? ローカル(笑)

娘:ローカル プレイ ゲーム

父:田舎のゲームか? それとも地域限定?

娘:ローリング プレイ ゲーム

父:ローリングwww

娘:ちゃうかったかな?

父:ゴロゴロ転がりながらするゲームか?

娘:ハハハハ(笑)

父:自分で言うて自分でウケとるやん

長女のスットコドッコイなリアクションによって、社会派の話題がナンセンス路線へと急展開したでござるwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ニャンコの鬼ごっこが ぐうかわいい件

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  親子 笑い 勘違い ナンセンス コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

ユニバーサルデザインは 愛だろっ、愛。

靴底に猫の絵合わせ/左右間違えずに履けるアイデア

娘の上履きに。昨日仕入れた左右間違えずに履けるアイデアやってみた!

via: Twitter / ayahime02

なんて素敵なアイデアでしょう!

これなら口煩く指導しなくたって、楽しく正しく履けますよね。

上手にできたら褒めてあげたいですね。

楽しく上手くできて褒められたら子どもたち大喜びですよね。

子どもたちが喜びながら上手にできたら親も嬉しいですしね。

絵合わせできる中敷きも市販されているようですが、愛情たっぷりの手書きだって充分イイ感じ!

ホント素敵なアイデアです!

こういう視点は子ども用だけじゃなくて、いろいろな分野に応用できそうですね。

ちょっと毛色が違いますが、ショッピングセンターや公共施設などで見られるサインシステムにも共通点が多いような気がします。

システム化された案内看板やマークは、年代の違い、言葉の違い、育った環境の違いなどに幅広く対応するための配慮がなされています。

くどくどした説明書や煩い案内放送よりも、自然と注目を集めるピクトグラムや音声サインは、ほとんど違和感なく受け入れられますよね。

分かりやすさを追求して工夫を凝らしたものであればなおさらです。

そこには情報を発する側にとって不都合が起きないため伝えようとする姿勢ではなく、情報を受ける側に不都合が起きないように配慮することで互いに気持ちよく生活したいという姿勢があると思います。

一方的に主張を通そうとするだけでなく、互いにより良くなるための配慮と工夫を施すことで上手くいくことは、まだまだたくさんあるような気がします。

自分の周りでも何かできることがないか、ちょっと考えてみよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
やめられないことでも一休みならできる

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 工夫 共存  コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

本質や正論はいつも余りにも正し過ぎる

正論を振りかざすと必ず自分にも返ってくる

正しいことを言うときは少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと気づいているほうがいい

via: 心を豊かにする言葉術

なんでも本質をつけばイイってもんじゃない

いつも正論を振りかざせばイイってもんじゃない

今までに何度も何度も教えられてきたこと

今までに何度も何度も言い聞かせてきたこと

けれども
今までに何度も何度も忘れてしまっていたこと

解っているんですけどね

イヤというほど
解っているはずなんですけどね

なのに、うっかり忘れてしまう

ついつい、勢いにまかせてしまう

ごめんなさい

ごめんなさい

やってしまってから謝っても仕方ないけれど

相手のいないところで反省したって仕方ないけれど

嗚呼 どうしようもなく情けない

嗚呼 まだまだ修行が足りんなぁ

…などと思いつつ
それだって正論過ぎるんだよな

本質や正論ってやつは
いつも余りにも正し過ぎる。

via: 正しいだけでは、正しくないのだ

解っていても やってしまうことがある

誰だって そういうこともあるからな

きっと相手もそういうときだったんだろうな

お互いさまってことなんだよな

ごめんなさい

ごめんなさい

責め過ぎたけど許してね

お互いうっかりしていたよね

これからも時々うっかりするだけうけれど
しぶとく投げずに
どうぞ よろしくお願いします

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
秋刀魚の美味しい季節ですが…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  コミュニケーション 尊重 承認 配慮 コトバ  

ページTOPへ↑

EDIT

〇〇を知らないなんて…

知ったら人生更に輝いちゃうかも!

好きなものを語る時『〇〇を知らないなんて人生損してる!!』っていう人いるけどこの間友達と話してて『え!知らないの?』と言われてこれは人生損して?ってくるかなって思ってたら『知ったら人生更に輝いちゃうかも!』って気が向いたらどうぞーくらいの感じだったの何かとても居心地が良かった。

via: Twitter / k_kiriui

うわぁ~!
なんだか とっても イイ感じですね。

「知らないなんて人生損してる」
っていうのは確かによく聞く台詞です。

何度も言われたり言ったりしてきました。

けど、ダンゼンこっちの方がイイですよね。

「知ったら人生更に輝いちゃうかも」

いや、もちろん
「知らないなんて人生損してる」だって
悪気があってのことじゃなくて
むしろ損しないように促してるわけなんですけど
言われた側としてはトーンダウンしちゃいますね。

前向きに捉えたとしても
「今までは損をしてたけど今後はよくなる」
くらいの感じにしかなれません。

それに引き換え
「知ったら人生更に輝いちゃうかも」は
なんとも言えないパワーがあります。

「今までも輝いていたけど更に輝く」って!!

しかも、嫌味とかお世辞に聞こえないですよね。

わざとらしくなく持ち上げてくれる言い回し。
だから気分がイイんですね。

「知らないなんて人生損してる」には
言う側の優位を感じてしまうところがあります。

つまり、言われた側は否定された感じがしてしまう。

「知ったら人生更に輝いちゃうかも」は
言われた側の立場を蔑ろにしていません。

褒めているのではなく、尊重しているんですね。

大事なことは
ただ決まり文句として台詞を覚えることではなく
相手を尊重する態度なのだと思います。

相手を慮るキモチが良い言霊を選ぶのでしょうね。

こんな言い方ができる人になりたいものです。

そして、自分自身に対しても
こんなコトバを投げかけてやりたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
やる気を削がないダメ出し
●1年前の今日:
妙に違和感のない誤植

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  尊重 承認 配慮 コトバ コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

尊重する人は尊重される

コールセンターで対応する人

客に「プラグがちゃんと刺さっているか?」を確認させたい時、そのまま言っても「当たり前だろ!」って言われてしまう。そこで「プラグを一旦抜いて、もう一度刺してみてください」と言えば、客は「やってみます(アッ!これプラグ抜けてるじゃねえか)…認識されました!」となり、平和的に解決できる

via: Twitter / kazoo04

これスゴイです。

ホントに使えます。

ときどき紹介されている方法なのですが、あまり一般に定着しないのは何故なんでしょう。

という自分も肝心なときには忘れちゃってるんですけどね^^;

営業やコールセンターの仕事でなくたって使えます。

子どもに時間割を確認させたいとき、高齢の親に戸締まりを確認させたいとき、そして調子がイマイチのときの自分に対しても使えますね。

実際にちゃんとやっているかどうかはさておき、相手はちゃんとやっていると思っているわけですから、その気持ちを尊重する態度が大切なのですね。

たいていの人は自分の気持ちを汲んでくれる人の言うことには耳を傾けようとするものです。

じっくり話を聴いてもらえるだけで心が落ち着いて素直になれることがあるのと似ていますね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:ご一緒にいかがですか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  尊重 承認 聴く コミュニケーション 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

御心に感謝

御心に感謝

少し前に知人から届いたハガキです。

四文字に凝縮されたメッセージ。

宛名面にも明瞭簡潔なコトバが綴られていました。

短いながらも温かいキモチを感じます。

なんだか とっても嬉しかったです。

さりげない気遣いが心を豊かにさせてくれます。

御心に感謝

お礼状なんですけどね…

こちらこそ、どうも ありがとうございます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
どこが清涼飲料水やねん!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  メッセージ 感謝 手紙 ハガキ コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

ぜひ利用してみたいサービス

近隣の皆様へ 現場にある資機材をおかしいたしますので、お気軽にお声をおかけください。

工事現場の謎のサービス

via: Twitter / pomu0325

いやいや…
実に良いサービス!

下請業者向けに貸出ししているところはあるようですが、近隣住民にも開放しているとは知りませんでした。

こういう現場に出くわしたら、ねこ車とか借りてみたいです^^;

ウチのマンションの場合、約10年に一度の大改修では半年間くらい工事が続く場合もあるんですが、その間に色々な道具を借りることができれば、けっこう遊べそう!!

次の大改修では、こういうサービスを提供している業者を選びたいなぁ…
…っていうか、これまでも借りれたのかな!?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
端っこがスキやねん

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  サービス アイデア 便利 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

「だいじょうぶですよ」を伝えるボタン

ひよこボタン

バス内でぐずる赤ちゃんがいて、大丈夫ですよーと思っていたら、今、ぴよぴよって聞こえた!これを期に私も入れよう

via: Twitter / potimi

このアプリは、NHK朝のテレビ番組「あさイチ」の中で、V6の井ノ原快彦さんによって発案された「ひよこボタン」に賛同したアプリです。

電車やバスで、赤ちゃんが泣き止まず、お母さんが、「周りの人たちに迷惑をかけてしまうのでは」と、あたふたしている――。
そんなとき、『ひよこボタン』の出番です。

『ひよこボタン』を押して、お母さんに「迷惑じゃないですよ」「気にしていませんよ」を知らせてあげよう。
「ぴよぴよ」の鳴き声が伝われば、お母さんもきっと安心して、赤ちゃんの面倒を見られるはず。

『ひよこボタン』が、世界のスタンダードになりますように……。

via: ひよこボタン - Google Play

つくった人も
つかった人も
つかってみようとおもった人も
おかあさんと あかちゃんを
やさしいキモチで応援してる

もちろん
ひよこボタンを押すよりも
「だいじょうぶ 気にしないで」と
声に出して言ってあげるのが
一番イイに決まっています

ほんの少しの勇気があれば
声をかけてあげられるはず

だからと言って
そこまでできないという人に
やさしいキモチがないわけじゃない

ちょっと勇気は足りないけれど
やさしいキモチに変わりはないはず

そんなキモチを無にするよりは
ひよこボタンをつかいたい

せっかくのやさしいキモチ
伝わるものなら伝わってほしい

つかう人の
ひとりよがりにならないように
おかあさんにも知ってほしい
ひよこボタンというアプリ

ベストじゃないけど
ベターなら悪くはない

賛否両論あるようですが
まずは はじめの第一歩

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

【ひよこボタン】

Google Play で手に入れよう

App Store からダウンロード

●1年前の今日:
妖怪の仕業かな?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  大丈夫 子育て 応援 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

歳をとってからやってはいけないこと

高田純次さん

歳とってやっちゃいけないことは「説教」と「昔話」と「自慢話」
by高田純次

via: Twitter / tomomimaruyama

かつて「情熱大陸」で放送された名言。

さすが!
五時から男
モテるはずだわ…

オッサンにとっては
言うは易し行うは難し^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
これはもう試してみるしかありません

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  勘違い 自我 コミュニケーション 反省 

ページTOPへ↑

EDIT

顔で笑って心で泣いて

笑って受け流せるからといって、その人が傷ついていないわけではない

言われて困るところを話題にされたとき、笑って受け流せるからといって、その人が傷ついていないわけではない。つっこまれて、見事に返して、ちょっとうれしそうにさえ見えるとしても、それはその人が鍛錬のすえ身につけた精一杯の防御策なのかもしれない。

via: Twitter / 1101_nagata

その通り!

平気なふりして笑っていても
どうしようもなく悔しくて悲しくて
思い出したくないけれど忘れられない…

そんな経験が自分にもありました。

ところが

何を言っても和やかな笑顔を絶やさない
朗らかで優しい友達のことになると
ついつい面白がったりしているうちに
うっかりキツイ冗談を言ってしまう…

そんな自分もいたのです。

さすがにこの歳になってからは
少しは自制できるようになったと思いますが
うっかりに油断は禁物です。

特に親しい間柄であればあるほど
うっかりや甘えが出てしまうもの。

大切な人たちを悲しませることは
けっして本望ではないと思うのなら
事ある毎に再確認しておきたいですね。

笑って受け流せるからといって
その人が傷ついていないわけではない

口癖になるほど繰返し
自分自身に言い訊かせてやりたい。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
こちらこそ ありがとう!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  油断 笑顔  コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

電車内で携帯電話を使わざるを得ない人もいる

優先座席付近では携帯電話の電源をお切りください

電車に乗った時に,時間が知りたくて携帯電話を開いたときのことだ。
「こんなとこで電話したらアカンやろ!」と中年のおばさんに怒鳴られたそうだ。
優先座席の近くだったということもあるが,『目の不自由な人=白杖を持っている』という認識は広まってきているが,時間を知りたいときには音声が出る時計や携帯電話を使うということは,ほとんど知られていないのだ。
そのとき,父は説明しようと思ったが,どうせ分かってもらえないと思い「すみません。」と謝り,とても悲しい気持ちになったそうだ。
見えている人は,時間が知りたければ時計を見ればすぐに分かる。
だが,目が不自由だと音で聞くしかないのだ。

via: 「少しずつ…一歩づつ…」
全国中学生人権作文コンテスト(PDF)

ハッ! としました。

恥ずかしながら知りませんでした。

目の不自由な人は時間を知りたい時、音声が出る時計や携帯電話を使うのだということを。

ちょっと考えれば当たり前のことです。
ちょっと思いを寄せれば分かったはずです。

でも、知らなかった。

もちろん悪意はありませんが、知らなかったことによって、もしかしたら誰かに嫌な思いをさせたことがあったかもしれません。

そう考えると、この事実を遅ればせながら知ることができてよかったと思います。

電車に乗るとマナーの悪い人を見かけることは少なくありません。
明らかに他の乗客の迷惑になっていることもあります。

そんな時、勇気を出して注意してくれる人がいます。

ありがたいなと思います。
見習わないといけないとも思います。

でも、少し確認してみる必要もあるんですね。

その人が単にマナーの悪い人なのか。
理解と協力を必要としている人なのか。

独善的にならないよう注意しながら、大人としての行動を心がけなければならないんですね。

そして、昨日までの自分と同じく、目の不自由な人は時間を知りたい時、音声端末を使わざるを得ないということを知らない人がいるかもしれません。

知っている人が増えれば理解者・協力者は増えるはず。

既に知っている者になった一人として、少しでも多くの人に知ってもらう行動を実践します。

まずは、その第一歩としてのエントリー!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

否、ハッキリと確信しています。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ついつい探してみたくなります

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  理解 協力 互助 承認 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT