元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

鉄鋼館 健在!

EXPO'70パビリオン ホワイエ

 
3月から開催されていた「太陽の塔 黄金の顔展」が
今日、最終日を迎えるというので、
朝からぐずついた天気であったにも関わらず
1人で万博公園まで出かけてきた。

 
太陽の塔 黄金の顔展

 
コレ↑が、特別展示されていた「初代・黄金の顔」。

でも...
とても「未来の顔」には見えない。

やはり、取り外され交換されてしまっては
屍のように勢いや躍動する魂は感じられない。

ちょっと寂しかった。

 
エキスポタワー跡地

  太陽の塔は、修復工事が施され保存されているものの その他のパビリオンは、この展示会場である旧・鉄鋼館 (現在は、EXPO'70パビリオン ホワイエ)しか現存しない。

太陽の塔と対になっていたシンボルタワー
エキスポタワーも 今はなく、更地になっている。

 
エキスポランド南口

 
そして、エキスポランドも 今はない。

太陽の塔の後ろにあった万博ホールも解体された。

会期が終わっても、
エキスポタワー、太陽の塔、万博ホールという
シンボルゾーンのラインと、
エキスポランドが残ったことによって、
単体のオブジェではなく、
面として象徴的な要素が保存されていたことで
日本万国博覧会のエネルギーは永らく輝き続けていた。

 
エキスポタワーの丘からシンボルゾーンを望む

 
このポールに万国旗がたなびく日は
もう永遠に来ないだろう。

太陽の塔は、まだ保存されているが、
まるでレプリカのように静かに鎮座しているのみ。

こうして時が過ぎ
新しい時代へと移り変わってゆくのだろう。

 
太陽の塔 過去の顔

 
「未来の顔」と「現在の顔」が同じ側を向いていて 「過去の顔」だけが反対を向いていた理由が 今日、わかった気がした。

ふう~...

なんだか センチな気分になってしまったのは
五月雨のせいなのか?    それとも...

 
ただ、ひとつ良かったこと、元気が出たことは、
鉄鋼館が今も健在だったこと。

遺物としてではなく、現役の建物として
役割を果たしているのみならず、
40年以上を経た現在においても
充分に魅力的な建築物として存在し続け、
エネルギーを発し続けている。

利用目的は何度か変化してきたが、
今もなお、旧・鉄鋼館の圧倒的な存在感は、
緑豊かな公園の中に異彩を放って輝いていた。

 
【関連記事】 エキスポランドがなくなる!

 

●1年前の今日:母の日のお礼 って !?

コメント:3 | TB:0 【しあわせメモ♪】  EXPO'70 

ページTOPへ↑

EDIT

エキスポランドがなくなる!

休業中のエキスポランド ウェブ魚拓が倒産、
そのまま閉園するらしい。。。

コースター死傷事故のエキスポランドが倒産
…産経ニュース (ウェブ魚拓

 
ジェットコースター事故の影響と
遊園地人気の低迷のせいにされていますが…

ちょっと違うような気がしています。

 
どうも…
エキスポタワーの解体が原因なのじゃないかと。。。

エキスポタワー

いや…
な~んとなくですよ(^^ゞ

でも…
個人的には、かなり!確信を感じています。

 
太陽の塔は、人気・知名度ともに高く
「EXPO'70 日本万国博覧会のシンボル」
とされていますね。

老朽化がすすんできましたが
永久保存が決まり、修復もなされています。

 
ところが、エキスポタワーは
何も手をつけられることもなく
解体撤去となってしまいました。

太陽の塔とエキスポタワー

でも…

太陽の塔とエキスポタワーは
対になったシンボルタワーなんです。

 
片方がなくなることでバランスは崩れます。

三十数年たって、ようやく
EXPO'70が最期を迎えたかのようです。

スタジアム建設などの再開発が予定されるようですが
エキスポランドの再開は、ないでしょう。

 
歴史的な一大イベントであるEXPO'70は
本当に歴史上の出来事になってしまいました。

万博少年だったボクにとっては、
時代の移り変わりを感じる一大事です。

そして、自分の身の回りにも
いろいろな変化が起きていることを実感しています。

 

●1年前の今日:かな~り心配...

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  EXPO'70 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |