元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

さりげない工夫と配慮 #2

フリガナが誰のためで、その相手にどう表現したら伝わりやすいかを考えた結果

このフリガナって多分、フリガナが誰のためで、その相手にどう表現したら伝わりやすいかを考えた結果こうなったんだよね。やっぱり日本語面白いな。

via: Twitter / c8u

うん 確かに!

「変動」とか「危険」が読めない人に、「へんどう」「きけん」と読ませたところで、おそらく意味は通じないでしょうね。

フリガナとしては不正確ですが、なぜフリガナが必要なのかを考えると、非常に実効性が高く、読む人への配慮に富んだ良い注意書きだと思います。

そう言えば、かつて同じような記事を投稿したのを思い出しました。


さりげない工夫と配慮

記事本文の一部、ほとんど同じことを書いていますね。
それは手っ取り早くリライトしたからなのですが、軽く受け流してください(^^ゞ

ですが実は、この二つは少し違うところがあるように思いました。

このエントリーでピックアップしたトイレの貼り紙も、今回の貯水池の注意書きも、フリガナを振っている漢字とそうでない漢字があります。
小学校低学年でも読めそうなカンタンな漢字にはフリガナを振っていないのは共通しているようです。

ですが、トイレの貼り紙は、読めなくても大意に影響しない部分の漢字には敢えてフリガナを振っていないことが伺えます。
また、漢字の読みとしてのフリガナではなく、平仮名の送り仮名部分も含めたフリガナになっています。
「またつきます」などは既にフリガナではなく、完全な言い換えですね。

そういう意味では、貯水池の注意書きは、やや配慮が不足気味かもしれません。
「貯水池の水位」の部分は「変動」の対象であり「危険」の根拠に直結している重要な要素ですが、フリガナが振られていません。
「貯水池の水位」が読めない人がいたら、何が「あがりさがり」して「あぶない」のか? 何に「よくきをつけて」おかなければならないのか? 解らない可能性がありますね。

とは言え、このように読めない人に配慮した言い換えを採用している案内や注意書きはめったに見ることはありません。
たいていは単なるフリガナしかなく、場合によってはフリガナすらないこともありますし、デザインを優先するあまり読むことすらままならないサインも存在します。

というわけで、ちょっと惜しかったですが
天晴 おみごと!

Good job!! な看板ですね(^_-)-☆

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
天才と凡人9つの違い

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コトバ 工夫 配慮 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

気がつかないところへの気遣い

切り込みを 2 つにすることでどちらからも開けられるようになる

via: Twitpic

おぉぉぉ~っ
これはナイスアイデア!

なるほど…
切れ込みを 2つにしたんですね~(^^)v

普通は この切れ込みが1つしかないので
切れ込みと反対側を持ってしまった時
「あぁ~ 逆か~」と ほんの少し凹んでから
もう一方に持ち替えなければなりませんでした。

ところが
切れ込みを 2つにすることで
両側に1つ、または2つの切れ込みがありますから
どちらからも開けられるようになりますね。

なんか とっても地味な工夫ですが
なんか とっても感動的ですwww(^^)/

こういう工夫は過保護だとかいう指摘もありますが
基本的にはコストアップになることもなく
さり気ない快適さを提供している姿勢に
頭が下がる思いです。

気がつかないところへの気遣い…

こういうところは
日本人だからこそのなせる業であり
日本人好みの気配りですね~

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:年中無休になりました!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 配慮 工夫 改善 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

感じのよい気配り

気配りが感じよくできる人というのはほとんど、いい意味で「心を入れずに」やっている人です。心の入った気配りほど、面倒くさいものはありません。

via: 「気配り女子」と「気苦労女子」日経ビジネスオンライン

 
なるほど...

そう言えばそうだと頷ける。

気配りが感じよくできる人というのは
当たり前に気配りしてる人なんだと思う。

脈略とか意味とかは意識になく
当然のこととして自然に気を配る。

それは既に「気を配る」というコトバが
当てはまらないんじゃないかと思えるほど
癖や習慣として身についていて、
本人は、やっている自覚すらないかも知れない。

こういう習慣を身につけることができたら
とっても イイなぁ...って思う。
 

自分らしさやオリジナルにこだわるのは、あくまで自分の勝手です。例えば、結婚式でも旅行でもパックなら楽ですが、オリジナルでやろうとすると大変な手間がかかります。最終的に本人は満足しても、周りが巻き込まれて疲れてしまうこともあります。

「気配り」は自分が社会に参加するためのパスポートのようなものです。

それを持たずに生きるのは生きにくいし、生きにくいのは嫌だからそれを使っているだけなのです。

女性は「気配り」というパスポートを使っているだけにもかかわらず、そこにいろいろ言葉をつけます。「友達に幸せになってほしいから」「親を思う心を示したかったから」などと、物語に乗せたがります。

しかし、人生のいろいろなことをいちいち奇麗事で語っていると疲れます。ですから、「こんなふうにしたら、気が利いていると思われるから」ではなく、「気配り」はなるべく機械的に「この方が私が楽だから」と考えて、こなしていきましょう。

 
このコラム自体は、
ノウハウが説教じみた目線で書かれていて
あまり よい感じを持てないのだけれど...^^;

感じのよい気配りを実践し始めるため、
そして、それを習慣づけるために、
まずは、機械的にこなしていくのはアリかも知れない。

特に、
「この方が私が楽だから」という考え方は
とっても イイ視点じゃないかと思う。

実際に、楽な方が
長続きするし、やっていて楽しい。

そして、
この「私が楽だから」というのは、
実は、「自分に対しての気配り」なんだ思う。

感じのよい気配りは、
ムリがあっては実践できない。

感じのよい気配りは、
自分にも周囲も楽なキモチになるように
自然に振舞うということなのかも知れない。

そう考えると、なんとなく...
自分にも できそうな気がしてきた。

・・・って、
ちょっと楽観的すぎかな?

 

 

●1年前の今日:発熱が教えてくれた…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コミュニケーション 配慮 無意識 習慣 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ふりかけの袋がスゴイことになっている!

ふりかけの袋がスゴイことになっている!

袋の内側に細かいメッシュのシートが張られていて 乾燥剤はシートの向こう側にある。

これならふりかけを出すとき邪魔になることもないし ふりかけと乾燥剤のパックが直接触れないから衛生面でもやや安心。

それでいて乾燥剤の役割も阻害されない。

via: 頭ん中 さん

 
知らなかった。。。

ふりかけの袋ごとき(失礼)に、
こんな工夫が凝らしてあって
こんな細やかな配慮があったなんて…
こんなに進化を感じてしまうなんて…

 
今日のところは…

過剰包装だ! とか
もったいない! とか

そういうことは
ナシ の方向で... ヨロシク (^_^)v

 

●1年前の今日:108ピース

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  スゴイ 工夫 配慮 進化 

ページTOPへ↑

EDIT

気配りの達人

講演のあと、サイン会もあり、会場をあとにしたときには、わたしですらちょっとつかれ気味。

小田原までのロマンスカーの時間待ちで、本厚木駅前のエクセルシオールカフェに入った。

彼女が「あなたが注文するのと同じものにする」というので、

プレミアムフローズントロピカル、というのを、2つ、注文した。

そうしたら彼女が、「これ、おいしいね! つかれがとれるね! 大成功! いいのを選んでもらったわ!」と、絶賛してくれた。

そうかな、うーん、そうだな、とわたしも思って、よかったよかった、と思いながら、

新幹線の改札で作家さんを見送って、帰宅。

同居人に、「エクセルシオールのプレミアムフローズントロピカルがいたくお気に召したらしくて、さ」

といったら、同居人が、「ばかだなあ、彼女はそうやって、あなたのことをねぎらってくれたんだよ」といった。

ああ、ほんとうにそうだ、と思った。

この作家さんは、一見、とても無邪気で、天真爛漫にみえる。

でも実は、ものすごく人のことを観察しているし、細かく気を配ってくれているのだ。

この人と出会えたことの嬉しさ、ありがたさがこみあげてきて、

今日、会社近くのエクセルシオールに入ったら、思わず「プレミアムフローズントロピカル」を注文してしまった。

「プレミアムフローズントロピカルのことなど」 北烏山だより

 
作家の先生だけあって
コトバを使い慣れていらっしゃる。

もちろん!
それだけではなくて
ホスピタリティも高くてらして
とっても行き届いた気配りは
センセイ様とは縁遠い感覚やね~

 
でも…
ここまで気配りしていると
やっぱり!疲れるやろな~

 
…で、
それは それとして、
う~ん... ちょっと 気になったのは…

「気づかせなかった」とは
どういうことか? ということ。

 
配慮を受けた側が鈍感すぎたのか?

それとも、
気づかれないように配慮していたのか?

 
本当のところは判らないけど、
きっと!気づかれないように
と~っても さりげなく 気配りしてたんやと思う。

同行して送り届ける配慮をしていたはずの側が
いつの間にか、配慮を受ける側になっていた...と。

この場合、
配慮を気づかせてしまうと
相手の立つ瀬がなくなってしまう。

そうならないようにしながら
かつ、自分も労いの気配りをする。

表面的な配慮や、報酬を求めた優しさなら
もっと積極的な労いの表現になっていただろう。

うん。
これって…
スゴイ! と思う。

 
でも…
ここまで気配りしていると
やっぱり! 疲れるやろな~

 
どうぞ、お気楽に... (^^)/~~~

気配りの達人

 

●1年前の今日:閉店しても終わらない…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  配慮 

ページTOPへ↑

EDIT

さりげない工夫と配慮

読み手に配慮した ふりがな

あるトイレに貼られていた案内文。 (ネタ元:「頭ん中」さん)

 
ん~! 確かに…!
感知式の電灯というのは
油断してジ~ッとしていると
消えることがありますなぁ~ (体験談^_^;)

と、いうことではなくて…

ふりがなに注目して欲しい。

 
なるほど…!
「自動感知式」が読めない人に
「じどうかんちしき」と読ませたところで
たぶん、意味は通じないだろうね~

「ふりがな」としては不正確ではあるけれど…
「ふりがな」を振る意味を考えると
非常に実効性が高い上に、
読む人への配慮に富んだ素晴らしい張り紙です。

 
いやぁ だいたい…
他の感知式のトイレで、
この手の注意を促す案内文は
見たことがないです! 少なくともボクは。

あっぱれ! おみごと!

●関連記事:
さりげない工夫と配慮 #2
●1年前の今日:
観光立国をめざして

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  工夫 配慮 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |