元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

「言い訳するな」と言う前に…

「なぜ?」を「どうすれば?」に言い替える

人は「なぜ?」と質問されれば言い訳を考えたくなるし、「どうすれば?」と質問されれば解決策を考えようとするものです。

(大橋禅太郎)

「言い訳するな!」と言っている人の多くは、その前に「なぜこんなことをしたんだ?」と言っているはずだ。

相手に言い訳を促しているのは自分自身だということに気づいていない。

このような場面では概して相手に落ち度があることが多いので、ついつい叱責してしまうのだろうが、言い訳を引き出したところで何のメリットもないことは自明だ。

そもそも「なぜ?」という言い回しは、疑問形でありながら質問ではなく、断定的な感情の押しつけであることが少なくない。

本当に改善や解決を求めているのなら、質問を「なぜ?」ではなく「どうすれば?」に切り替える必要がある。

「どうすれば改善できるのか?」
「どうすれば同じミスをおこさずに済むのか?」

原因究明の名の下に過ぎたことへの責任を追及をすることよりも、同じ過ちを繰り返さないための対策を議論し確認し合うことが大切であろう。

そこで、「なるほど、次回からそういう質問に切り替えよう!」ということになる。

しかし、そう思ったところで実行できる人は多くない。
そうカンタンに「なぜ?」を「どうすれば?」に切り替えることはできないのだ。

失態に対してのイライラや怒りの感情が先にたち、冷静な解決手段を講ずることができなくなっているからだ。

そして、こんなときに沸き起こってくる自問は「自分はなぜ切り替えることができないんだ?」である。

自分に対しての質問であっても同じこと。
改善・解決しようとするならば、「どうすれば質問を切り替えることができるだろうか?」でなくてはならない。

このように日頃から「なぜ?」と問いただす癖が身についてしまっていて、「どうすれば?」と質問することは容易いことではない。

まずは手始めに、あらゆる場面で自分に「どうすれば?」の質問を投げかけてみよう!

日常から「どうすれば?」を繰り返し投げかけ続ける。

これを習慣化することによって、いつしか自ずと建設的な考えを引き出す感覚を掴むことができるようになってくる。

怒りを向けるしかないのは、この感覚を持てていないからだ。

一朝一夕にできることではないが、建設的な考えを引き出す方法やそのメリットを理解することができれば、イライラする必要もなくなってくる。

日頃から「なぜ?」という質問を「どうすれば?」に切り替えるワークをコツコツと積み重ねていきたい。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
後悔先に立たずではありますが

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  質問 コトバ 改善 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

大人も相談したくなるレベル!

チューリップ

「種と球根は何が違うの?一年生のときにチューリップを育てて、今年はそだたなかったんですけど、ゴーヤを育てた。」

先生「チューリップは本気になったら種も取れるの」

お友達「えっ」

「種作らしてしまうと球根の栄養がみんなそっちにいってしまって球根できない。チューリップ一個咲いたら種50個くらいはできるの」

「えっ」

「増やそうと思ったらどっち使う?」

「種」

「そやね。けど球根は親とおんなじ色咲かせる。種より早く花が咲くの。タネはどんな色の花が咲くかわからないの」

「えっ」

via: #夏休み子ども科学電話相談 - Togetterまとめ

えっ!
そうなん!!

種ができるのは知っていましたが
なぜ種を使わないのかは初耳でした。

知的好奇心をくすぐるガチ回答!

恐るべし、夏休み子ども化学電話相談。

大人も相談したくなるwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
淡々と繰り返される真夏の行事

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  こども 質問 本気 

ページTOPへ↑

EDIT

一流の人に会ったら聞いてみたいこと

○○さんが考えるに、「すごい(その人の専門)と、そうでない人の違い」はなんだと思いますか?

via: IDEA*IDEA

なるほど!
そういう手があったか…

一流の人に会って
いろいろ質問ができる機会に恵まれたとき、
せっかくのチャンスなのに
いったい何を聞いたらいいのか解らない…
なんていう経験ありませんか?

ボクは あります。

何度も あります(^^ゞ

そんなとき、
冒頭に引用した質問をするとイイですね。

なるほど、こういう質問をすれば
一流であるための条件や
どんなことを磨けば一流になれるかなどを
一流の人から聞くことができますよね。

しかも、この質問の視点…
いろいろと応用できそうです。

もっと早く知りたかったです^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:たった5万円で…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  質問 視点 アイデア 超一流 

ページTOPへ↑

EDIT

次は自分で調べてね!

やんわりと「自分で調べろ」と伝えることができるWebサービス

ほんの十年前と比較すると
インターネットと検索サイトの普及によって
調べ物の便利さは格段にアップしていますよね。

重たくて場所をとる辞書や百科事典を買ったり
図書館に行ったりすることもなく
携帯電話からでも調べ物ができるようになりました。

しかも、調べられる分野は限りなく広く
かつ、専門的な深い情報にもアクセスが可能です。

あまりにも情報量が多いため
適切な情報を選り分ける力が求められるくらいです。

にも関わらず…

なんでもかんでも人に聞いてくる人って いますよね。

いや… 自分が知っていることなら
教えてあげることは吝かではないのですが、
ちょっとした一手間で調べることができる時代に
あまりにも手抜きし過ぎな質問を多発する人には
ちょっと手に負えない…と感じてしまうこともあります。

そんな面倒くさがり屋に手を焼いている人に
オススメの画期的なwebサービスが登場しました!

「lmgtfy」 http://lmgtfy.com/

なんと! 「lmgtfy」を使えば、
次から自分で調べてよね…
やんわり伝えることができるんです。

「lmgtfy」は
「Let Me Google That For You」の略。

最初の1回は君の代わりにググってあげるけど
やり方教えるから、次は自分で調べてくれよ…

なかなか直接は言い難いことを言わなくても済む
とっても有難いサービスです。

iOSアプリも出ているみたいだし
各国語に対応しているところをみると
かなり需要が高いことが想像できます。

世界的に悩みは共通のようですね^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:消費者の「○○ばなれ」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 視点 質問 教育 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

なにかを考えるための10カ条

ひとつのことを考えるとき、

  1. そのことの隣りになにがあるか?
  2. そのことのうしろ(過去)になにがあったか?
  3. そのことの逆になにがあるか?
  4. そのことの向かい側になにがあるか?
  5. そのことの周囲になにがあるか?
  6. そのことの裏になにがあるか?
  7. それを発表したら、どういう声が聞こえてくるか?
  8. そのことでなにか冗談は言えるか?
  9. その敵はなにか?
  10. 要するに、それはなにか?

via: 今日のダーリン:ほぼ日刊イトイ新聞

「そのこと」のところに
なにか考えることを入れて
順番に考えていってみると
要するにそれはなにか?ってことが
今まで以上に見えやすくなってくると…

なるほど・・・

いろんな視座にたって見てみるための
いろんな視点からのクエスチョン集ですね。

これは、何にでも使えそう!
イイこと 覚えた!   うん。

さっそく 使ってみよう(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

自問自答

 

●1年前の今日:意味不明

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  考える 質問 視点 アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

罠から抜け出す

罠から抜け出す

どうも思い通り進まない...

ヤル気はあるのに、つい後回しになる...

気合を入れ直したり、やり方を変えてみても
なぜか、また予定通りに事が運ばない...

 
そういう時は、
今一度、自問自答してみるとイイと思う。

 
それって・・・
本当に やりたいと思っていること?

本当に やろうとしていたこと?

 
はぁ~? 何それ?
…と、思うかも知れないけれど、

もう一度、はじめに抱いた思いや、
やろうとしていた計画の骨子や、
目指していた成果や目的なんかを
きちんと確かめた上で、
今、自分がやっていることを省みてみると、
案外、ズレていることが多いもの。

 
首尾よく順調に進めばよいが、
最初から そう上手くいくわけはなく、
それでも、いろんな工夫をしたり
手を変え品を変えて改善して、
努力を積み重ねているうちに・・・

気がついてみたら
当初の目的や趣向とは
まったく関係ないところを向いていた...
なんていうことは珍しくない。

やりたいと思ってもいないこと...
目指してもいないこと...
そういうことを いくら頑張っても
なかなか進まないのは当然のこと!

真面目にやれば やるほど
ストレスばかりが大きくなっていく。

 
だから、
時々、思い出してみる機会が必要。
忘れないように、日々、意識することが必要。

本当に やりたいこと。
本当に 目指していること。

本来の目的に気づき直すことで
ちゃんと軌道修正できる。

 
・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:真剣に... お気楽に...

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   目標 確認 質問 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

ミーティングで使えるクエスチョン

  • 「今日何を決めますか?」
  • 「今日は何時までですか?」
  • 「他にアジェンダありますか?」
  • 「何分いります?」
  • 「じゃ、○○が解決したとして・・・」
  • 「質問ですか?コメントですか?リクエストですか?」
  • 「あまり時間はないですが、今何を決めますか?」
  • 「いつまでにやりますか?」
  • 「どうフォローアップしましょうか?」
  • 「他にもやることありますよね?」
  • 「じゃ、To Doをまとめますか」

(ネタ元:IDEA*IDEAさん)


当たり前かつ、よく使っている台詞ですが、
意識的、意図的に使うと効果覿面まちがいなし!

ミーティング以外でも
応用範囲は、かなり広そうやね。

 

●1年前の今日:ベルマーク集めてた?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  質問 ミーティング 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |