元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

素直に謝る

素直に謝る

とても頑固だと思っていた人が、今日突然謝ってきた。「ゴメン、あれは俺の認識違いだった」って。わりと言い合った件で突然謝られて、自分はどう思ったかというと、その人のことがすごい好きになった。自分の間違いを認め、あやまる、という行動は、他人からの評価を下げはしない。下げはしないよ。

via: Twitter / shh7

そうそう!
これホント。

でも、カンタンにはできないんだな。
分かってはいても、なかなか行動に移せない。

だけど、分かっているなら大丈夫。
心の片隅に留め置いて忘れないようにしよう!
いつか必ず訪れる素直に謝れる日のために。

そして、知らない人は、ぜひ覚えておいた方がイイ。

間違いを認め、あやまる、という行動は、他人からの評価を下げはしない。決して下げはしないよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
大丈夫?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  謝る 素直 勘違い コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

誠意は通じた!?

コレを目にしてからというもの
アイロン台が土下座にしか見えない
^^;

もう そろそろ 許してあげたい…

いや、許して欲しい┐(´д`)┌

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
甘美な毒

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  空目 謝る 思い込み 

ページTOPへ↑

EDIT

すみません

「すみません。」

漢字で書くと...
「済みません」

本来は、いや、どこまでいっても
文字通り、済まないということなのであるけれど、
このコトバで済んじゃってることも多いような気がする。

というか、済ませちゃってることが多い。

実は、軽々しく「すみません」って
言っちゃいけないんじゃないの?

本当は、よほどの覚悟を持ってのみ
口にしてはいけない一大事の台詞なのではないか。

そう考えると、
これまで「すみません」で済ませてきたことが
どれほどあったかすら覚えていないことが
とても不謹慎なことのように思えてくる。

「すみません」で済んだような気がしていたけれど、
実は、その都度、大切なものを失ってきたのかも知れない。

それこそ「すみません」しか コトバが出ない。

けど、大事なこと。 忘れないようにしようと思う。

 

 

●1年前の今日:もっと敏感に、もっと素直に

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  謝る 責任 コトバ 

ページTOPへ↑

EDIT

謝り方と 受け止め方

大人である私が何か些細なことで間違えると、子ども達は大喜びしました。いつも自分たちにああしろ、こうしろと指図し、間違いを指摘する立場の大人が間違えた。ざまあ見ろ、という感じでした。でも、ちゃんと私が彼等に正面から、ごめんね、と言い訳をしないで謝ると、かえって「いいよ、気にしないで、大丈夫だから」と慰めてくれました。いわゆる「悪い子」として手がつけられない子どものほうが、寛容でした。彼等は、公平かどうかにとても敏感です。そして、相手が自分たちを公平に扱ってくれる人かどうかをしっかりと見分けます。子どもだからといって、大人が謝らないのは、彼等を尊重していないことになります。照れずに、ちゃんと顔を正面から見て、ごめんね、と言ってみて下さい。

謝れない子どもの多くは、不公平さや、謝っても許してもらえない、むしろ、謝ったが最後、次々と過去の失敗もあげられ、挙げ句の果てには、その子の人格を否定するようなことを言われることを体験してきているようです。

via: Mio's Column

 
子どもは失敗してしまう機会が多い。

それは当然のこと。子どもなんだから。

でも、いつも謝らされる立場でいることは
おもしろくないし、繰り返せばイヤにもなる。

だから、教えてあげなくちゃいけない。

「子どもには失敗する権利がある」っていうことと
「謝るということの意味」を。

 
子どもって やっぱり
望んで 選んで 失敗して 納得するもの。

失敗は成長の糧なんだと、
今一度、自分に言い聞かせておきたい。

そして、子どもに謝まらせておきながら、
その後も執拗に失敗の悪さを叩き込むことは
まったく教育上の効果がないということも。

謝るということは、ある意味で
おかげさまのキモチを感じ伝えること。

謝られた側、謝らせた側は、果たして
おかげさまと言われる立場で向き合っているか。

つい感情的になってしまうと
こういうことは うっかり忘れてしまいがち。。。

 
謝るときには ちゃんと謝る。

許すときには ちゃんと許す。

 
国際的な事情は いろいろあるのだろうけれど
日本人として、なんとしても守りたい この原則。

やってみせなきゃ伝わらない。

ちゃんと やってみせなきゃ
やってみせてくれた人たちに申し訳ない。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ごめん

 

●1年前の今日:ぶらさがり~ん

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  謝る 許す 失敗 承認 コミュニケーション 和の心 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |