元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

悩みは理想を知る人の特権

自分の理想を見つめてみる

優しくなれない、と悩むのは
優しさを知っている人の特権。

強がる自分に疲れたと思うのは、
自分の弱さを知っている人の特権。

許せない人がいると悩むのは、
もう許そうと思ってる優しい人。

なら、
・優しい言葉を口にしてみる。

自分の弱さを語って
・人に頼ってみる。

あの時は尖ってたねって
・笑ってみる。

こんな些細なことが
今日の景色を変えてくれる。

via: 自分の理想を見つめてみる

ハイ!
わかりました。

少しでも優しい言葉を口にしてみます。

誰か人に頼ってみます。

まずは、とにかく笑ってみます。

悩みは理想を知る人の特権。

ならば、理想に向かって一歩踏み出すのみ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そして伝説へ…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】   悩み 視点 行動 心理 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

感情は放っておけば小さくなっていく

「怒り」にかぎらず感情は、放っておけば小さくなっていく傾向があるのです。
ずっと怒っていたり、ずっと悲しんでいたり、ずっと喜んでいたりはできない。
しかし、「怒り」に駆られて、言ってはいけないことを言ったり、取り返しのつかないことをやったり、何かを破壊したり、そうした行動の結果、壊れた人間関係や仕事、物体は元に戻ることはないのです。

via: 怒りに負ける人、怒りを生かす人

今まで何度となく、言ってはいけないことを言ったり、取り返しのつかないことをやったり、何かを破壊したりしてきた。

その度に、壊れた人間関係や物体が元に戻ることはないことを思い知らされた。

にも関わらず、再び繰返してしまう。

解っていても難しい。

なかなか思い通りにいかないのが感情なのだ。

けれども、諦めることはない。

難しいとは、不可能だということではない。

たとえ困難であっても可能性はあるということ。

暫し待て!

距離をとれ!

上手くいく率は次第に高まっている。

大丈夫!

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
秘すれば花

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  情緒 キモチ 行動 コントロール 大丈夫 

ページTOPへ↑

EDIT

ついでにやれば先送りは防げる!?

お風呂そうじは、入浴するたびに2,3分ずつちょこちょこ進める。少しずつそうじするパートをずらしていくと一週間くらいで一巡する。改めて本気でお風呂そうじをしなくても済む。同じことは先送りしがちな仕事にも言える。

via: Twitter / shigotanon

そうそう!
こうすれば大掃除なんてしなくてイイですよね。

いっぺんに全部やろうとするから気が重くなる。
面倒なことでも、ちょっとだけならハードルは一気に下がります。
それに、ちょっとでも手を付けておくと、次もやりたくなるから不思議。

だから、面倒なことは 何かのついでにやるとイイんです。
全部やらなくてもイイから、ほんの少しだけでもイイから、他の作業のついでに手をつけておく。
休憩時間、トイレへ行くついでに消毒スプレーを1回吹き付ける。
テレビを見ている時、CMが入ったらコーヒーカップを洗って片付ける。
翌日に気が乗らないシゴトがあるなら、今夜寝る前に書類や道具の準備だけでも済ませておく。

ハードルの低いことを何かのついでにをやっておけば、先送りが激減するし、圧倒的に次のスタートが切りやすくなります。
これマジでオススメ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
深夜の空腹解消法

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 視点 行動 

ページTOPへ↑

EDIT

ぐちゃぐちゃな時に大切なこと

ぐちゃぐちゃな時に大切なこと

何をしたら良いかわからなくて、頭がごちゃごちゃで、全くやる気がでなくて、何にも興味が持てなくて、辞めたいのにやめられなくて。徹底的にぐちゃぐちゃなときに必要なのは、すごく簡単な約束事を作り、それを毎日守ること。守れなかったら、もっとカンタンにする。守れるまでハードルを下げ続ける。

via: Twitter / shh7

そうそう!
いつも言ってること。
いつもやってること。

でも、たまに
どんなにカンタンにしても
なぜか守れないことがある。

それって、たぶん
やりたくないことなのに
約束事に入れちゃってる時。

どんなにカンタンでも
やりたくないことは
やりたくないからね。

やりたくなくても
やらなきゃいけない…
そんなこともなくはない。

そんな時には
やりたくない度合いが
ちょっとでも低いものを選ぶ。

ハードルを下げるって
テクニックやフィジカルの
難易度を下げるだけじゃない。

ココロのハードルを下げるために
どうしてもやりたくないことを
とりあえず後回しにしてみる。

そんなんじゃ
やらなきゃいけないことが
いつまで経っても終わらなくない?

少し時間はかかるけど大丈夫!
とにかく、とりあえず動き出せば
少しずつヤル気が回復してくる。

少しヤル気が出てきたら
やらなきいけないことを
少しずつ約束に加えればイイ。

ぐちゃぐちゃな時に大切なことは
とにかく少しでもイイから動くこと。
カンタンでイイから約束を守ること。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
背中を押すコトバ

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  ヤル気 回復 カンタン 行動 約束  

ページTOPへ↑

EDIT

停滞気味で行動できない時は

停滞気味で行動できない時は

考えたり悩んだりするばかりで停滞気味…
なにかにつけ行動に移せなくなっている…

そんな時は、人に会うのが一番イイ!

背中を押してくれる人がいるかもしれないし、ブレーキを外してくれる人がいるかもしれない。

でも、本当に大事なのは、様々な人に会って様々な人の話を聴いて、ぐちゃぐちゃになること。

様々なコトバで様々に表現された様々な意見を、わけが分からなくなるくらい浴びせかけられてみる。

人に会ってヒントや正解を教えてもらおうとするのではない。
人に会って自分の考えやコトバを一旦リセットするということ。

その上でもう一度自分で考えると驚くほど自由な発想ができるものだ。

結果、背中を押すのも自分自身、ブレーキを外すのも自分自身だったりする。

いつも答えは自分の中にある。
しかし、自分一人では見つけにくいことが少なくない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
カンタン! 美味しい! 自家製みかんジャム

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  コツ 行動 思考 心理 ハック 

ページTOPへ↑

EDIT

やめられないことでも一休みならできる

何かをやめるコツは、やめるのではなく一時休むことにすること。

何かをやめるコツは、やめるのではなく一時休むことにすること。「また次もある」と思えば、その場はやめられる。その「次」が来る前に寿命が来れば、やめたことになる。

via: Twitter / shigotanon

ハイ、コレ使えます!

ウチの愛娘たちがケームに夢中になっている時なんかも、「とりあえず一回休んでオヤツでも食べて、また後で遊んだらエエやん」って言ってやると、渋々でも大概はやめます。

そして多くの場合、そのままやめちゃうんですよね^^;

何かやめるということは、何かはじめるのと同じくらい難しい。

だから、とりあえず一旦休んでみる。

すると、不思議なことに考えが変わることも少なくありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
どっちやねん!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コツ 思考 行動 心理 ハック 

ページTOPへ↑

EDIT

時間の問題では済まされない

復興は想定より遅れている - 被災者1000人アンケート

復興状況について“進んでいる実感が持てない”と答えた人は、年々減りつつあります。しかし、“想定よりも遅れている”と答えた人とあわせると全体の8割を超えていて、遅れを感じる人が依然として多いのが現状です。

via: 東日本大震災5年 被災者1000人アンケート

あの3月11日から5年。

もう5年? まだ5年?

現在も 2561人の方が行方不明、17万4471人の方が仮設住宅などで暮らしています。

今も復興作業は進められています。
にも関わらず、“進んでいる実感が持てない”“想定よりも遅れている”と感じている人が8割以上もいるという現実。

国や自治体が復興特別税などを流用して一部企業への偏った再配分をしていたり、災害復興に無関係な事業に割り当てられていることが明るみになっています。
しかし、その後の是正や払戻しなどの対応については詳細が伝わってきていません。
また、原発の事故現場では今もなお真実が全て明らかになっていないとも言われています。

自然災害を完全に避けることはできません。
けれども、被災後の復興は人の手によるものです。

長引く不況で思うように資金や人材を投入できない事情もあろうかと思いますが、被災地の復興は他の事業よりも優先的に実施するべきであろうし、ましてや不正による復興妨害は断じて許されません。

各々の立場、各々の能力、各々の役割りに合ったできることを実行することが、今ここに生かされている人の道というものでしょう。

政府や自治体だけでなく、もっと自分にもできることがあるはず。
今一度、自分にできることを洗い直して、たとえ僅かでも淡々と実行します。

オリンピックよりも先にやることがある!
同じ日本人として見ないふりはできません。

被災地以外との絆弱まる - 被災者1000人アンケート

3.11、検索は応援になる。

●1年前の今日:
もう4年? まだ4年?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  東日本大震災 応援 行動 役割  

ページTOPへ↑

EDIT

アイデアと行動力が夢を育む

ほら、似てる。

食パンの袋を留める水色の留め具、バッグ・クロージャー。この形が青森県の地形に似ていることに着目した青森県の大学生が、「青森県の形のパンの袋どめ」を自作したことが話題を呼んでいる。

via: ライブドアニュース

ほら、とまる。

これは面白~い!

ナイスアイデアですね。

「似てる、と気づいてしまってから、作らずにいられなくなりました」と話すのは、「青森でパンの袋をとめよう会」の代表、弘前大学教育学部2年の鈴木海人さん。「青森そのものを資源として楽しむ、今までにない発想だ!と思って、わくわくして、すぐに作りたい、と思い立ちました」

via: ライブドアニュース

実は、何を隠そう…
ボクも大学生の頃に青森県とバッグ・クロージャーが似ていると思っていました。25年以上も前に!

いや、ウソじゃありません。

でも、ボクは似てると思っただけで、実現化する行動力はありませんでした。

権利を要求したりタカったりするつもりもありません^^;
思ったら即行動に移した鈴木さんの行動力には頭が下がります。スバラシイ!

今後の用途について鈴木さんは、「青森県産の印として、野菜や果物の袋の留め具になったらいいなと思います。地元の製造業の方々ともコラボレーションできたら、青森県をアピールするよいきっかけになると思います」と、夢を膨らませる。青森県のパン製造会社「工藤パン」との共演も夢見ているそうだ。

via: ライブドアニュース

ボクの母は弘前出身なので青森県への関心は高い方なのですが、この青森県型バッグ・クロージャーを通じて、もっと多くの人たちに青森県へ目を向けてもらえるようになればと願っています。

ライバル出現!?

via: Twitter / aomori_pandome

そして、新たに
ライバルの出現も!?

今後の展開が見逃せません!!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
平参平さんかと思った

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 行動   希望  

ページTOPへ↑

EDIT

始めなければ始まらない

始めなければ始まらない

phot: いつでも微笑みを。

別になんだっていい。30分でなくたって、20分でも10分でも良い。時間を決めて、何かをする。たったこれだけでびっくりするくらい、色んな事がはかどるようになる。人間は行動しないとやる気が起きない。この「最初の一歩」を踏み出すのに、時間を決めて何かする、というのが最適なのかもしれない

via: Twitter / shh7

そうそう!
まずは「始める」。
とにかく「やる」。

以前にも何度となく書いていますが…
やる気は、出すものではなく、出てくるもの。

内容の濃さとか効率やスピードや量なんかに関わらず、とにかく「始める」「やる」ということが何よりも大切なんですね。

っていうか、「始めなければ始まらない」「やらずにできることはない」わけで、何でもイイから「始める」「やる」ということが必要不可欠と言っても過言ではありません。

逆に言うと…
「始めさえすれば」「やりさえすれば」、たとえ少しであれ必ず「やる気」が出てきますし、たとえ僅かであっても必ず「経験」「実績」を積むことができるということです。

ただ淡々と、それを積み重ねるだけ。

「始める」「やる」に「続ける」をプラスできれば万全ですね(^^)v

何でもイイから…
短時間でもイイから…

まずは「始める」。
とにかく「やる」。

そして「続ける」。

精度や熟練度や効果効率なんて
後からついてくるものなんだから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「やってみたいなぁ」を「やる」に、「したらいいよなぁ」を「する」に換言する癖をつけると、半年で景色が変わる

via: Twitter / nakano

●1年前の今日:
バイクと馬が競走したら…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  スタート 行動 心理 ヤル気 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

ついつい動くモノに反応してしまいます

思わずのけぞるワイパー猫

ネコって動くモノに敏感ですよね。

でもコレは、いくらなんでも反応し過ぎでしょ^^;

まるで猫じゃらしを追いかけるかのように、ワイパーの動きを捕らえようとするニャンコ↓


【ねこ動画】ワイパーなんかに負けるか!

っていうか
のけぞり過ぎwww

遊んでるのか真剣なのか よく解りませんが、そこがまたニャンコのカワイイところですね♪

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
なかなか上手くできてるでしょう

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  カワイイ  行動 やり過ぎ 

ページTOPへ↑

EDIT

挑戦忍者ハッタリくんで行こう!

自信とかてんで全く無くて100%失敗するだろって分かっていてもベルトコンベアーに乗せられたみたいにどんどんその瞬間が近づいてきて、もうどうとでもなれっつって挑戦してやっぱり散々な結果になったとしても、ベルトコンベアーから降りなかったことだけは自信につながると思う。

via: Twitter / shh7

そうそう!

だから、まずは手を挙げてみる。
とにかく、土俵に上がってみる。

その上で、最善を尽くす。

経験があろうがなかろうが、自信があろうがなかろうが、エントリーして挑戦しよう!

深く考えずに手を出してしまうと、上手くいかないことも多いものです。
場合によっては痛い目に合うこともあるかもしれません。

でも、それが致命的なエラーじゃなければイイんじゃない?
どんな結果になろうとも、再起不能にならない限りは再挑戦できます。

それに、やってみたことは何でも経験になります。
自分からすすんでエントリーしたことも、チャレンジしたことも、最後までやり切ったことも、そして上手くいったことも、いかなかったことも、みんな経験値を上げることになるんですね。

ちょっと遠回りすることもあるけれど、乗ってしまえば勝手にどんどん経験値が溜まって自信も実力もついてくる!

多少のハッタリお構いなしに飛び乗ろう!
乗ったら結果を気にしないでやり切ろう!

一般的に歳を重ねる毎にチャレンジに対しては億劫になってしまうものです。
でも同時に、面の皮が厚くなったぶんだけハッタリはかましやすくなっているはずですから、こういう方法だったら何歳になっても挑戦していけるような気がします(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

挑戦忍者ハッタリくん

●1年前の今日:
へぇ~ できるんだ…!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 行動 継続 可能性 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

もう4年? まだ4年?

もう4年? まだ4年?

東北地方太平洋沖地震の発生から今日で丸4年。

あれから4年経ったんですね。

当たり前のことですが、4年目の今日が来ることは、ずっと前から分かっていたことです。
4年間の時間が経過すれば、4年目が訪れることは確定しています。この世が滅びない限り…

分かっていたにも関わらず、「もう4年経ったんだな」と感じてしまうのは一体なぜなんでしょう?

おそらく、その理由の一つは、「思いの外、復興が進んでいる感じがしない」ということではないでしょうか。

どうやら多くの人たちが同じような感覚を抱いているようです。

復興のため懸命に働いている人はたくさいいます。
復興に残りの人生を捧げている人もいます。
その人数は予想以上に多く、逞しさと気高さを感じます。

復興は着実に進んでいます。
しかし同時に、思いの外、進んでいないと感じている人が多いことも事実です。

一方で、国や自治体が復興資金を流用して一部企業への偏った再配分をしていることも指摘されています。
復興への期待をかけるだけで特に何もしない非被災地の人々への不満を感じている人もいるでしょう。
また、原発の事故現場では今もなお真実が全て明らかになっていないと言われています。

大自然の中では人間の存在は本当に小さなものです。
自然の猛威には到底かなわないと思い知らされました。

けれども自然は、時間の経過とともに回復させる力も持っています。
いずれ東北の地も、かつてのような緑豊かな土地に戻るでしょう。

その自然治癒力による回復を早めるのも遅らせるのも、人間の生き方次第であるはずです。

なかなか復旧が進まないと感じているのは、それは自然の回復力の足を引っ張っているか、そうでなくとも自然の回復力に任せっきりで人としての進歩発展のための努力を怠っているということなのかもしれません。

立場や能力や役割りの違いによって、できることも違ってきますが、自分の立場、自分の能力、自分の役割りに合ったできることを実行することが、今ここに生かされている人の道。
たとえ一つでも、たとえ小さくても、今自分にできる復興支援を実行することが大切だと思います。

誰にでもできることは必ずあります。

残された課題は震災ガレキ以上に山積していますが、まずは自分にできることを淡々と実行します。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

3.11、検索は応援になる。

●1年前の今日:
あれから3年…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  東日本大震災 応援 行動 役割  

ページTOPへ↑

EDIT

チャレンジはお気楽に...

「しっかり〇〇する」とか「がんばって〇〇する」とか「〇〇を徹底する」とか「〇〇を心がける」とか言いはじめてるときは要注意。ここで思考を止めると考えただけでやった気になってる症候群。

via: Twitter / shh7

コレ言えてます!

っていうか、耳が痛い…( ゚д゚)

いわゆる「精神論」ってヤツですね。

この精神自体は悪くないとしても、そこで思考を止めてしまうと精神論になってしまいます。
そうなると、身動きがとれないまま悶々とした時間を過ごすことになってしまいがちです。

何時、何をするか、どうなればOKなのか、っていうことを具体的に考えておかないとその後が続きません。

「しっかり何をするのか?」「がんばって何時するのか?」「何を徹底するのか?」「どんな結果を出すことを心がけるのか?など、明確な設定を決めない限り、行動計画も決まらず、目標も定まらないので、行動に移すことは難しくなります。

仮に動き出すことができたとしても、それが予定通りの行動なのか、ちゃんと目標に向かっているのかが分からないので、頓挫してしまう可能性が高くなります。

万が一、行動に移した結果が良い方向に進んだとしても、どのような狙いで、どのように行動した結果うまくいったのかは判断できませんし、悪い結果を招いてしまった時も、その原因が曖昧なままになってしまい経験として活かすことがでません。

大切なのは、意図することと検証すること

うまくいってもいかなくても、この2つをきちんとやっていれば、着実に経験値を高めることが可能です。

結果を予測し、それを達成するための施策を試行する。

そして、必ずその結果を検証する。

うまくいった場合は、成功例としてノウハウに直結します。
うまくいかなかった場合も、避けるべき施策の知識として蓄積できるので危機管理や効率向上のために活かすことができます。

ポイントは、予測と施策をできるだけ具体的に明確にすること。

それによって部分的な成功や失敗まで判断できるようになるので、試行回数を重ねる毎に精度を圧倒的に高めることができます。

そして、もっと大切なのは、お気楽に試してみること

せっかく精神を集中して取り組もうとするのなら、ガチガチに深刻なキモチよりも楽しいワクワクしたキモチを込めた方がイイですね。

同じ精神論でも「楽しい」方が行動のモチベーションが高まりますし、成果も出やすくなります。
それに何と言っても、文字通り「楽しい」ですからね(^^)v

深刻になって思考停止に陥ることなく、お気楽に試してみよう!
ワクワクを具体的に企てて、楽しみながらやってみて、結果を検証したら、さらにワクワクを拡大させていきましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

チャレンジはお気楽に...

●1年前の今日:
オススメの品

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 チャレンジ 行動 具体化 明確化  

ページTOPへ↑

EDIT

数をこなす

『良いアイデアを思いつかなくていい。だめなアイデアを出し続けられればそれでいい。』この言葉が効いた…いいアイデアを出そうとするから、脳がちぢこまってしまう。だめなアイデアを沢山だせば、どうしたってその中に、良いアイデアが混じってしまう。 引用 アイデアが枯れない頭のつくり方

via: Twitter / shh7

そうそう!
いっぱい出すことができれば、多少は良いアイデアが入っているものです。

良いとまでいかなくても、1コや2コはマシなモノが必ずあるから不思議です(^^)v

自分も何か企画したり制作したりするときには、100案くらい捻り出す作業をすることがあります。
いつだったか、たくさん出す過程の中でイイ案を思いつくことが多いことに気づいたからです。

同様に、ブログなんかも そうだと思うのです。

良い記事が書けなくていい。
だめな記事を書き続けられればそれでいい。

このブログは 以前にも書いた通り、あくまで日記的なものだと考えていますが、ネット上に晒されている以上は他者の目も意識しています。

そういう意味では正直なところ、自分で満足のいく記事はほとんど書けていないなと感じてはいます。特に最近は…^^;

そう感じつつも毎日欠かさず駄文を垂れ流しているのは、書き続けることに意味があると思っているからです。

この程度のキモチで書いていても、3000以上書いていると、1つや2つは自分なりに気に入った記事があるものですね。

まぁシゴトとして書くのなら、この程度の率じゃ話にならないとも言えるわけですが、日記だからイイの… イイの(^^ゞ

シゴトで書いている文章の場合は先述のように100案くらい出したりしてから纏めているので、少しは精度を上げることができていますし、たくさん出し続けることを鍛えることによって、スピードもヒット率も上がってくるものです。

実感として確信していることは…
概して質は量の中から生まれる
…ということ。

画家ゴッホの右腕は炭鉱夫のように太かった…と言われるように、量をこなした人だけが到達できる質というものがあるのですね。

一度に出す量を増やすのも、永く続けて量を重ねるのも、その中の一部の良いモノを生み出すために必要な手続き。
さらに量を増やし続けることで、良いモノが生まれる率もアップしていきます。

なかなか近道はないんだなぁ

だからこそ、継続は力になる!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

そろそろ本気で継続力をモノにする! 継続する心 続ける技術、続けさせる技術

●1年前の今日:
1%の希望

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 チャレンジ 可能性 行動  

ページTOPへ↑

EDIT

安易に見くびっちゃいけません

いつも考えてばかりで行動が伴わない、なまけものでエネルギーが乏しい人間じゃないかというのは間違い。常に全力で考えてるのだ。その思考に無駄が多いだけだ。その自動で止まることを知らない思考を、ほんの少し、生産性のある方向へとずらしてやるだけで、勝手に色々なものを生み出しはじめる。

via: Twitter @shh7

たしかにね…
それなりに人は考えています。

自分なりの全力で考えています。

中には甘えたり諦めたりしている人もいるけれど、そんな人だって、どうしたらちゃんとできるのかを考えたりしているものです。
なまけものでもなければ、エネルギーに乏しいわけでもありません。

だから安易に見くびっちゃいけません。

ふとしたことをキッカケにダイナミックに動き出すことがあるかもしれませんし、じっくり考えたことを基にして小さく一歩を踏み出す時がくるかもしれません。

実は、そんな可能性を秘めた人は一杯います。
というか、注意深く見てみれば、どんな人にだって可能性を見いだせるものです。

ためしに、なまけている人や、エネルギーに乏しい人を、よく観察したり、その人の話をじっくり聞いてみてください。

意外にも、みんなちゃんと考えていることに気づきます。

他人のことだけじゃないですよ。

自分のことも今一度、よく観察したり、自分の心の声にじっくり耳を傾けてみてください。

自分だって意外なくらい、ちゃんと考えていることに気づきます。

ただ、今は、バネを縮めている時期なのかもしれません。
効率の悪い思考をしていて澱んでいるだけかもしれません。

動き出す機会をうかがっているだけです。
一歩を踏み出すチャンスを見計らっているのです。

ちょっとした気付きから生産性のある方向へ視線を向けることができるだけで、後は勝手に動き出すものです。

安易に見くびっちゃいけません。
他人のことも、自分のことも…

ボクはそういうことを手伝いたくて今のシゴトを選んだんだな。
今さらながらではありますが、書いているうちに気づきました。

つまりは、今まであまり意識してなかったということです。
こういうことも、自分の可能性を見くびってしまうことに繋がるんでしょうね。改めて要注意(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

安易に見くびっちゃいけません

●1年前の今日:
関西人というのは・・・

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  考える 行動 可能性 チャレンジ 天命 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT