元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

今年一番の縁起がイイ日

今日は【大安】【天赦日】【一粒万倍日】 今年この3つが重なる日は今日しかない

今日は
【大安】
【天赦日】
【一粒万倍日】
の3つが重なる大変に縁起の良い日
2018年はこの3つが重なる日は今日しかありません

via: Twitter / @yamatokotobacat

これはラッキー!

今朝、ずっと先送りにしていた、けど必ずやらなきゃいけなかったことに着手できました。

大事なシゴトを進めることもできたし、ご無沙汰している知人と久しぶりに遭う約束も入っていました。

偶然だけど、いや偶然だからこそ縁起がイイ!

きっとイイことにつながると思う。

きっと他にもイイことありそう。

そして、貴方にもきっとイイことがありますよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
クリームチーズをとんがりコーンですくったもの

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ラッキー 感謝 天命 行動 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

活力の源は感性と行動

活力の源は感性と行動

1時間考えこむより1分間だけやってみる。本当に1時間考え込む必要があるかどうかは早ければ1分で分かる。

via: Twitter / shigotanon

考えることに意味はないということではない。

考えるばかりで何も行動しないことがマズイのだ。

1時間考えてもイイ。

ただし、その後は必ず行動に移すこと。

行動すれば必ず何かを感じるはず。

上手くいってもいかなくても感じることがある。

「首尾よく成功したから次は更に大きな目標のために〇〇しよう」
「今回は功を奏さなかったが次は△△を改善して再挑戦しよう」
「こんなカンタンにできるのなら何度でも繰り返してやろう」
「予想以上に難しいことが判ったので諦めて別の方法で取組もう」

感じるからこそ次の行動が促される。
行動するからこそ次につながる何かを感じる。

頭で考えているだけではそうはいかない。
動いて体験して感じるから次につながる。

活力の源は感性と行動。

まずは手始めに1分でできることをやってみよう。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:しまった!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  感性 行動 感動 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

やればいいことをめんどくさがらずにやる

やればいいことをめんどくさがらずにやる

大抵のことは「やればいいことをめんどくさがらずにやる」だけでクオリティ上がるので、クオリティ低いっていうことは、単純にめんどくさがっているだけのケースが多い。才能とかそういうことではなく、単に怠惰なだけ。

via: Twitter / @ssuge

ハイ。おっしゃる通り。
めんどくさがっているだけですね。

けど「めんどくさがらずにやる」ことができるのも大いなる才能の一つ。

問題は、才能がないことを理由に「やればいいことをやらない」こと。

徹頭徹尾「めんどくさいからやらない」を貫けるなら、それは怠惰ではないかも。

だから どうした!?

いや、なんでもない^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:これが虹の端!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  行動 役割 責任 成長 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

副作用もない、とてもいい薬

副作用もない、とてもいい薬

毎日寝る前に、「明日は今日よりもっといい日」と唱え、目が覚めた時は「自分が自分であることが誇らしい」と唱える。お金もかからない、副作用もない、とてもいい薬。試してみてください。(小池一夫)

via: Twitter / @koikekazuo

なるほど…

副作用もないとのことなので、ダメ元で試してみる価値あるんじゃない?

リスクが気になって動けないでいるのなら解るけど、万が一にも効き目がなかったとしても特に失うものがないんだからコレはやらないでいる理由がない。

こっそり小声で、否、声に出さなくてもイイからやってみよう!

ダメ元でイイんだよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
「やる気」の正体
●1年前の今日:
炎天下でのクロックス気をつけて!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  行動 チャレンジ チャンス お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

真摯に行動をやってみせる

落ち度に気づいてへこんでいる場合ではない

子どもは親が言ってきかせた通りには行動しない。
親がやっている通りの行動をする。

何か悪いことをして体罰を伴って叱られた子どもは、自分がしたことが悪いと認識するのではなく、悪いことをした者には体罰を与えても良いと認識する。

かつて話題になったゲーム機をへし折られた子どもは、約束を守らねばならないということを認識するのではなく、約束を守らなければゲーム機をへし折っても良いのだということを学んだであろう。

モデリング理論とか観察学習と呼ばれているものだ。

言ってきかせるのではなく、やって見せる。
親になった時から意識していること。

いや、もっとずっと前、社会人になった頃から意識し始め、管理職になってからは最も大切な指針としてきた。

常に注意を払ってきたことではあるけれど、うっかり忘れていることもあった。
認識や覚悟が不足していることもあった。

その度に反省し修正してきたものの、今もなお完璧ではない。
というわけで、時々まちがいを犯してしまう。

子どもに限らず、相手が約束やルールを守らず、思ったように行動してくれないと感じた時は、まず自分の行動を見直した方が良い。

そこで自分自身の落ち度を見つけることができたなら、取り繕うことなく反省し直ちに行動を修正すること。

指導的立場にいながら落ち度を顕にするということは、面目体裁が保たれず指導力にダメージを与え、場合によっては立場や存在価値まで失いかねない。

がしかし、それらのリスクを負ってでも自らの落ち度を改める態度を示すことこそが実は指導力や発言力を高める源泉になっている。

失敗を隠さず反省し改善する姿勢が身を助く。

まさに失敗は成功の元。

落ち度に気づいてへこんでいる場合ではない。
今こそ見本となるべく真摯な行動をやってみせる時。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
チョコミント党ではないのですが…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コミュニケーション 行動 心理 リーダーシップ 

ページTOPへ↑

EDIT

できることを させていただく

無財の七施

無財の七施

眼施(げんせ)
やさしい眼差しで人に接すること
和顔悦色施(わげんえつじきせ)
にこやかな顔で人に接すること
言辞施(ごんじせ)
思いやりのある言葉を使うこと
身施(しんせ)
自分にできる奉仕を進んで行うこと
心施(しんせ)
人の気持ちを汲んで共感すること
床座施(しょうざせ)
席や場所を譲って分かち合うこと
房舎施(ぼうじゃせ)
訪ねて来る人を心からもてなすこと

布施とは
金品を供することに限らず
無償の心で人を思いやる行動そのもの

多くのお金を持っていなくても
優れた能力を備えていなくても
自分にもできそうなことばかり

にも関わらず
自分にはできていないことばかり

それは
もしかすると
与えようとするが故に
二の足を踏んでいたのかもしれない

釈迦の逸話に
ここんな一節がある

釈迦が弟子に托鉢修行を命じた

釈迦が付け加えた托鉢の条件は
金持ちの家へ行ってはならない
ということだった

お金に困っている人の家に行き
施しを受けてきなさいとのこと

それに従って弟子たちは
貧しい家を選んで訪問した

ところが大方の予想通り
施しを受けることはできず
罵声を浴びるばかり

何軒回っても施しは得られず
ついに弟子たちは釈迦に訴えた
豊かな家を訪ねるべきではないかと

釈迦はこう応えた
それは違う
貧しい家を回りなさい

貧しい人々というのは
貧しいから施しができないと思って
これまで人に施しをしてこなかった

彼らは今そのために苦しんでいるのだ

その心の貧しさから救い出すために
托鉢修行はあるのだ
彼らを救ってきなさい

施しを与えること
そんなことができるほど
自分は偉くも豊かでもない
そう感じていたのかもしれない

しかしながら実のところ
自分にできる布施もある

施しを与えるではなく
施しをさせていただく

無財の七施のたった一つだけでも
心を込めて実践させていただこう

たとえ僅か些細なことであっても
誰かの役にたたせていただきます

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
苦笑いの誕生日

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   行動 天命 役割 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

これから やるか やらないか

これからが 今までを 決める

お寺の門脇のボードに貼られた言葉には、ハッとさせられることが多いです。田無にて。

via: Twitter / @tsuna82000

そう

今までのことはもうエエねん

これからやねん これから

そう決意してみたものの
いつの間にか元の木阿弥

また今までと同じことを繰り返す

けど

今までのことはもうエエねん

これからやねん これから

そう決意してみたものの
いつの間にか元の木阿弥

また今までと同じことを繰り返す

延々とこのサイクルの繰り返し

いつまで経っても今まで通り

いや

だから

今までのことはもうエエねん

これからやねん これから

今までと同じかどうかなんて
まったく気にせんでエエねん

今までのことなんか
どうでもエエねんて

これから どうするねん?

いつ やるねん?

どうやって やるねん?

思い通りいかなかった時に
今までと比べたらアカンねん

これからのことだけ考える

これからどうするかだけ考える

で、やる

とにかく やる

やってダメでも振り返らず
これからどうするかだけ考えてやる

それを繰り返してると
いつの日か「今まで」が
変わってることに気づけるねん

これから どうするか
これから やるか やらないか

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
青い鳥はどこにいる?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   行動 チャレンジ お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

結果が出ていることに意味がある

結果が出ていることに意味がある

「やってみたけどうまくいかなかった」回数で勝負が決まる。「うまくいかなかった」という結果が出ているうちは順調だ。

via: Twitter / @shigotanon

「うまくいかなかった」の回数はいくら多くても問題ない。

「うまくいかなかった」という結果が出ていることに意味がある。

「うまくいかなかった」は検証結果であり大いなる成果。

良し悪しに関わらず結果が出ているということは、挑戦し続けている何よりの証拠。

「やってみたけど うまくいかなかった」ことを失敗と呼んではいけない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そんなこと奨められても…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 行動 結果 継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

言葉の力

言葉の力

言葉使いを変えると生き方が変わる。試しに「すみません」を「ありがとう」に置き換えたり、「できない」を「別のやり方はないかな?」に置き換えたり、「しんどい」と言う代わりにジョークの1つでも言ってみるといい。「今日こそ変わろう!」と安直に決意にするよりはずっと効果ある

via: Twitter / @jmatsuzaki

「すみません」って言ってる人は、申し訳ないことに囲まれている人。
「ありがとう」って言ってる人は、ありがたいことに囲まれている人。

「できない」って言ってる人は、諦めてやらない人。
「別のやり方はないか」って言ってる人は、やり方を見つけてやる人。

「しんどい」って言ってる人は、しんどいことだらけ。
しんどい時にジョークを言っている人は、しんどさを軽く流せる人。

「今日こそ変わろう」って言っている人は、変わりたがっているだけの人。
さっさと変わっていく人は、つべこべ言わずに行動する。

言葉使いを変えると生き方が変わる。

つまり、
言葉使いは生き方そのものなんだな。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
商品ラインナップが謎過ぎる自販機

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コトバ  視点 行動 成長 あるがまま 

ページTOPへ↑

EDIT

絆を結びなおす

絆を結びなおす

愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくはない。

via: 永い言い訳

そう!

だから働き方も変え
シゴトも選んできた

してきた努力は
本当に意義あることか?

生活を楽しむ権利を
しあわせを受け取る機会を
置き去りにしていないか?

正しさを守り通すために
優しさを犠牲にしていないか?

与えられた時間が
無限にあると勘違いしていないか?

気にかけ 問いかけ 投げかけて
怠らないように 間違えないように
注意してきたはずなのに

ハッと周りを見渡すと
思わぬところに立っている自分に
茫然自失としてしまうことがある

こんなはずじゃなかったのにと
こうならないようにしていたのにと
自責の念を膨らませごとに
代償の大きさに恐れ慄き呆然とする

深い霧の中を彷徨うが如く
道を見失っているにも関わらず
なんとかしなきゃという思いが
焦燥感と苛立ちを引き寄せて
さらに身動きがとれなくなる

でも…
大丈夫 大丈夫!

お気楽な生き方の合言葉

気がついた時点で修正は始まっている

すぐに結果には現れないが
すでに方向は見定められている

もたもたしている余裕はない
だが時間はまだ残されている

悶々とするばかりで
その時間を無駄にしないように
今ここでできることに専念します

あせらず… あわてず… ひとつずつ…
初心にかえって実践します

じっくり… ゆっくり… しっかりと…
誰にでも続けられることを着実に続けていきます

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
いくら寝ても寝足りない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】     行動  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

一期一会を書き留める

一期一会を書き留める

読書中に何か思いついたら、読むのを中断してでも書き留める。その思いつきはベランダに降りてきた雀のようなもので、不意に飛んでいって二度と戻ってこない。

via: Twitter / shigotanon

今日ブログに書こうと思っていたことはコレじゃない。

それは雀のように飛んでいってしまった。

スグにメモしておけばよかった。

これもまた一期一会。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
伝わらなければ存在しないのと同じ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  一期一会 チャンス 行動    

ページTOPへ↑

EDIT

ついつい先送りしてしまう時は…

とにかくハードルを下げて即実行

先送りされやすいタスクは、手順が煩雑か一回あたりの時間が長いかのどちらかあるいは両方である場合が多い。作業単位で分割するか一定時間で区切るなどして、扱いやすくする。

via: Twitter / shigotanon

ついつい先送りしてしまうときは、概して難し過ぎる予定を組んでいる。

というか、スケジュールがタスク単位になっていないことが多い。

予定表に「営業」とか「企画」「制作」「事務」とか書いているとしたら要注意。

「営業」「企画」「制作」「事務」などはタスクではなく、タスクの集合体。

営業でも制作でも、事前準備からフォローまでの間に多くのタスクがあるはず。

具体的に何をするのかのレベルまで落とし込んでスケジュール化すれば、その予定の着手率や達成率はかなり上がってくる。

言い換えると、なかなか手を付けられないスケジュールは、今スグにでも手を付けることができるレベルまでハードルを下げてみること。

そして、今スグにできることを本当に今スグやっておくこと。

たとえそれが「必要な書類を集めて机の上に準備する」というようなカンタンなことであっても、とにかく今スグにやっておく。

一旦手を付けてしまったことを途中で投げ出すのはキモチ悪いので、この後のタスクは先送りしづらい。

具体化と単純化、
そして、その気があるうちにやるのがポイント。

さぁ、明日使う予定の資料や道具を揃えてから寝よう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
果報は寝て待て

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  明確化 カンタン 行動  

ページTOPへ↑

EDIT

初心者をすっ飛ばして一流にはなれない

初心者をすっ飛ばして一流にはなれない

誰しも最初は付け焼き刃からしか入れない。
付け焼き刃のままで終わらなければいい。

via: Twitter / shigotanon

そうそう!
付け焼き刃だろうがなんだろうが、まずはやってみればイイ。

まだ自分は充分なことができない初心者だからといって何も手をつけないと、いつまでたっても実践することはできません。

たとえ上手くいかなくたって、やってみれば何がマズイのかが分かったり、どうすればもっとよくなるのかに気づいたりできます。

しかも、それは机上の空論でもなく他人の体験談でもない、自分自身が身体で学習した結果ですから得るものの確かさは半端ありません。

そこで、何人かは付け焼き刃でやってみるわけですが、そのほとんどが付け焼き刃のまま終わらせてしまうんですね。もったいない…

せっかく実体験して獲得した経験値。
活かさなくては宝の持ち腐れというものです。

付け焼き刃のままやってみて、やっぱり上手くいかなかったと凹んでやめてしまわずに、一つでもイイから改善してもう一手打ってみる。
それでも上手くいかなかったら、また一つでもイイから改善して更にもう一手打ってみる。

三度目か四度目になれば、もうそれは付け焼き刃なんかじゃない。
たとえ思うような成果が得られていなくても、もうつけ初心者なんかじゃない。
実践を繰り返し体験を積み重ね、少なからぬ知恵と体得した勘を身につけている経験者なのですから。

にも関わらず、多くの人は思いついても行動に移さない。
一度は付け焼き刃で行動しても付け焼き刃で終わらせる。
付け焼き刃で終わらせない人は千人に一人か五千人に一人、否 もっと少ないかもしれない。

だから、とにかくやってみる。
だから、付け焼き刃で終わらせずに検証を続けてみる。

それでどんな結果になろうとも、それだけで千人抜き、五千人抜きできるということ。
ただやってみるだけで五千人より前に出ることができる。

さぁ 付け焼き刃でやってみよう!

付け焼き刃に磨きをかけていこう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
犬も見かけによらぬもの!?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  実践 チャレンジ 行動 体験 検証 経験 

ページTOPへ↑

EDIT

「走りながら考える」の本当の意味

「走りながら考える」の本当の意味

「走りながら考える」
よく目や耳にするコトバです。

完璧な方法を考え抜いてから行動に移そうとすると、概して実行できないまま時間だけが過ぎてゆく。

だから、まずは行動せよ。

行動しながら考えて改善していけばよい。
行動して初めて見えてくることもある。

走りながら考えることが大切。

成果を出している人の多くは走りながら考える人です。

なるほど納得ですね。

しかし、ここで一つ注意しておく点があります。

それは、「走りながら考える」とは、行動することと考えることを同時にすることではない ということ。

考えることも実行することも、それぞれ集中して行わないと効率が悪くなってしまいます。

つまり、考える時間と行動する時間を分けて取ることが重要だということ。

意図を持って仮説を考える。
そして、行動してみる。
行動の結果を検証、反省する。
検証を基に改善策を考える。
改善策を実行する。
その結果を検証、反省…

これを繰返すこと。
それが「走りながら考える」ということ。

考え過ぎないで行動に移すことは大切ですが、文字通り考えることと行動することを同時にやってしまうと、各々の動作に集中できず思うような成果は期待できません。

考える時間と実行する時間を分けて交互に行うこと。
それによって「走りながら考える」が活きてきます。

さらなる進化成長のために、効果的な「走りながら考える」を実践していきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ワンコイン? #2

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  行動 思考 集中 実践 チャレンジ 誤解  

ページTOPへ↑

EDIT

ほんの一手間にあらわれる心遣い

線路の落とし物を拾ってもらう

JR大井町の駅で、片方の靴を線路に落とした女性が、靴を拾ってもらおうと駅員さんを呼んだ。かけつけた駅員さん、まずは片足ストッキングのみでホームに立つこの女性の為に自分の白手袋を女性の足元へ。こういうの対応はさすがにマニュアルではないだろう。素晴らしい気遣いに感動した。( ;∀;)

via: Twitter / semetter

とってもイイ話。

こういうエピソードに触れると
当事者でなくても温かいキモチになります。

それにしても
ほんの一手間で大違いですね。

ちゃんと落とし物を拾ってもらえるだけでも
充分にありがたいことなんですけどね。

日頃の取組みや乗客に対するキモチが
こうしたプラスワンの行動を生むのでしょう。

さて、自分なら
このような場面で
同じような行動ができたでしょうか?

特にルーティーンワークは
サービスやおもてなしではなく
ついつい単純作業になってしまいがちです。

関わる人たちの顔を思い浮かべながら
今一度、自分の仕事や行動を
見直してみようと思います。

ちなみに…

この女性はきっと綺麗な人だったんだな…
などという下世話な予測は
かなりの確率で的を射ている気もしますが
この際、条件に考慮せず
素直なキモチで自省に努めます^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
次女が表彰されるので風邪どころではない件

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  おもてなし 配慮 コミュニケーション 共感 行動 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT