元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

自分との約束をもっと大切にしよう!

自分との約束をもっと大切にしよう!

社会生活をしていくためには約束を守らなくてはなりません。

職場や学校では時間を守らなくてはなりませんし、予め互いに決めた事柄やルールを守ることも必要です。

当然のことですが、これができないと会社や学校に行くことも、車の運転をすることも、買い物をすることもできません。というか、ありとあらゆる社会生活に支障をきたすことになります。

というわけで、子どものころから約束を守ることを教えられてきました。
今も昔も、洋の東西を問わず、約束を守るということは最も重要な教育課題になっています。

ですから、世の中の大部分の人が約束を守ります。
そして、約束を破ることは悪いことだと認識しています。
約束を破られた時には、悲しんだり怒ったりします。

ところが、いつもは必ず約束を守っている人でも、ついつい破りがちな約束があります。

それは、「自分との約束」です。

他の誰かとの間で交わした約束は必ず守る人も、自分と交わした約束は、なぜか守れないことが少なくありません。

  • 早寝早起きをする
  • 決まった時間にトレーニングをする
  • ご飯は茶碗一杯にしておく

このような自分との約束は、他人との約束に比べて守られにくいものです。

それは、黙っていれば誰にも知られることがないからです。

つまり、約束を守らなかったことを誰からも責められないということ。その結果、社会的評価を下げることがないからです。

自分との約束が守られにくい理由は、もう一つあります。

それは、たとえ守らなくても誰にも迷惑をかけないからです。

約束を守らなければならないのは、人に迷惑をかけないようにするため、社会生活をしていくためだと教えられてきました。

それは間違った教育ではないと思いますが、場合によっては、人に迷惑をかけなければ約束を守らなくてもよいと解釈することもできます。

自分との約束を守らなかった場合、影響があるのは自分自身です。
他の誰にも迷惑をかけないのだから今回はまぁイイか… となることが多いのでしょう。

しかしながら、ここには大きな問題が隠されています。

自分との約束を何度も破り続けているとどうなるか?

  • 約束したことを実行しないままになる
  • 当然、欲しい成果はでない
  • 自信が持てなくなる

こんな具合に、徐々に自己評価を下げていきます。

  • 自分は 何をやっても続かない人間だ
  • 自分は こんなこともできない人間だ
  • 自分は ダメな人間だ

他人との約束を破ることが、他人からの評価を下げることに繋がっていたように、実は、自分との約束を破ることは、自分自身による評価を下げてしまうのです。

こうなってしまうと、何事にも消極的になり、無難に済ませようという気持ちが強くなってきます。約束を守る以前に、約束をすることすらできなくなってしまいます。

新しい挑戦や、目的に向かって努力することもできなくなる可能性が高くなります。
自信がなくなると、人と関わることを避けようとする傾向が強くなり、社会生活が困難になる場合もあります。

他人との約束も大切ではありますが、やはり自分との約束も大切なのです。
というより、むしろ、自分との約束の方がより大切だと言っても過言ではありません。

自己肯定感を持てず、自信をなくしてしまっては、他人との約束を守ることもできなくなってしまいます。

今さらながらではありますが、自戒の念を込めて、再確認しておきたいと思います。

約束を守ろう!
特に自分との約束を守ろう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
辛いけど、もう暫くかかりそうです

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  約束 自分 信頼 肯定 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

「好き」の効能

好きな人の前で「好き」って言葉をたくさん使う。この食べ物が好き、あの映画が好き、この動物が好き。でも、実は、「好き」のところだけ、その相手に向けて言ってる。

via: Twitter / shh7

なるほど!
これはイイですね。

何がイイかって?
まぁ それは いろいろあると思うのですが…

ただし
バレると気まずいですね(^^ゞ

特にボクのようなオッサンが
こんなことやってるのがバレると
確実にキモイ野郎と認定されてしまいますww

だけど
そんなリスクを負ってでも
実行する価値があると思いますね。

少なくとも
「嫌い」って言葉をたくさん使うよりは
「好き」を多様した方がイイのは間違いありません。

コミュニケーションのベースに
肯定の気持ちを据えておくということは
どんなに話術を磨くことよりも
相手との距離を縮める力があるからです。

このことは
生活のあらゆる場面で共通して言えますね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

生きていてよかった 生かされてきてよかった あなたにめぐり逢えから

 

●1年前の今日:「あきらめない」けど「こだわらない」

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  肯定 コトバ 思い込み コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

やる気を削がないダメ出し

「ここがよくない」
というかわりに、

「ここがもったいない」
と伝えてみる。

via: FPN 「やる気を削がないダメ出しのコツ」

 
うん。
これは とってもイイ感じのダメ出し!

これまで使ってきた中で
イチバン!イイなと思ったダメ出しは

「あなたらしくない...」

だけど、これも
それに通ずる神通力があるなぁ~

とは言え...
こういう時は こうすればイイ みたいな
~のコツ、~の法則 的ノウハウは、
たいてい うまく使いこなせないことが多い。

もちろん、同じ台詞を言っても
同じ結果が得られるとは限らない。

そういう打算や自我を越えて
相手の存在を認める姿勢が伝わらなければ
神通力なんか 出てくるわけがない。

…というわけで、
ダメ出ししてるようで
ちっとも「ダメを出してない」ってところが
本当の ポイントなんじゃないかと思う。

やる気を削がないダメ出し

 

●1年前の今日:才能って…?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コミュニケーション 共感 肯定 存在 承認 

ページTOPへ↑

EDIT

しあわせの感じ方

感じ方

自分が強く信じていたものが本当はそうでないとわかった時、それを受け入れるのは辛いことです。
思い入れが強ければ強いほど、違うと認めることで自分が否定されるような気がする。
そんな時、人は無意識に正当化する言い訳を考えて、自分を守るんだと思います。

via: 堤未果「ルポ貧困大国アメリカⅡ」岩波書店

 
受入れたくないから 受入れようとしない。

でも、
もう既に、そうでないと解っているから
意に反して 受入れさせられてしまう。

それでも、やっぱり
受入れたくないから
ますます 辛くなっていく。

 
思い入れが強ければ強いほど
そうでなかったと認めたくない。

でも、
もう既に、そうでないと解っているから
意に反して 認めさせられてしまう。

それでも、やっぱり
認めたくないから
ますます 辛くなっていく。

 
落胆する間もなく もがき苦しみ
強烈な矛盾と自己嫌悪が無限に続く。

そして、その醜さは増し
更に自分を否定したくなる。

だから、
それ以上に正当化する理由が必要になる。

しかし、
避ければ避けるほど…
紛らわせれば紛らわせるほど…

正当化しようとすればするほど…
自分を守れば守るほど…

その醜さは 更に増し
なお一層 自分を否定したくなる。

 
ずっと 自分を守っていけている人は、
決して上手くやっていけているわけじゃない。

ずっと 自己否定に抵抗し続けているだけ。

問題解決できているように見えても
実は、無限ループから抜け出せないでいる。

だから、よく観ると
いろんなところに歪が生じている。

 
それとは逆に、

徹底的に辛い思いに向き合って
どん底まで落ち込んで
その辛さを味わい尽くした人というのは、

辛い、悲しい、切ない気持ちを
本当の意味でデトックスして
清清しい人生を取り戻している。

 
一見、不幸に思える境遇に向き合って
今を生ききる生き方というものが
しあわせの感じ方なのかも知れない。

 
強く信じていたもの...
強く思い入れを抱いていたもの...
それが本当はそうでないとわかった時、
いったい何に失望したのだろう?

実は、その失望の対象もまた、
無意識に正当化する言い訳を考えて、
自分を守っていたのかも知れない。

その醜さに、その無意味さに、その滑稽さに、
一度しかない人生を生ききっていないことに、
失望を感じていたのではないだろうか?

 
もしも そうだとするなら、

この辛さは、この悲しみは、
同じ轍は踏まない... ということを
教えてくれている体験なのだとも言える。

失望と自己否定を繰り返すことよりも、
どうしようもなく辛い、悲しい、切ない気持ちを
とことん! 味わい尽くしていきたいものだと思う。

 
難しいことなんだろうけどね。

勇気がいることかもしれないけどね。

とても受け入れられないことだって
ちゃんと受け止めることくらいならできるかも。

歓びも 哀しみも そのまんま...
感じきって 味わい尽くしていくことで
生きる意味が観えてくるような気がする。。。

な~んて、
思ったり... 思わなかったり...

 
…っていうか、
この本とは あんまり関係なかったりして...^^;

 

●1年前の今日:闘戦経

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  人生 あるがまま 肯定 満喫 生きる 無意識 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

現状否定は進歩の条件か?

現状に満足することと、現状を“良きもの”として捉えることは、同じ様に思えて実は違う。
それは、山をみて「山はいいなあ」と言うのと、山を登って「山はいいなあ」と言う様に。
「現状に満足せずひたすら精進していく」姿は確かに正しい姿勢のように思えるけれども、今自分の持っているものに不満を持って新しい何かを求める姿勢では、残念ながら何も得ることができない。

現状の自分を認め、それが良いものだと信じ、その中で何が出来るのだろう…と考えて、初めて物事は新しい価値観を見出されていくという事実。現状に不満があって、それに替わるもの、それ以外のものを探すことは、現在の自分を否定することであって、否定された現状から生み出されるものはやっぱり良いものにはならないからだ。

via: 「満足せず“良きもの”と捉える」
心に効く言葉: ayanpaさん

 
いつも感じていることを
的確にテキスト化していただいて
とっても ありがたいです。。。

 
現状に満足と感謝を感じることと
現状に甘んじて流されることは違うと思う。

 
そんな風に思っているから、
2週間ほど前、とある勉強会で
今、充分に幸せを感じているということを
グループ討議の場で発表してみたら、
「そんな進歩のない考えはダメですよ。」って
諭されるように やんわりと否定された。

「まずは、疑ってみること。
 これでイイのか?今のままで充分なのか?
 現状の否定が上昇志向に繋がるんですよ。」 …って

さすがは、成功哲学とか やってる人は厳しいな~^^;

 
ん~~...

言わんとすることは、解ってるつもりなんだけど…
別に、進歩しようとしてないよわけじゃなくって、
むしろ、もっと良くなりたいな!と思ってるし、
ただね...
なぜ現状を否定しなきゃいけないのか?
それに関しては、まったく納得できない…

というか、
現状を否定しちゃうと、
うまく進歩できないんじゃないかと思うな。

 
ayanpaさんが書いてる通り、
否定された現状から生み出されるものは
やっぱり良いものにはならないんだと思う。

自己の現状否定から始めると
それは、上昇とか進歩発展じゃなくて
白紙に戻して出直しするみたいなことで
実際には、そんなことできないのに
無理してやろうとするから余計しんどくなるよ。
 

そう考えると、僕達の求めているものは今ある自分に必要なものであって、今“ない”自分に必要なものではないんだろう。ならば、今現在の自分はすでに “ある”存在であり、未来に対して持つ夢のようなものも、その存在があるからこそなのだ。

だから大切なこととは、今まで“ない”と思い込んでいたものを無理矢理“ある”と考え直すことじゃなくて、一度自分の足元を見てどこに立っているのかを“見直す”ことだと思う。
もしくは、その“ない”という事実を忘れることだ。

まるで部屋をくまなく掃除するかのように、順番に片付けていくと意外なものを見つけることができるかもしれない。ないものを探してもやっぱりない。でも、あるものは必ずどこかに埃をかぶって隠れているのだとは思いませんか?

via: 「満足せず“良きもの”と捉える」
心に効く言葉: ayanpaさん

 
そもそも 生まれてこれたことが
既に有難い状況なのだと思っているし、
それにケチをつけることは忍びない。

手の内にあるもの、天与の機会を
ありのままに満喫してこそ、
なお、その先の発展向上があるのじゃないのかな?

 
禅的な観方では、
我々は既に生まれながらにして佛性が備わっていて
ある意味で完成された存在であるにも関わらず、
それでも尚、修行を重ねていくのであって、
それをして、佛向上と言うらしい。。。

 
向上心は大賛成なんやけど…
現状否定には、どうも 共感できないな。。。

参照元の全文を読むと解るのだけど
冷蔵庫の残り物でできる料理はかなりある。

もちろん、少しは材料の買い増しをしたってイイけれど、
それを否定して、無駄にしてしまっては
いつも買い替え、取り替えの連続になるわけで、
発展向上ではなく、新規参入の繰り返しじゃないの?

否定する前に、
本当に否定するほど価値のない状況なのか?
まったく使い物にならない状況なのか?
まずは、そうして自分に向合ってみることが
大切なんじゃないかと…
思ったり... 思わなかったり...

 
…って、 完全に 思ってる。

いや...
いつも、このパターンやな(^^ゞ

 

 

●1年前の今日:再び小布施にて...

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  あるがまま  前向き 肯定 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |