元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

悩むことは悪いことではない

悩むことは悪いことではない

子曰、不曰如之何如之何者、吾末如之何也已矣

子曰わく、如之何(いかん)、如之何と曰わざる者は、吾(われ)如之何ともすること末(な)きのみ。

論語 衛霊公第十五

孔子は言いました。
どうしよう どうしようと迷い悩むことのない者には、私がしてやれることは何もない。

どうしようと迷っていること、どうすればよいのかと悩んでいること、それは現状を直視し改善しようという意志の現れであり、このような気持ちのない人に何を教えても無駄であると。

グズグズ迷っていないで結論をださなくちゃ!
いつまでも悩んでいないで行動に移すべき!

たしかにその通り。
一理も二理もあります。

しかしながら、その前提に、疑問を感じ、様々な条件を想定した選択肢を検討し、最善策を真剣に考え抜く姿勢があってこその結論であり行動なのではないかと思うのです。

十二分に検討し切ったところで後を引かないこと。
迷い切り悩み抜いた自分を信じて結論を出し行動する。

向上心をもって物事に真摯に向き合ったことへの迷いがなれれば、それまではいくら迷っても悩んでも良いし、そうあるべきだということですね。

悩むこと自体は悪いことでありません。
むしろ、徹底的に迷い悩んで考え抜く姿勢が大切。

改めて肝に据え直しておきます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
インプット・アウトプット

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   とことん 考える 論語 

ページTOPへ↑

EDIT

憲法記念日なので憲法について考えてみる

憲法記念日なので憲法について考えてみる

ゴールデンウィーク真っ只中!
今日は憲法記念日ですね。

法律の中でも国のあり方の根幹に関わる最も重要なものの一つである憲法ですが、実は多くの国民がその詳細について知らないというのが実態です。

たとえば、日本国憲法に関して次のような事実を正確に把握している人は何%くらいいるでしょう。

  1. 「戦争放棄」条項は日本国憲法独自のものではない
  2. 世界で初めて「戦争放棄」を謳ったのは 1791年のフランス憲法。その後平和憲法条項を盛り込んだ憲法を持つ国は 99カ国にも及ぶと言われています。憲法9条をあたかも世界唯一の平和憲法規定だと思い込んでいるのは大きな誤解です。
    「日本国憲法にノーベル平和賞を」という団体がありましたが、如何に世界情勢について勉強不足で一人よがりな考えををしているかということを大声で主張しているようなものです。日本人として恥ずかしい限りです。

  3. 憲法9条の特殊性は「戦争放棄」の第一項ではく第二項にある
  4. 「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」
    この規定は当初「非武装」と解されていました。
    吉田茂首相も当初は国会で「非武装」を答弁しています。
    それが朝鮮戦争後、自衛隊を保有することになりました。
    「非武装」から「武装」へと180度の解釈が変えられています。

  5. 日本よりも厳格な平和主義規定を持つ国もある
  6. モンゴルやアンゴラでは、外国の軍事基地を設置してはならない規定があります。
    カンボジアやリトアニアでは、核兵器の禁止が明示されています。

  7. 憲法9条は平和条項として不完全
  8. 多くの国々では「戦争放棄」を憲法に盛り込む一方で、自衛の軍隊を保有し、同時に「国家緊急事態条項」を規定して、緊急事態に対応できるように定めています。
    自衛隊という軍事力を保有しておきながら「国家緊急事態条項」がないのは明らかに平和憲法としての欠陥です。

  9. 日本国憲法の多くの条項が時代に合わなくなってきている
  10. 環境保全に関する条項は、世界65カ国の憲法に謳われています。 プライバシーの権利は 44カ国、知る権利は 22カ国の憲法に明記されています。
    これらは日本国憲法の制定当時にはなかった人権条項ですが、無改正のままになっています。

  11. 日本国憲法は無改正の世界記録を更新中
  12. 最も古いアメリカ合衆国憲法は、1887年の制定以来1992年までに18回の改正が行われています。2番目に古いノルウェーでも1814年から1995年までに139回改正されています。
    日本国憲法は15番目に古い憲法ですが、1946年から一度も改正されていません。
    17番のイタリアでは6回、18番のドイツでは46回改正されており、21位まで無改正の憲法はありません。

以上、日本国憲法の実態について、意外と知られていないのではないかと思うことをいくつか列挙してみました。

事実ですから決してレア情報ではありません。
けれども、自分の周りにも知らない人がたくさんいました。
そう言っている自分も最近まで知らない項目もありました。

自民党は憲法改正の是非を問う国民投票の投票権年齢について、2016年の夏までに「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる国民投票法の改正案を成立を目指す方針です。
現政権は来年の参院選後に憲法改正の発議を目指しており、いよいよ憲法改正の機運が高まりつつあります。

しかしながら、投票権者たるわれわれ国民は、どれほど日本国憲法について理解しているのでしょうか?

大学の法学部で憲法を専攻し、社会人になった今では学生当時よりも憲法に興味を持って注目している自分ですが、まだまだ勉強不足を思い知らされることは少なくありません。

政府は国民投票を実施するのなら、まずは全国民に対して日本国憲法に関する正確な情報提供と周知徹底するための環境整備を行うべきだと思います。

同時に、お上に任せっきりというのでは国民としての責任を果たしているとは言えません。
自分たち国民もまた自主的に憲法のことを知る努力をしていかなければならないと思います。

でなければ、国民投票という重要な決定手続きにおいて、正しい判断を下すことができません。
憲法改正に賛成の人も反対の人も、どちらがイイのか判らない人も、せめて憲法記念日の今日くらいは、少しでも憲法のことについて知る機会にしたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

憲法記念日なので憲法について考えてみる
●1年前の今日:
便乗値上げならぬ 便乗廃業か!?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  憲法 自主自立 権利 責任 考える 

ページTOPへ↑

EDIT

安易に見くびっちゃいけません

いつも考えてばかりで行動が伴わない、なまけものでエネルギーが乏しい人間じゃないかというのは間違い。常に全力で考えてるのだ。その思考に無駄が多いだけだ。その自動で止まることを知らない思考を、ほんの少し、生産性のある方向へとずらしてやるだけで、勝手に色々なものを生み出しはじめる。

via: Twitter @shh7

たしかにね…
それなりに人は考えています。

自分なりの全力で考えています。

中には甘えたり諦めたりしている人もいるけれど、そんな人だって、どうしたらちゃんとできるのかを考えたりしているものです。
なまけものでもなければ、エネルギーに乏しいわけでもありません。

だから安易に見くびっちゃいけません。

ふとしたことをキッカケにダイナミックに動き出すことがあるかもしれませんし、じっくり考えたことを基にして小さく一歩を踏み出す時がくるかもしれません。

実は、そんな可能性を秘めた人は一杯います。
というか、注意深く見てみれば、どんな人にだって可能性を見いだせるものです。

ためしに、なまけている人や、エネルギーに乏しい人を、よく観察したり、その人の話をじっくり聞いてみてください。

意外にも、みんなちゃんと考えていることに気づきます。

他人のことだけじゃないですよ。

自分のことも今一度、よく観察したり、自分の心の声にじっくり耳を傾けてみてください。

自分だって意外なくらい、ちゃんと考えていることに気づきます。

ただ、今は、バネを縮めている時期なのかもしれません。
効率の悪い思考をしていて澱んでいるだけかもしれません。

動き出す機会をうかがっているだけです。
一歩を踏み出すチャンスを見計らっているのです。

ちょっとした気付きから生産性のある方向へ視線を向けることができるだけで、後は勝手に動き出すものです。

安易に見くびっちゃいけません。
他人のことも、自分のことも…

ボクはそういうことを手伝いたくて今のシゴトを選んだんだな。
今さらながらではありますが、書いているうちに気づきました。

つまりは、今まであまり意識してなかったということです。
こういうことも、自分の可能性を見くびってしまうことに繋がるんでしょうね。改めて要注意(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

安易に見くびっちゃいけません

●1年前の今日:
関西人というのは・・・

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  考える 行動 可能性 チャレンジ 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

インプット・アウトプット

インプット・アウトプット

将来が不安になったり、自己成長を志向すると、人はインプット熱が上がる。もっと本を読もう。もっとセミナーに出席しよう。もっと人に会おう。でも、できる奴はすべてのインプットはアウトプットのためであることを認識している。アウトプットなきインプットは意味が無いものだと考えている。

via: できる奴の仕事術9箇条
Tribal Marketing・ikedanoriyuki.jp

たしかに大事なポイントですね。

何のためのインプットなのかを意識しないと、活用や行動に結びつくことは稀だと思います。

そして、知っているだけ考えているだけで、活用したり行動したりしなければ、いわゆる成果には繋がりません。

その点については、概ね同感です。

けれども同時に「それが全てではない」とも思うのです。

つまり、「アウトプットなきインプットは意味がない」とは限らないと思うのです。

引用元は「できる奴の仕事術9箇条」という記事ですから、やはり成果を重んじて効率的でない方法を断じているのでしょう。

それはそれで納得なのですが、インプットしたことは、たとえ意識的にアウトプットしなくても大いに意味があると考えています。

(その時点でボクは「できない奴」なのかも^^;)

人となりやキャラクター、教養などと呼ばれるものは、その人がインプットしてきたことによって形成されます。

特にアウトプットを意識せずとも自然なカタチで表面化します。
あるいは、判断基準や咄嗟の対応に顕れることもあります。

教養はこれ見よがしにアウトプットするものではありません。
滲み出るものであり、醸しだされるものです。

しかし視点を変えてみれば、これらも無意識のうちにアウトプットしていることなのです。

意識せずともアウトプットしている人となり、キャラクター、教養などを変えていこうとするなら、やはりアウトプットを意識したインプットがポイントになってきます。

ですが、アウトプットなきインプットには意味がないということはありません。
どんなインプットも自分の一部となって活かされています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
滋賀県といえば琵琶湖です

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  勉強 考える 無意識  行動  

ページTOPへ↑

EDIT

カラス スゴイ!!


Crow Using Tools

カラスが道具を使うことは
わりと よく知られていますが
ここまでスゴイとは…(*_*;

単に芸を覚えてるんじゃなくて
自分で解決策を考えています!!

カラス賢い!

…っていうより

カラス怖い!!
怖すぎる
(((;゚Д゚)))

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

カラス スゴイ!

 

●1年前の今日:つるつる すべすべ

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  スゴイ 工夫 考える 知能 動物 

ページTOPへ↑

EDIT

なにかを考えるための10カ条

ひとつのことを考えるとき、

  1. そのことの隣りになにがあるか?
  2. そのことのうしろ(過去)になにがあったか?
  3. そのことの逆になにがあるか?
  4. そのことの向かい側になにがあるか?
  5. そのことの周囲になにがあるか?
  6. そのことの裏になにがあるか?
  7. それを発表したら、どういう声が聞こえてくるか?
  8. そのことでなにか冗談は言えるか?
  9. その敵はなにか?
  10. 要するに、それはなにか?

via: 今日のダーリン:ほぼ日刊イトイ新聞

「そのこと」のところに
なにか考えることを入れて
順番に考えていってみると
要するにそれはなにか?ってことが
今まで以上に見えやすくなってくると…

なるほど・・・

いろんな視座にたって見てみるための
いろんな視点からのクエスチョン集ですね。

これは、何にでも使えそう!
イイこと 覚えた!   うん。

さっそく 使ってみよう(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

自問自答

 

●1年前の今日:意味不明

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  考える 質問 視点 アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

経験を積むということ

羽生善治氏「経験豊富とは、たくさん考えるんじゃなくて、たくさん考えないということ。経験を積むことによって不必要な情報は捨てられる。足し算の蓄積で経験が生きるということではなくて、無駄なことを省くことができるというのが本当の意味での経験を生かすということなのかなと思っています。」

via: Twitter / 孫泰蔵

 
いろいろ考えてしまうことがあるけれど
あれこれ考えているうちは
まだまだ経験が足りないということやね。

案ずるより産むが易し...
考えてばかりいないで 動き出す...
こういうことを裏付ける達人のコトバ。

捨てるものがないくらい
持っている情報が少なかったり、
腰を据えた思考が足りなかったりするのは
それも また、経験不足ということなんだろう。

貪欲に好奇心を発揮して知識を蓄える...
疑問に悩み、期待に胸を膨らませて考える...
それはそれで、大切な経験なんだと思う。

後でで捨てることになると判っていても。。。

やっぱり!
無駄な経験というものは ないねんなぁ

・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:対岸の火事

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  経験 体験 考える ムダ 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |