元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

献血ヒーローの引退

献血ヒーローの引退

今年のノーベル平和賞は、自分が特殊な抗体を持つと知って以来、60年間毎週献血し続けて240万人の赤ん坊の命を救ったおじいちゃんでいいんじゃね。どこかの偉い人じゃなく。

via: Twitter / @danner_2009
Photo: FRONTROW

激しく同意。

ホント それがイイと思います。

ジェームズ・ハリソンさんは81歳のオーストラリア人。

彼はこれまで60年間に渡り1173回もの献血をしています。

そして、彼の献血によって240万人以上にも及ぶRh式血液型不適合妊娠で産まれた赤ちゃんの命が救われたと言われています。

Rhタイプが異なる母子は体内に抗体が生じ、重大疾患を招いたり死に至る可能性もあります。

これに対処するために「抗D人免疫グロブリン製剤」を母体に注射する必要があるのですが、この薬剤を作る際に必要となるのがハリソンさんら一部の人しか持っていない特殊な血液。

そのことを知ったハリソンさんは、自分の特殊な血が役にたって救える生命があるのなら、この血をを活用してもらうことが使命だと考え、60年間にも渡って毎週のように献血を続けてきたのだそうです。

しかし、81歳となるハリソンさんは、オーストラリアの献血可能年齢制限に達したため今年5月11日を最後に献血ができなくなってしまいました。

オーストラリア赤十字によると、同国ではハリソンさん以外にも特殊な血液の提供者を約200人把握しているとのことなので、当面は「抗D人免疫グロブリン製剤」が不足することはないようですが、本人はまだまだ献血を続けたいと望んでいるとのこと。

ハリソンさんは「記録つくるために献血を続けてきたわけではないが、いつか誰かがこの記録を破ってくれたら嬉しい。誰かのために役立っているという証なんだから」と言います。

また、「あなたのおかげで助かったんですとか、あなたは私のヒーローですなんて言われると照れくさい気持ちになる。私はたまたまこうすることができたというだけで、言ってみれば自分に与えられた才能みたいなものかな。才能はこれくらいしかないんだけど」とも語ったそうです。

1173回目となった最後の採血には、彼の血液によって命を救われた赤ちゃんとその母親たちの姿も見られました。

その光景はまるで宗教画のようです。

自分に与えられた才能に気づき、それを活かし切って役割に徹する生き方。
言葉にすればカンタンなことですが、実践できる人はそう多くはないでしょう。

献血の回数や救われた生命の数もさることながら、天命を全うしているという意味でも、彼の偉業を称えるとともに、この事実を広く世界に知らしめたいものです。

そして、自分もまた天与の役割を果たすべく生きることを改めて此処に誓います。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
実は2度目のドームでの運動会

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   天命 役割 覚悟 自分らしさ  継続 

ページTOPへ↑

EDIT

結果が出ていることに意味がある

結果が出ていることに意味がある

「やってみたけどうまくいかなかった」回数で勝負が決まる。「うまくいかなかった」という結果が出ているうちは順調だ。

via: Twitter / @shigotanon

「うまくいかなかった」の回数はいくら多くても問題ない。

「うまくいかなかった」という結果が出ていることに意味がある。

「うまくいかなかった」は検証結果であり大いなる成果。

良し悪しに関わらず結果が出ているということは、挑戦し続けている何よりの証拠。

「やってみたけど うまくいかなかった」ことを失敗と呼んではいけない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そんなこと奨められても…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 行動 結果 継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

愚直に行動を継続する

一年で一回しか振り返らない人と、一年で三六五回振り返る人と、いったいどちらの人生がうまくいくか。
考えるまでもありません。
一日一日、愚直に、自分を振り返る習慣を継続して持つことで、やがては自分の人生を自分でコントロールできるようになっていくのだと思います。

via: あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

世の中には超人的な天才もいるし
まぐれ当りやビギナーズラックもある。

けれども基本は積み重ね。

美しい宝石も元々は石ころ同然の原石。

それを磨いて磨いて
磨き尽くしてやっと宝石になる。

何かを上達させたいと思うのなら
とにかく練習や稽古を積み重ねること。

派手な成果を上げている人だって
長い下積みを経験していることは多いし
毎日の地味な練習を欠かさない人は少なくない。

その練習や稽古には非効率なものもあれば
効果的に成果が得られるものもある。

しかし、どんな効率的な方法であっても
それを実行しない限り成果は望めないし
より多く繰り返している人には追いつかない。

早いもの勝ちっていうのは
急がば回れを早く実行したもの勝ちということ。

効率的な方法を探している間に
愚直な練習を積み重ねよう!

途中で良い方法に巡り合ったら
既存のやり方にとらわれずに変えていけばイイ。

やはり基本は積み重ね。
つまり、数稽古。

量の伴わない質はない。

優れた才能も
画期的なアイデアも
圧倒的な効率化策も
愚直な試行錯誤を伴って初めて成果が出る。

上手くいかなくてもスグに諦めない。
上手くいかないときは工夫を加えて繰り返す。
一回ごとの失敗は実は真の失敗ではない。

上手くいったら何度でも繰り返して習慣にする。
上手くいってもさらに改善すればより強くなる。
一回きりの成功は真の成功とは限らない。

もしかすると、天才っていうのは
愚直に行動を継続できる人のことなのかもしれない。

ならば、誰しも天才になれるチャンスはある。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
好きと嫌いは両立する

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   継続 行動 素直 チャレンジ お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

挑戦し続けることの価値

何度でも積み上げる

きれいに積み上げた積み木を崩れないように大切に守る技術よりも、何度でもきれいに積み上げる技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

via: Twitter / fta7

転ばないようにする技術よりも、何度転んでも立ち上がる技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

短期間で仕上げる技術よりも、きちんと仕上げるまで継続できる技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

経費を減らす技術よりも、少しでも利益を増やす技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

批判されるのを避ける技術よりも、たとえ一人でも支持者を生み出す技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

誰もが注目するブログ記事を書く技術よりも、定期的にブログを更新し続ける技術を磨いた方がたぶん役に立つ。

前者が役に立たないということではない。

しかし、前者にこだわる必要はない。

成功の秘訣は成功するまでチャレンジし続けること。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
組合せの効果

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 継続  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

懐かしくもマニアックな愛妻弁当

アントニオえのき、肉ジャガー横田、ハルク冬瓜、ジャイアントさば

海苔文字弁当。昭和のプロレスラー!!

via: Twitter / kubotatcj

うわぁ~っ!
懐かしい名前がいっぱい!!

プロレス好きの旦那さん大喜び間違いなし。

チャーシューリキ、ジャンボ酢豚、アニマルハマグリ、レバニラーカーン

海苔文字弁当。昭和のプロレスラーその2

via: Twitter / kubotatcj

次から次へと名選手が現れるww

もしやプロレス好きは奥さんの方か?

フロフ見たら
「ターザン山本さんが好き」と書いてあった。

やっぱり そうか。

アジャ昆布、テリーフランク、タイガーモズク、ザ・グレート茶漬け

海苔文字弁当。昭和のプロレスラーその3

via: Twitter / kubotatcj

かなり苦しくなってきたものの大健闘!

コレもジャンルでいうとキャラ弁に属するのだと思うのだけど、ビジュアルより完全にワードで勝負してるのがスゴイ!

おそらく選手名ありきでメニューが決められているのでは!?

この人、プロレス以外にも 80年台ヒット曲など様々な駄洒落ネタで毎日の弁当を作っているらしい。

やるな。kubotatcjさん。
類まれなる愛情表現だね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
季節の変わり目、充分ご自愛くださいませ

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  弁当 駄洒落 ノスタルジー 継続 マニアック 

ページTOPへ↑

EDIT

三日坊主も案外わるくない

「毎朝ジョギングするぞ」って言ってたのに

「毎朝ジョギングするぞ」って言ってたのに
「夏までにダイエットするぞ」って言ってたのに
「週一回は休肝日つくるぞ」って言ってたのに
「英語教室に通うぞ」って言ってたのに
気がつけば、いつも三日くらいしか続かない…

よく聞く話です。
なかなか継続できない自分の不甲斐なさに悩まされている人も少なくないでしょう。

いえ、他人事ではないんですけどね。

ですが、実は三日坊主って、それほど悪いものではないんじゃないかと思うのです。

三日で飽きてしまったら、もう一回始めればイイ。
また三日で飽きてしまったら、更にもう一回始めればイイ。

実際そういうふうにしてきたのではないでしょうか。

飽きっぽいということは、それだけたくさん始めているということ。

何も行動に移せない人、始められない人が多い中にあって、次から次へと三日坊主できるのはスゴイことなんです。

何ごとも考えるだけでなく、まず始めなければなりません。

続けられなかったことを嘆く前に、始めることができたことを讃えましょう!

そういう視点を持つことができたなら、続けるためのヒントが見えてくるかもしれません。

三日坊主バンザイ!

気にせず何度でもトライしょう!!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
乗せられてみようじゃないの

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  行動 スタート 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではない

「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではない

毎日同じリズムを刻んでいると、ちょっとした変化に敏感になれる。必死に神経をとがらせるより同じリズムをキープする方がラク。

via: Twitter / shigotanon

長く同じことを繰返しているとマンネリ化してしまう…
こんな話を聞くことは少なくありません。

たしかに、そういう一面があることは間違いありません。

ですが、「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではありません。

同じことを繰返し行い続けることには大きなメリットもあります。

習慣化による確実性・安定性の向上などが挙げられますが、特に変化に敏感になれることは、意外と知られていない大きなメリットのひとつです。

「変化」とは言い換えれば「いつもと違うこと」です。

いつも同じことを繰返しているからこそ、ほんの僅かないつもと違うことに気づけるわけです。

条件を一定にして観察を続ける科学の実験に似ています。

そして、想像以上にいつもと違うことは頻繁に起きています。

毎日いつもと違うと言っても過言ではありません。

この変化や違いに気づける人はマンネリ化しません。

やっていることはいつも同じでも、得ている結果はいつも同じではないからです。

惰性で同じことを繰返しているだけだとマンネリ化します。

意図を持って同じことを繰返しながら日々の変化を感じとり、変化に合った対応をしていくことこそが工夫や改善であり、これらは惰性でできることではありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
インドアながらも満喫した「海の日」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  習慣 継続 変化 発見 改善 成長 

ページTOPへ↑

EDIT

とりあえず ちょっとだけでも…

今日の一歩が未来をつくる

たとえ1分でも毎日続けていればその仕事は進む。「今日は時間がないから」と先送りしたくなっても1分の仕事ならその場でやってしまえる。準備さえできていれば1分は十分「使える」。

via: Twitter / shigotanon

そうそう! コレ大事。

ほんの少しだけでも手を付けておくこと。

ヤル気が出ないときは
ヤル気がなくてもできることだけやる。

たとえ1分でも…
たとえ1つでも…
たとえ1mmでも…
たとえ確認だけでも…
たとえ準備だけでも…

やれば やっただけ片付きます。

中途半端にやっても非効率!?

否、何もしないよりは進みます。

ちょっとでも片付けば…
ちょっとでも先へ進めれば…

明日の気分は きっと良くなる。

今日の一歩は小さくても
積み重なれば大きな差となる。

今日の一歩が未来をつくる!

いや…
そんな仰々しいことじゃなくて^^;

とりあえず
ちょっとだけ手をつけておこうよ(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
それって命よりも大切ですか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 継続 成長 

ページTOPへ↑

EDIT

負けに負けなければチャンスはまた来る

負けに負けるな

そもそも自分が好きでやってるゲームで負けたからって、負けた自分に罪悪感感じたりしないじゃん。今度は負けないようにレベル上げしたり、スキル磨いたりするじゃん。自分を責めたりとかしないじゃん。だから楽しいわけじゃん。自分が好きでやってる努力も、そんな感じで良いんだと思う。

via: Twitter / shh7

そういうこと そういうこと!

致命的な負けは、多くても一生に一度しかない。

その他の負けは、ただの通過点に過ぎない。

負けたら、またチャレンジすればイイだけ。

勝つためのカギは、勝つまで止めないこと。

何度負けたってイイんだよ。

負けに負けなければチャンスはまた来る。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
「ニュー」って、どういう意味だっけ?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 チャレンジ 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

逞しさとは健気さと共にある

排水溝に溜まった土埃で発芽してる!!

今日も雨でした。

ふと、ベランダの隅に目を向けてみると…

排水溝に溜まった僅かな土埃で
発芽してました!!

スゴイ!
こんなところでも力強く根を張り芽を出しているんですね。
生命力を感じます。

おそらくアサガオの双葉ですね。
明日プランターに植え替えてあげようと思います。

バイタリティというのは、生まれ持った素質としての圧倒的な強さや大きさじゃないですね。

吹けば飛ぶような弱々しくか細い生命を少しずつ着実に積み上げていくように育まれるものなんですね。

どんなところでも、どんな日でも、たゆまぬ歩みを続ける…
それでようやく滲み出てくる力なんですね。

まだしばらくはジメジメした梅雨が続きます。

でも、どんより沈んでいるだけじゃなくて、今できる準備を欠かさないようにします。
もうスグやってくる煌めく夏の日のために…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
この夏、うどんを着る!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  生命 積み重ね 継続 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

いざという時に力を発揮するためには…

いざという時に力を発揮するためには…

どっちの道を選ぶか、それによって人生が大きく変わってしまう岐路に立たされた時、人は自分が抱えている課題などちっぽけで取るに足りないと後に回しがちだ。でも本当にそれがやりたい人はそんな状況でもコツコツ表現して、いましか創れないものをちゃんと形にする。どっちを選ぶかよりそれが大事。

via: Twitter / zoonieyamada

実のところ、いざ一大事という時になって集中力を高めるたり気合を入れたりしても、それによって特別な力が湧いて出ることはない。
あくまで普段の積重ねがものを言う。

日頃、次から次へと目の前に顕れる課題に対して着実に取組んできたかどうか、執着や妥協を超えて最善を尽くしてきたかどうかが一大事の時に試される。

どんな些細な課題に対しても真摯な態度で臨み決断を下すことを繰返し経験することでしか決断力を鍛えることはできない。

考え抜き感じ切り自らの意志として決断を下すことができれば、如何なる選択をし如何なる結果を得ようとも、そこに悔いる道は存在しない。

いざという時に力を発揮する人は、普段を何気なく過ごしてはいない。
日頃から、小さな決断、小さな取組みを、お気楽にコツコツと積重ねるのがコツ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
やはり反重力マジックは難しかった^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   決断 決意 選択 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

それだけの時間が必要だっただけ

今の自分には、それだけの時間が必要だった。ただそれだけのことだ。

たった30分で終わる作業を始めるのに3時間かかることだってあるし、時には何日もかかることだってある。たったこれだけのことをやり始めるのにどれだけかかってんだ…と嘆くのは意味がない。今の自分には、それだけの時間が必要だった。ただそれだけのことだ。

via: Twitter / fta7

そうそう!

あると思っていた近道は
実はなかったということ。

遠回りをしてしまったという感覚は
実は気のせいでしかないということ。

今、自分より遥か前を行く人も
どこで立ち止まるか分からない。

何でも速ければイイというものではない。
充分な熟成を必要とすることもあるのだ。

無駄に過ごしてしまったと思っている時間は
実は他人より多くの経験を積重ねていた時間。

他人や理想と比較して思い悩んだり
過ぎたことを悔やんで行動を止めず
今できることを淡々とやり続けよう!

人には人の、自分には自分の道がある。

ただ それだけのこと。だから気にしない。

ええねん ええねん
それで ええねん(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
なんだかむず痒くなってくる貼紙

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 実践 継続  

ページTOPへ↑

EDIT

毎日続けていること

好きとか嫌いとか得意とか苦手とか関係なしに、「毎日続けていることが深まっていく」と考えるとシンプルで分かりやすい。得意なことはますます得意になるだろうし、苦手意識はほっとくとどんどん深まっていくし、めんどくさいことはどんどんめんどくさくなっていく。

via: Twitter / shh7

そうそう!
努力するしないに関わらず、意識するしないに関わらず、毎日繰り返し続けていることは着実に強化されていく。

毎日繰り返し続けていることは、習慣として否応なしに自分の奥深くにまで定着し、少なからず人生に影響を及ぼすことになる。

その結果として、良い習慣は良い人生を迎え入れ、悪しき習慣は好ましくない人生へと誘う。

急激な変化を求めて血眼になって努力しても成果が保証されるとは限らない。
しかし、習慣の深化は即効性こそないものの手堅く確実に浸透して変化を導き、それを永く維持する。

人生を変えるためのポイントは、テクニックや気合ではなく習慣。

意志の力に頼らない。

できるだけ努力しない努力で習慣を身につける。

貴方は毎日、どんなことを繰り返していますか?

ボクは毎日・・・ Σ(゚Д゚;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

人生を変えるためのポイントはテクニックや気合ではなく習慣
●1年前の今日:
朝顔 ラジオ体操 蝉しぐれ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

挑戦忍者ハッタリくんで行こう!

自信とかてんで全く無くて100%失敗するだろって分かっていてもベルトコンベアーに乗せられたみたいにどんどんその瞬間が近づいてきて、もうどうとでもなれっつって挑戦してやっぱり散々な結果になったとしても、ベルトコンベアーから降りなかったことだけは自信につながると思う。

via: Twitter / shh7

そうそう!

だから、まずは手を挙げてみる。
とにかく、土俵に上がってみる。

その上で、最善を尽くす。

経験があろうがなかろうが、自信があろうがなかろうが、エントリーして挑戦しよう!

深く考えずに手を出してしまうと、上手くいかないことも多いものです。
場合によっては痛い目に合うこともあるかもしれません。

でも、それが致命的なエラーじゃなければイイんじゃない?
どんな結果になろうとも、再起不能にならない限りは再挑戦できます。

それに、やってみたことは何でも経験になります。
自分からすすんでエントリーしたことも、チャレンジしたことも、最後までやり切ったことも、そして上手くいったことも、いかなかったことも、みんな経験値を上げることになるんですね。

ちょっと遠回りすることもあるけれど、乗ってしまえば勝手にどんどん経験値が溜まって自信も実力もついてくる!

多少のハッタリお構いなしに飛び乗ろう!
乗ったら結果を気にしないでやり切ろう!

一般的に歳を重ねる毎にチャレンジに対しては億劫になってしまうものです。
でも同時に、面の皮が厚くなったぶんだけハッタリはかましやすくなっているはずですから、こういう方法だったら何歳になっても挑戦していけるような気がします(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

挑戦忍者ハッタリくん

●1年前の今日:
へぇ~ できるんだ…!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 行動 継続 可能性 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

数をこなす

『良いアイデアを思いつかなくていい。だめなアイデアを出し続けられればそれでいい。』この言葉が効いた…いいアイデアを出そうとするから、脳がちぢこまってしまう。だめなアイデアを沢山だせば、どうしたってその中に、良いアイデアが混じってしまう。 引用 アイデアが枯れない頭のつくり方

via: Twitter / shh7

そうそう!
いっぱい出すことができれば、多少は良いアイデアが入っているものです。

良いとまでいかなくても、1コや2コはマシなモノが必ずあるから不思議です(^^)v

自分も何か企画したり制作したりするときには、100案くらい捻り出す作業をすることがあります。
いつだったか、たくさん出す過程の中でイイ案を思いつくことが多いことに気づいたからです。

同様に、ブログなんかも そうだと思うのです。

良い記事が書けなくていい。
だめな記事を書き続けられればそれでいい。

このブログは 以前にも書いた通り、あくまで日記的なものだと考えていますが、ネット上に晒されている以上は他者の目も意識しています。

そういう意味では正直なところ、自分で満足のいく記事はほとんど書けていないなと感じてはいます。特に最近は…^^;

そう感じつつも毎日欠かさず駄文を垂れ流しているのは、書き続けることに意味があると思っているからです。

この程度のキモチで書いていても、3000以上書いていると、1つや2つは自分なりに気に入った記事があるものですね。

まぁシゴトとして書くのなら、この程度の率じゃ話にならないとも言えるわけですが、日記だからイイの… イイの(^^ゞ

シゴトで書いている文章の場合は先述のように100案くらい出したりしてから纏めているので、少しは精度を上げることができていますし、たくさん出し続けることを鍛えることによって、スピードもヒット率も上がってくるものです。

実感として確信していることは…
概して質は量の中から生まれる
…ということ。

画家ゴッホの右腕は炭鉱夫のように太かった…と言われるように、量をこなした人だけが到達できる質というものがあるのですね。

一度に出す量を増やすのも、永く続けて量を重ねるのも、その中の一部の良いモノを生み出すために必要な手続き。
さらに量を増やし続けることで、良いモノが生まれる率もアップしていきます。

なかなか近道はないんだなぁ

だからこそ、継続は力になる!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

そろそろ本気で継続力をモノにする! 継続する心 続ける技術、続けさせる技術

●1年前の今日:
1%の希望

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 チャレンジ 可能性 行動  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT