元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

とりあえず ちょっとだけでも…

今日の一歩が未来をつくる

たとえ1分でも毎日続けていればその仕事は進む。「今日は時間がないから」と先送りしたくなっても1分の仕事ならその場でやってしまえる。準備さえできていれば1分は十分「使える」。

via: Twitter / shigotanon

そうそう! コレ大事。

ほんの少しだけでも手を付けておくこと。

ヤル気が出ないときは
ヤル気がなくてもできることだけやる。

たとえ1分でも…
たとえ1つでも…
たとえ1mmでも…
たとえ確認だけでも…
たとえ準備だけでも…

やれば やっただけ片付きます。

中途半端にやっても非効率!?

否、何もしないよりは進みます。

ちょっとでも片付けば…
ちょっとでも先へ進めれば…

明日の気分は きっと良くなる。

今日の一歩は小さくても
積み重なれば大きな差となる。

今日の一歩が未来をつくる!

いや…
そんな仰々しいことじゃなくて^^;

とりあえず
ちょっとだけ手をつけておこうよ(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
それって命よりも大切ですか?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 継続 成長 

ページTOPへ↑

EDIT

負けに負けなければチャンスはまた来る

負けに負けるな

そもそも自分が好きでやってるゲームで負けたからって、負けた自分に罪悪感感じたりしないじゃん。今度は負けないようにレベル上げしたり、スキル磨いたりするじゃん。自分を責めたりとかしないじゃん。だから楽しいわけじゃん。自分が好きでやってる努力も、そんな感じで良いんだと思う。

via: Twitter / shh7

そういうこと そういうこと!

致命的な負けは、多くても一生に一度しかない。

その他の負けは、ただの通過点に過ぎない。

負けたら、またチャレンジすればイイだけ。

勝つためのカギは、勝つまで止めないこと。

何度負けたってイイんだよ。

負けに負けなければチャンスはまた来る。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
「ニュー」って、どういう意味だっけ?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  お気楽 チャレンジ 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

逞しさとは健気さと共にある

排水溝に溜まった土埃で発芽してる!!

今日も雨でした。

ふと、ベランダの隅に目を向けてみると…

排水溝に溜まった僅かな土埃で
発芽してました!!

スゴイ!
こんなところでも力強く根を張り芽を出しているんですね。
生命力を感じます。

おそらくアサガオの双葉ですね。
明日プランターに植え替えてあげようと思います。

バイタリティというのは、生まれ持った素質としての圧倒的な強さや大きさじゃないですね。

吹けば飛ぶような弱々しくか細い生命を少しずつ着実に積み上げていくように育まれるものなんですね。

どんなところでも、どんな日でも、たゆまぬ歩みを続ける…
それでようやく滲み出てくる力なんですね。

まだしばらくはジメジメした梅雨が続きます。

でも、どんより沈んでいるだけじゃなくて、今できる準備を欠かさないようにします。
もうスグやってくる煌めく夏の日のために…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
この夏、うどんを着る!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  生命 積み重ね 継続 天命 

ページTOPへ↑

EDIT

いざという時に力を発揮するためには…

いざという時に力を発揮するためには…

どっちの道を選ぶか、それによって人生が大きく変わってしまう岐路に立たされた時、人は自分が抱えている課題などちっぽけで取るに足りないと後に回しがちだ。でも本当にそれがやりたい人はそんな状況でもコツコツ表現して、いましか創れないものをちゃんと形にする。どっちを選ぶかよりそれが大事。

via: Twitter / zoonieyamada

実のところ、いざ一大事という時になって集中力を高めるたり気合を入れたりしても、それによって特別な力が湧いて出ることはない。
あくまで普段の積重ねがものを言う。

日頃、次から次へと目の前に顕れる課題に対して着実に取組んできたかどうか、執着や妥協を超えて最善を尽くしてきたかどうかが一大事の時に試される。

どんな些細な課題に対しても真摯な態度で臨み決断を下すことを繰返し経験することでしか決断力を鍛えることはできない。

考え抜き感じ切り自らの意志として決断を下すことができれば、如何なる選択をし如何なる結果を得ようとも、そこに悔いる道は存在しない。

いざという時に力を発揮する人は、普段を何気なく過ごしてはいない。
日頃から、小さな決断、小さな取組みを、お気楽にコツコツと積重ねるのがコツ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
やはり反重力マジックは難しかった^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   決断 決意 選択 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

それだけの時間が必要だっただけ

今の自分には、それだけの時間が必要だった。ただそれだけのことだ。

たった30分で終わる作業を始めるのに3時間かかることだってあるし、時には何日もかかることだってある。たったこれだけのことをやり始めるのにどれだけかかってんだ…と嘆くのは意味がない。今の自分には、それだけの時間が必要だった。ただそれだけのことだ。

via: Twitter / fta7

そうそう!

あると思っていた近道は
実はなかったということ。

遠回りをしてしまったという感覚は
実は気のせいでしかないということ。

今、自分より遥か前を行く人も
どこで立ち止まるか分からない。

何でも速ければイイというものではない。
充分な熟成を必要とすることもあるのだ。

無駄に過ごしてしまったと思っている時間は
実は他人より多くの経験を積重ねていた時間。

他人や理想と比較して思い悩んだり
過ぎたことを悔やんで行動を止めず
今できることを淡々とやり続けよう!

人には人の、自分には自分の道がある。

ただ それだけのこと。だから気にしない。

ええねん ええねん
それで ええねん(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
なんだかむず痒くなってくる貼紙

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 実践 継続  

ページTOPへ↑

EDIT

毎日続けていること

好きとか嫌いとか得意とか苦手とか関係なしに、「毎日続けていることが深まっていく」と考えるとシンプルで分かりやすい。得意なことはますます得意になるだろうし、苦手意識はほっとくとどんどん深まっていくし、めんどくさいことはどんどんめんどくさくなっていく。

via: Twitter / shh7

そうそう!
努力するしないに関わらず、意識するしないに関わらず、毎日繰り返し続けていることは着実に強化されていく。

毎日繰り返し続けていることは、習慣として否応なしに自分の奥深くにまで定着し、少なからず人生に影響を及ぼすことになる。

その結果として、良い習慣は良い人生を迎え入れ、悪しき習慣は好ましくない人生へと誘う。

急激な変化を求めて血眼になって努力しても成果が保証されるとは限らない。
しかし、習慣の深化は即効性こそないものの手堅く確実に浸透して変化を導き、それを永く維持する。

人生を変えるためのポイントは、テクニックや気合ではなく習慣。

意志の力に頼らない。

できるだけ努力しない努力で習慣を身につける。

貴方は毎日、どんなことを繰り返していますか?

ボクは毎日・・・ Σ(゚Д゚;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

人生を変えるためのポイントはテクニックや気合ではなく習慣
●1年前の今日:
朝顔 ラジオ体操 蝉しぐれ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

挑戦忍者ハッタリくんで行こう!

自信とかてんで全く無くて100%失敗するだろって分かっていてもベルトコンベアーに乗せられたみたいにどんどんその瞬間が近づいてきて、もうどうとでもなれっつって挑戦してやっぱり散々な結果になったとしても、ベルトコンベアーから降りなかったことだけは自信につながると思う。

via: Twitter / shh7

そうそう!

だから、まずは手を挙げてみる。
とにかく、土俵に上がってみる。

その上で、最善を尽くす。

経験があろうがなかろうが、自信があろうがなかろうが、エントリーして挑戦しよう!

深く考えずに手を出してしまうと、上手くいかないことも多いものです。
場合によっては痛い目に合うこともあるかもしれません。

でも、それが致命的なエラーじゃなければイイんじゃない?
どんな結果になろうとも、再起不能にならない限りは再挑戦できます。

それに、やってみたことは何でも経験になります。
自分からすすんでエントリーしたことも、チャレンジしたことも、最後までやり切ったことも、そして上手くいったことも、いかなかったことも、みんな経験値を上げることになるんですね。

ちょっと遠回りすることもあるけれど、乗ってしまえば勝手にどんどん経験値が溜まって自信も実力もついてくる!

多少のハッタリお構いなしに飛び乗ろう!
乗ったら結果を気にしないでやり切ろう!

一般的に歳を重ねる毎にチャレンジに対しては億劫になってしまうものです。
でも同時に、面の皮が厚くなったぶんだけハッタリはかましやすくなっているはずですから、こういう方法だったら何歳になっても挑戦していけるような気がします(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

挑戦忍者ハッタリくん

●1年前の今日:
へぇ~ できるんだ…!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  チャレンジ 行動 継続 可能性 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

数をこなす

『良いアイデアを思いつかなくていい。だめなアイデアを出し続けられればそれでいい。』この言葉が効いた…いいアイデアを出そうとするから、脳がちぢこまってしまう。だめなアイデアを沢山だせば、どうしたってその中に、良いアイデアが混じってしまう。 引用 アイデアが枯れない頭のつくり方

via: Twitter / shh7

そうそう!
いっぱい出すことができれば、多少は良いアイデアが入っているものです。

良いとまでいかなくても、1コや2コはマシなモノが必ずあるから不思議です(^^)v

自分も何か企画したり制作したりするときには、100案くらい捻り出す作業をすることがあります。
いつだったか、たくさん出す過程の中でイイ案を思いつくことが多いことに気づいたからです。

同様に、ブログなんかも そうだと思うのです。

良い記事が書けなくていい。
だめな記事を書き続けられればそれでいい。

このブログは 以前にも書いた通り、あくまで日記的なものだと考えていますが、ネット上に晒されている以上は他者の目も意識しています。

そういう意味では正直なところ、自分で満足のいく記事はほとんど書けていないなと感じてはいます。特に最近は…^^;

そう感じつつも毎日欠かさず駄文を垂れ流しているのは、書き続けることに意味があると思っているからです。

この程度のキモチで書いていても、3000以上書いていると、1つや2つは自分なりに気に入った記事があるものですね。

まぁシゴトとして書くのなら、この程度の率じゃ話にならないとも言えるわけですが、日記だからイイの… イイの(^^ゞ

シゴトで書いている文章の場合は先述のように100案くらい出したりしてから纏めているので、少しは精度を上げることができていますし、たくさん出し続けることを鍛えることによって、スピードもヒット率も上がってくるものです。

実感として確信していることは…
概して質は量の中から生まれる
…ということ。

画家ゴッホの右腕は炭鉱夫のように太かった…と言われるように、量をこなした人だけが到達できる質というものがあるのですね。

一度に出す量を増やすのも、永く続けて量を重ねるのも、その中の一部の良いモノを生み出すために必要な手続き。
さらに量を増やし続けることで、良いモノが生まれる率もアップしていきます。

なかなか近道はないんだなぁ

だからこそ、継続は力になる!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

そろそろ本気で継続力をモノにする! 継続する心 続ける技術、続けさせる技術

●1年前の今日:
1%の希望

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 チャレンジ 可能性 行動  

ページTOPへ↑

EDIT

小正月の誓い

小正月 phot: 明野ナビ!

1月15日
今日は小正月ですね。

14日から16日まで、あるいは14日の日没から15日の日没までを小正月と呼ぶ説もありますが、大正月と呼ばれる元日、または元日から7日間と対をなしています。

歳末から大正月にかけて忙しく働いた女性を労う日ともされることから女正月とも言われており、小年、二番正月、若年、花正月などと呼ばれることもあるようです。

古くから小正月には、豊作を祈願したり、悪霊払いとしてどんと焼きが行われたり、小豆粥を食べる風習があります。

また、今では1月の第2日曜日になっている成人の日という国民の休日は、1999年まで毎年1月15日に固定されていましたが、これは小正月に元服の義が行われていたことが起源だと言われています。

太陰暦で毎月1日は朔の日と呼ばれ、月の初めである新月の日になっていますが、その年の初めて新月を迎える朔の日が元日です。
それに対して暦の上での小正月は、望の日に当たり、その年の初めての満月の日になっています。

ですから、現在の1月15日と旧暦の小正月は必ずしも一致していません。
今日の月齢も 24。 かなり細い月です。

新暦が浸透している今では、小正月の意味合いが忘れられ、昔ながらの行事が廃れていくのも仕方がないのかもしれませんね。

話は大きく飛びますが…
5年前の1月15日は新月でした。

満月であるはずの小正月が新月だなんて^^;

…で、なぜそんなことを覚えているかと言うと、実は今日1月15日は、今のシゴトの創業記念日だからです。

会社員を辞め、1年間の自称育児休暇を経た後、5年前の今日、屋号を届出て個人事業を開業しました。

当時は小正月だという意識はなく、その年の初めての新月の日だということで この日を創業日に決めました。

太陰暦において新月の日は始まりを意味し月の最初の日とされており、元日に年初の誓いや一年の計をたてるのもそのためです。

新月の日、朔の日は事始めに相応しい日なんですね。

まったく先の見えない状態でのスタートでしたが、ちっぽけながらも志をたて朔の日に始めたことなら流れに逆らうことではあるまい… そう思うと、なぜか不安は膨らみませんでした。

あれから丸5年。
まだまだ軌道に乗ったと言える状況ではありません。
思い通りに事を運べているわけでもなく、周りから見れば相変わらず危なっかしいとしか思えない有り様です。

現状に甘んじていることも否定できません…
天与の力を充分に発揮させず逸した機会は数知れず…
振り返れば反省すべきことばかりです…

ですが、今日も こうして生かされております。
おかげさまで、自分のみならず家族ともども健康に暮らすことができています。

たくさんのご縁をいただき、たくさんの人に支えられ、たくさんの幸運がもたらされたからこそ、5年間やってこれたのだと思います。
どうも ありがとうございます。

長引く不況や先行き不透明な社会情勢の中で、多くの企業や事業者が苦労を強いられているにも関わらず、あまりにもお気楽に過ごしてきたのではないかと心配になることもあります。

しかしながら、あの日から仕切り直した生き方は、その開業日だけにとどまらず、自然の流れに沿ったものであると信じています。

これまでいただいてきたご縁やご支援を無にすることのないよう、今日から また新たな1歩を踏み出していきます。
手を抜いて甘んじるのではなく、自分を押し殺して我武者羅になるのでもなく、自然の摂理に沿って お気楽に事を運んでいきます。

流されず、流れに逆らわず、流れに乗って、
誰にでもできることを誰にもできないくらい続けます。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
まさかの三世代封入バージョン!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】   感謝 自主自立 継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

三日坊主でもええねん

「三日坊主で飽きてしまったら、またもう一回始めて、また三日で飽きれば良いじゃない。」昔ある人がこうつぶやいていて、すごく目から鱗だった。その通りだ。僕らはいつも、途中で投げた自分を責めてしまうけど、むしろ、始めようと思ったこと、そして、三日続いたことを、まずは褒めてあげるべきだ。

via: Twitter @shh7

ついこの前、年末だ、年越しだなんて言っていたかと思ったら、早いもので既に1月も10日なんですね。
「一年の計は元旦にあり」などと言いますが、年が変わって新たな目標設定や計画を立てた人も多いと思います。

さて、10日が経過した今、その進捗はいかがでしょう?

まだ10日しか経っていないのですから、計画通り順調に進んでいることと思いますが、中には早々に三日坊主になってしまった人もいるかもしれません。
いや、その…
何を隠そう自分もその一人なんですが^^;

10日はおろか、3日や1週間で継続できなくなってしまうなんて、我ながら本当に情けないですw
日頃から「誰にでもできることを誰にもできないくらい続けます」を座右の銘にしているなんて言っているのに、正月早々から三日坊主ですからね(^^ゞ

でも実は、ボクはそんなに気にしていません。
続けられなかったことはマズイと思っていますが、もっとマズイのは、そのままやめてしまうことだと考えているからです。

つまり、やめない限りはさほどの問題ではないと。
ちょっと休んで、また始めればイイんじゃないかと。

一旦続けられなくなっても、その翌日から何もなかったかのように再開すれば良いのです。

その後、大晦日まで継続できれば、365日中、364日はやったことになります。
完全無休で継続することを100点だとすると、この場合は99点くらいのレベルに達しているでしょう。
3日毎に三日坊主の癖が出てしまったとしても、その翌日から気にせずに再開していれば、年間240日以上はやった日になりますよ。
でも、三日坊主になってしまったからという理由でやめてしまったら、まさに3日しか実績は積めません。

だいたい何かをスタートするってこと自体がハードル高いわけですから、そのハードルを乗り越えて3日はやったってことがエライんですよ。
エライんですから、たまに休んだってイイんです。

やめないことです。
三日坊主なんて気にせず、休んだらまた何もなかったかのように再開すればイイんです。

そんな訳で、しょっちゅう休んでは再開を繰り返しています。
自慢できることではないかもしれませんが、けっして恥じることでもありません。
思い立って始めて、たまに休んで再開して、また休んでは再開する…
この繰り返しさえできていれば、三日坊主なんて気にする必要はないし、それこそが「継続」なんだと思うんです(^^)v

「継続する」=「完全無欠」ではありません。
「継続する」=「休んだ後に再開する」なんです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

続けるコツ

●関連記事:
休んでもイイ また始めればイイ
●1年前の今日:
人生に役立つかもしれない牛乳の活用方法

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  継続 コツ 再開 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

編み上がりました

編み上がりました

12年前に編み始めたマフラー

ようやく
編み上がりました。

・・・みたいなデザインです(^^♪

コレ、妄想じゃなくて
本当に意図したものだとしたら
これから毎年スゴク期待しちゃいますね!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

2014/11/15 追記
日本郵便のwebサイト
「編みかけだったマフラーが完成したデザイン」と掲載されていました。

 

●1年前の今日:暗号てがみ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  妄想 ストーリー 継続 ハガキ 

ページTOPへ↑

EDIT

本当の失敗とは…

しょっぱなから失敗した13人の成功者たち

1. ヘンリー・フォード … 自動車王
ヘンリー・フォードは、フォード・モーター・カンパニーを設立するまえに、7回も失敗し、5回失業した。「三度目の正直」という言葉を突破し、まわりの人から見たら「よくがんばる、かわいそうな人」みたいな感じだったかもしれません…。
2. ウォルト・ディズニー … ディズニーランド、ディズニーアニメの創造者
「お前はイマジネーションがない。アイデアもダメだ。」と新聞社をクビになる(ウォルト・ディズニーはイマジネーションとアイデアの男じゃないのか!?)。自分の信じている才能をケチョンケチョンにいわたら、ドーンとショックをうけてあきらめてしまうことだろう。
3. 盛田昭夫 … ソニー創業者
後の「ソニー」となる「東京通信工業」を井深大と設立。はじめて手がけた製品は、ナント炊飯器。これがビックリするほど売れなかったという。もし起業して、一発目の商品が思いっきりスベったら、あなたはどうしますか!?
4. カーネル・サンダース … ケンタッキーおじさん
レストランにフライドチキンのレシピを売り込んだが、1009回も「そんなもんいらん!」と断られた。普通の人ならノイローゼになってしまいそう。
5. アインシュタイン … 天才物理学者
5歳までほとんどしゃべらなかった。学校の先生からは精神障害があると思われていた。父親が事業に失敗した。大学受験に失敗した。苦労続きの人生だ。
6. ベーブ・ルース … ホームラン王
ホームラン王であると同時に、三振王でもある。
7. J.K.ローリング … 「ハリー・ポッター」作者
離婚と生活苦で、うつ病になり自殺も考える。貧しいシングルマザーとして生活保護を受けながら執筆をつづけ、書き上げた「ハリー・ポッター」が大ブレイク。「歴史上最も多くの報酬を得た作家」となる。
8. ソクラテス … 哲学者
アイデアが先を行きすぎて「不道徳で、人を腐敗させる人」とみなされ、ナント死刑を宣告されてしまう。
9. ゴッホ … 画家
生きているうちに売れた絵は、たったの1枚だけだった…。それでも画家をつづけた。
(死後に「ひまわり」が58億円で落札)
10. エジソン … 発明王
学校の先生から「バカすぎて、何も学べない子」と言われる。はじめてやった仕事は、クビになり、その次にやった仕事も立て続けにクビ。電球を発明したときに、1000回失敗したのは、有名な話である。
11. マイケル・ジョーダン … バスケットボール選手
伝説のバスケットボール・プレーヤーは、高校のときは「補欠」だった。
12. スティーブン・スピルバーグ … 映画監督
映画学科が充実している南カリフォルニア大学の入学を希望するが、入学を3回も断られる。普通の人なら「やばい、もうプロになれない…」とヘコむことだろう。
13. スティーブン・キング … 作家(「ショーシャンクの空に」など原作者)
貧しい生活のなかで作家になることを夢見て小説を書くも、30もの出版社にバッサバッサとボツにされ、ついに原稿をゴミ箱に捨ててしまう。奥さんがゴミ箱から、その原稿をひろいあげ、励まし励まし、書き上げた作品が大ヒット・映画化。

via: earth in us.

世の中の偉い人たちも
たくさんの失敗をしています。

このように、成功者たちの多くが
大きな失敗を経験しているのですから
凡人が失敗するなんて当然のことでしょう。

にも関わらず
失敗を頑なに避けようとしてしまうのは
一体どうしてなのでしょうか?

まったく耳の痛い話です。┐(´д`)┌

たしかに
生命に関わる失敗は取り返しがつきません。

しかし
致命的な失敗を引き起こす可能性は
それほど高いものではありません。

財産を失ったり、人格を否定されたりと
これは最悪だと思わせるような失敗であっても
なんとか生命をつないでいける状態なら
いつでも立ち上がるチャンスを残しています。

多くの成功者たちは
そのチャンスを活かしきるために
何度でも失敗から立ち上がり続けたのですね。

あたかも、その失敗が
後の成功へのパスポートであるかのように…

成功するための秘訣は
成功するまで続けること…

よく耳にするコトバですが
なかなか実践することができません。

失敗は怖いしイヤですからね。

けれども
僅かな最悪のケースを心配し過ぎて
多くのチャンスを棒に振ることことの方が
むしろ最悪の選択だと言うこともできます。

実は、失敗自体は失敗などではなく
失敗を恐れて行動しようとしなかったり
失敗を引きずって立ち上がろうとしないことが
本当の失敗なのですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

本当の失敗とは…

 

●1年前の今日:ノリつっこみ

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   継続 チャレンジ 可能性 行動 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

やっぱり まずは 1歩から…

でも、「自分には技術が足りない」「まだまだ経験が足りない」「度胸が足りない」は、言い訳かもしれない。もう準備はできている、という覚悟が足りないだけかもしれない。「まずは」という言葉を連発している時にこの「覚悟不足」であることが多い。

via: Twitter / shh7

これまた耳の痛い指摘…

でもね
そんなことが分かってるんですよ。自分でも。

っていうか
覚悟不足に気づいたところで
それだけじゃ前進することにつながらない。

だから
いつも言ってるんですよ。

まずは、できるところまで
ハードルを下げて実行しようって。

言い訳だろうが
覚悟不足だろうが
そんなことは どちらでもイイ。

まずは、たった1歩だけでも
踏み出すことに意味があるのだと。

まずは、準備を完璧にとか
まずは、一呼吸おいてとか
前進しない「まずは」は
やっぱり考えものだと思いますが
1歩を踏み出す「まずは」なら
誰に何を言われようとも問題なし!

たった1ミリでも
前へ進もうとする意志と行動は
立派な覚悟と言えますから。

踏み出さない理由を正当化する「まずは」と
1歩を踏み出すための「まずは」では
似て非なるもの、雲泥の差があるのです。

まずは、たった1歩だけでも
まずは、たった1ミリだけでも
歩みを進めることに意味があるのです。

というわけで
なかなか調子が出ませんが
今日も1ミリ進めたので良しとしよう。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

その1歩が道となる

 

●1年前の今日:よしよし…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   チャレンジ 継続 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

量は質に転化する

「悪質なものなどいらない。良質なものだけ最初から集めればいい」という人は、「質というものは常に量の中にしか存在しない」という法則を忘れているか、あえて無視しているとしか思えない。

via: Twitter / sinkurou

世の中には
人並み外れた才能や素質を
持って生まれてきた人がいます。

彼らは天才と呼ばれています。

けれども、天才たちだって
実は人目につかないところで
人並み外れた練習や訓練を繰り返し
とてつもない努力を重ねているといいます。

どんな才知を生まれ持っていたとしても
それを使いこなし活かしきるためには
相当量のトレーニングが不可欠です。

質は量からしか生まれない…

凡人も天才も関係なく容赦なく適用されるからこそ
法則といわれているのでしょうね。

そもそも
何が悪質で、何が良質なのかということを
正確に見極めることができるようになるためには
その眼力や判断力を鍛えあげる必要があります。

最初から良質なものだけ集めることなど
できっこないわけです。

やっぱり数稽古。
これに尽きますね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道(イチロー)

 

●1年前の今日:イイ人になりたい…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  積み重ね 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

できないと思ったときは…

「難しくて できない」
と思ったときは
「難しくて スグには できない」
と言い変えてみます。

「時間がなくて できない」
と思ったときは
「時間がなくて スグには できない」
と言い変えてみます。

つまり…

今は できなくても
長い目で見ればできる!
っていうことになります。

そして実際に…

難しくて スグには できなくても
毎日ちょっとずつ継続してやってみます。

時間がなくて スグには できなくても
毎日ちょっとずつ継続してやってみます。

そうすると…

スグには できなかったことも
毎日ちょっとずつ できるようになってきて
いずれは ちゃんと できてしまいます。

だから…

今スグできるかどうかを考えるのではなくて
今の実力レベルでも できることは何か?
今とれる時間内に できることは何か?
そういう今できることを考えるとイイみたい。

とにかく…

できるところまでハードルを下げて考えてみれば
できることは必ず見つかるわけですし
できることを積重ねていくことによって
いずれ できないこともできるようになりますね。

この方法のスゴイところは…

今できることさえ継続的にやっていれば
今の実力で何でもできるんだと気づかせてくれること。

何かスゴイ力や業が身につけるのではなく
既にできる力や技を持っているのだということ。

これまでは自分の可能性を
見くびりすぎていたような気がします。

今のままで充分! とりあえずOK!

生まれ持ったポテンシャルに気づいた人が
その実力を発揮できるということなのでしょうね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:挨拶の本質

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  可能性 継続 チャレンジ 行動 お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT