元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

あえて先送りした方がイイ場合もある

悩ましい課題の結論は夜に出しちゃダメ!

何をするにも遅すぎることはないってことは逆言えば今は何もしなくてもいいってことだし寝るか

via: Twitter / shimobayashi

うわぁ~ コレ
一番アカンやつやん
^^;

とはいえ…
ジタバタすればするほど泥沼に引きずり込まれるように何やっても上手くいかない日もあるものです。

そんな日はサッサと寝た方がイイよ。

特に悩ましい課題の結論は夜に出しちゃダメ!

夜間は実質オフタイムだから明日の朝でも遅すぎるということはないし、朝の方がダンゼン頭の回転がイイ。

夜中に煮詰まっちゃった時、結論は必ず翌朝に先送りしよう!

というわけで、もう寝るか┐(´∀`)┌

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ゲシュタルト崩壊という言葉が思い出せない時

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  先送り 結果 焦燥感 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

努力に逃げずに結果を出すことの重要性

そろそろ努力なんかしなくていいから失敗した方が良い。そういう動きかたをしなくちゃいけないって、頭ではわかってるんだけど、ついついやり慣れた努力ばかりしてしまう。それは逃げだとはわかっているんだけど、失敗は怖いから努力ばっかりしてしまう。

via: Twitter / shh7

成否にこだわらず
結果を出すこと。

何よりも コレが大切です!

結果が出れば
正確な評価ができます。

良い結果が認められた場合は
体験的な自信が蓄積されます。

あまり良くない結果になった場合は
必要に応じて正確な対処ができます。

上手くいく方法を体感すれば
上手くいく方法を体得できます。

失敗する方法を体感すれば
失敗する方法を避けることができるようになります。

行動を先送りして
結果を出さずにいることは
当座の失敗を避けることになりますが
上手くいく方法を体得することや
自信を身につけることはできません。

成否にこだわらず
結果を出すこと。

何よりも コレが大切です!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

そろそろ努力なんかしなくていいから失敗した方が良い
●1年前の今日:
先送りしないためのタイムマネジメント術

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 失敗 結果 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

結果がすべてではありますが…

いつも考えてばかりで行動が伴わない、なまけものでエネルギーが乏しい人間じゃないかというのは間違い。常に全力で考えてるのだ。その思考に無駄が多いだけだ。その自動で止まることを知らない思考を、ほんの少し、生産性のある方向へとずらしてやるだけで、勝手に色々なものを生み出しはじめる。

via: Twitter @shh7

一人前の大人は
常に結果で評価されます。

できたか、できなかったか、
1か0かのシビアな世界です。

しかしながら
結果を出せなかった場合でも
まったく何もできなかったとは限りません。

結果には1歩だけ及ばなかったとしても
実はそれなりに積重ねたプロセスがあるものです。

通常それらが評価されることはありません。

評価されないから広く知れ渡ることもありません。

けれども
そのように積重ねられたプロセスは
他のプロセスと組合わされることによって
別の結果を生むこともあるのです。

そのように積重ねられたプロセスが
次の新たな結果の下地になっていることも
珍しいことではないのです。

このような状況を鑑みるなら
1か0かのシビアな世界にあっても
結果の裏に隠された有効なプロセスが
活用されずに眠っている可能性があることを
決して忘れてはならいと思うのです。

特に、教育者や投資家、組織のリーダー
このことを常に意識しておくべきでしょう。

1未満の成果を見逃さない…

評価とは
切捨てるためにあるのではなく
引上げるために存在するのです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

結果を出す人のこころの習慣 結果を出す人の「やる気」の技術 ”特訓”式モチベーション術 なぜか結果を出す人の理由 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

 

●1年前の今日:最近とんと見かけなくなった思ったら…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  視点 結果  

ページTOPへ↑

EDIT

やろうと思ってできていないこと

「来年は本気で生きたいのですが、どうしたらいいですか?」という高校二年生からの質問にこう書いた。

今、高校二年生ということは、そろそろ大学受験を意識して、勉強しようとしているが、なかなか本気になれない自分に、自己嫌悪を感じているのだろうか?

今、目の前に、中3の自分がいるとする
その中3の自分に、今の高校二年生の自分は何とアドバイスするだろうか?

そのアドバイスを紙に書いてごらん。

・高校の勉強は、中学と違って難しいし、スピードが速いから、ついていくのが大変
復習を欠かしたらアカンぞ。
・高校生になると、いろんな中学からやってきて、新しいキャラの自分を発見できるから、どんな自分になるか、考えておくといいよ
などなど、いろいろと出てくると思う。

その中3の自分に書いたアドバイスを、まず、今の自分が全て実行しよう
そのアドバイスは、今の自分がやろうと思って出来ていないことなのだ。

via: 日本男児・大和撫子養成道場 再生学習塾『格闘塾』のブログです

この記事を読んだとき
思わず苦笑いしてしまいました。

まるで自分のことを言われているようで…(^^ゞ

12月の決算が確定したお客さまから
その結果報告が届いています。

おかげさまで、どちらさまも
前年度よりも業績が改善していて
本当に良かったと胸を撫で下ろす思いです。

サポートさせていただいているお客さまには
多少の助言を差し上げることがあるのですが
その際、かつては自分自身にできていないことを
お奨めすることが度々ありました^^;

ところが
妥当なアドバイスだったはずなのに
成果に結びつかないことが少なくありませんでした。

なぜ成果が出ないのか?
今では、そのわけが理解できます。

それこそが
自分がやろうと思って、できていないこと
だったからなんですね。

いくら正しい知識を披露しようとも
実践して効果をあげた経験がなければ
説得力がありません。

どんな良い解決策であったとしても
イイことを聞かせてもらった… という
知識レベルの満足で終わってしまい
実践に移すことがなければ
成果につながることはありません。

実践の結果、自ら体験したエピソードや
実践者だからこそ知ることのできるムードや
ノウハウには表現されない心の動きなどを
伝えることができてはじめて
相手のヤル気に結びつくのでしょう。

それに気づいてからは
さまざまなノウハウやアイデアを
まずは自分で体験してみるようにしています。

自分では成果を出せていないこともありますが
聞きかじっただけでなく、やってみたことなら
それなりのポイントを押さえた説明を
することができるようになりました。

そんな時は
こちらが成果を出せていないようなアイデアでも
積極的に導入していただけることが増えています。

また
移り変わりの速いビジネスの世界では
先行利益を得るためにも
決断や導入のスピードが求められます。

まだ自分では試してみてはいないけれど
今スグにやってみた方が良いと思うことがあれば
正直に自分が未体験だということを明かした上で
一緒に検証していきましょう! というスタンスで
お話するようにしています。

なにはともあれ…

絵に描いた餅や、借りてきた猫は
それが どんなに良いものであったとしても
なかなか相手を本気にさせるに至りません。

それは
自分のプレゼンテーション能力の拙さや
研究開発の甘さが原因になっているとは思いますが
それだけではなく
同じ土俵に上がり、同じ釜の飯を食う
同志になっていないからだという気がします。

本気でがんばろう! と言っているのに
なかなか本気になってもらえないのは
自分が本気を見せていないからなのでしょう。

相手の姿、即ち、自分の姿

まさに、鏡となって
自分を写しだしてくれているのですね。

相手を本気にさせるには
まずは自分が本気になる…

やはり、そういうことなのだと思います。

そして、このことは…

相手に計画的な行動管理を薦めるなら
まずは、自分が行動管理をしてみせる…

ある商品を活用して楽しい生活をして欲しいなら
まずは、自分が楽しく生活している様子を見せる…

あるサービスによって効率をあげてもらいたいなら
まずは、そのサービスで効率よく仕事をして見せる…

誰かをしあわせにしようと思うのなら
まずは、自分がしあわせな姿を見せる…

こんなことも繋がっていると確信しています。

そして、たまには
引用した記事のように
過去の自分、未来の自分を相手に
思うところをぶつけてみるのも悪くないですね。

鏡となって今の自分の姿をありありと映し出し
見えなかったり、見たくなかった自分自身に
向き合うチャンスを与えてくれるのですから。

やろうと思ってできていないことが一杯ですww^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

学んだことは人に伝える前に まず自分がやってみる

cf. 大名陽なた家ハッピーブログ

 

●1年前の今日:なってない栄養ドリンクの自販機

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  行動 結果 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

成功の反対は失敗ではない

行動した結果が
思い通りにいかないことは
誰にでもあることだと思います。

あんなに入念な準備をしたのに…
こんなに一所懸命がんばったのに…
期待通りの成果が出ないことって
ありますよね~^^;

そんな時は
やっぱり元気ハツラツとはいかず
落ち込んだり苛立ったりすることも
少なくありません。

ですが
少し冷静に考えてみると
その結果は行動を起こしたことの
証明でもあるわけです。

もしも
行動することなく
じっと考えこんでいるだけだったとしたら
ガッカリするようなこともありませんが
当然、嬉しい結果を得ることもできません。

そして
行動したからこそ得られる結果からは
さまざまな気付きを得ることができます。

その結果が どんなものであろうとも
必ず検証できる事実があるものです。

それが たとえ思い通りの結果ではなくても
こうすると上手くいかない…ということを
身をもって確認することができるわけです。

逆に
行動しなければ結果が得られず
このような発見や検証をすることもできません。

特に
意図を持って、仮説を持って
積極的に取り組んだ行動した場合は
多くの検証結果が得られるでしょう。

仮説と検証を繰り返すことで
次の仮説を立てる感覚が養われ
さらに精度が高まっていきます。

経験とは 単に時間を費やすことではなく
行動による結果、仮説と検証の実績です。

結果の善し悪しに対しては
一喜一憂することなく
その行動体験から
より多くの気付きを得ることを意識し
検証の成果として冷静に捉えたいものです。

やはり
成功の反対は 失敗ではありません。

成功の反対は 何もしないことですね。

・・・とかなんとか
思い通りにいかなかった
自分自身に言い聞かせてみたのですが(^^ゞ

ずいぶんスッキリしたような気がしますwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

行動した結果が思い通りにいかないのは行動を起こした証明にもなっている

 

●1年前の今日:「念には念を…」とは言いますが

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  行動 結果 自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

しあわせは「なる」ものじゃない

よろこびとはおのずと湧くものなのです。しあわせは、けっして目標ではないし、目標であってもならないし、さらに目標であることもできません。それは結果にすぎないのです。

via: 「それでも人生にイエスと言う」 V.E. フランクル

 
うん。 そう思う。

「よろこび」とか「しあわせ」そのものを
目指すっていうのは、ちょっと違和感がある。

 
「しあわせ」っていうものは
手に入れるものではなくて
感じるものなんだと思う。

「しあわせ」っていうものは
「なる」ものではなくて
ここに「ある」ものなのだから。

財宝や成果や記録や名誉などのように
どこからか外部から勝ち取るものじゃなくて、
既に自分の手の内にあることに対して
しあわせを感じる視点や心があるということ。

今ここで、しあわせだと感じているなら
それが、しあわせであるということ。

 
しあわせになりたいと思っても
ちっとも しあわせになれない...
それは ある意味、当たり前のこと。

今、手の内にあることには
まったくフォーカスしていないのだから。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:でも、それは「会話じゃない」んだな。

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  目標 満足  結果 

ページTOPへ↑

EDIT

結果を出すこと

結果を出すこと

結果を出すのが難しいわけではない。
「美しい結果」にこだわるから何倍も難しい。

via: Twitter / 秋田道夫

 
この2週間、コレにはまっていた!

気がついてよかった。

 
いや...
「美しい結果」にこだわることは
決して悪いことではないと思う。

むしろ、そうでなくちゃならないと思う。

でも、
「結果を出すこと」にもこだわりたい。

どんな結果であれ、まず「結果を出すこと」。

 
悶々としてばかりではいけない。

とにかく実践、行動して結果を出してみる。

期日や最低条件を厳守する。

出た結果が「美しい結果」でなければ
潔く、サッパリと、その結果を受け容れる。

失敗を糧にしつつ、また実践しながらこだわる。

この繰り返しが イイんだと思う。

「結果を出しながらこだわる」ことが大切。
まぁ、それも難しいんだけれども...

経験や数稽古のクオリティは、
このようにして出した結果の数で決まる。

 
陶芸家のオヤジが 満足いかない茶碗を
焼き上げた直後に惜しげもなく割ってしまうように...

なんとなく ちょっと そんなカンジ。

 
・・・などと
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:実体と現象

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  こだわり 結果 実践 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

原因と結果

同じ行動をしたら、
同じ結果が得られる。

違う結果が欲しかったら、
違う行動をすることだ。

(ジェームズ・アレン)

 

●1年前の今日:Children See. Children Do.

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  行動 結果 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |