元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

蚊取線香の意外な事実

くるくる くるくる 夏が来る

via: 小さなお店応援ページ

昨日に引き続き、今日も蚊のネタです(^^)v

日本の夏に欠かせないのが蚊取線香。

最近は電気式香取りが普及していたり、さまざまな虫除けグッズが販売されており、蚊取線香を使う機会は年々少なくなっていますが、今なお夏の風物詩としての存在感は根強いものがありますね。

さて、突然ですが問題です!

Q. 蚊取線香は
右巻きでしょうか?
それても左巻きでしょうか?

正解は・・・

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

A. アース製薬は右巻き、
金鳥(大日本除虫菊)は左巻き。

アースは右巻き、金鳥は左巻き

via: 007kazuo

発売当初は「棒状」の蚊とり線香を手で巻いていましたので、右巻き・左巻きは意識されていませんでした。右巻きであっても左巻きであっても、裏返せば逆になりますので、どちらの巻き方であるかは気にする必要がなかった訳です。

しかし、1955年頃に手作業での製造から機械生産に移行したのですが、打ち抜き機で製造する際に表裏が判別できるように製造されるようになりました。当時、蚊取り線香を製造している企業は「右巻き」でしたので、大日本防虫株式会社の創始者である上山英一郎氏は、「金鳥の蚊取り線香」は左巻きにすると決めたようです。

via: うんちく王・雑学王の豆知識大全集

個人的な感覚では、蚊取線香といえば金鳥です。
日本の夏。金鳥の夏。」と言うが如し!

金鳥は蚊取線香の代名詞だと思っていました…

ところが、実は掟破りの左巻きを製造販売して目立とうとしていた後発メーカーだったのですね^^;

蚊取線香に右巻きと左巻きが存在することも興味深い事実なのですが、金鳥のおちゃらけぶりには完全に意表を突かれました。

そう言えば、蚊取線香以外の金鳥製品のTV-CMはナンセンス路線のものが多いですが、それも古くからの社風を反映しているのかもしれませんね。

いいなCM 金鳥 KINCHO 2011-2013 CM集

金鳥 1980年代CM集 大日本除虫菊

いやコレ… 間違いないですよ(^_-)

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
すずめの親子

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  豆知識 ナンセンス 社風 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ポジティブカンパニー !?

きっと! 前向き社風なんやろーなぁ~

07070201

ちょっと…

活気が足りないようですが...(^^ゞ

 

●1年前の今日:今だけのことなんやろ~なぁ~

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  前向き 社風 活気 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |