元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

同じものでも人によって価値は違う

「これバイト代として受け取ってくれや」「味付け海苔2枚!?」

父「いや?草刈り助かった。わざわざ帰省までさせてすまんなあ。これバイト代として受け取ってくれや」 ぼく「実家のことなんやからそんなええのに…」(厚み的に2万はありそうやな。目の前で確認するのも悪いし自室で確認しよ) ぼく「…😇」

via: Twitter / 24mlng

5円玉とか、こども銀行券とか、肩たたき件とか入ってるのかと思っていたら、まさかの、味付け海苔2枚!!

あまりに意表をつかれてワロタ!

あんまり面白かったので愛娘たちに「今度お手伝いしてくれたら、コレやってあげようか?」って言ったら…

長女は大爆笑しつつも覚めた口調で「エエわ」と一言。

それに対して次女は「エエやん、エエやん! やって やって!」と大歓迎。

で、その後に一言…

「だってウチでは滅多に味付け海苔食べられへんもん」って…

いや、そんな裕福な家計ではないけど、味付け海苔くらい好きな時に買えるんだけどなぁ^^;

…っていうか、君はそんなに味付け海苔が食べたかったのか?
実は、父ちゃんも味付け海苔が大好きなんだよ(^^)v

というわけで、さっそく味付け海苔を買ってきます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
喜ぶことが更なる喜びを生む

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  感謝  いたずら 海苔 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

お行儀の良い姉妹

気持ちはわからんでもない・・・

気持ちはわからんでもない・・・けど、ここ本屋。

via: お邪魔します : natsunana

ハハハハ…
わかります わかります
www

脱いじゃうのもムリないでしょ^^;

図書館のキッズコーナーなんかも、こういうカーペット敷きになっていて、靴を脱いであがるんだよね~
地べたに座ったり、横になって本を読んでもイイ所、あぁいう場所にソックリだもん…

場合によっては大人だって、絨毯やカーペットの敷いてある所に土足で踏み込むのを躊躇しちゃったりするものです。
ましてや、こういう紛らわしい内装のお店なら、子どもたちが勘違いするのも仕方ありません(^^)v

それにしても、natsunanaちゃんたちお利口だな~

ちゃんと脱いだ靴を揃えていますね。
しかも、次に履きやすい向きにしてあります。

カワイイだけじゃなくって、とってもお行儀の良い姉妹。
ご両親の躾が行き届いているんですね。

見習わなくっちゃ(^_-)

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
行列あるあるwww

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  子ども 勘違い   道徳 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

しみじみと ありがとう

がっかり とか
しょんぼり して

そんなじぶんは
知らず知らずに
こーんなにも
求めていたんだと気づく

ふだん
がっかりもしょんぼりもしない時は
求めていることにさえ
気づかず

どれだけ沢山のこと
あたりまえみたいに
与えられていることか

しみじみとありがとう

via: しみじみと。: モチモチのキモチ

うん。

今日は
ちょっと
しょんぼりしています。

しょんぼりしているんだけど
なんか それほど
イヤな気はしていないんです。

それは
もしかすると
こういうことに気がついたからかなぁ

うん… たぶん…
そうなんだと思います。

なんか… こう…
身の引き締まるような しょんぼり感
…みたいな^^;

ホンマに
どれだけ沢山のことを
あたりまえみたいに
与えられていることか…

しょんぼりしているんだけど

しみじみと
しみじみと

生かされていることに感謝。

しみじみとありがとう

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

しみじみと ありがとう

 

●1年前の今日:「見えてない」じゃなくて「見ていない」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝  素直 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

心残り

「心残りはない」と言って死ねる人の「心残り」って、自分がしたかったけど出来なかったこと、なんかじゃない気がする。人様からいただいたのに返し切れなかったこと、の方がずっと「心の重荷」になりそう。いただきっぱなしになっている、手紙とかメールとか、親切とか謝罪とか…うあああああ!

via: Twitter / mayumiura

あぁ なるほど…
ホンマ そうやわ…

「心残り」のないように! なんて言うと
なんだか一生モノというか
一大事業やライフワークみたいなものだったり
そこまで行かないとしても
勇気を振り絞った挑戦や
力を出しきってギリギリ届いた成果だったり
なんか こう 重大なことを
やれたはずじゃなかったのか?
…みたいな発想になってしまいがちです。

いや、それは自分だけなのかもしれませんが(^^ゞ
とにかく、大きいものを想像してしまいます。

でも 実は
どこで どうインプットされたか解りませんが
単なる思い込みであって
別に 重大なことに限ったことはないんですよね。

今際の際に「心残り」なのは
もっと身近で些細なことなのかもしれません。

さらに その身近で些細なことというのは
一大事業の類とは正反対のことなんじゃないのかな?

あることに挑戦したかったけれど
つい うっかり 残念ながら 訳あって 仕方がなく
チャレンジできなかったという「心残り」は、
ほとんど全部
自分を満足させる目標であるような気がします。

それに比べて
手紙とかメールとか、親切とか謝罪とか…
人様から いただきっぱなしになっている「心残り」は
ほとんど全部
他者に対しての不実行を悔やんでるんですよね。

自分のやり残したことも さることながら…
不義理・不実行をしたまま逝くことを想像すると
たしかに ずっと「心の重荷」になりそうです。

ここまで書いて気がついたことは

今際の際に「心残り」なのは
もっと身近で些細なことなのかもしれません …などと
「身近で些細な」扱いしていたことが
実は「心の重荷」になってしまうほどの
とても重要な責任であるのだということ。

それは
人として何よりも大切にしなければならないこと。

うっかり忘れてたじゃ済まされない大事なこと。

こうして日頃
「身近で些細な」扱いして後回しにしているから
「後悔先に立たず」となってしまうのでしょう。

一大事業や挑戦の類は、むしろ
「今したいけど、できていないこと」であり
本当に死に際になって「心残り」なのは
生かされてきたことへの感謝しきれなかったことや
お世話になったことへの礼儀を果たせなかったこと
そういうものなのではないかと痛感しています。

そして
今さらながら、このことに気がついて
思わず 出てしまったのは…

やはり…

うぁぁぁぁぁ!

なのでした^^;

烈しく 反省 m(__)m

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

心のこり

 

●1年前の今日:家政婦… じゃなかった

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自我 思い込み 感謝   

ページTOPへ↑

EDIT

親しき仲には・・・

先日,私の友人から聞いた話が印象に残っています。その友人は,剣道を長いことやっている男なのですが,彼はあるとき老師範から,

「あなたは『礼儀』という言葉の意味がわかりますか」

と聞かれたそうです。そのとき友人は考えた末に,

「礼儀とは,相手を敬うことである」

と答えました。すると師範は,

「全く違う」

と否定したそうです。

「礼儀とは,相手を敬うことではありません。礼儀の『礼』とは,相手を認めることです。相手がそこにいることを,ただ,認めることです。そして『儀』とは,そのことを形に表すことです。礼儀とは,相手がただそこににあることを,自分は認めていますよ,と相手に伝えることなのです。」

via: CogDiv+

ただ認める…

ただ… としながらも
相手を大切にしている気持ちや
真正面から向合っている態度を
これほど如実に示す行為はないかもしれません。

ところが、普段は
あまり意識されることもなく
軽く流されていることかもしれません。

あるいは
やろうとしても、実はなかなかできない…
というのが、「相手を認める」ということですね。

自分では 認めているつもりでも
それは物体として認識しているだけで
一人の人間としての存在を意識できていなかったり
自分の感覚と違う存在を否定したりしがちです。

自分とは異なる価値観を持った
自分とは異なる人格が
自分とは異なる意思で行動することを
世の中にはこういう人もいるのだと
評価することなく存在そのものを認めることは
敬意や好意を示すこと以上の
最上級の礼節なのですね。

これを極めることこそが
「礼を尽くす」 ということなのでしょう。

そして
礼を尽くさない限り
本当の意味での対話は始まらないと思うのです。

違いを認めず、互いに尊重し合う姿勢がなければ
そこには一方的な情報伝達と評価的対応があるだけです。

このような不均衡が生じている状況では
本来のコミュニケーションは育まれません。

そういう意味で「礼儀」とは
コミュニケーションに必須の要件だと言えると思います。

なるほど…
単に丁寧なコトバや謙ったコトバだけでは
心の通った感じがしないわけです。

互いが尊重し合うこと…
もっと大切にしていきたいものです。

そう言えば…

親しき仲にも礼儀あり とは
よく言われるコトバですが
そこに礼儀があるからこそ
親しい仲でいられるのであって
実のところは
親しき仲には礼儀あり ですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

親しき仲には礼儀あり

 

●1年前の今日:地下鉄のバイオリニスト

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   承認 あるがまま 存在 尊重 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |