元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

太く 長く そして 永遠に

水木しげるは本日永眠いたしました。

ここに生前のご厚誼を感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。

・死亡日時 平成27年11月30日午前7時18分

・享年齢 93歳 (大正11年3月8日生)

・死亡理由 多臓器不全
11月11日に自宅で転倒。頭部打撲による硬膜下血腫で緊急手術を受け
一時回復していたが、11月30日未明に容体が悪化。
多臓器不全により逝去。

via: 訃報|水木プロダクション公式サイトげげげ通信

この世は通過するだけのもの

敬愛する水木しげる先生がこの世を通過された

via: Twitter / sonocco

嗚呼 ついに
妖怪になられましたか

死神「お迎えにきましたよ、先生」

先生「おやまぁ、南方戦線以来だね。で、僕はどっちに連れてかれるの?」

死神「だいたい予想ついてるデショ?地獄ですよ」

先生「あらま、カミさんに苦労かけたせいかね?」

死神「違いますよ。地獄の妖怪たちが先生のサイン欲しがってるんです」

via: Twitter / ryokuhatudoumei

ずっとずっと昔から妖怪だと思っていたんですが、この度ようやく正式に昇華されたんですね

これほど 太く長く 生き切った方も珍しいのではないでしょうか

睡眠のチカラ

via: Twitter / ak8gwc

しっかり睡眠時間を確保しつつ、教えていただいた「幸福の七ヶ条」を心の隅に携えて、天命を全うできるようにお気楽に精進してまいります

テキサスバーガーのチラシを見た水木。「食べタイ。買ってこい」と指示。次女悦子がポテトも買ってくると「気が利いてマスね~!」。後半はかなり苦戦。「戦いだ・・・!」と言いながらも完食した水木しげるでした!(竹切り狸)

via: Twitter / mizukipro

年末年始は未だコチラ界隈をウロウロされていることと思いますが、もし何処かでお逢いすることがありましたら、ハンバーガーとポテトをご馳走させてください

この世での おつとめ
本当に おつかれさまでした

どうも ありがとうございます

では、お気楽に...(^^)/~~~

鬼太郎たちに囲まれながら執筆する水木しげる先生の像

via: Twitter / labo_lution

●1年前の今日:
改行に注意! #02

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  充実 生きる 天命 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

感じることは生きている証です

好きだと感じること…
嬉しいと感じること…
嫌だと感じること…
悲しいと感じること…
どんなことを感じるかは自由です。

誰にも制限される理由はありません。

好きだと感じ過ぎてストーカーになったり
嬉しいと感じ過ぎて騒動を起こしたり
嫌だと感じ過ぎて暴力的になったり
悲しいと感じ過ぎて大事なことをし忘れたり
そういう行動に出ない限りは
どんなことを感じようが
誰の迷惑にもなりません。

人の不幸を嬉しく感じてしまうのも自由。

人の不幸を嬉しく感じている自分を
嫌なヤツだと感じるのも自由。

何を感じてもイイのです。

感じたことを どう表現するかは
感じた人にしか考えられません。

上手い表現やスマートな反応の仕方は
何度も感じた経験がなければ身につきません。

感じたことを封じ込めたり
感じないふりをしたりしないで!

感じないふりをし続けていると
本当に感じなくなってしまいます。

人間は感情の動物です。
何かを感じているから
活き活きと生きていられるのです。

感じたことを素直に受けとめて
感じたままに味わいつくして
喜んたり、怒ったり、惹かれたり、悲しんだり、
いっぱい感じているからこそ
生きてるって実感できるんじゃないですか。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

喜怒哀楽は生きている証

 

●1年前の今日:「怒り」が命を蝕んでいく

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感性 自由 承認 あるがまま 生きる 

ページTOPへ↑

EDIT

先達への敬意と感謝を忘れてはならない

今日は終戦記念日です。

大東亜戦争の苛烈を極めた戦いの中で
多くの将兵が家族を思い
祖国の安寧と民族の幸せを念じつつ戦場に赴き
雄々 しく戦い、散華されました。

数多くの市民の方々も戦災の犠牲となられました。

その数は国内外で約310万人とも言われています。

これらの尊い犠牲が礎となって
現代日本の平和と繁栄があることを鑑みれば
戦没者に対して敬意と感謝の念を忘れることなく
それを次の世代に伝えていくことこそ
今に生きる国民の責務であると改めて痛感します。


18歳の回天特攻隊員の遺書

お母さん私はあと3時間で祖国の為に散っていきます。

胸は日本晴れ。

本当ですよお母さん。

少しも怖くない。

しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死する通知が届く。

お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。

お母さんは女だから、優しいから涙が出るのではありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。

こんなことを考えていましたら、私も人の子。

やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えてみてください。

今日私が特攻隊で行かなければ、どうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。

母さん。

今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで銃を取るようになりますよ。

だからね。

お母さん。

今日私が戦死したからといって、どうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。

母さんは優しい人だったから。

お母さん、私はどんな敵だって怖くありません。

私が一番怖いのは

母さんの涙です。

もちろん!
軍国主義や特攻を肯定するつもりはありません。

しかし
せめて年に一度、この日くらいは
私たちが当たり前に享受している自由や平和が
数えきれない英霊の方々のおかげで成り立っていることを
噛み締めながら過ごしたいものです。

回天特攻隊員

 

●1年前の今日:今こそ本当の意味での終戦を!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  日本人  天命 平和 戦争 生きる  

ページTOPへ↑

EDIT

明日があるさ

「また明日」の、明日があるから、早寝もするしご飯だって仕掛けるんだよ。明日があるってシアワセなこと。おやすみー。

via: Twitter / mo____ne

重い病気や 深い傷を負った人は
「明日はあるのかな…」と思うでしょう。

辛い境遇や 重大な責任を負っている人なら
「明日もあるのかな…」と思うでしょう。

そして、自分たちは
当たり前であるかのように
「明日がある」と言うのです。

けれども 実は
明日が あるか ないかは 誰にも分かり得ない…

確率が高いか低いかを言うことはできても
未来のことを正確に言い当てることなどできません。

にも関わらず
自分たちは当然の如く
「明日がある」と思い込んでいます。

「明日がある」と信じることができない人は
「明日がある」とは言い切れません。

「明日がある」と信じたくない人は
「明日がある」とは言えません。

ところが
「明日がある」と信じている人は
「明日がある」と言ってしまうのですね。

「明日がある」と信じられることに感謝!

「明日がある」って、とってもシアワセなこと!

じゃぁ また 明日… おやすみー

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

明日があるさ 坂本九 明日があるさ ウルフルズ

 

●1年前の今日:姉妹のチャレンジ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望 信じる 生きる 思い込み 感謝 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

・・・らしく生きる

日本人は
「気配を感じる」能力が高いと思う

雑踏で人を追い越すとき
欧米人のように
「エクスキューズミー」なんて言わないし

アジアの某国のように
押しのけることがあたりまえではない

お互いに気配を感じ
お互いに相手に気をつかわせないように
すいっと追い越し越されることが
ふつうにできるのが日本人だと思う

via: こころcom通信:気配を感じる

うん そうそう!

日本人は気配を感じやすいと思います。

これは 日本人の特徴というか
「日本人らしさ」そのものだと思うのです。

それは「・・・らしさ」であって
良いことであり、悪いことでもあります。

ただ、いずれにしても
「・・・らしさ」が見えるということは
良いことだと思うのです。

そういう意味で、最近の日本人が
この「気配を感じる」という特徴を
弱めつつあるという傾向は
あまり良いことではないような気がします。

理由は いろいろあると思いますが
日本人が「日本人らしさ」を失いつつあるのは
残念だなと感じてしまうのです。

「・・・らしさ」にも変化があるのは解りますが
「・・・らしさ」を失ってしまうのは残念です。

あなたに代わる あなたはいない
わたしに代わる わたしはいない

誰しも人それぞれに存在意義があり価値があり
それは誰にも代わることができないように
自分らしく生きることは天命だと思うのです。

それと同様に
日本人には日本人としての存在意義や価値があって
日本人らしく生きることは天命だと思うのです。

こんな自分ではありますが
さらに自分らしく生きていきたいとものです。

こんな日本ではありますが
やはり日本人らしく生きていきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

日本人らしさの構造―言語文化論講義 神道と日本人 魂とこころの源を探して 「日本人らしさ」とは何か―日本人の「行動文法(ソシオグラマー)」を読み解く (PHP文庫) 日本人が日本人らしさを失ったら生き残れない

 

●1年前の今日:空瓶回収の思い出

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  天命 あるがまま 自分らしさ 生きる 

ページTOPへ↑

EDIT

今こそ本当の意味での終戦を!

私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて、
特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、
ここに忠義の気持ちを持った国民に告げます。

私は政府に、米・英・中国・ソ連の四国に対して
ポツダム共同宣言を受諾することを通告させました。

もともと 日本国民の安全 と 世界の共存 を共にすることは、
わが歴代天皇の残した教えで私も大切にしていることです。

アメリカやイギリスと戦争をしたのも、
日本の自立とアジアの平和を願うからであり、

もともと他国の主権を侵したり、
領土に侵入することは私の気持ちではありません。

開戦以来すでに四年たち、わが陸海軍の将兵が勇ましく戦い、
役人たちが懸命に働き 一億の国民が力を尽くし、
それぞれ最善をつくしたにもかかわらず、
戦局はかならずしも好転しません。

世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

その上、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、
罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害ははかりしれません。

このまま戦争を続ければ
最後には わが民族が滅亡するだけでなく、
人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば 一億の国民を預かっている私として
どうやってわが歴代天皇の霊に謝ることができましょう。

このことが 私が 政府に対し
共同宣言に応じさせるに至った理由です。

私は、日本とともにアジアの解放に協力した国々に
申し訳なく思わずにはいられません。

日本国民で、戦地で死んだり職場で命を落とした人々と、
その遺族のことを思うと、悲しみで心が裂ける思いです。

また戦傷を負い、災難で家業を失った人々についても
私はたいへん心配しています。

考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは
大変なものがあると思います。

国民の悔しい思いは私がよく知っています。

しかし 私は時の運に従って、
堪え難きを耐え、 忍びがたきを忍んで、
後の世のために平和をもたらしたいと思っているのです。

私は 日本の国家を譲ることができたので、
忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、
いつも 国民と一緒にいます。

感情のままにみだりに事件を起こしたり、
国民同士が争って時勢を乱して、
そのために道を誤って世界の信用を失うようなことは、
私がもっとも戒めるところです。

国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いことを思い、
将来の国の再建に向けて総力をあげ、
道義を厚くして志を堅くして、
日本のすぐれたところを更にたかめ、
世界の進歩に遅れないよう決意すべきです。

きみたち国民よ
私の気持ちを汲んで 身をもって行いなさい。

via: 終戦の詔勅(玉音放送)現代語訳

白人以外は人間に非ずとする世界からアジア人を解放する…
その志が道半ばで打ち砕かれることへの断腸の無念の思い

言うまでもなく
戦争は肯定されるものではありません。

日本と日本人の全てを
都合の良いように肯定するつもりもありません。

間違い誤った行動もあるでしょう。
どんな理由があろうとも避けるべき方法を
とったことがなかったとも言い切れません。

それは、償っても償いきれないくらい
重い罪深い過ちであることも理解できます。

しかし、そこには
全ての文化思想を、全ての歴史を、全ての人格を
全面的に否定する理由はありません。

悪いことは悪い。
良いことは良い。

反省すべき点は反省する。
誇りを持って受け継ぐべきものは受け継ぐ。

冷静かつ客観的にみて
常識と言っていい普遍的な考え方です。

戦前の日本を全否定することは
どう考えても非常識で自虐的な行為です。

どちらが悪い、どちらが正しい、そういう観点ではなく、
自らの国の歴史と文化を見直して
反省すべき点は反省し
誇りを持って受け継ぐべきものは受け継ぐという
人間の叡智を活かした未来づくりを心がけたいものです。

日本の美風を発掘することは現代人の責任です。

千年以上の永きにわたって培われてきた伝統の精神や美風は
私たちの先人の生きる誇りであったはずです。

先人の誇りを感じ取ることは、
私たちの人生に誇りを取り戻す第一歩だと思います。

多くの国民がそれを自覚し
実践していくことができた時、
本当の意味での終戦と言えるのではないかと思います。

まずは、自分自身から
たとえ僅かでも実践し継続していきます。

せめて 私くらいは… の気持ちで。

 

終戦の詔勅

 

●1年前の今日:終戦の詔勅を改めて噛み締める

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  日本人  天命 平和 戦争 生きる 

ページTOPへ↑

EDIT

大切な人

人生に大切なことは意外と少ない。大切な人も意外と少ない。20人くらいを大切にすればいい気がする。ボクはその20人のために生きていく。

via: www.さとなお.com(さなメモ)

そうそう。 そうなんです。

7~8年前くらいから
そんな風に感じていたと思います。

何百人も何千人もの人たちに
大切にされている人はいるのかもしれませんが
たいていは そうでもないような気がします。

それに、大切な人に対しては
こちらからも大切にしなきゃならない…
というか、大切にしたいと思うのが人情ですし
大切にしたい人のことを大切な人というのでしょうけれど、
実際のところ、何千人もの人を大切にはできません。

で、やっぱり!
自分の目に届く範囲の人っていうのが
自分にとっても本当に大切な人なんだな…と。

まずは、その本当の大切な人を大切にしないと
いくら数を増やしていってもうまくいかないような気がして
八方美人にならないように意識したりしました。

SNSで片っ端からフォローしまくったり
名刺をばら撒いたりするようなことはしません。

ところが、
ここ1ヶ月くらいの間に
少しだけ この考えにブレが出てきました。

20人なら20人の大切な人がいるとして
その20人が、ずっと維持できていればイイんです。

けれども往々にして、この20人は
何らかの事情で入れ替わったり
それに伴って増減したりするんですね。

生きているうちには御縁が変化していきますから
大切な人も変化していくのは当然かもしれません。

その変化の中で、
例えば、5人の大切な人が減ってしまったとしたら…

母数が20人ですから、5人というのは25%、
4分の1もの大切な人を失ってしまうということです。

これが10人なら、半分を失くしたことになりますし、
母数が10人だとしたら、全喪失ということです。

これは、数字でみる以上に
生きていく上で 相当キツイことだと思います。

もちろん、失うだけでなく
いずれ新しい御縁が繋がって
再び充たされることも少なくないでしょう。

でも、
時間をかけたからこそ大切になっている存在が
そうカンタンに補充されるはずもありません。

一緒に歩んできた大切な人たちは
自分と同時に歳を重ねてゆき
お互い、いつかは亡くなります。

ある程度の年齢に達すると
大切な人を失っていく頻度が高まっていきます。

20人を維持することに拘る必要はないと思いますが
極端に減少してしまうのは淋しいですね。

自分が死ぬ前に、0になってしまったら…
なんて想像すると少し怖い気がします。

もしかしたら、
この大切な人がいなくなってしまった時が
生き納め時なんじゃないのかな…

だから、あんまり早く死にすぎないためにも
母数を もうちょっと増やしておいた方がイイのかも…
・・・などと、
思ったり...思わなかったり... しています(^^ゞ

いや… でも本当は
ちゃんと感じています。 解ってるつもりです。

いなくなると大変だ!と思えるからこその大切な人。
いなくなると生きていけないと思うほどの大切な人。

ちょっと少ないんじゃない…
減っていくとヤバいんじゃない…
そんな数だからこそ、大切なんだし、
そう思える人が 何千人もいるはずはないよなと。

だからこそ、大切な人を大切に思えるんだと。

やはり悪戯に数を増やすことはできないですね。
意味がないというか、そんなことは不可能です。

ですが、ムリに増やすという意味ではなく、
新しい御縁とつながることのできるチャンスを
いつでも受け入れられるような視野を持って
常に行動を絶やさないようにしていきたいものです。

思わぬところに御縁があるかも判りません。

経験や習慣に因われることなく好奇心を持ち続け
これからも、気になるところに
どんどん吸い寄せられていきますよ(^^)

自分のために、大切な人のために
まだまだ活き活きと生きていきたいですからね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

大切な人

 

●1年前の今日:必見!鉄道模型による光と影のアート

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】     天命 感謝 生きる 

ページTOPへ↑

EDIT

世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら

今朝、目が覚めたとき
あなたは今日という日に
わくわくしましたか?

今夜、眠るとき
あなたは今日という日に
とっくりと
満足できそうですか?

今いるところが、こよなく大切だと思いますか?

すぐに「はい、もちろん」といえなかったあなたに
このメールを贈ります。

これを読んだら
まわりがすこし違って見えるかもしれません。

世界には63億人の人がいますが
もしそれを100人のむらに縮めると
どうなるのでしょう。

100人のうち
52人が女性です。
48人が男性です。

30人が子どもで
70人が大人です。
そのうち、7人がお年寄りです。

90人が異性愛者で
10人が同性愛者です。

70人が有色人種で
30人が白人です。

61人がアジア人です。
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です。

33人がキリスト教
19人がイスラム教
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています。

5人は、木や石など、すべての自然に
霊魂があると信じています。

24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているか
あるいはなにも信じていません。

17人は中国語をしゃべり
9人は英語を
8人はヒンディー語とウルドゥー語を
6人はスペイン語を
4人はアラビア語をしゃべります。

これでようやく、村人の半分です。
あとの半分は
ベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語
日本語、ドイツ語、フランス語
などをしゃべります。

いろいろな人がいるこの村では
あなたとは違う人を理解すること
相手をあるがままに受入れること
そしてなにより
そういうことを知ることが
とても大切です。

また、こんなふうにも考えてみてください。

村に住む人びとの100人のうち
20人は栄養がじゅうぶんではなく
1人は死にそうなほどです。
でも15人は太り過ぎです。

すべての富のうち
6人が59%をもっていて
みんながアメリカ合衆国の人です。

74人が39%
20人が、たった2%を
分けあっています。

すべてのエネルギーのうち
20人が80%を使い
80人が20%を分けあっています。

75人は食べ物の蓄えがあり
雨露をしのぐところがあります。
でも、あとの25人はそうではありません。
17人は、きれいで安全な水を飲めません。

銀行に預金があり
財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は
いちばん豊かな8人のうちの1人です。
自分の車をもっている人は
7人のうちの1人です。

村人のうち
1人が大学の受験を受け
2人がコンピューターをもっています。
けれど、14人は字が読めません。

もしあなたが
いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従って
なにかをし、ものが言えるなら
そうではない48人より恵まれています。

もしあなたが
空爆や爆撃や地雷による殺戮や
武装集団のレイプや拉致におびえていなければ
そうではない20人より
恵まれています。

1年の間に、村では
1人が亡くなります。
でも、1年に2人の赤ちゃんが生まれるので
来年、村人は101人になります。

もしこのメールを読めたなら、
この瞬間、あなたの幸せは
2倍にも3倍にもなります。

なぜならあなたには
あなたのことを思ってこれを送った
誰かがいるだけでなく
文字も読めるからです。

けれどなによりあなたは、生きているからです。

昔の人は言いました。
巡り往くもの、また巡り還る。と

だからあなたは、
深ぶかと歌ってください。
のびやかに踊ってください。
心をこめて生きてください。
たとえあなたが、傷ついても
傷ついたことなどないかのように、
愛してください。

まずあなたが、愛してください。

あなた自身と、
人がこの村に生きているということを。

もしたくさんの私たちが
この村を愛することを知ったなら
まだ間にあいます。

人びとを引き裂いている非道な力からこの村を救えます。

きっと。

via: 世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら

 

●1年前の今日:休眠口座を知っていますか?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  視点 生きる 感謝 存在 満喫  役割 責任  

ページTOPへ↑

EDIT

地上に舞い降りた天使たち

スカイダイビング

産まれてくる…って
なんか こういう感じなんじゃないのかな

いや なんとなく…


http://youtu.be/-IscCLULvGI

 

●1年前の今日:自信は要らない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  存在 生きる 出産 魚眼 ダイビング 

ページTOPへ↑

EDIT

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス

 
昨晩、気のおけない仲間と一緒に
久しぶレの Billboard LIVE を訪れた。

「EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス」の
セカンドステージ。

ひととおり食事もすませ
アルコールもまわりつつある
まったりとした時間が
ゆっくりと過ぎていく。

 
それにしても…
センチの兄貴たちは
相変わらずカッコ良かった!

今も昔もマイペース。
進化しつつも 芯はぶれない。

長く続ける秘訣なんだろうと思う。

シワも増えたし 多少は老けたけど
禿げてないし バリバリ上手いし
まだまだ悪そうな顔しているし…

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
EPOと言えば、
80年代のJ-POPを代表する人だし
元気で明るいヒット曲も多い。

けれど、そのころから既に
しっとり じっくり歌った曲も少なくなく
むしろ その中に名曲がたくさんある。

そして、元気ハツラツのEPOも次第に歳を重ね
音楽に限らない活動の幅を拡げていくと共に
さらに、しっとり じっくり歌う曲が増え
いつしか、かつてのイメージは一変した。

正直、若いころの彼女の印象は、
声がキレイな歌の上手い人でしかなかったが、
近年の円熟ぶりには目を見張るものがある。

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
「Down Town」「土曜の夜はパラダイス」など
ピチピチだった頃のヒット曲はもちろん、
「グッドナイトベイビー」などナツメロのカバー等
History of Japanese POP のタイトルに相応しい
とってもハッピーで めちゃめちゃ楽しいステージは
23時を過ぎても終わらない。。。

いよいよ盛上がりもピークに差かかったころ
EPOの夫でもある舞台俳優の宮川雅彦氏が登場。

EPOの創作童話「光になった馬。」を朗読した。

 
東日本大震災で、2人のお子様を亡くされた女性が、
ラジオで偶然耳にしたのが、この童話なのだという。

その方が投稿サイトで作者探しをしたことから話題になり
10月1日にCDブックとして出版された。

そのCDブックに収録されている曲が「たったひとつの」。

 
「光になった馬。」を朗読を受けて
語りかけるように聴かせてくれた「たったひとつの」。

 

EPO - たったひとつの

 
思わず 涙がこぼれ落ちた。

気がつけば
みっともないくらいのボロ泣き状態。

かなり恥ずかしかったけれど^^;
オッサンであることも忘れて浸りきった。

 
いや~ 昨晩のライブ
ホントに良かったよ。

そして、やっぱり
かな~り恥ずかしかったな(^^ゞ

 

CDブック『光になった馬。-たったひとつの-』

 

 

●1年前の今日:休みながらでもいいから、続けること

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 ライブ 仲間 生きる  満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

大切なものって何だろう?

それをあげたらあなたの手元から無くなるというのなら,それは元々あなたのものではないのですよ。

via: Hexenkessel

 
大切なものって 何だろう?

多くの時間や手間ひまをかけて
たくさんの費用を投じて
他の何かを犠牲にして
あるいは希少なチャンスを逃さずに
懸命にかき集めてきたものや
努力を積み重ねて手に入れたものは、
自分にとって かけがえのない大切なものだと
これまで、ずっと思ってきた。

もちろん、
それらは重要性を感じるだけの価値があり
本当に大切なものだと断言しても良いと思う。

 
ただし、これらの大切なものは、
たまたま今の段階で自分の手元にあるだけで
どんなに失わないように隠したり、
どんなに壊れないように厳重に保存したりしても
いずれは他者の手に渡ってしまったり
時間とともになくなってしまうものが
少なからず含まれているように思う。

…というか、
ほとんどが そのようなものだったりする。

金銀財宝も、高価なコレクションも
家やクルマや服など、あらゆる持ち物も
いつかは手放さなければならない時がくる。

死ぬまで大切にしていたとしても
それらをあの世に持っていくことはできない。

かけがえのない大切なものを
手放さなければならない時がくるなんて
なんて切なく悲しいことなんだろう。

だからこそ、
今しか味わえないからこそ
かけがえのない大切なものだと感じるのだろう。

 
それらとは別に
いつまでも 自分の内に存在し続け
どんなに他者に与えようともなくならず
いくらでも生み出すことができるものもある。

ありがとうと 人に感謝できるココロや
何か人のために役立ちたいと思うキモチ、
いつか きっと!と、心に誓った夢や志、

そして、様々な大切なものを
手に入れたり失ったりする過程で得てきた
様々な経験・体験に基づく知恵や勇気やなど…

誰かに教えたり共有したり引継いだりしても
自分の手元からは何もなくならないものがある。

 
けれども、
そういう自分の内に存在し続けるものよりも
どこからか手に入れてきたものの方が
かけがえのない大切で失いたくないものだと
感じていることが多いような気がする。

いや...べつに...
どちらが本当に大切なものかを
ハッキリさせようと思ったわけじゃない。

ただ言えることは、
あげたらなくなるものと
あげてもなくならないものがあるということ。

ただ、なんとなく
そのことを しっかり憶えておきたいと思う。

この先 いつか
すべてを失ったと感じることがあったとしても、
実はまだ手元に残っているものが
間違いなくあるということを知っているだけで
力強く生きていけるような気がするから。。。

そして、
そんな姿を見せることができる力もまた
いくら与えてもなくならない本当に大切な宝物。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:「ねばならない」を解放する

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  満足 満喫 自主自立 生きる  感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

終戦の詔勅を改めて噛み締める


終戦の詔勅 (玉音放送)

 
66回目の終戦の日。

風化させるなとの想いとは裏腹に
体験者が逝かれる毎に風化はすすんでいる。

正午のTVニュースでの式典の報道は
わずか5分程度のものであった。

戦争や平和をテーマにした番組も少なく
再放送番組や映画が中心で
多くの予算を割いて新規制作された特番は
ほとんど見られなかった。

今年は、先の大震災や原発事故があり
原爆や太平洋戦争に関心が高まるのではと予想したが
思ったほどに風化を抑えることはなかったようだ。

 
あの敗戦を境に、
軍部主導の恐怖政治は根絶したが、
それと同時に
日本人の良き心、日本人の良き文化、
かけがえのない日本人の歴史が
完全に封印され、自虐史観が植えつけられた。

民間人が無差別に虐殺された大空襲や
原爆による未曾有の大惨事もまた、
日本人も悪かったのだから仕方がない、
やむを得なかったという理由で肯定された。

このような占領軍や戦勝国による思想統制は
一日も早く風化させるべきであろう。

しかし、
たとえ戦時中であれ、
何十万人もの民間人が無差別に虐殺されたこと、
そうなることが明らかである原爆を投下されたこと、
そのようなことは、いかなる理由があろうとも
二度と繰り返されてはならないということは、
決して忘れてはならない史実なのだ。

 
災害や事故、長引く不況などに加えて
国民の安全でしあわせな生活をないがしろにする政治、
政権と癒着する既得権益企業や官僚等によって
戦後もっとも厳しい局面を迎えている今こそ、
本来の日本人が持っている叡智を駆って
日本人の使命を全うすべき時代なのではないか。

我々 日本人のDNAに
刻み込まれた歴史、文化、そして生き様は
決して風化することはないはず。

今、その意志に目覚めていようがいまいが
我らは この生き様を受け継いだ者なのだから。

本当の意味での日本の自立を成すための一助として
子に 孫に 末代に至るまで 伝えていくことを続けよう。

 

●1年前の今日:風化

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  日本人 平和 戦争 天命 生きる 

ページTOPへ↑

EDIT

幸福の七ヶ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

(水木しげる)

 
どっちが しあわせ?」でも触れたけれど…
水木しげるさんっていう人は
太く 長く生きているだけあって
なんとも言えない説得力があるなぁ

 

●1年前の今日:あと ひといき!

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  充実 生きる コトバ 天命 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

どっちが しあわせ?

水木しげる曰く「手塚と石ノ森は会うたびに2日寝てない3日寝てないと自慢をし合っていたが、結局六十過ぎたら死んでしまった。僕はどんなに忙しくても8時間寝るよ。」

via: 100人落ちても大丈夫。

 
細く 長く 生きる...
太く 短く 生きる...

どちらが しあわせかは
人それぞれの考え方によると思う。

ただ、1つ言えることは、
水木しげるさんは、太く 長く 生きている
…ということ。

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:絆の糸

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  充実 生きる お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

目が覚める思いだった

葬儀には昨晩にも増して
たくさんの人が訪れていた。

懐かしい顔も多く見られた。

まさか、ここで再開するか?
という人にも出くわした。

人と人のつながり、絆、縁、
そういうものを再確認させられた。

 
 

出棺の時、

さっちゃんの泣き顔を目の当たりにして
えいちゃんの最期の呼びかけを耳にして

ついに、
熱いものを抑えることができなくなった。

 
 

一昨日の夜から
ウッディーの死に触れて感じたことを
じわじわと思い出していた。

 
みんな
いつの間にか
働く動機や 生きる目的を
見失っているような気がする。

そして いつしか…
自分を 見失っている。

 
自分自身も また然り。。。

 
 

テレゾーの死と
遺された さっちゃんたちに接して...

忘れかけていたかも知れないことを
今回、改めて 感じさせてもらった。。。

目が覚める思いだった。

 
 
 

世の中の誰もが...

自分らしく輝いて、

活き活きと のびのびと 暮らせるように...

 

世の中の誰もが...

囲い込みや 抑圧から開放され

自由自在に感性や能力を発揮できるように...

 

これからも

そのために 役立つシゴトをしていきます。

 

これからは

そのために 役立つシゴトに 専念します。

 

そして…

死なんように 生きていきます。

 
 
 

テレゾー  ありがとう。

 

テレゾーの ご冥福を…

ご遺族の しあわせを…

心から お祈りします。

 
 
 

あなたが あなたらしく輝いて…

あなたと あなたの大切な人が

いつも しあわせでいることを

心から 信じています

 

●1年前の今日:お気楽はシンプルなり

コメント:2 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   天命 仲間 生きる 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT