元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

いつでも思い立ったが吉日!

思い立ったが吉日

結果、いつでもいい。

via: Twitter / konpeyy

ダウンから5日目…
今朝は平熱だったので5時の参拝に出かけました。

久しぶりに感じる外の空気。
昨晩は雨だったせいもあって爽やかさは不足気味…
でも、少し寒さも緩んでいて助かりました。

帰宅後、少し休んでからラジオ体操もやってみましたが、やはり頭痛と関節痛で思うようにならず情けない…

それでも熱はないので午前中は遅れていた仕事を少しすすめました。
この調子だと完治に近いなと思っていたのですが、午後から再び微熱と頭痛・関節痛。
仕方なく今日も静養することにしました。

まぁ、ここまで来たら もう焦っても仕方ありません。

それは2日目くらいにも書いたことなんですけどね^^;
やっぱり成るようにしか成らないもんです。

感触的には明日はもう少し楽になりそうなので、明日からは予定通りのスケジュールにしてみようと思っていますが、正式には明朝になってから決めます。
とはいえ、ズルズルと先延ばしばかりしていられません。

遅れている仕事を優先的に挽回するのも一手ですが、これ以上は遅れる仕事を増やさないことを優先しようと考えています。
遅れてしまったものは改めて予定を組み直させてもらうよう頭を下げます。
ですが、もう次明日からは遅れを出さない! そう決めています。
結局、早く正常に戻そうと思うのなら、異常を正常化することよりも今後は異常を出さないこと、これが大切かと…

明日の朝、調子が良ければ、明日からは正常に仕事します。
しんどそうだったら明後日まで伸ばしますが、明後日以降は正常に行動します。

いつからでもイイんだけど、思い立ったが吉日!
自分自身で決めた日からスイッチを切替えて行動します。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
悩むことは悪いことではない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   自主自立 決断 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

いざという時に力を発揮するためには…

いざという時に力を発揮するためには…

どっちの道を選ぶか、それによって人生が大きく変わってしまう岐路に立たされた時、人は自分が抱えている課題などちっぽけで取るに足りないと後に回しがちだ。でも本当にそれがやりたい人はそんな状況でもコツコツ表現して、いましか創れないものをちゃんと形にする。どっちを選ぶかよりそれが大事。

via: Twitter / zoonieyamada

実のところ、いざ一大事という時になって集中力を高めるたり気合を入れたりしても、それによって特別な力が湧いて出ることはない。
あくまで普段の積重ねがものを言う。

日頃、次から次へと目の前に顕れる課題に対して着実に取組んできたかどうか、執着や妥協を超えて最善を尽くしてきたかどうかが一大事の時に試される。

どんな些細な課題に対しても真摯な態度で臨み決断を下すことを繰返し経験することでしか決断力を鍛えることはできない。

考え抜き感じ切り自らの意志として決断を下すことができれば、如何なる選択をし如何なる結果を得ようとも、そこに悔いる道は存在しない。

いざという時に力を発揮する人は、普段を何気なく過ごしてはいない。
日頃から、小さな決断、小さな取組みを、お気楽にコツコツと積重ねるのがコツ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
やはり反重力マジックは難しかった^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   決断 決意 選択 継続 

ページTOPへ↑

EDIT

人智の及ばぬ領域なのです

台風の影響で なにわ淀川花火中止

大阪の真夏を象徴するイベントの一つ
第26回なにわ淀川花火大会が荒天のため中止になりました。

強い台風11号の接近により近畿地方でも
各地で大雨洪水警報や土砂災害警戒情報が出され
淀川の水位もかなり上昇しています。

これにより、昨日9日に予定されていた花火大会は
予備日であった今日も含めて取りやめが決定。

多くの観光客や関係者に影響が出る一大イベントだけに
運営委員会としては苦渋の決断だったことでしょう。

人命尊重、安全第一を旨とした英断を
拍手をもって讃えたいと思います。

中止に対して不満の声をぶち撒ける人もいるようですが
委員会では、この後も指定席券料金や協賛金の払い戻しなど
残務に追われて大変だと思いますので
くれぐれも大会中止への抗議などは控えて欲しいですね。

そして・・・

人気花火大会中止という
台風の二次被害の真っ只中、
こんなところでも大変なことになっている模様です!

なにわ淀川花火中止で近辺のコンビニ大惨事

なにわ淀川花火中止で近辺のコンビニ大惨事(´;ω;`)

via: Twitter / kimane_ko

あちゃ~┐(´д`)┌

年に一度のかき入れ時ですからね…

準備に余念がないのも当然です。

花火大会には開催不能時の保険があるようですが
コンビニの仕入れに保険はかけてないでしょうね…

いや~ まったく…

商売は 難しいです!

しかしながら
この大量のおにぎりやサンドイッチが
避難民に配られるような大災害にならなかったのは
不幸中の幸いだと言わざるを得ません。

いろんなところで
残念な人や、大変な人がいると思いますが
安全の保証があってこそ楽しめる花火大会ですし
生命あってこその商売ですからね。

台風や地震など天変地異は
まさに人智の及ばぬ領域ではありますが
むやみに立ち向かうのではなく受け容れて
被害を最小限にとどめることこそが
真の人智と言えるのかもしれません。

既に台風は日本海へ抜けていますが
まだ暫くは洪水や土砂災害の危険が続きます。

どなたさまも 充分にお気をつけください。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:ちょっと惜しい花火見物

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  花火 台風 決断  

ページTOPへ↑

EDIT

「決断」とは「断ち切る」こと

決断って、文字を見る限り「やることを決める」んじゃなくて「それ以外を断ち切る」って意味なのかも

via: Twitter / shh7

「決断」というコトバを使う場面は
たいてい厳しい状況であるはずです。

これまで通りの心構えや方法でいけるなら
「決断」というコトバは使わないでしょう。

惰性的に、これまでの延長では済まない。
だから、ここを起点に変えるのだ!

…というように
変化する必要性に迫られたときに
「決断」はなされることが多いような気がします。

そして
変化しなければならないと強く感じたのは
差し迫った状況であるからに違いありません。

そんな差し迫った状況ですから
既にさまざまな要素がキツイはずなんですね。

時間が足りなかったり
お金に余裕がなかったりして
もう今のままでは改善を期待できない…
そこで「決断」するのですね。

時間が足りない人は
なんとかして時間を作らなきゃならない。

お金に余裕がない人は
なんとかして資金を作らなきゃならない。

ということは
優先順位の低い作業や経費を
断ち切っていかなければなりません。

甘えや惰性、迷いを断ち切ることも必要でしょう。

有用な施策に投資するために
断ち切ってできた時間や資金を使うのです。

前例を踏襲して継続してきたサービスをやめ
より収益率の高い作業に充てるとか…
外食や飲み会の回数を10分の1に減らして
先行投資や調査研究に充てるとか…
何かに特化集中するということは
同時に何かを断ち切らなければ
実現できないことが多いのが現実ですね。

あのP.ドラッカー氏も
優先順位より劣後順位が大切だと説いていますが
まさに「決断」とは「断ち切る」ことだと
言っても過言ではありませんね。

というわけで…

場合によっては
酒、タバコ、趣味もやめ
睡眠時間までも断ち切って
勉強と営業に集中するという
「決断」をする人もいるかもしれません。

長い人生の中では
そのようなことを求められる時期もありますね。

苦しい状況に輪をかけて苦しい時期ですが
これを乗り越えて変化しようとする意志が
「決断」なのでしょうね。

ただし
そのような状況が長引くことは
決して良い「決断」ではないことも
覚えておく必要があると思います。

改善のために変化を「決断」したのですから
改善が見込まれない場合は
さらに、その「決断」を断ち切って
新たな「決断」をすることも大切です。

あくまでも
劣後順位の高いものを断ち切り
優先順位の高いものに集中するという
原則に沿った「決断」を心がけたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:もし私がドラえもんだったら…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  決断  覚悟 

ページTOPへ↑

EDIT

選択が意志になる

「選択が意志になる。」 強い意志があるから選べるんじゃない、悩み、傷つき、先行きの不安におろおおろと怯えながら、それでも、最終的に腹をくくって選んだとき、選んだものがその人の意志になる。

via: Twitter / @zoonieyamada

そう!  強い意志は
選択の積み重ねでできていくのです。

たとえ その選択が間違っていたり
よい結果を得られなかったとしても
自分で選択した経験の積み重ねが
少しずつ意志を強いものにしていくのだと思うのです。

それは あたかも
成功・失敗に関わらず行動体験の積み重ねが
少しずつ自信を強いものにしていくように…

見なかったことにして
結論をむやみに先送りするのをやめて、
今の自分の実力でできる範囲の選択をしてみよう。

どう考えても最善策と思えない事柄も
実際、現状の自分の実力の範囲では最善なのだから。

もしくは、先送りをする場合でも
けっして何もなかったことにするのではなく、
考え悩み、腰が引け、脚がすくんだ結果として
「今はしない」と自分で決めて実行することで
一つの選択した経験を積み重ねることができるのです。

大切なのことは「自分で決める!」ということ。

悩んでも、迷っても、怯えながらでも
自分で選んで、自分で決めたことは
それが どんな結果をもたらそうとも
すべて 必ず 実になっているのですから。

それを繰り返し、積み重ねていくことで
より確かな、より大きな決断を可能にする
強い意志を身につけることができるのでしょう。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

選択が意志になる

 

●1年前の今日:改めて、ニュー・シネマ・パラダイス

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  選択  決断 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

今ここで何を選ぶか


曇天吉日 (山下敦弘) KEEP WALKING THEATRE #1

 
人生に練習はない

いつも今が本番
けっして やり直しはきかない

けれど
見直しをすることはできる

急ぐことは難しいが
時に振り返ることは もっと難しい

見直しだと思っていることも
実は本番の重要な一場面なのだ

 
cf: KEEP WALKING THEATRE

※ 動画は全て非公開になってしまったようです。
有料でも観たいコンテンツなのに… 残念無念…

 

●1年前の今日:親身になって伝える

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   決断 選択 素直 キモチ 自主自立 家族 

ページTOPへ↑

EDIT

「ひきかえ」にしたもの

「ひきかえ」という言葉が
胸に響いた。

私たちは何かを選び取った際、
「ひきかえ」にしたものをちゃんと見ているだろうか?

選択では、何を選んだかより、
そのことで何を失うのか知ることが重要。

via: おとなの小論文教室。

 
そう。 そうやね。

選択とは、
得ようとするものと同時に
捨てるものを選び出すということ。

 
何を得るかよりも
何を捨てるかが大切。

・・・って言うよりも

何を得るかを知ることと
何を失うかを知ることは
同様に大切なこと。

 
ところが、往々にして
得るものについて深く考えることはあっても
捨てるものを じっくり考えることは案外少ない。

選択に迷っている時というのは、
得るものと捨てるものの両方を
同じ比率で考えている時なのかも知れないけれど、
決断をしようとする段になると
得るものを優先的に検討することが
前向きな姿勢なのだというような理由で
一挙にバランスを崩しているようにも感じる。

でも、
本当に それでいいんだろうか?

いや...
たぶん、それでイイんだと思う。

この場合、大事なことは、
どちらを決め手にして決断したかということではなく、
決断の前に、両方を充分に見極めたかということ。

得るものだけに捉われていては
失ったものに気づいた時に後悔するかもしれない。

失うこのだけに捉われていては
行動ができず、やはり後悔することになるかもしれない。

苦渋の決断をしなくちゃいけないという意味ではなくて、
得失両面を知っておくことがポイントなのだと思う。

 
どちらかに顔を向ければ、
必ず、どちらかに背を向けることになる。

そして、それは同時に起こっていること。

「ひきかえ」とは、
片方だけを取ることはできないということ。

得るということと 失うということは、
ある意味で、同じなのだと言えるのかもしれない。

 
選択するときに大切なことについては、
これまでにも何度か触れてきたけれど、
今この時期に、こういう文章を目にして
このことを再び考え直すことになったのは
何か 意味があるのかも知れない。

 
そして、今日、改めて気がついたことは、

得るということも 失うということも
自分ひとりの問題じゃないんだな... ということ。

いや、もちろん...
問題と感じているのは自分自身なのだから
やはり自分の問題ではあるのだけれど、
得るとか失うということは
自分ひとりの中で完結していることではなくて
周りの人たちと自分との関係の中で
生じている結果なのだということ。

ふと... そんなことを感じた。

 
やっぱり、
なにごとも、人と人の間にあるのだな...

人は、人と人との間に生きているのだな...

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「ひきかえ」にしたもの

 

●1年前の今日:判っているのに 解らない

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  選択 決断 行動 感謝 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

案外、悪くない...

人間が追い詰められた時、大体三つの選択肢を選ぶ。「宗教・極端な思想」「逃避」「自殺」です。 このうち最も有意義な選択肢は何だと思いますか? どれも一長一短な気がするのだけど(最後の自殺は除外するとしても)自分がすがりついているのはおそらく「宗教・極端な思想」だろうと思った。

しかし、正解は違ったようだ。人の言葉に目から鱗が落ちた。

「逃避です。いったんその場から離れることです。離れれば、事の本質が見えてきます。本質さえ見えれば、対処できます」

なるほど、そうか。 確かに、ときには、逃げることも大事だ。

via: otsune tumblr まとめサイト 画像保管庫Q

 
「逃避」するためには
「選択」と「決断」が必要だ。

 
というか、

「逃避」という「行動」の前には
必ず!「選択」「決断」がなされている。

 
「逃げる」というと
思考や行動を何もしない...
というイメージがあるけれど、
やはり「逃げる」は動詞の1つであって
紛れもない行動を示すコトバ。

「何も選びたくない」「何も決めたくない」
そういう状況、そういう心境にある時、
「逃避」するのだと考えがちだが、
実は、「逃げる」という選択肢を
選んで決断し、行動している状態にある。

「逃避」している人は、
自分の意志で「選択」「決断」し、
自発的に「行動」している。

無意識の「逃避」ということもあるが、
自分自身の深層による「選択」「決断」なのであって
やはり、それも自発的な行動なのだと思う。

 
「逃避」は、一般的なイメージにあるような
後ろめたいことばかりではないと思う。

カッコ悪いかも知れないけれど、
案外、悪いものではない。

そういうこということに気づくことができれば、
より自発的に、より自由な発想で
「選択」「決断」ができるようになり、
その結果、行動の幅と勢いが増すことになる。

「進む」も「退く」も、
「立向かう」も「逃げる」も、
自分で「選択」し「決断」して実行すれば、
同じ価値のある「行動」なのだから。

 
・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:う~ん 深い!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 選択 決断 行動 思い込み 自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

助走距離

何かを作りたいけど形から入る上に助走距離が異常に長い人って見ててイライラする。そんなことよりさっさと作って、「完成させた」数をこなした方がよほどいいよ、と言っても聞かないんだよねそういう人って。

via: Twitter / cocoonP

 
いや~ ホントに その通り!

小さな完成、小さな成功を積み重ねることで
少しずつ、でも着実に
実績と自信が蓄えられていくのだと思う。

…と、言いつつ、
実は、耳が痛いコトバでもある。

自分も、たいてい助走距離が長いし
助走中に失速したりすることも少なくない(^^ゞ

だけど...
この助走中とか、スタート前っていうのが
意外と楽しかったりするねんな~

始める時っていうのは不安はあるものの、
期待に胸を膨らませるタイミングでもある。

思い切って やっちゃえ~
っていうのは、間違いないのだけれど、
始める時のワクワク感みたいなものは
いつも忘れたくないな... とも思う。

…というか、それが楽しくて
また新しいことを考えたりしてる。。。

だからこそ、
ワクワクが消えないうちにジャンプしなきゃ!

ま いろいろあるけど
やっぱり、ムダはない ってことかもね。

…などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

ワクワク ドキドキ

 

●1年前の今日:爽快!痛快!「フミコの告白」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  決意 決断 スタート お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

自分で自分を許可する

この著者曰く、人間は2つのタイプに分かれる。
自分のやりたいことを誰かに許可してもらうのを待っている人たちと、自分自身で許可する人たち、である。

もちろん、その後者になりましょうという趣旨なのだけど、具体的に「許可」とは、以下のようなことを指している。

  • 常識を疑う許可
  • 世の中を新鮮な目で見る許可
  • 実験する許可
  • 失敗する許可
  • 自分自身で進路を描く許可
  • 自分自身の限界を試す許可

via: 負けまいとする心でしょう!
汝、汝を許可せよ。―[書評]20歳のときに知っておきたかったこと

 
自分がやりたいことを
誰かに許可してもらうのを待っているタイプ

そして、
自分がやりたいことを
自分自身で許可するタイプ。

うん。
確かに 2つのタイプがいると思う。

 
自分自身への許可ができるということが
自分の可能性を果てしなく拡げていく。

「決断」とか、「自立」とかいうと
けっこうハードルが高い気がするけれど、
具体的な行動に対して「許可する」ことは
もっと小さなことから始められると思う。

そのことに気づくのに、けっこう時間がかかった^^;

 
若かりし頃を振り返ってみると
ご他聞に漏れず、
とりあえずブレーキを踏んでおいて信号を確認する
...みたいな行動が多かったように思う。

まぁ、信号確認の一時停止で済んでいるなら
まだ マシな方だったかも知れない。

故障した信号が変わるのを延々待っている人や
信号もないのに交叉点毎に止まっている人もいる。

中には、ブレーキを踏んだら最後
バックしてしまう人や、
エンジンを切って下車してしまう人もいる。

だいたい人生なんて
そこいらの道路じゃないんだから
その信号だと思っているモノは
実は本物の信号なんかじゃなくて
誰かが勝手に点けている灯りに過ぎないのに。

幼い頃から ずっと...
許可よりも禁止をベースに教育されてきた人たちは
特にその傾向が強く出るのだろう。

 
でも まぁ それは それ。

それも また良し!

ブレーキをかけてしまっても
そのブレーキを緩めて
再びアクセルを踏めばイイだけのこと。

今からでも遅くはない。

何歳からでも関係ない。

今から再スタートすればイイ。

 
一度も止まったことのない人なんて
どこを探しても ゼッタイ!いないと思う。

どんどん進んでいるように見える人は、
止まっても常に再スタートを切っているんだよ。

 
一時停止することも
自分自身で許可してやればイイだけ!

それだけのこと。

 
…なんて、
思ったり... 思わなかったり...(^^ゞ

 

●1年前の今日:花は観手に咲く

コメント:0 | TB:0 【見逃せない!この1冊】  許す 自主自立 決断 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

リーダーに不可欠なのは…

リーダーに不可欠なのは、

気迫決断力

そして…

仲間を信頼すること。

 
いずれも、

理屈ではなくて

感性に由来する

圧倒的な行動覚悟

 

1年前の今日:アジクマ

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   感性 信頼 気迫 決断 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |