元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

結果オーライ

弟「母さん、ついでにいろはすも買ってきてー!」
母「わかったー、(買い物)メモに書いとくー」

母「いってきまーす」

via: Twitter / _komaya

「いろはす」のところだけ破れてメモ帳に残ってる!

あちゃ~

母さん、ドジったな^^;

と、思いきや・・・

続報。いろはすはちゃんと買ってきたらしい。

via: Twitter / _komaya

母さん GJ!

よかった よかった!

なんだ!?
この他人事とは思えない安堵感は(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ぷしゅー♪してみたい!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 ドジ 失敗 笑い  

ページTOPへ↑

EDIT

世界で最も大変な仕事に心から感謝

ある会社のビデオチャットによる採用面接でのこと。

面接官から驚くべき労働条件が告げられます。

世界で最も大変な仕事に心から感謝
  • 役職は「現場総監督」。ただし、実際の仕事内容は流動的で責任は広範囲に及ぶ
  • 立ち作業または屈んだ姿勢で作業し体力を要する
  • 労働時間は週135時間かそれ以上、事実上 休みなし
  • 交渉力と交際力、そして、医学、金融学、栄養学の知識が必要
  • 常に周りに注意を払い、時には同僚と徹夜もする
  • 重要な役職なので私的な時間は与えられない
  • 給料は0、完全無給
  • 現在、数十億人がこの職務に就いている

そして明かされたその仕事とは・・・

World's Toughest Job - #worldstoughestjob -(日本語訳)

この映像は、アメリカのカードストア American Greetings社が「母の日のキャンペーン」のために制作したものです。

何度観ても、心が震える思いがします。

お母さん 本当に ありがとう!

ありがとう ありがとう ありがとう!

世界で最も大変な仕事に心から感謝
●1年前の今日:
アイムア主人公

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  母の日 感謝 家族 共感  

ページTOPへ↑

EDIT

母は強し

母をたずねて三千里

「母をたずねて三千里」
1976年に放送された名作アニメです。

イタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシが
出稼ぎ先で音信不通になった母を探しに
たった一人てアルゼンチンへ旅に出る物語。

行く先々で数々のトラブルに見舞われながらも
やっとのことで母との再開を成し遂げます。

ところが・・・

平日の朝、この懐かしいアニメが
テレビ大阪で再放送されています。

あまりテレビを見ない父ちゃんですが
毎朝欠かさず、次女もっちゃんと一緒に見ています(^^ゞ

既に50話を過ぎて
物語は いよいよ佳境へと・・・

ところが・・・

ようやく会えた母アンナは
なんと、重病に伏していたのです。

あんなに苦労を重ねてきた旅の終わりが
こんなことになるなんて…

けれども今日の放送では
今までの辛く悲しい涙ではなく
嬉し涙を流すことになりました。

息子が会いに来てくれたことを知った母は
気力を取り戻し、緊急手術を乗り越えて
無事に生還したのです。

よかった。
本当によかった。

たしか明日は最終回。

大円団のハッピーエンドが楽しみです♪

そして・・・

今日は自分の母が
ポリープの摘出治療を受けました。

内視鏡治療で胃のポリープを取るのは三度目です。

ですが今回は
かなり大きいのでリスクも高く
そのまま手術になる可能性も
覚悟せざるを得ませんでした。

果たして・・・

予定を大きく超える2時間半後
なんとか無事に摘出することができました。

術後は気分が悪そうでしたが
次第に落ち着きを取り戻してきています。

これまでの倍以上の大きな傷を残しているので
まだ予断は許されませんが
まずは一安心といったところ…。

フミ祖母ちゃん
よく頑張りました!

もう一踏ん張り、頑張ってや!

少年マルコと母アンナのように
大円団のハッピーエンドで退院できるのを
楽しみにしています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:今どきの子どもたち…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  親子 家族  手術 

ページTOPへ↑

EDIT

プロのプロたる所以

保育士をしていた実母が、私の育児に全く口出ししないばかりか「育児大百科」的なものを読んで勉強してるので、「お母さん、元とはいえプロでしょ?」と聞いたら「プロだったから育児の常識が時代で変わることを知ってるのよ」と言われ、世のお姑さんがたに聞かせてあげたいと思った(^_^;)

via: Twitter / nobi_maruko

おぉぉぉぉぉ~っ!
これぞ プロ魂!

このようにして常に切磋琢磨を繰り返し
積み重ねを怠らないということが
技術的にも精神的にも、自他共に認める
プロがプロたる所以なのでしょう。

自分の子育てが終わっているにも関わらず
既に保育士ではないにも関わらず
今なお、磨きをかけ続け
さらに積み重ねようとする姿勢は
まさに プロ魂!

頭が下がります。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:こころ波立つ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】   プロフェッショナル  スゴイ 

ページTOPへ↑

EDIT

母が教えてくれた大切なこと

自立ということは、依存を排除することではなく、必要な存在を受けいれ、自分がどれほど依存しているかを自覚し、感謝していることではなかろうか。依存を排して自立を急ぐ人は、自立ではなく孤立になってしまう。

via: こころの処方箋 (新潮文庫)

 
去年の秋、「自立とは…」という記事を書いた。

 
いっぱい 頼りにしているし
いっぱい 迷惑かけて生きていると思う。
そのことを忘れたらアカンと思う。

・・・と書いていたが、
実は、あまり理解できていなかったようだ。

解った気になっているだけで
腹に落ちていなかったのだと思う。

 
依存している自分を受容れることは
ある程度できているように思う。

でも、自分が依存によって生かされていること、
人さまが自分の依存を受容れてくれていること、
そういうことは、決して当たり前のことではなく
とてつもなく有難いことなのだということを
充分に自覚できていなかったような気がした。

 
母親がイイ歳をしているにも関わらず
ちっとも感謝が足りないということについて
このところ、ずっと気になって仕方がなかったのは、

自分自身の感謝が足りないことに、
自分自身の自立が不十分なことに
自分自身が気づいていたからに違いない。

自分の不甲斐なさを 老いた母の中に見つけては
自分の不甲斐なさに 苛立っていただけなんだと思う。

 
フミばあちゃん、ごめんなさい。

そして、気づかせてくれて ありがとう。

 

 

●1年前の今日:衝動買い

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立 依存 感謝 家族  

ページTOPへ↑

EDIT

ええねん ええねん

昨日、母親に忘れ物を届けに行った時のこと。

母は、相も変わらず
勝手な悪い想像をしてみたり
皮肉や、愚痴を言ってみたり
あたりかまわずケチをつけていた。

そうやって いつも
人や自分や物事にケチをつけているから、
それが そのまま自分に返ってきている
典型的なパターンにはまっている。

歳をとって体力や気力は弱ってきたものの
寝たきりというわけではないし
当面の経済的な不安もあるわけでもない。

夫には既に先立たれたけれど
スープの冷めない距離に家族が住んでいるし
週に2回くらいの継続的な行き来もある。

もちろん、そうであっても
それなりに寂しいことや辛いこともあるだろう。

それは、解っているつもりだけれど、
何にでもケチをつける姿勢が目に余るものがある。

余りの酷さに我慢ができず、責めてしまった。

 
ケチをつける姿勢が目に余る...といって
その姿勢にまたケチをつけている自分。。。

やっていることに矛盾があると
解っていながら、やってしまう。。。

そんなことをしても何の効果も意味もないことは
よく解っているだけに、そんな自分が情けなくなる。

 
きっと、母親も同じなんやろうな。

解っているけど、やってしまう。。。

 
手の内にある幸せに目を向けようとせず
不足や不満にばかり焦点を合わせる姿勢は、
感謝が足りないことだと思うし、
天に向かってツバを吐くようなもの。

それは、確かに正論なのだけど、
解っていても やってしまうことがある。

 
何にでもケチをつける母親もダメ。
その母にケチをつける自分もダメ。

でも、
そうやってダメ出ししていることもまた
不足や不満に焦点を合わせる姿勢そのもの。

そう思って、
母を責めてしまった自分を許してみたら、
その母親の態度も気にならなくなった。。。

 
いや たぶん...
また、気になる日もあるんやと思う。

でも、
今、気にならなくなったのだったら
それは それで ええねん ええねん。

 
そして、今日、
シゴト帰りに母親の家へ
バレンタインのお返しを持って行った。

嫌な思いをさせてしまったはずなのに、
母親の表情は意外に明るかった。

さらに、
昨日は気分を悪くさせてしまって悪かったね...
と声をかけてくれた。

そんな母の顔を直視することができず、
気まずくなるのが嫌で、
そそくさと帰ってきてしまった。

いや~情けないわ ホンマに...

でも...
それは それで ええねん ええねん。

それにケチつけんでも ええねんて。 うん。

 

●1年前の今日:謙遜よりも、「ありがとう」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 自分  コミュニケーション 聴く 

ページTOPへ↑

EDIT

おばあちゃん ありがとう

フミばあちゃんと2人で
NGKなんばグランド花月へ。。。

腹の底から…とまではムリやとしても
ちょっとは笑いの足しになったらな
そう思って連れていったのやけど...

前半の半分以上は居眠りしてた。。。

 
こんな所で寝んでもエエやん...
周りのお客さんにも、芸人さんにも失礼やし...
真ん中3列目のエエ席が もったいないやん...

そう思ったら
腹たつやら… 情けないやら…

 
でも、先週から風邪をこじらしてて
一昨日までは熱も高くて寝込んでたし、
風邪薬のせいで眠気がヒドいみたいやし...
まぁ 仕方ないなぁ~

そう思い直してみたものの…
休憩時間に入った途端、ついに決壊!

文句やら 嫌味やらを浴びせてしまった!

 
後半の新喜劇の時間帯は
なんとか起きてたみたいやけど
結局、最後まで眠たそうやったわ。。。

 
文句言われて、無理して起きてたんかもな。

気まずいムードでNGKを出て
遅めの昼食を済ましてから帰宅。。。

 
要らんこと言うてしもたなぁ~
何も悪気でやってたのと違うのに...

第一、喜んでもらいたくて誘ったのに
不満をぶつけたりして どうすんねん!

嫌な想いをさせてしまった。。。

けっこう面白かった公演やったのに
すっかり凹んで、反省しきり。。。

 
すると、
帰宅後30分ほど経ってから
おばあちゃんから電話。。。

「さっき無事に帰った。ありがとう。
 今日は、久しぶりに 面白かったわ~。」

 
居眠りしてて、面白かったは ないやろ。
と、思ったけど、けっこう内容は覚えてるみたい。

どうやらウソでも お世辞でもない感じ。

 
…って言うか、

ホンマかウソかは ともかく…
電話くれたのが マジ嬉しかった。

 
機嫌を損ねたことを気にしたのか?
それとも、凹んでるのを見透かされたのか?
いずれにしても、その電話一本で
スゴく楽になることができた。

 
親孝行するつもりが
相変わらず親の世話になっている自分。

逆に励まされるハメになってしまった。。。

年寄りの親に情けかけたってるみたいな
きっと調子に乗ってイイ気になってたんやろうね。

 
人としてのポテンシャルを見損なってたかも。
病気もあるし、もう年寄りやし、無理や!って。

いやいや意外に、まだまだ気 張ってるわ!
まだまだパワー充分やわ! まだ大丈夫!

 
イチバン信じなアカンところで
信じ切ってなかったっていうこと。

 
フミばあちゃんの底力を再認識しつつ…
再び反省^_^; でも今度は凹まない。。。

なんか知らんけど、
ひとつ乗り越えられた気がした。

 
ありがとう フミばあちゃん。

よかった よかった(^^)/

なんばグランド花月

 

●1年前の今日:平日ひらパー

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族  

ページTOPへ↑

EDIT

母の日

ゆきちゃん お手製 小物入れ

今日は、母の日。

ゆきちゃんは、お母ちゃんに
カーネーションと
幼稚園で作った「小物入れ」を
プレゼントしました。

お婆ちゃんには
カーネーションと
抹茶わらび餅を
プレゼントしました。

2人とも
と~っても!喜んでくれて…
ゆきちゃんも
と~っても!嬉しくなりました。

 

●1年前の今日:脱力スイッチ オン!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   プレゼント 

ページTOPへ↑

EDIT

完食!

今日の おばあちゃんは
かなり調子がイイみたい…

顔色もイイし、
コトバにも張りがある。

晩ご飯も
残さず ぜ~んぶ!
食べられました。

完食したのは
入院してから初めて!

って言うか
入院前よりもスゴイかも!

なんか...
嬉しくて 嬉しくて...

よかった よかった(^_^)/

 

●1年前の今日:看板に偽りあり?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お見舞い  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |