元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

歴史と伝統を今に受継ぐ街

爆竹ご予約うけたまわります。10%OFF

「あら、爆竹がお買い得だわ♪」ってなるのか?長崎の主婦は?!

via: Twitter / netbooker_momo

お盆に鳴り響く爆音!

中国でも禁止になった所が
増えてきているというのに!!

NAGASAKI スゴイ!

けど、ちょっとコワイ^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
余裕を持っておくことの大切さ

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  風習 ローカル 歴史 伝統 危険 

ページTOPへ↑

EDIT

コレは不安にならざるをえません

ホテル本能寺の備え付けマッチ

#不安になる画像

via: Twitter / wwood126

コレは不安すぎ(((;゚Д゚)))

落ち着いて眠れそうにありません!

ホテル本能寺のエントランス

大本山・本能寺に訪れる法華宗信徒のための宿泊提供施設を発端とし、京都を訪れる修学旅行生が同じ宿で全校生徒が過ごすことのできる規模の施設を作りたいという考えのもと、昭和35年の会社設立を経て昭和37年3月より営業を開始。以後、現在に至るまで全国各地の子供たちに修学旅行の想い出を提供しています。

via: ホテル本能寺【公式ホームページ】

「ホテル本能寺」は京都市のど真ん中、河原町御池に実在するホテルで、主に修学旅行に利用されています。

修学旅行宿としての歴史は長く、利用価値が高いのも分かるのですが、このマッチを見せられると「ココに子どもたちを泊まらせて大丈夫なのか?」という思いが頭をかすめてしまうのは仕方がないでしょう^^;

本能寺の能の字はちょっと違う!?

本能寺の看板やパンフレットなどの「能」の文字が皆さまのよく知る「能」という漢字と違うのはご存じですか?
これは本能寺が度重なる火災に遭ったために「『ヒ』(火)が『去』る」という意味を込めてこの字を使用することにしたと言われています。

via: ホテル本能寺【公式ホームページ】

当の本能寺自体が火災を恐れて字を変えているくらいなんですから、やっぱり不安にならざるをえません^^;

ある意味、怖いもの見たさで泊まってみたい気はしますが…
そういう不純な動機で宿泊すると本当にヤバそうなので不安倍増ですねwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
自分で作った紙飛行機がラジコンになる!?

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  ネーミング 歴史 

ページTOPへ↑

EDIT

ついに始まったロボット戦争!?

Robotic Falconry - Drone Catcher System for Removing the Intruding Drones

ドローンが
ドローンを
網で捕獲!!

ついに始まったロボット戦争!?

・・・などと、
思ってたたら...

Wikipediaで凧を調べてたら「屋根の上に落ちてトラブル」「凧を揚げてる人同士でトラブル」「大名行列に落ちて大問題に」「各所で規制された」とか書いてあった。ドローンで発生しつつある問題をすでに凧は経験している。

via: Twitter / hiroshix

へぇ~(゚д゚)!

確かに載っています。
凧 - Wikipedia

これが事実だとすれば、既に日本では江戸時代から同様の空中戦が行われていた可能性もありますね(^^)v

テクノロジーが進化しても歴史は繰返す…

戦争など同じ過ちを繰り返している歴史をみるにつけ、人間の愚かさを感じて情けなくなることもあります。
ですが、過ちを乗り越えてきたこともまた人間の歴史だと思えば、進歩こそが人間の歴史を創ってきたと言えなくもありません。
そして、自分たちに進化向上の意志がある限り、未来は希望に満ちているのだということですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ドローンがドローンを網で捕獲!
●1年前の今日:
発想は良かったんだけどね~^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  未来 歴史 進化   

ページTOPへ↑

EDIT

手抜きか!? 勘違いか!? こだわりか!?

京 都 府

この発想はなかった…

via: Twitter / version_nismo

しかし…

ある意味
これは正しい。

たかだか100年程前に
地方出身者による新政府が
勝手に決めた名称なんですし(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

元来での日本の首都機能を有する「都=みやこ」は有史以来、天皇の遷都宣言に基づき、天皇が御座し政治を行う地として遷都が行われてきた。794年12月4日(延暦13年11月8日)に桓武天皇によって平安京(現在の京都市中心にあたる)への遷都が行われて以来、遷都に関する宣言は出されておらず、また大日本帝国憲法を始めとした旧法令や日本国憲法を始めとした現行法令のいずれにおいても、「日本の都が何処であるか」という点については謳われていない。

via: wikipedia

●1年前の今日:
夢中の力

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  勘違い アイデア こだわり 歴史 

ページTOPへ↑

EDIT

難読地名

杭全(くまた)
放出(はなてん)
河堀口(こぼれぐち)
点野(しめの)
立売堀(いたちぼり)
茨田浜(まったはま)
十三(じゅうそう)
蔀屋(しとみや)
私市(きさいち)
柴島(くにじま)
水走(みずはい)
瓜破(うりわり)
遠里小野(おりおの)
喜連(きれ)
御幣島(みてじま)
出灰(いずりは)
千躰(せんたい)
三栗(めぐり)
正雀(しょうじゃく)
沢良宜(さわらぎ)
波除(なみよけ)
阿波座(あわざ)
四条畷市(しじょうなわてし)
道修町(どしょうまち)
八丁畷(はっちょうなわて)
郡家(ぐんげ)
耳原(みのはら)
安威(あい)
粟生間谷(あおまたに)
五百住(よすみ)
粟生外院(あおげいん)
兎我野町(とがのちょう)
弓削(ゆうげ)
加美鞍作(かみくらつくり)
富木(とのき)
土室(はむろ)
禁屋(きんや)
百舌鳥(もず)
恩智(おんぢ)
林寺(はやしじ)
住道(すんじ)
道祖本(さいのもと)
呉服(くれは)
石町(こくまち)
小橋町(おばせちょう)
包近(かねちか)
孝子(きょうし)
深日(ふけ)
神於(こうの)
淡輪(たんのわ)
和泉市(いずみし)
木積(こつみ)
箱作(はこつくり)
伽羅橋(きゃらばし)
男里(おのさと)
我孫子(あびこ)
大庭寺(おおばでら)
王仁公園(わにこうえん)
丑寅(うしとら)
八田(はんだ)
芝生(しぼう)
土師(はぜ)
別府(べふ)
餌差町(えさしまち)
西面(さいめ)
神出来(かんでら)
枚方(ひらかた)
茄子作(なすつくり)
衣摺(きずり)
御厨(みくりや)
暗峠(くらがりとうげ)
箱殿(はこどの)
大県(おおがた)
半町(はんじょう)
宝持(ほうじ)
意岐部(おきべ)
箕面(みのお)
穴太(あのう)
誉田(こんだ)
土師ノ里(はじのさと)
上馬伏(かんまぶし)
山直(やまだい)
摩湯町(まゆちょう)
南面利(なめり)
蕎原(そぶら)
雁多尾畑(かりんどおばた)
古室(こむろ)
久太郎町(きゅうたろうまち)
枚岡(ひらおか)
博労町(ばくろまち)
神路(かみじ)
止々呂美(とどろみ)
伶人町(れいにんちょう)
阿保(あお)
八戸ノ里(やえのさと)
悲田院町(ひでんいんちょう)
楠風台(なんぷうだい)
深野(ふこの)
楠公(なんこう)
甘山(つづやま)

まだまだ続きます。
そんなにあるんかい!と突っ込まれそうですが、まだご紹介できていないのが多数。

via: 大阪の難読地名(番外)まとめ - なんぎな日記

関西人にとっては馴染みの深い地名も多く
ボクは ほとんど読むことができるのですが
それでも いくつか知らなかったものもありますね。

どうでしょう?

コレって…

多い… と思いますか?

こんなもんだ… と思いますか?

近畿圏は古くから開けていて
独自の文化を発達させてきた歴史があり
海外との交流も盛んだった土地柄からか
難読地名が多いのかもしれません。

しかしながら、他の地方でも
その土地、その土地の
その時代、その時代の
独自の文化を持っていたところは
少なからず存在しますから…

他所の人から見て難読と思える地名は
全国各地に、もっとたくさん あるような気がします。

…ということは
他所者にとっては
どれもこれも難読地名… ってこと!?

まぁ たしかに
ボクにとって外国の地名は
どれもこれも難読地名ですけどね (^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「杭全」 大阪の難読地名

 

●1年前の今日:「私も…」は危うい

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ローカル 文化 歴史 音読 

ページTOPへ↑

EDIT

写真で見る幕末から明治


【1】男性女性編


【2】生活編


【3】建物編


【4】風景編


【5】番外編

via: 「写真で見る幕末から明治にかけての日本。」マニタメBLOG

 
これは ついつい 見入ってしまうwww

幕末から明治にかけての生活や文化がわかる写真集。

歴史上ほとんどピックアップされることのない
庶民の生活を映し出したものも多く、
とても貴重な資料を手軽に見ることができます。

一見どころか、百見の価値あり!

 

●1年前の今日:たいようオルガン

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  歴史 生活 文化 写真 

ページTOPへ↑

EDIT

歴史と時局に学ぶ

模倣は経験を生み
経験は工夫を生む
経験は尊いが普遍性はない
経験を踏まえながら
経験に囚われないこと
これができる者が功を成す

 
今年最初となる亀山先生の勉強会。

脚下照顧、基盤を固めつつ、
常に新しい発想とチャレンジを
し続けることの大切さが染みた。

歴史と共に時局に学ぶということの意味は
こういうところにもあるのだと思う。

 

●1年前の今日:お気楽シゴトはじめ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  歴史 時局 勉強会 

ページTOPへ↑

EDIT

亀山ゼミ

今夜は毎月恒例の
歴史・時局・宗教と思想に学ぶ勉強会。

総裁選とその後…
古事記の復習…

そして、盛り上がった懇親会。

今年度は、ちょっとトーンダウン気味だったけど…
これで来月以降も充実しそうな気配。。。

よかった よかった(^^)/

 

●1年前の今日:最大となるより 最良となれ

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  歴史 時局 宗教 思想 古事記 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |