元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

ポモドーロ・テクニックをもっと手軽に…

以前このブログで、ポモドーロ・テクニックというタイムマネジメント法を紹介したことがあります。

これなら自然に集中力を維持できそう!

25分作業+5分の小休憩を1つの単位として捉え、これを4セット(30分×4=2時間)繰り返したら30分間の大休憩をとります。

集中力が増して仕事や勉強の効率が上がるので重宝しています。

しかも、カンタンに導入できるので手軽に始めることができ、短期間で効果を感じやすいのもイイですね。

ウチの愛娘たちも宿題やテスト勉強をする時に使っています。

何人もの友人や取引先の人たちに紹介していますが、集中力がアップしたと好評をいただいています。

まだポモドーロ・テクニックを実践したことのない方は、ぜひ試してみてください。

そんなポモドーロテクニックを使うにあたって、とっても便利なアプリがあるという情報を目にしました。

ポモドーロタイマー

ポモドーロタイマー(WEBアプリ)

ポモドーロタイマー(Android版)

ポモドーロ・タイマー(iOS版)

この辺りが代表的なものらしいのですが、他にもたくさん出回っています。

カンタンなタイマー機能アプリですから、シンプルで解りやすいものが多いようですが、中にはタスク管理ができるものもあるようです。

これまでウチでは、100均ショップで入手したタイマーを都度セットして使っていましたが、このようなアプリを利用すれば、もっと手軽に作業と休憩を繰り返すことができますね。

しばらく色々なアプリを試してみたいと思います。

使い勝手を試してみたいというモチベーション自体が、作業の効率をアップさせてくれることにつながるかも!

興味津々です。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ラムネわらび餅の引力ハンパない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  便利 時間 集中 管理  

ページTOPへ↑

EDIT

余裕を持って過ごすために

ランチまでにその日の峠を越えておく

ランチまでにその日の峠を越えておく。さもないと日が落ちて見通しが暗くなる。

via: Twitter / shigotanon

うぐぁ~
最近、コレできてない!

5時起きしてるのにできてない^^;

コレさえできたら
午後は遊んでたってイイくらいなのに。

ちょっとキバッて修正しよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
甘噛み

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間 管理 集中 朝活 

ページTOPへ↑

EDIT

時間を忘れるための時計

砂じゃなく、泡が移動する『泡時計』が美しい。

砂じゃなく、泡が移動する『泡時計』が美しい。

これを製作したのは、テラヤマ・ノリヒコ氏。時間の経過を知るためではなく、「時間を忘れる」ために作ったそう。うっとりと眺めていたくなる。

via: Twitter / orangeflower08

awaglass - long ver. from WALKERS VIDEO on Vimeo.

The sands of an hourglass can make you feel as though time is slipping away. Norihiko Terayama has created an object that, although shaped like an hourglass, has the opposite effect. The Awaglass replaces the minuscule pebbles with frothy bubbles that pass upwards at different speeds. Unlike a sandglass, which is used to mark the passing of moments, the Awaglass is meant to obscure them. Instead, you’ll get lost in its constant, fluid motion and remain in the present?not fixated on what you have to accomplish an hour from now.

via: Mesmerizing Hourglass Tells Time with Bubbles Instead of Sand

砂時計のようですが
泡がブクブクと昇っていくのですね。

その速さは一定ではないようです。

時間を忘れるための時計「Awaglass」

虹色の
飛んでくシャボン玉が
たからものだった

時間を忘れるための時計「Awaglass」

見上げた顔はきっと
とてもきらきらしてた

時間を忘れるための時計「Awaglass」

まあるい空気が弾けたとき
無数の虹が、夢を突きつけた

時間を忘れるための時計「Awaglass」

時間を忘れるための時計…

これを必要としている人は
きっと少なくありません。

時間を忘れるための時計「Awaglass」

でも
よくよく観てみると
普通の時計よりも
もっと時間を感じられるような気がします。

時間を忘れるための時計「Awaglass」

普通の時計は
時間を切り刻んで
コントロールするためのモノ。

この「Awaglass」は
時間の海の中に
どっぷりと浸りきるためのモノ。

「時間を忘れる」とは
「時間を感じきる」ということかもしれませんね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
噂の「ハッピーターンアイス」を食べてみた

コメント:1 | TB:1 【しあわせメモ♪】  時間 アイデア 視点 おもしろ商品 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

時の流れは何もかも美しくしてくれる

あの日のイルカ付箋紙

via: Twitpic - @soror1096

これは
懐かしい
www

たしか、名前はカイルくんでしたね。

あの頃はウザかったので非表示の設定をしていましたが、今となっては逆に好意的な目で見てしまう自分がいます(^^ゞ

そういえば、イルカ以外にも仲間がいたよね^^

みんな元気にしているかな? なんて、あたかも同級生だったかのような気持ちが沸き起こってくるから不思議です。

ノスタルジーの魔力、恐るべし!

Siri姉さんよりフレンドリーかも!?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
濡れ衣を着せられていたオジサンの哀愁

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ノスタルジー 時間 勘違い おもしろグッズ 

ページTOPへ↑

EDIT

日時計のようなニャンコの日向ぼっこ

陽の光とともに移動していくニャンコたち…

日時計のように時の流れに合わせて日向ぼっこしています。

なんとも言えないポカポカとした温かい雰囲気が伝わってきますね。

昨日、今日と、晴れたり曇ったり小雨も降ったりしましたが、凍えるような寒さはなく、ゆるゆると春が近づきつつある気配を感じました。

とはいえ、まだまだ寒い日も少なくない時期です。
カラダもココロも温かくして、風邪などひかないように気をつけましょう!

寒い日には、またこのムービーを観て温まろうかな^^

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

日時計のようなニャンコの日向ぼっこ

●1年前の今日:
しし じゅうろく

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   太陽 時間 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

先送りしないためのタイムマネジメント術

おぉ、これは全くの同意見だ。ソフトウェア開発においてラストスパートは諸悪の根源、スタートダッシュこそ重要。だから、「締め切りを守る」より「2週間を超える長い締切りは(意味がないので)設定しない」ほうが戦術レベルでは有効と感じてる。 http://bit.ly/caqtxI

via: Twitter @kenn

そうそう!
ホント そう思います。

ソフトウェア開発に限らず
どんなシゴトであって
ついつい先送りしてしまう…
これこそが問題ですよね。

ならば
送れる先をつくらない…
というのがこの方法です。

2週間を超える長い期間を経た締切りを
設定しないことによって
イヤでも最初からラストスパートを
かけなければならない状況をつくるのです。

そんなこと言ったって
2週間以上かかるタスクだってあるぞ!
と思われるかもしれませんが
そんな場合は
1つのタスクを2つ以上のパートに分けて
それぞれに明確な締切りを設定します。

このように
マイルストーンを短めに設定することによって
プロジェクト全体を推進する精度が高まります。

また、万が一
締切りに間に合わず遅れが出たとしても
早い段階で予定通り進捗していないことを把握でき
挽回や調整などの対策を講じることが可能になります。

ラストスパート=スタートダッシュになるように
締切りを できるだけ近くに設定する…

コレ、断然オススメのハックです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

締切り

 

●1年前の今日:ゆっくりほぐれる時間が大事

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間 集中 管理 コツ アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

休憩はキリの悪いところで入れる方が良い!?

休憩はキリの悪いところで入れる方が良い

以前、集中力を維持する方法として
25分作業+5分の小休憩を1つの単位として捉え
これを4セット(30分×4=2時間)繰り返したら
30分間の大休憩をとるという
ポモドーロテクニックを紹介しました。

これなら自然に集中力を維持できそう!

作業内容の区切りを考慮せず
25分という時間で区切るという方法は
一見すると非効率なように思えますね。

そんなことをするよりも
集中力が続く限り
ひとまとまりの作業を
キリの良いところまでやって
それから休憩した方が
効率が良いと思うのが一般的です。

けれども、実は
休憩はキリの悪いところで入れる
というのが集中力維持のコツなのです。

続けてやった方が良いと思われる作業でも
あえてキリの悪いところで中断するのです。

なぜなら・・・

未完結な情報や
途中で中断された情報は
記憶に残りやすいが
完結した情報は忘れやすい

・・・からです。

これは、ザイガニック効果と呼ばれています。

ロシアの心理学者ツァイガルニック氏が
研究の結果、見出した記憶の性質のひとつです。

テレビ番組でも
いよいよこれからイイところ…
というタイミングでCMが入りますが
あれもザイガニック効果を応用しています。

作業をしていて
さぁ 最後の仕上げだ…
というところで休憩を挟むと
休憩前の状況をしっかり把握したまま
休憩後、リラックスした状態で
仕上げにとりかかることができます。

良い企画のアイデアを思いついた…
課題解決のカギが見えかかってきた…
そういうタイミングで休憩をとれば
休憩中でも脳が状況を保存したまま
心身の疲労をリセットすることができます。

中途半端なところで休憩することによって
休憩後の再スタートが切りやすくなるのです。

休憩はキリの悪いところで入れる
ことによって脳をスリープ状態にしておき
休憩後に素早く作業を再開できるというわけです。

逆にキリの良いところまでやってしまうと
休憩後はゼロからの再起動になってしまいます。

理屈だけでは納得いかないかもしれませんが
ザイガニック効果を応用した
キリの悪いところで休憩を入れるこの方法も
ポモドーロテクニックとともに
一度、試してみる価値はありますよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:求め過ぎない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間 集中 管理 コツ アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

これなら自然に集中力を維持できそう!

好きな音楽を5曲ぐらい選んで「演奏が終わるまでに部屋の片付け終わらす」って決めてとりかかると凄くぱぱっと終わるプチライフハック。ちなみに何故5曲かというと、1曲約5分×5曲=25分は人間の集中力の持続する単位として丁度いい数字らしいので。

via: Twitter / shh7

これは、いわゆる
ポモドーロ・テクニックという
タイムマネジメント法を応用したものですね。

25分作業+5分の小休憩を1つの単位として捉え
これを4セット(30分×4=2時間)繰り返したら
30分間の大休憩をとります。

集中力が持続する25分単位で区切る
というところがミソなんですね。

効果が高いことが良く知られているので
ビジネスや試験勉強、読書など
多方面で採り入れられています。

先に引用した方法は
さらに一工夫が加えられています。

好きな音楽をかけるというアイデアです。

音楽を聴きながら作業するのは
マルチタスクにあたるため
実は効率が悪いという説もあるのですが、
ちょっと面倒くさくて乗り気になれない作業や
習慣化を目指して訓練中の作業などには
非常に効果的だと思います。

掃除や食事の後片づけ、アイロンがけなどの家事、
書類整理や郵送物の封入などの比較的単純な作業、
ストレッチや腕立て・腹筋などのトレーニング etc.
いろいろ活用できる場面がありそうですね。

また
ポモドーロ・テクニックを使う場合でも
一日の最初の25分というのは
やや集中しづらいものですが
この方法を採用することで
自然に集中状態をスタートできそうです。

会社や学校など公の場では
なかなか実行しにくいかもしれませんが
SOHO事業者や在宅受験生の方々は
一度ためしてみる価値アリですよ(^_-)-☆

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ポモドーロ・テクニック

 

●1年前の今日:父の日なのに…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間 集中 管理 コツ アイデア  

ページTOPへ↑

EDIT

限られた時間の中で…

限られた時間の中でできなかったことを、その時間の枠の外でやることを「努力」とは言わない。次は、次こそは、限られた時間の中で終わらせられるようにする。そのための準備や練習のことを、「努力」と言う。そういうのを努力と呼びたい。

via: Twitter / fta7

痛いところ突いてくるなぁ~^^;

でも、全面的に同意です。

本当に、そういうのを努力と呼びたい。

自分でも、そういう努力をしていきます。

そして、この努力を広げていきたい。

限られた枠内で終わらせることは
効率という観点だけじゃなくて
もっと大きな意義があるような気もします。

人生にだって限りがあることを
ついつい忘れてしまいがちですけどね(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

限られた時間の中で…

 

●1年前の今日:気になる 気になるwww

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間  天命 一所懸命 

ページTOPへ↑

EDIT

時間感覚を磨く

時間感覚の同じ人間同士が、
階層をつくっている。

via: 死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

世の中のピラミッドを構成している本質は
経済力や社会的地位ではなく、時間感覚なのだ。

時間感覚の鋭い人は頂点付近に集まり
時間感覚の鈍い人は底辺付近に集まる。

その結果として
経済力や社会的地位の階層とリンクするという。

この指摘には妙な説得力がありますね。

経済力や社会的地位の高い人には
行動的な人が多く見受けられますが
時間感覚の鋭さが起因しているのだと思うと
なるほどと頷けます。

金品や名誉に貪欲な人は
高層から最下層まで幅広く分布していますが
確かに、時間感覚の違いはありますね。

そういう意味では
自分は なかなか高層集団に入れないかも(^^ゞ

逆に言うと
時間感覚を磨くことによって
より高い階層へシフトするこが可能になり
経済力や社会的地位を高めたりできるはずです。

また
時間感覚を磨き上げることが
実際にはできなかったとしても
それを意識しているだけで
別の階層の人を理解するヒントが
見つかる可能性もありますよね。

だとしたら
人間関係やコミュニケーションの改善や
マーケティングなどにも応用が利きそうです。

とにかく
できるか できないかは解りませんが
もっと時間感覚を磨いてみようと思います。

お気楽ライフにかこつけて
ルーズになっているところは多分にありますし…
人生の残り時間だって
気になる年齢になっていますから…^^;

もっと時間を強く意識して生活します。

まぁ
経済的豊かさや社会的地位だけが
しあわせだというわけじゃ ないんですけど…

本来のお気楽な暮らし方は
今・此処を大切にする生き方ですから
時間感覚の鋭さを磨くこととも
当然、必要なことだったはずですね。

改めて、自戒・・・

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:道を尋ねられるような人に…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  時間 価値 センス 

ページTOPへ↑

EDIT

子ども時代は予想以上に短い


Robinsons 'Pals'

あぁ~ そういう意味だったんですね!

初めてこの動画を観た人から誰もが
こういう感想を抱くのではないでしょうか?

そして
もう一度、改めて観直してみると…
一回目とは全く違うものが
見えてくるのではないでしょうか?

昨夜、隣のベッドで寝ている長女の手足が
ずいぶん大きくなっていることに気がつきました。

毎朝、参拝・散歩に行く時には
娘と手をつないで歩いているので
成長の具合いは把握できていました。

でも…
ちゃんと知っていたはずなのに…
改めて思い知らされた感じがしました。

子ども時代というのは
予想以上に短いものです。

まさに、光陰矢の如し!
アッという間に過ぎ去ってしまいます。

今の暮らし方を始めた理由の1つには
この短くも愛おしい大切な時間を
できる限り たくさん共有したかったから
ということも含まれていました。

けれども、次第に
そのことを忘れてしまっている瞬間が
増えていないだろうか? という疑問を
感じることも少なくありません。

今なら、まだ間に合いそうです。

こういうキモチ…
いつまでも忘れたくないものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

子ども時代は予想以上に短い
子ども時代が予想以上に短いということは
子育て期間も予想以上に短いということですね

 

●1年前の今日:頼むに足る人心の和となる

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 親子  共感 成長 時間 

ページTOPへ↑

EDIT

人生には練習や準備はない

準備ばかりしていると、準備それ自体が快感になって、
本番を迎えることなく人生は終わってしまう。

(中略)

準備するなということではない。
本番と準備を一体化させ、

本番が準備であり、
準備が本番である状態にするのだ。

via: 君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

うん。 そういうこと。

最近 つくづく そう思います。

子どもたちや家族と一緒に過ごせる時間…
気のおけない仲間たちと過ごせる時間…
社会や誰かのためにお役にたてる時間…
自分自身のためだけの時間…

どんな時間だって限りがあるのです。

残された時間が
本当に少ないのかどうかは
人それぞれの価値観によって違ってくると思いますが
どんな時間だって
永遠に続くのではないということは間違いありませんね。

そこで・・・

昨晩…
というより今日未明、
いつか きっと! と思っていた計画を
ついに実行に移すことにしました。

計画といっても
ただ ぼんやりと…
いつか きっと! と思っていただけなのですが
ようやく本腰を入れたというか
はじめてスタートラインに立ってみました。

そして
今年前半には実行しようと思い立って
さっそく関係先へ日時の打診をしてみました。

果たして
その人の都合で3ヶ月以内でなければ
実行不可能になることが判りました。

スグに手配しなければ
3ヶ月以内の日程もとれなくなってしまうことも。

思いもよらない展開となりましたが
そういう訳で、約3ヶ後に実行します。

それにしても
思い立った時、スグに問合わせて
本当に良かったと思います。

まだ半年はある… と思って
いつも通りに先送りしていたら
きっと永遠に実行できずにいたことでしょう。

そうなったら
きっと! 一生 後悔したと思います。

後先を考えずに 突っ走ることは
必ずしも良いやり方ではないと思いますし
自分らしい方法でもないような気がします。

けれども、やはり
準備しているだけでは
何も始まらないということは確かですね。

準備するなということではない。
本番と準備を一体化させ、

本番が準備であり、
準備が本番である状態にするのだ。

そう!

歩みながら 考える。
考えながらも 歩み続ける。

そんな姿勢が大切なのだと思いました。

なるほど!
人生には練習や準備はないのですね。

生まれてから死ぬまでが
いつも本番なのですから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:おなじみの店

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】   時間 チャンス 実践 自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

表裏一体

時間を割くのは愛かなと考えてる。
どういう行為だとしても。

via: Twitter / ぼんちゃん

 
ハッとした。

 
忙しいのに時間をつくるとか
何ヶ月も前から予定をとっておくとか
どんなに急でもスッ飛んでいくとか

もちろん そういう意味でもあるのだけれど...

一晩中、どう仕返ししてやろうと考えてるとか
何日も何週間もハラワタが煮えくり返えっているとか
思い出したくないのに いつまでも忘れられないとか

そういうのも 時間を割いてるってこと。

どういう行為だとしても時間を割くのが愛なのなら...
これも 愛だということか?

 
うん   たぶん...
そうなんだと思う。

 
愛はいつも美しいとは限らない。

気になって 忘れられなくて
気になって 頭からはなれなくて
一日の大方の時間を割いている

それは 確かに 愛だと思う。

真っ直ぐであろうと 歪んでいようと…
前向きであろうと なかろうと…
損得にも喜怒哀楽にも関係なく…

純粋な行動の原理が そこにある。

表も裏も ホンモノもニセモノも ない。

 
などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

表裏一体

via: 「人生の地図」 高橋歩

 

●1年前の今日:誰もが持っている

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   時間 一如 一体 

ページTOPへ↑

EDIT

日本人は時間に正確か?

・会議に20分遅れてくる人がいたら
 → これはちょっと許せない

・でも、会議が30分以上延びても
 → 「仕方ない」で済ませてしまう

via: 仕事と生き方、幸せの研究所

 
うん、 あるある...
これこそ日本人の典型的なパターン。

始業時刻の遅刻に対しては
異常なまでに厳しく目を光らせているけど、
残業はし放題...っていうか当たり前で、
監督署の指導も厳しくなってはいるものの
現実は、「24時間はたらけますか?」状態。

 
でも、これは、
引用元の記事でも触れられているように
必ずしも「仕事の終わり」に対して緩いというわけではなく
「労働時間」に関して緩いということなのだろう。

確かに、日本人は
「納期」「締切」などの「終わり」には厳しい。

ところが、これに対して
生産や作業の「開始日時」などの「始まり」には
ルーズであったり、設定がない場合も多い。

 
このように、
意識されるポイントとしての「期日」「時刻」に厳しいが、
そのポイントまで、あるいは、それ以降を
どのように過ごすかについては曖昧なまま
無計画に「時間」を費やしているのかも知れない。

 
実際、
スケジュール通りにコトが運ばない人や
いつも計画倒れになってしまう人というのは、
「期日」「期限」を設定しているだけで、
「開始日時」は決めていないことが多く、
1つのタスクにかかる時間は殆ど意識していない。

このような場合の多くは、
複数の案件の期日が同じ日になっていたりする。

「月末締切」「今週中」などが典型であるが、
いつから始めるかを決めていないが故に、
あらゆるタスクが期日直前に集中してしまう。

 
それに対して、計画的な人というのは、
ポイントとしての「時刻」だけでなく、
流れとしての「時間」を管理している。

タイムマネジメントというのは
ポイントとしての「時刻」と「時刻」の間の
流れとしての「時間」「期間」を意識して
その時々に合った分量のタスクを
分配していくことによる効率化なのだと思う。

 
約束や期日の厳守は叩き込まれるけど、
時間の割振りや、コトの進め方なんかを
キチンと指導している日本の学校や企業は
ほとんどないんじゃないだろうか?

言い換えると、
約束に厳格な日本人は、
流れや進め方、過ごし方を磨けば、
まだまだ成長の余地があるということ。

未曾有の不景気などと低迷を煽らずに、
具体的な長所と改善点を明確にして
お気楽に 淡々と すすめていきたいもの。

・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

日本人は時間に正確か?

 

●1年前の今日:終わりの始まり

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  時間 管理 約束 シゴト 

ページTOPへ↑

EDIT

夢は今つくられている

一旦まず夢をみる、そして後刻それを想い出す、というのではなく、夢を想い出すこと、それが夢をみた、ということなのである。私たちは『夢をみる』という現在形の体験を持つことはない、ただ、夢の想起という形で『夢をみた』という体験があるだけなのである。

「時間と自我」大森 荘蔵

 
夢は目覚めた後に、過去形として捏造される。

夢は思い出されるのではなく、創られるものなのだ。

過去もまた同様。
かつての現在が、後に過去として思い出されるのではなく
今現在から見た過去の記憶として創られている。

そう考えると、
記憶に対する印象や捉え方が
年を経る毎に変化していくのも頷ける。

 
同じ時に、同じ場所で、同じ事実に遭遇しても
それぞれの人が感じる現実は異なる。

目の前に起こる現象は、
すべて自分自身によって創り出されたもの。

夢...過去...
それらは、今の自分が創り出した記憶。

そして、
未来と未来に馳せる夢もまた
自分自身によって創り出されている。

 
…などと、
思ったり... 思わなかったり...^^;

 

●1年前の今日:いきのこり

コメント:0 | TB:0 【見逃せない!この1冊】   時間 無意識  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT