元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

旅行の楽しみとは?

1 Ticket ~魔法のチケット~ こどもたちの予想外の反応は必見!

子どこたちに渡されたのは
世界中どこへでも行ける魔法のチケット。

ただ、その数は家族の人数より1枚少ない。

果たして、子どもたちが選んだ結論は・・・

思わず熱いものがこみ上げてきます。

そうか!
そうだよな、肝心なことは。

子どもたちにとって旅行の楽しみとは?

つい見逃しがちな子どもたちのキモチ。

いや、自分たちにとっても同じ、そのキモチ。

忘れかけていた大切なことを
改めて思い出させてくれるショートムービーです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

旅行の楽しみとは?
●1年前の今日:
「調子に乗る」には二つの意味がある

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 こども 本音 キモチ  旅行 

ページTOPへ↑

EDIT

公海上のおたのしみ♪

ビールがたった100円

海上では酒税がかからないため、ビールがたった100円で売られている。 #北海道樺太旅行

via: Twitter / musique_legere

へぇ~!!
水よりビールの方が安くなってるww

免税店みたいなもんですね。

理屈では解るんですが、実際にこういう現場を目の当たりにさせられると、やっぱり違和感を隠せません^^;

25年くらい前に関釜フェリーに乗ったことがありましたが、あの船内ではどうだったかなぁ?

今度、海外旅行に行く機会があったら、久々に船旅にしてみようかな。
ビールの値段を確かめたいだけなんですけどね(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
こだわり過ぎなのかもしれません

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ビックリ 旅行 

ページTOPへ↑

EDIT

今年、やろうとして できなかったこと...

ブータンという国は、決して文化的に遅れた国ではない。ほとんどの国民は英語を話すし、インターネットでCNNを普通に見ている。

外界を知らずに、ああいう生活をしているのではなくて、外界を知っても尚、ああいう生活を選んでいる国なのだ。

ある村で電気工事の話があったらしい。しかし電気を通すと、ツルが来なくなる。村人たちが出した答えは、「電気はいらない」というものだったという。

選ぶという行為は、とても贅沢なことだと思う。

そしてその選んだ何かに、その人の豊かさが現れるのだと思う。

吉田修一「空の冒険」翼の王国、2009年12月号より

 
今年、やろうとして できなかったこと...

それは、 ブータンに行くこと。

 
完全休業・育児休暇のご身分で
海外旅行、しかも秘境・辺境への渡航は
さすがに腰がひけた...ってことやね^^;

とは言え...
以前から気になっていて
さらに興味が強くなってきたブータンのことを
知れば知るほどに、
訪れてみたい気持ちは強まるばかり。。。

 
だけど、
今の心境・心持ち
今の生活に対するスタンス
今、感じる過去や未来への思いなんかは
けっこう"ブータン的"なんじゃないか?

…そんなことを
思ったり... 思わなかったり...

 
行くときは 行くよ。 きっと!

今度 訪れる時が、ジャストタイミング!

なんか ちょっと ブータン野郎な感じ...(^^ゞ

 

●1年前の今日:親しみやすい銀行?

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ブータン お気楽 旅行 タイミング   

ページTOPへ↑

EDIT

ただの山村じゃない

古座川町の2日目…
昨日と うって変わって、どしゃ降りの雨。

柚子狩り

それでもメゲズに!柚子狩りへ(^o^)/

今は誰も手入れをしていない畑を
自由に収穫させていただきます。

手入れしていないだけあって
事実上の無添加・天然ユズです。

天然柚子

夏みかんと間違うくらいの大きな柚子!

チャボ

こちらは、矮鶏(チャボ)です。
卵は食べるそうですが、
飼育目的は、愛玩(ペット)だとか...!

椎茸狩り

悪天候で山の椎茸を採りに行けないので
ハウスのダボ木で椎茸狩りをさせてもらいました。

古座川町 西川地区

ここ古座川町・西川地区は、
庭の花や木々に趣ある手入れが行き届いているし
ビーズアートの芸術家がアトリエを開いていたり
ただの山村とは思えない文化の香りがします。

古座川の清流

山、霞、清流、野鳥…
棚田、柚子畑、森林…
そして、人の暮らしがあります。

古座川町 西川地区

この旅のイチバンの楽しみは、村人との交流。
村のいたるところで、暖かく出迎えてくれました。

昼食会

昼食は、地場の素材だけを使った田舎料理。
村の人たちと一緒にいただきました。

昼食会

さっき採ったばかりの椎茸や、
鹿のカルビを焼いてもらいました。
なかなか美味い! これはイケます(^^)/

昼食会

古座川は、ホンマに遠いです。
里というより、完全に山奥です。

でも、その分、
自然の豊かさを実感できます。

そして、過疎と老齢化の問題を抱えながらも
心豊かな人々の暮らしに触れることができます。

また訪れてみたいと思いました。

…っていうか、
きっと!また来ることになる!
な~んとなく そんな気がしました。

よかった よかった(^^)/

 

●1年前の今日:ケーキソーダ

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  旅行 家族 自然 文化 

ページTOPへ↑

EDIT

囲炉裏の夜

家族で、和歌山の古座川を訪れています。
もっちゃんは、生まれて初めての旅行体験!

曇りのち雨の予報でしたが、
絶好の行楽日和です。

晩秋の入道雲?

でも、
昨今の急な冷え込みは どこへやら…
午前中から、汗ばむ陽気になりました。

晩秋とは思えない… 入道雲が気になります。

三段壁

途中、南紀白浜の三段壁に立ち寄りました。
ここから見る海も、夏のように光っています。

場末の土産物屋

三段壁の近くの土産物屋は
場末のムードたっぷり!
二時間ドラマに出てきそう!

気になる特産品

気になる南紀の特産品。。。
「梅マヨネーズ」「ナギサビール」

そそられましたが、見送って先を急ぎます(^^ゞ

目的地、古座川町・西川地区は、
串本から、さらに車で50分、山間部に入ります。

古座川荘より

日差しが赤くなってきたころ宿に到着。
部屋の窓から、七川ダムの湖を臨みます。
里山というよりは、奥地といった風情。

古座川峡 一枚岩

一休みしてから、
名勝・一枚岩を訪ねました。

古座川の流れに沿って屏風のようにそそり立つ
高さ100m、幅500mの巨岩。国指定の天然記念物です。

古座川荘の夕食

湯の花温泉の一軒宿「古座川荘」の夕食。
豪華さはないものの、味わい深いご馳走です。

岩魚の塩焼きと南高梅

特に!焼きたての岩魚は最高!
南高梅と胡麻豆腐も なかなか美味(^_-)

古座川荘の囲炉裏

そして、食後は、囲炉裏端で
酒を酌み交わしながらの お気楽タイム。

ゆっくりと… 山奥の宿の夜は更けていきました...

よかった よかった(^^)/

 

●1年前の今日:ビルボードライブ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  旅行 囲炉裏 家族 お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |