元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

灯油のポリタンクの色は東西で違う

灯油のポリタンクは地域によって赤と青がある

今日はめっちゃ寒い一日でしたね。

今シーズン一番の冷え込みだったようで、もう暖房器具が欠かせません。

ウチでは、もう30年近くも石油ストーブや石油ファンヒーターを使っていないのですが、寒さが厳しい時には灯油の威力は頼もしいものがありますね。

ところで、この灯油を入れるポリタンク。
何色のものを使っています(した)か?

実は、灯油のポリタンクは主に2色あって、地域によって使われている色が偏っているらしいのです。

灯油のポリタンクMAP

via: weathernews.jp

北海道を除く東日本では赤、西日本では青。
かなりハッキリと地域差が出ていますね。

調査の結果、関東甲信越と東北は90%以上が赤、北海道・中部・関西・中国では 40~60%が青、四国・九州では赤青の割合は拮抗しているとのこと。

灯油用ポリタンクは、JIS規格によって素材は決められていますが、、不透明であれば色は規定されていません。

白や半透明は飲料水用と間違えてしまう危険があるためカラーにすることが望ましいとされており、危険を表す赤が採用されているのは納得できますね。

ところが関西では、青の顔料の方が赤よりも安価だったため、青のポリタンクが普及していったという説があるうですが、個人的には関西人のケチくさいイメージを助長するガセネタではないかと解釈しています。

ウチの実家は阪神間にありましたが、青赤ともに使っていた覚えがあります。

ハッキリした地域差が生じた本当の理由は何だったのでしょうか?

顔料の価格以外にも何か理由があるはず。

あって欲しい…

あってくれ…

ないのかな…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事

●1年前の今日:
しあわせを分かち合う

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ローカル 文化  

ページTOPへ↑

EDIT

イチョウの栞

イチョウの栞

古い本にはイチョウの葉が挟まってることがたまにあります。栞代わりという事もあるけれど、イチョウの葉には防虫効果があるからです。前の持ち主が大切にしていた証でもあるので、買った本に挟まっていたらその事を思い出して貰えると嬉しいです。

via: Twitter / kosho_gessekai

イチョウの栞…

とっても素敵な文化ですね。

日本人らしい心遣いを感じます。

意味を知ることで、その奥深さに触発されて、自分も次世代に受け継いでいきたいという気持ちが自然と沸き起こってきました。

志を抱くとは、こういうことを指して言うのかもしれません。

ほんの些細なことではありますが、自ら実践し永く伝えていきたいものです。

ちなみに…
イチョウの葉は油分が多いので、生のまま使うと本にシミがついてしまうことがあるので注意が必要です。
栞として利用するときは事前によく天日干ししてからティッシュなどに挟んでおくと良いようです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
姉妹の晴れ舞台・第三幕

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  文化  ハック 和の心   

ページTOPへ↑

EDIT

この解像度で分かるからスゴイ

ハイコンテクストなドット絵

取られる直前
#ハイコンテクストなドット絵

via: Twitter / toshihiro_app

山田君~
全部もってってー!!

キクちゃん
もうちょっとだったのにね~

それにしても
老若男女に通ずる話題って
どんどん少なくなってきてますね~

年中行事とか、ご馳走とか、レジャーとか
みんな細分化されてしまいましたから…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
惜しいっ!!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  共感 共通 文化 環境  

ページTOPへ↑

EDIT

その呼び名、いつまで引きずってるんだろう?

「写メ」ってメールで送らない時も使うし、そもそも今LINEだからおかしいよね

「写メ」ってメールで送らない時も使うし、そもそも今LINEだからおかしいよねって妻に話したら、でも下駄箱に下駄は入ってないし、筆箱に筆は入ってないから、そういうもんじゃない?って言われてすごい説得力あった

via: Twitter / fujikky

昨日は、新しく出てきたモノが普及したせいで元々あったモノの名前が変化してしまうレトロニムの話題を書きましたが、それとは逆に、既に廃れてしまったモノの呼び名が新しいモノに受継がれている例もありますね。

筆箱もそうですが、鉛筆や万年筆の時点で既に筆ではありません。
日常的にはご飯を食べる時に使うのに茶碗と言いますし、今ではプラスチック製のモノばかりなのに相変わらず消しゴムと呼んでいますね。

ちょっと飛び過ぎかもしれませんが、「デレビのチャンネルを回す」なんていう言い回しも生きているような気もしますw

また、呼び名ではありませんが、パソコンでデータを保存する時にクリックするアイコンは未だにフロッピーディスクのイラストになっていますし、動作の待ち時間に現れるポインターは砂時計のアニメです。

取って代わったり… 受継いでいたり…
呼び名ってホントに面白いですね。

このことって実は人にも言えているような気がするな~

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
食べれる箱庭で侘び寂びを味わう!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コトバ ネーミング 変化 流行 文化 

ページTOPへ↑

EDIT

常識であるはずが既に常識ではない!?

汁あり担担麺

新たに出てきた物の影響で後に考案された言葉を「レトロニム」といいます。「固定電話」「白黒テレビ」「回らないお寿司」などが代表的ですね。先日見つけた「汁あり担々麺」も衝撃的でしたが、この間ネットニュースで見かけた「荒れない成人式」という名称も新時代のレトロニムだと思いました。

via: Twitter / hdkdisk

レトロニム…
そういう名前がついていたんですね。

元々「車」というものは、人や動物が引いたり押したりするものでした。
ところが、自動車が一般に普及したことによって、人が動かす「車」のことを「人力車」と呼ぶようになった。この「人力車」がレトロニム。

同様に、「フィルムカメラ」「インスタント袋麺」「貼らないカイロ」「永久磁石」「天然芝」「布おむつ」「レギュラーコーヒー」などもレトロニムということになるのでしょう。

当たり前が当たり前じゃなくなってしまった結果、わざわざ説明を加えないと通じなくなってしまった… それがレトロニムなんですね。

ところが・・・

①元来担々麺は汁のないもの→②日本に入ってきた際に汁ありが考案される→③ここ数年で元祖の汁なし担々麺が注目される→④汁あり担々麺がわざわざ「汁あり」と表記される ということで二転三転ですねえ。

via: Twitter / myk0119

えーーーっ! そうなんですか!?
そもそも担々麺には汁がないのが当たり前だったとは!

てっきり「汁あり担々麺」の方がレトロニムだと思いこんでいたのですが、実は「汁なし担々麺」の方が元祖だったとは!! まさに二転三転ですね。

こうなってくるとレトロニム自体にレトロニムが派生する日も近いかもしれません。
やはりコトバは生き物。時代と共に変化していくのですね。

自分が常識だと思っていることが既にレトロニムになっているなんてことも、どんどん増えていきそうで、寂しいやら… 怖いやら…^^;
既に初老の身としては、なんとも複雑な心境ですw

「自動運転の自動車」などは、もう何がなんだか…^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
失われた街角

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コトバ ネーミング 変化 流行 文化 

ページTOPへ↑

EDIT

全国お雑煮分布図

農林水産省お雑煮MAP

今年も大好きで見飽きない、農林水産省お雑煮MAPを置いていきます。

via: Twitter / koromolo_ol

毎年みかけますが、何度みても面白い!

ちなみにウチは大阪ですが、「かつお昆布のすまし汁に焼き餅」です。
が、ボクの雑煮だけは「トロッと煮込んだ餅」にしてもらっています(^^ゞ
丸と角のこだわりはなく、その年に買った商品に依存しています。

地域によるお雑煮の違いは、大きく西日本と東日本で勢力が別れていますが、例外も少なくありません。

中でも、いつも「なんだコリャ!?」と思ってしまうのは、やはり「あんもち」ですね。

こんなヤツ↓

あん餅雑煮

via: Twitter / 0akoq

「あん餅雑煮」は白味噌の汁にあんこ入りの餅が入っており、香川県の丸亀周辺で食されているとのこと。

江戸時代、讃岐国の特産品は塩・砂糖・木綿で「讃岐三白」と呼ばれていました。しかし、砂糖は貴重品で庶民の口には入りませんでした。
せめて正月くらいはとの思いから、農民たちが餅の中に砂糖を隠してこっそり食べていたのが「あん餅雑煮」の始まりだと言われています。

噂によると美味しいらしいのですが、未だ食べたことがありません。
怖いもの見たさですが、一度くらいは味わってみたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そろそろ ぼちぼち 動き始めます

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  正月  文化 ローカル 珍しい 美味 

ページTOPへ↑

EDIT

秋刀魚の美味しい季節ですが…

お客さま各位 「生さんまの寄生虫について」

秋刀魚買おうかなとスーパー行ったら、こんな説明書が(;゜0゜)ちょっと怖くなって買えなかった。でも隠さず誤魔化さず、貼り出した誠心にスーパーの信用度が上がったと私は思う

via: Twitter / yakota333

いるいる。いますね。

サンマに限らず他の魚やイカなどにも寄生虫は普通にいると思っていた方がイイようです。

特に青魚には寄生している可能性が高い上に傷みやすいので、焼き魚にして食べるのが一般的なんですね。
生で食べる場合も表面を炙ったり「たたき」にしていただきます。

サンマに寄生しているアニサキスの場合は…

  • 充分に火を通す(100度1分間以上)
  • 充分に冷凍する(-20度1日以上)

これで死滅して悪影響はなくなります。

また、アニサキスは内蔵につきやすいので、できるだけ早く捌いてワタを取り除いておいた方が良いと言われています。

生活の智慧ですね。
昔からこのようにして寄生虫に対処して食生活を保ってきたんです。

ですから、やたらめったら怖がる必要はないんですね。
ちゃんと気をつけて食べればイイんです!

昨今、流通が良くなったり生活が衛生的になってきたことで美味しく生食できる機会が増えています。
ところが、そのせいで寄生虫などへの対処法が忘れられているのも確かです。

先人が培ってきた智慧をしっかり学んで、日本の豊かな食文化を受継いでいきたいものですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

秋刀魚の美味しい季節ですが…
●1年前の今日:
明朝体!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  食生活 文化 安全  

ページTOPへ↑

EDIT

日本は水の豊かな国なのです

この水は飲めます DELICIOUS WATER

泊まってるホテル、絶対にこの英訳は気が狂ってると思う

via: Twitter / THEEROLL

洗面コーナーの水道付近に掲げられているサインでしょうか。
日本だと「飲める」「食べられる」と言うと最低限のレベルを意味することが多いので、これを見て狂っていると感じてしまうのもムリはありません。

しかし、海外では水道水が飲めないところが少なくありません。
水道水は不衛生だったり塩辛かったりして飲めないのが当たり前で、飲料用の水はボトル入のものを買うのが一般的なんですね。
水道水が「飲める」というだけで非常に価値が高い。
「水道水なのに美味しい」と感じる人は少なくないでしょう。

というわけで、この訳は意外にも正しいと言えそうです。
環境や文化の違いを的確に表した良訳ですね。

逆に「水道水なのに飲める」ということが狂っていると思う人がいるかもしれません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
異常に緊張してしまう自販機

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   飲み放題 環境 文化 表現 

ページTOPへ↑

EDIT

「ゲリラ豪雨」か「夕立」か

「ゲリラ豪雨」か「夕立」か

僕は何度も声を大にして言うけど、「ゲリラ豪雨」とかいうクソみたいなナンセンスな単語のせいで「夕立」という超スーパーウルトラハイパー美しい日本語が死にかけていることが許せない

via: Twitter / kochomu

そもそもゲリラ豪雨と夕立は違うもの。

同列に扱うこと自体に問題がありますね。

それはそうと…
「日本語が死にかけていることを許せない」と言っている人が「超スーパーウルトラハイパー美しい」などという表現を許してイイのでしょうか┐(´∀`)┌

やっぱり日本語は死にかけているのでしょうか?

いえ、ますます活発に新陳代謝を繰返しているのでしょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
蚊に刺された時、ピタッと痒み止める方法

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  日本語 コトバ 表現 流行 文化  

ページTOPへ↑

EDIT

たしかにキモチ悪いですね

これらは全部正解になるらしい

これらは全部正解になるらしいんだけど、止めはねはらいをめちゃくちゃ厳しく習った世代としては納得いかない。

via: Twitter / fukazume_taro

う~~~ん^^;
たしかにキモチ悪いですね。

でも、ボクがキモチ悪いと感じている理由は、ネット上で散見する「日本語の荒廃」みたいな類の懸念からくるものではありません。

言葉や文字は時代とともに変化していくものです。

そういう意味では、これまで正しいとされてきた言葉や文字ではないものが一般化していくことは自然な流れだと思っています。

現在のところ正しい文字とされている「常用漢字」だって、古代の漢字から紆余曲折を経て大きく変化した結果まとめられたものですからね。

だから、感傷的に「文化を守ろう!」的な意味でキモチ悪いと感じているのではないんです。

そうじゃなくて、こういう自由な発想による言葉や文字の表現の仕方というのは、誰かに決めてもらったものを使うというものじゃないだろ! ってことなんです。

なんで文字の崩し方まで お上に許可されなきゃならないの? そんなの勝手にさせてもらいます!

…で、勝手に変えちゃったものが多くの人に受け入れられて、既成事実として一般化していくものでしょう。

なのに わざわざ文化庁が…^^;

そこんとこがキモチ悪いんですwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
イギリスで回転寿司が凄まじく進化している!

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  文化 自由 変化 文字 コトバ  

ページTOPへ↑

EDIT

鏡開きだ! 餅食べよう!

鏡開きの朝。トマトスープの洋風雑煮で温まる。

鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って、汁粉・雑煮などで食す。

via: wikipedia

ラジオ体操の後スグに鏡開きをしました。

といっても、ウチの鏡餅はパック餅なんですが^^;
愛娘たちが協力して(パックを)開いてくれました。

というわけで、今朝は雑煮をいただきました。
昨晩のトマト煮込みをとりおきしていたものをベースにした「トマトスープの洋風雑煮」です。

見た目はイマイチですが^^; なかなかの美味。
お餅は洋風にしてもイケますよ!

午後は、甘さ控えめの善哉で一息入れました。

おやつやデザートにしてはズッシリ気味ですが、ペロリとたいらげてしまいました。
あんこには渋いお茶や塩昆布が合いますが、コーヒーとの相性も悪くありませんね。

ちょっとアレンジが過ぎたような気がしなくもありませんが、こうした古くからの風習を続けていくことで、この国この街の風土に馴染んだ自然な暮らし方ができるような気がしています。

そして、家族そろって行事ができることに感謝。
このしあわせを噛み締めながら、これからも続けていこうと改めて心に誓いました。

まぁ みんなでお餅を食べてるだけなんですけどね(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

開きの午後。甘さ控えめの善哉で一息入れます。
●1年前の今日:
ワンコの振り見て我が振り直せ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  鏡開き 伝統 文化 和の心 継承  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

日本も意外に広いんじゃない!?

「2時間目と3時間目の間の休み」、なんて呼んでた?

via: Twitter / 2ytea

予想以上に多彩な
バリエーション!!

自分は京阪神地域で3つの小学校に通いましたが、「20分休み」一択ですね。
いや… 最初は「15分休み」だったような気も(^^ゞ

引用元ツイートのリプライを見ると他にも…
「のびのびタイム」「すこやか」
「青空タイム」「青空の時間」
「太陽の時間」
「長放課」「大放課」
「2時間目休み」など
時代の流れと地域差によって違いによって
さまざまな呼び名が使われているようです。

「狭い日本、そんなに急いでどこへゆく」などと言いますが、日本も意外に広いということを感じさせられますね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
「自動車教習所」のこと何て呼ぶ?
●1年前の今日:
踊り場だけに

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ネーミング ローカル 文化 方言 

ページTOPへ↑

EDIT

最後の七五三詣り

最後の七五三参り

次女もっちゃんが満7歳ということで、今日は遅ればせながら七五三参りに行ってきました。

摂津一宮・坐摩神社は、三連休の中日で大明日の大吉日とあって結婚式やお宮参りの予約が一杯でした。

その先陣を切って朝一番のご祈祷を賜ったもっちゃん…
神事が始まる前と終わった後に「おねがいします」「ありがとうございます」を大きな声でハッキリと言うことができました。

長女ゆきちゃんと比べると甘えん坊だと言われがちなもっちゃんですが、肝心な時にはキチンとご挨拶できるお姉さんに成長してくれています。

九条のフミ祖母ちゃんにもその勇姿を見てもらって満足気でした。

こうして家族そろってハレの日を迎えることができたことは何よりのしあわせです。

祈祷の後には例のごとく千歳飴をもらいます。

この千歳飴、20cmくらいしかありません。

自分が子どもの頃はもっと長かった  はず。
まぁ 幼い時には何でも大きく見えるものですが、たしか袋いっぱいの長さはあった  はず。
だって、あの長い袋は、長い飴を入れるためだった  はず!

って、そう言えば・・・
ゆきちゃん満3歳の時にも、ゆきちゃん満7歳、もっちゃん数え3歳の時にも、同じことを書いていました~(^^ゞ

短くなっちゃった千歳飴…
それでも受け継がれている千歳飴…
そんな風習も本来の意味や願いは忘れられがち。

次の七五三詣りの時には、七五三や千歳飴の意味や由来を教えてあげよう… って、8年前のblogにも、4年前のblogにも書いていたにも関わらず、結局ちゃんと説明してあげていませんでした^^;

せめて、その時だけでも 思い出して話をすることができれば、また次の世代へ受け継がれていく…

行事ってやつは そうやって、大事なこと、忘れかけていることを思い出す機会でもあるのだと思います。

今回は愛娘たちの最後の七五三詣り。
今度こそ、連休中に必ず説明してあげよう!  うん。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ギネス記録が出せるかもしれない紙飛行機

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 七五三 文化 伝える 

ページTOPへ↑

EDIT

この楽器、何と呼んでましたか?

この楽器、何と呼んでましたか?

この楽器の名称が
『メロディオン』だった人はスズキ製
『ピアニカ』だった人はヤマハ製
『ピアノホーン』だった人はトンボ楽器製
『ピアニー』だった人は全音製
『鍵盤ハーモニカ』だった人は中立派
『メロディカ』だった人はドイツ人です

via: Twitter / hitomi10110

一般名詞は「鍵盤ハーモニカ」ですね。

うちの愛娘は「鍵ハモ」と言っています。

ボクが幼稚園の頃は「メロディオン」でした。

大阪・兵庫で3つの小学校に通いましたが
たいていは「ピアニカ」と呼ばれていました。

「ピアノホーン」「ピアニー」は初耳です。

あと、同級生や近所の友だちに
ドイツ人はいなかったと思います。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
うわぐつか? うわばきか? それとも?
銀色で三角の楽器…
●1年前の今日:
ギャルの発想に最強軍師も形なし

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ネーミング ローカル 文化 方言 楽器 

ページTOPへ↑

EDIT

普通に言いますやん

5. 人を褒めるとき「シュッとしてはる」と言ってくる
大阪を旅行したとき、2泊3日だったのですが10回くらい街や店で言われました。なんとなく褒めているんだなというのは理解できたんですが、「シュッ」って何なのか、今もわかりません。

「シュシュッ」とか「シュッシュッシュッ」とかの擬音が略された言葉なのかな? そもそも擬音の意味すらわかりませんが。

via: 【衝撃】東京都民がはじめて大阪に行ってビックリしたこと9選!

えっ!?
大阪以外では言わへんの?

普通に使いますやん
「シュッ」って
(^^)v

意味って言われても…
そんなもん雰囲気やからなぁ

擬音とかそんなんじゃなくて
「シュッ」とした「いでたち」やねんて。

「キリッ」とか「パリッ」とか「シャキッ」とかも似たようなもんですやん。 知らんけど。

7. 詳しく説明したあとに「知らんけど」って言う
とても詳しく説明してくれたあとに「知らんけど」って言ってくる人が多くてビックリしました。私としては「じゃあ今まで話していたことは想像なの?」と思うわけです。

たこ焼きソースのかけ方を大阪府民に指摘されたとき、「ちゃうで。こうするんやで。知らんけど」と言いつつソースをかけられたときは、もっとビックリしました。私を否定しつつ、目の前でソースをかけて最後に「知らんけど」です。

言う 言う…
普通に言いますやん(^^)b

それはやね・・・
べつにホンマに知らんわけやなくて、なんでも断定し切ったらコトバがキツなり過ぎるから、ちょっと和らげてるんですわ。

「まぁ 詳しくは よう知らんけどね」くらいの感じ。

婉曲表現って言うんやろね。こういうの。知らんけど(^^ゞ

なんでもエエけど、そんな細かいとこまでイチイチ分析しやんでも、雰囲気で分かるんちゃいますか?

あ、分からんから不思議がってるんやね^^;

慣れへん土地で慣れへんコトバに囲まれたらビビることもあるやろけど、そんな時やからこそ常識に捕らわれんと、五感六感を研ぎ澄まして耳を傾けたら、たいていのことは通じますって。
なんだかんだ言うても、同じ日本人やし。まぁ知らんけど。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

まいど おおきに!

●1年前の今日:
2度目の生活発表会

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ローカル 文化 表現 大阪 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT