元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

「言い訳するな」と言う前に…

「なぜ?」を「どうすれば?」に言い替える

人は「なぜ?」と質問されれば言い訳を考えたくなるし、「どうすれば?」と質問されれば解決策を考えようとするものです。

(大橋禅太郎)

「言い訳するな!」と言っている人の多くは、その前に「なぜこんなことをしたんだ?」と言っているはずだ。

相手に言い訳を促しているのは自分自身だということに気づいていない。

このような場面では概して相手に落ち度があることが多いので、ついつい叱責してしまうのだろうが、言い訳を引き出したところで何のメリットもないことは自明だ。

そもそも「なぜ?」という言い回しは、疑問形でありながら質問ではなく、断定的な感情の押しつけであることが少なくない。

本当に改善や解決を求めているのなら、質問を「なぜ?」ではなく「どうすれば?」に切り替える必要がある。

「どうすれば改善できるのか?」
「どうすれば同じミスをおこさずに済むのか?」

原因究明の名の下に過ぎたことへの責任を追及をすることよりも、同じ過ちを繰り返さないための対策を議論し確認し合うことが大切であろう。

そこで、「なるほど、次回からそういう質問に切り替えよう!」ということになる。

しかし、そう思ったところで実行できる人は多くない。
そうカンタンに「なぜ?」を「どうすれば?」に切り替えることはできないのだ。

失態に対してのイライラや怒りの感情が先にたち、冷静な解決手段を講ずることができなくなっているからだ。

そして、こんなときに沸き起こってくる自問は「自分はなぜ切り替えることができないんだ?」である。

自分に対しての質問であっても同じこと。
改善・解決しようとするならば、「どうすれば質問を切り替えることができるだろうか?」でなくてはならない。

このように日頃から「なぜ?」と問いただす癖が身についてしまっていて、「どうすれば?」と質問することは容易いことではない。

まずは手始めに、あらゆる場面で自分に「どうすれば?」の質問を投げかけてみよう!

日常から「どうすれば?」を繰り返し投げかけ続ける。

これを習慣化することによって、いつしか自ずと建設的な考えを引き出す感覚を掴むことができるようになってくる。

怒りを向けるしかないのは、この感覚を持てていないからだ。

一朝一夕にできることではないが、建設的な考えを引き出す方法やそのメリットを理解することができれば、イライラする必要もなくなってくる。

日頃から「なぜ?」という質問を「どうすれば?」に切り替えるワークをコツコツと積み重ねていきたい。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
後悔先に立たずではありますが

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  質問 コトバ 改善 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではない

「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではない

毎日同じリズムを刻んでいると、ちょっとした変化に敏感になれる。必死に神経をとがらせるより同じリズムをキープする方がラク。

via: Twitter / shigotanon

長く同じことを繰返しているとマンネリ化してしまう…
こんな話を聞くことは少なくありません。

たしかに、そういう一面があることは間違いありません。

ですが、「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではありません。

同じことを繰返し行い続けることには大きなメリットもあります。

習慣化による確実性・安定性の向上などが挙げられますが、特に変化に敏感になれることは、意外と知られていない大きなメリットのひとつです。

「変化」とは言い換えれば「いつもと違うこと」です。

いつも同じことを繰返しているからこそ、ほんの僅かないつもと違うことに気づけるわけです。

条件を一定にして観察を続ける科学の実験に似ています。

そして、想像以上にいつもと違うことは頻繁に起きています。

毎日いつもと違うと言っても過言ではありません。

この変化や違いに気づける人はマンネリ化しません。

やっていることはいつも同じでも、得ている結果はいつも同じではないからです。

惰性で同じことを繰返しているだけだとマンネリ化します。

意図を持って同じことを繰返しながら日々の変化を感じとり、変化に合った対応をしていくことこそが工夫や改善であり、これらは惰性でできることではありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
インドアながらも満喫した「海の日」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  習慣 継続 変化 発見 改善 成長 

ページTOPへ↑

EDIT

正しい姿勢は正しくなかった!?

正しい姿勢は正しくなかった!?

上の2つの写真を見て、“正しい姿勢”はどちらだと思いますか? 実は答えは右なんです! 左は一般的に「キレイ」と言われる姿勢です。一方右はだらしなく見えるかもしれませんが、体に無理や負担がかからない“自然な姿勢”であり、本当の意味で正しい姿勢です。

via: 正しい姿勢…みんな勘違い!?
「背筋ピンッ」で体が酸欠の可能性
Peachy - ライブドアニュース

えぇ~~っ!!

今までの常識と
全く逆じゃないか!?

『AQUA PURE カイロプラクティック』院長・射水徹さんによると、左の姿勢は見た目にはキレイですが、無理に一日中続けると体にとって悪影響をもたらすこともあるそう。
必要以上に肩を開いて胸を張ることで肺が圧迫され、呼吸が浅くなり、体が酸欠状態に。その結果、頭痛や眼精疲労、肩コリといった症状が引き起こされやすくなるのです。また、脳に酸素が十分に行き渡らなくなると眠くなり、目が閉じてくるので、目もショボショボと小さく見えてしまいます。
さらに胸を張り続けることでバストを支える“クーパー靭帯”が伸び、バストが下垂してしまう可能性もあるとか。

via: Peachy

「猫背は見た目だけじゃなくて肩や腰にも目にも悪いから、ちゃんと背筋を伸ばして座りなさい!」って言われ続けてきたのは、一体なんだったんでしょう!?

まぁ確かに、研究が進んでこれまでの常識が覆されることは、他の分野でもよくあることです。

自分たちが子どもの頃、ティラノザウルスといえば、ゴジラのように立って歩いていたと信じていました。
どの恐竜図鑑にも必ずそういう絵が載っていたからです。

それが、いつ頃からか、実はテイラのザウルスは鳥のように前のめりの姿勢だった… なんて言われるようになって驚いたものです。

それでも、ティラノザウルスなどの後脚の骨格は、鳥類のそれに似ているということは知っていたので、その時はなんとか新説を受け入れることができました。

ところが近年、ティラノザウルスの表皮は羽毛のようなもので覆われていた! などという衝撃的な研究結果が発表されました。
既に頭の硬い世代に突入していたせいもあってか、こればかりは暫く信じられませんでした。
というか信じたくありませんでした(^^ゞ

そういえば、イカやタコなども常識が二転三転していますね。

ずっと以前は、「イカやタコはコレステロールが高いので、成人病予防などのためにも摂取を控えた方がよい」と言われていました。
それがいつからか、イカやタコのコレステロールは善玉なので、むしろ積極的に摂取した方がよい」と言われるようになりました。
今では、そのどちらの説も耳にしません。
一体あの情報は なんだったんでしょうね^^;

また、かつてはスポーツの基礎トレーニングの定番だった「うさぎ跳び」や「手押し車運動」は、今ではご法度となっていますし、トレーニング中に水分を摂らせないことも常識から非常識へと大転換を遂げました。

このように自分たちは、常識だと信じていたことの変化に、少なからず影響を受け続けてきました。
ファッションや音楽の流行り廃りであれば、「一時の迷い」だとか「若気の至り」として笑い飛ばせばよいことですが、健康の良し悪しに直結する可能性の高い食品や保健衛生などの情報については、何度も大きく常識が変わってしまうと、不安を抱くことになってしまいます。

研究者たちは純粋により良い情報を提供してくれているのだと思いますが、自分自身を含めてそれを伝える人たちは、話題性の高さだけで安易に情報を拡散したり煽ったりしないように注意したいものです。

おっと…
話題は大きく逸れてしまいました^^;

ちなみに、最新の「最も避けたい着座姿勢」は、背もたれによりかかる姿勢だそうです。

背もたれに体重をかけることで、背中や肺が圧迫され、酸欠に拍車がかかってしまい、腰への負担も大きいとのこと。

デスクワークの際は「猫背になっても背もたれは使わない」ようにするのが良いようです。

さて、椅子の背もたれが善玉に担ぎ上げられるのは、何年後のことでしょうか^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
「自動車教習所」のこと何て呼ぶ?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  姿勢 常識 研究 改善 情報 

ページTOPへ↑

EDIT

これで先送り癖が直せるかも !?

「明日からこれやろう」っていう何かがあるときは、思い立ったその瞬間にそれの準備を少ししておくと実行できる確率が上がる。

via: Twitter / shh7

「ちょっとだけ手をつけておく」

なるほど…
その手があったか!

準備だけだから
ちょっとだけだから
かなりハードルは低いですね。

難しいことを実現するためには
何より、ハードルを下げてでも
できることから始めるのがポイントですから
ちょっとだけ手をつけておくという方法は
理に適っていると思います。

万が一
翌日その準備したことができなかったとしても
準備だけはやったという実績は残ります。

なんとしても避けたいのは
何もやらなかったという状況なわけで
一歩でも前進できれば
次の対策を講ずることもできます。

ついつい先送りしてしまう癖がある人にも
今スグやらずに先送りするのだけど
ちょっと準備だけ手をつけておくという
このゆる~い方法なら
完全先送りから一歩脱却することが
かなり高確率で可能になることでしょう(^^)/

・・・って
他人事のように書いていますが(^^ゞ
明日、面倒だけど必ずやっておきたいことがあるので
今から、ちょっと準備だけしておこうと思います。

ハイ。 これで安心!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

いつやるか? 今でしょ!  今やる人になる40の習慣  大人気  いつやるか? 今でしょ扇子、 いつ買うの 今でしょ扇子 各種 各10本セットでの販売です。 (ホワイト, いつ買うの?今でしょ!!)

 

●1年前の今日:虹を架けるクジラ!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  実践 先送り 改善 テクニック お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

気がつかないところへの気遣い

切り込みを 2 つにすることでどちらからも開けられるようになる

via: Twitpic

おぉぉぉ~っ
これはナイスアイデア!

なるほど…
切れ込みを 2つにしたんですね~(^^)v

普通は この切れ込みが1つしかないので
切れ込みと反対側を持ってしまった時
「あぁ~ 逆か~」と ほんの少し凹んでから
もう一方に持ち替えなければなりませんでした。

ところが
切れ込みを 2つにすることで
両側に1つ、または2つの切れ込みがありますから
どちらからも開けられるようになりますね。

なんか とっても地味な工夫ですが
なんか とっても感動的ですwww(^^)/

こういう工夫は過保護だとかいう指摘もありますが
基本的にはコストアップになることもなく
さり気ない快適さを提供している姿勢に
頭が下がる思いです。

気がつかないところへの気遣い…

こういうところは
日本人だからこそのなせる業であり
日本人好みの気配りですね~

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:年中無休になりました!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 配慮 工夫 改善 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

EDIT

あの人の涙袋

カフェで本を読んでいて、隣のテーブルの女性が落ちつかない様子をしていることに気づいた。

彼女はおずおずとあたりを見回し、ウェイトレスを目で追い、でも声はかけずに、窓の外を見たりうつむいたりしていた。見たところ四十代半ば、少し面やつれしているけれども、ごく清潔な印象の、端正な人だった。私と同じように、彼女もひとりだった。

またしばらく本を読んでいると、隣のテーブルから、あの、と声が聞こえた。隣の女性が立ちあがってウェイトレスを呼びとめたのだ。ウェイトレスははたちくらいの女の子で、とても愛想よく、はい、と彼女を見あげた。ずいぶんと小柄な人だった。

コーヒーはまだでしょうか、と彼女は言った。ひどく遠慮がちな、ほとんどおびえているような口調だった。ウェイトレスは、は、というような音声を発し、目をくるりと動かし、一度息を吸ってから頭をさげた。

私はさきほどべつの店員と交代したのです。私たちはお客さまのご注文をすでにお持ちしたものと勘違いしていました。ほんとうに申し訳ございません。お代はけっこうですので、もしおいやでなければ、今からでも私たちのコーヒーを飲んでいただきたいのですが、いかがでしょうか。

彼女は中腰になり、あの、いいんです、いいんです、コーヒーくらい、私、気にしてませんから、お金も払いますから、と言った。ウェイトレスはぱっと顔を輝かせ、ともかく今すぐお淹れします、とびきりのをつくります、と言った。私はよかったよかった、と思い、なにげなく彼女の顔を見た。彼女はなんだか困ったような表情のまま、涙を流していた。

私もびっくりしたけれども、コーヒーを持ってきたウェイトレスも相当動揺していた。あの、だいじょぶですか、と、子どもっぽい口調で言った。すいません、コーヒー、すごく遅くなっちゃって、あのう、やな気持ちしましたよね、ごめんなさい。

泣いていた女性はかばんに手を入れてがさがさと動かし、ハンドタオルをとりだして乱暴に顔をこすった。涙をふくという動作に慣れていないように見えた。そして彼女はウェイトレスに向かってにっこり笑いかけようとして失敗した。もっとたくさん泣いてしまったのだ。

ウェイトレスはなぜか私の顔を見て、反対側の隣にいる人の顔も見て、それから泣いている女性の背中をさすった。

女性はごめんなさい、ごめんなさいと繰りかえし、それからようやく言った。私、いやで泣いたんじゃないんです、私、うれしかったんです、ぜんぜんたいしたことじゃないのに、ちゃんと謝ってくれて、私なんかに。

そうか、と思った。この人は長いこと、ちゃんと謝ってもらったことがなかったのだ。何か不当な目に遭っても、痛い思いをしても、相手は彼女に謝らなかった。世の中にはおよそ誰にもストレートに「ごめんなさい」と言えないような意地っぱりもいるけれども、もし彼女に謝らなかったのがそういう人物なら、彼女はこんなふうに泣かない。

おそらく、彼女だけが謝罪されなかった。彼女はずっと思っていたはずだ。どうして私はほかの人みたいにちゃんと謝ってもらえないんだろう。どうして私はつらい思いをするのが当たり前みたいに扱われるんだろう。

そしておそらく彼女は、間違った結論をくだした。それは私が劣った人間だからだ、価値のない人間だからだ、謝る対象であるような、まともな人間ではないからだ。そう決めておけばある意味で楽だ。泣かなくてすむ。考えなくてすむ。

泣くべきときに泣かないで長いことすごすと、涙でいっぱいの袋みたいになってしまう。平気なつもりでいても、正しく流されなかった涙は袋のなかに貯蔵される。袋はどんどんふくれあがり、ふくれたぶんだけ脆くなる。そしていつかは、多くの場合は心遣いや共感のようなものをきっかけにして、ぱん、と割れてしまうのだ。

涙袋:「傘をひらいて、空を」 全文転載

 
そうか、と思った。

長いこと、ちゃんと謝ってもらったことがなかった人
そういう人がいるんだと。

 
そうか、と思った。

自分が、ちゃんと謝らなければならなかったのに
長いこと、そうしていなかった人がいるんじゃないか?

不当な目に遭わせたのに、痛い思いをさせているのに、
ちゃんと謝らなかったことがあるんじゃないか?

いや、問うまでもなく、ハッキリと自覚がある。

 
その人はずっと思っていたはずだ。
どうして他の人みたいにちゃんと謝ってもらえないんだろう。
どうして私はつらい思いをするのが当たり前みたいに扱われるんだろう。

そして その人は、間違った結論をくだしただろう。
私が劣った人間だからだ、価値のない人間だからだ、
謝る対象であるような、まともな人間ではないからだ。
そう決めておけばある意味で楽だ。
泣かなくてすむ。考えなくてすむ。

もし これが事実なら、
その間違った結論を導いたのは
紛れもなく 自分なのだと思う。

どうして 今まで気づかなかったんだろう?
なぜ こんなことを続けてきてしまったんだろう?

 
後悔 先にたたず。

しかし、今からでも
たとえ遅すぎたとしても
ちゃんと謝らなきゃ と思う。

長い間に深く刻まれた傷は
簡単に癒されるものではないだろうが
かなり脆くなっている涙袋を
少しは軽くすることはできるかも知れない。

涙袋が割れてしまうときというのは
必ずしも こんな結末になるとは限らない。

ぱん、と割れてしまうことのないように
ちゃんと謝っておかなくちゃいけないのだ。

 
気がついてみれば
酷い罪悪感に苛まされている自分がいた。

でも、
今ここで 気がついて本当に良かったと思う。

そして、
もうひとつ思うのは、
まだ気がついていなことがあるかも知れない
…ということ。

だからこそ
ちゃんとしなきゃいけないことを疎かにしない。
ちゃんとしなきゃいけないことを ちゃんとする。

そんな当たり前のことを当たり前にするだけで
何にも代えがたい大切なものを守ることもできる。

つい忘れがちだけど、とっても大事なこと。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

あの人の涙袋

 

●1年前の今日:家族の絆

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 反省 懺悔 改善 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

狭い日本 そんなに急いで 何処へ行く

前の親子が、電車が一分遅れる毎に十円払って欲しいねーと会話してる。これが今の日本の住み難さを象徴してる。ひたすら失敗に厳しい。アジア的なルーズさが全くなく、要求水準は高まる一方。社会システム全体がこんな張り詰めた形じゃいけないと思う。

via: Twitter / Yosuke Sato

 
狭い日本 そんなに急いで 何処へ行く

 
こんなフレーズが流行ったのは
もう30年以上前のこと。。。

 
でも、今は
そんな悠長なことすら言ってられないくらい
スピードと 正確さと ホスピタリティと
安定性と トレンドと オリジナリティと
便利さと コストパフォーマンスと サプライズが
ごく当たり前に求められている。

 
24時間営業とか
正月三賀日営業って
本当に必要なのだうか?

危険を冒してまでの
過密ダイヤと定時発着が
本当に必要なのだろうか?

一度も使うことのないような
高性能や多機能や過剰品質は
本当に必要なのだろうか?

財布の固いお客のために
異常なまでの低価格を競い合い
同業者同士で首を絞め合ったあげく
本当に首を吊ってしまうのって
いったい どうなっているの?

1分程度の放送事故で
即刻 降格、左遷、クビ...?
「しばらくおまちください」では
済まないのだろうか?

 
狭い日本 そんなに急いで 何処へ行く

 
そう言えば、あのころから
停電がなくなった気がする。。。

断水も 電車のストライキもなくなった。。。

その後、だんだん...
過剰な品質や付加価値、
異常な価格競争やスピード争い、
不要な厳しさが増していった。

そして、それに反して
サービスに対する有難味は薄れていった。

 
今、あえて...
電気・水道・ガス・電話などのライフラインは
年に数時間くらいは、使えない時をつくったらどうか?

なんてことない... と思うけどな~

それでいて、有難味や過剰さに気づくこともできるし。

 
って言うか、
実際、メンテナンスとかがあるはずなのに
365日24時間 休まずに動いているのが まさに異常。

課題抽出と課題解決だけが改善なのだと煽られて
本当に求めてられていることに 気づいていない。

これじゃ システムだって 過労死しかねない。

せまい日本 そんなに急いで どこへ行く

via: ケペル先生のブログ

 

●1年前の今日:これは Blackではないね

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  失敗 価値 改善 感謝 疲労 

ページTOPへ↑

EDIT

やめる!へらす!かえる!

今日は、岐阜県の ある工場におじゃましました。

ここでは
活発な改善運動が行われているとのことで、
その様子を実地にお伺いするために訪ねました。

ISOやプライバシーマークを取得しているだけあって
かなり行き届いた管理がなされていましたが、

まぁ そういう工場は、
自分の会社関係にもあるわけだし、

無災害記録を見たところ
さほど長期間でもないし、

大きな成果につながる
目立って素晴らしいところは
あまり見当たらない現場でした。

しかし…

目立たないところで
小さな素晴らしさや
僅かな違いが
たくさん見られました。。。

 

ここでの改善の目標は…

  • 常に考える力を身につける
  • 自職場を自分達の手で、働きやすい環境にする
  • そうすることにより、作業効率が上がる
  • その結果、業績に貢献する

 

そして…

最も特徴的なのは、

改善提案は受付けない。

改善実施済の事例だけを受付ける。

…ということ。

提案は、往々にして主体性がないことが多い。

自分自身に提案し、自分で実施する。

年間6000件以上にも及ぶ改善の中には
「発明」と言った方がイイような
スゴイものもありますが、

その大半は、非常に些細な改善です。

  • 曲がり角に銀紙を貼る
  • 階段の滑り止めに蛍光塗料
  • 便器の近くに足型を表示 …など

 

中でも、気になったのは
改善運動関連の掲示物でした。。。

  • くろう と くふう...
  • 思い立ったが吉日
  • やめる!へらす!かえる! …など

工場内のいたるところに貼られた
改善運動の掲示物は、
それを見ているだけでも非常に興味をそそられます。

 

それから…

質問への応対が素晴らしかった!

 

Q. 改善実施後のフォローは どうされていますか?

A. え~ そこまでは できていません。

 

Q. 他人の案をマネする人がいると思いますが、
   どう対応していますか?

A. 確かにそういう人もいると思いまずか、
   特に対応はしていません。

 

Q, あまり改善を出さない人にはどう対処しますか?

A, 改善とは何か、どう出したらいいのか判らない人もいます。
   そういうことの伝え方を改善するようにしています。

 

Q. 改善の評価について、意見が分かれることがありますか?

A. まず、ありません。 改善できた事実を見れば一目瞭然です。

 

Q. 運動を軌道に載せるまでの苦労などはありますか?

A. 特にありません。苦労を苦労と思わないタイプなので...

 

それにしても…

ウチのメンバーは、どうして?

「できてないこと」 「できないこと」に

焦点を合わせて質問してしまうんやろう?

 

解説をしていただいた Hさんは、

まずは 第一歩。
そして、次に第二歩目。
その連続です。

と、言っておられたように、

常に、「今できること」に視点を置いて

過去の不足・失敗ではなく、

未来の達成・成功に向いて力を注いでいた。。。

 

今、イチバン大切な改善は、

この視点の置き方だと思う。。。

 

Hさんはじめ、工場のみなさん ありがとうございます。

 

やめる 減らす カエル

 

●1年前の今日:コーチプロ in 広島

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  改善 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |