元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

母は強し

母をたずねて三千里

「母をたずねて三千里」
1976年に放送された名作アニメです。

イタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシが
出稼ぎ先で音信不通になった母を探しに
たった一人てアルゼンチンへ旅に出る物語。

行く先々で数々のトラブルに見舞われながらも
やっとのことで母との再開を成し遂げます。

ところが・・・

平日の朝、この懐かしいアニメが
テレビ大阪で再放送されています。

あまりテレビを見ない父ちゃんですが
毎朝欠かさず、次女もっちゃんと一緒に見ています(^^ゞ

既に50話を過ぎて
物語は いよいよ佳境へと・・・

ところが・・・

ようやく会えた母アンナは
なんと、重病に伏していたのです。

あんなに苦労を重ねてきた旅の終わりが
こんなことになるなんて…

けれども今日の放送では
今までの辛く悲しい涙ではなく
嬉し涙を流すことになりました。

息子が会いに来てくれたことを知った母は
気力を取り戻し、緊急手術を乗り越えて
無事に生還したのです。

よかった。
本当によかった。

たしか明日は最終回。

大円団のハッピーエンドが楽しみです♪

そして・・・

今日は自分の母が
ポリープの摘出治療を受けました。

内視鏡治療で胃のポリープを取るのは三度目です。

ですが今回は
かなり大きいのでリスクも高く
そのまま手術になる可能性も
覚悟せざるを得ませんでした。

果たして・・・

予定を大きく超える2時間半後
なんとか無事に摘出することができました。

術後は気分が悪そうでしたが
次第に落ち着きを取り戻してきています。

これまでの倍以上の大きな傷を残しているので
まだ予断は許されませんが
まずは一安心といったところ…。

フミ祖母ちゃん
よく頑張りました!

もう一踏ん張り、頑張ってや!

少年マルコと母アンナのように
大円団のハッピーエンドで退院できるのを
楽しみにしています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:今どきの子どもたち…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  親子 家族  手術 

ページTOPへ↑

EDIT

手術は成功!

午後からは、
ふみ婆ちゃんの入院している病院へ。。。

病室に着いた時には、
一足違いで部屋を移動した後でした。

 
「長くなるから、病室か、その辺で待っててください」
そう促されて、部屋の前の長いすにかけました。

昨日のインフォームドコンセントでも
「5時間くらいかかる可能性もあります」
と言われていました。

 
本を3冊、持ってきました。

…が、
1冊目の半分しか読めませんでした。

中の様子が気になって集中できません。

 
ところが…
2時間を待たずして
「おつかれさまでした」
という声が聞こえてきました。

その直後、先生が出てきました。

 
「意外と早かったですね」

「そうなんです。
 わりとスムーズに進みました。
 出血など合併症も ほとんどありません。
 今日のところは、成功です。」

 
まずは、一安心。

 
なぜだか今回は、
ちょっと不安が大きかった。

気が張っていただけに
短時間で問題なく手術ができたことが
スグには信じられない感じ。。。

 
部屋から出てきたお婆ちゃんは
「しんどかった。。。」とつぶやいた。

「しんどかったなぁ。」とだけ応えました。

 
術後の様子と、病理検査の結果をみるまでは
両手離しで喜ぶことはできないけれど…
やっぱり! よかったな...って
少しずつ実感がわいてきました。

 
でも、同時に、
何か… 以前とは違う何かを感じています。

 
それは、
お婆ちゃんには永く見られなかった
たくましさであり、前向きさでもあるし...

自分自身の恐れや不安や弱さであり、
それらを受入れつつある自分でもある。

 

そして…
ゆきちゃんは、今朝もスイミング教室。
どんどん上達しているみたい。。。

もっちゃんは、泣き声や笑い声が
ますます力強くなってきています。。。

 
それぞれ みんな がんばってます!

 
な~んか このところ…
力づけてあげる側であるはずの自分が
幼い子どもや、病床の老母に、
励まされているような。。。^_^;

 

●1年前の今日:プチコ de カレー

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 手術 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |