元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

献血は怖くありません!?

献血は怖くありません 血液には鮮度があります 新鮮なうちに献血を

via: Twitter / DD_Libeccio

いや…
怖いって
(((;゚Д゚)))

怖がらせてどうする!?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
たいすき!?

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板 ポスター 恐怖 キャッチコピー 

ページTOPへ↑

EDIT

暗い所では灯りを点ければよいのです

理解できることを増やし恐れることを減らす

人生には恐れるべきものはなく、理解すればよいのである。今こそ理解できることを増やし、恐れることを減らすのだ。

via: カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳

見えないから怖いんです。
知らないから怖いんです。
分らないから怖いんです。

暗ければ灯りを点ければいいんです。
知らないことは学べばいいんです。
難しいことは教えてもらえばいいんです。

見えれば、知れば、分かれば、
恐れは少しずつ消えていきます。

中には「知れば知るほど怖い」
なんていう話もありますが
恐れが消えるまで知ればいいのです。

一足飛びにはいきません。

よく見る、よく診る、よく観る。
よく聞く、よく訊く、よく聴く。

勉強する、練習する、試してみる、
シミュレーションやリハーサルを重ねる、
気心の知れた仲間の前でやってみる、
小さい規模から始めてみる、
何度も何度も繰り返す…

すると…
見えなかったものも見えてきます。
分からなかったことも理解できてきます。

理解を増やして恐れを減らそう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
それだけの時間が必要だっただけ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  恐怖 超越 視点 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ご一緒にいかがですか?

奈落 B1

via: Twitter / masa_ios

思わず身構え
たじろいでしまいます
(^^

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
男の憧れ

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板 恐怖 

ページTOPへ↑

EDIT

必要に迫られたのか? 好奇心に駆られたのだ!

Truck attempting to go across a very thin wooden bridge

これムリ!
絶対ムリ!

わりと高いところとか危ないところは平気な方なのですが、クルマでこういうところを通るのは大の苦手です^^;

この今にも崩壊しそうなボロ橋じゃなくて強固な鉄橋であったとしても、この幅にビビってしまうのです。

徒歩ならまったく問題ないんですよ(^^)v

カラダよりクルマが大事だとは思ってはいないはずなんですが、なぜかクルマの破損やトラブルに対しては異常なくらい怖気づいてしまうのです。

誰かに「遠慮なくポンコツにしてイイよ!」と言ってもらえたら、ワクワク気分で冒険を楽しめるようになるのかもしれません(^^ゞ

そんな情けない野郎ではありますが、無謀ともいえる挑戦に好奇心をかられる気持ちには共感できるから不思議なものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

今にも崩壊しそうなボロ橋を牽引車つき2tトラックで渡る!
●1年前の今日:
懐の深いニャンコ

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  冒険 好奇心 危険 恐怖  

ページTOPへ↑

EDIT

パンダちゃん痛そう~

パンダちゃん痛そう~

via: 100 Notes

とりあえず
止血した方が
イイと思います
^^;

一般向けとしては
かなりハードルが高いですね┐(´д`)┌

このボートに
楽しく笑顔いっぱいで乗れる
ファミリーやカップルがいるとしたら
かなりニッチな趣味の方々に違いありません。

でも、なんとなく
ちょっと怖いモノ見たさが
ソソられなくもないですwww(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:比べない生き方

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  恐怖  イメージ  

ページTOPへ↑

EDIT

天空の車庫

天空の車庫

via: Twitter / donzurubow

ムリ!!
絶対マネできない

肝試しか!?
それとも、罰ゲームか!?

っていうか
後ろが崖じゃなくても
車庫入れ自体が苦手です(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:力を尽くす

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  スゴイ ビックリ 危険 恐怖  

ページTOPへ↑

EDIT

解りやす過ぎて怖くなる道路標識

落石に破壊された「落石注意」の標識

今日のツーリングで1番面白かったのはコチラ!

納得です、
説得力あり過ぎでした Σ(゚д゚lll)

via: Twitter / M_Y0SH1N0

うわぁ~~~(゚Д゚;
これはリアル過ぎて怖い…

けど・・・

壊れた標識の横に大きな石を
わざと置いてるだけなんだとしたら
スゴイ演出力だ!!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:使い込むほどに…

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板 恐怖 アイデア 

ページTOPへ↑

EDIT

無意味な殺生はしたくない

ニホンミツパチの分蜂群

何だか解りますか?

これは
ニホンミツバチの大群です。

1万匹はいるようです!

寒気がするほど
怖いですね~(>_<)

というわけで
多くのミツバチが
殺虫剤で駆除されています。

でも実は…

ニホンミツバチが
刺すことは殆どありません。


ニホンミツバチは刺さない!

ニホンミツバチは春に巣分かれをします。

増えた群れが集団で引越をするのですが
新しい巣が見つかるまでの間
上記の写真のように木や軒下などに
群れで集まって待機していることがあります。

これを「分蜂群れ」というそうです。

「分蜂群れ」のニホンミツバチも
滅多に刺すことはないようです。


ニホンミツバチの分蜂群れを素手で触ってみる

数時間から3日間くらいで
新しい巣へ引っ越していき
「分蜂群れ」はなくなってしまいます。

危害を加えない限り
何も悪さはしないんですね。

にも関わらず
ニホンミツバチは
蜂だというだけで
「分蜂群れ」ごと
殺虫剤で一網打尽に
駆除されているのです。

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会では、無知によって殺される多くのニホンミツバチを救いたいと考えています。

駆除の中でも、特に不条理なのが、春の分蜂群(ぶんぽうむれ)です。

数千匹のミツバチが
木や軒下に固まっていても
殺虫材をかけないでください

via: 週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

たしかに
スズメバチなど
危険な昆虫もいます。

けれども
蜂の仲間でも
ニホンミツバチのように
おとなしい昆虫も多いのです。

そのような昆虫たちを
正当な理由もなく
無知からくる恐怖心を抑えるためだけに
皆殺しにしてしまって良いのでしょうか?

また
ニホンミツバチは
植物の受粉を助ける
重要な役割も果たしています。

もしも
ニホンミツバチの数が極端に減ると
植物をはじめとした生態系に
大きな影響を与えることも予測できます。

もちろん!
ミツバチであることが確認できない場合は
危険に晒される可能性も否定できません。

むやみに虫を怖がらないよう
日頃から危ない昆虫の知識を
身につけておきたいですね。

ウチの近所では
「分蜂群れ」を見かけたことはありませんが
都市部であってもミツバチが飛んでいる姿は
わりと目にする機会はあるものです。

そんなとき
いたずらに怖がって払いのけるのではなく
生態系を下支えしてくれている彼らに
優しい眼差しでエールを送ってあげたいものです。

そして
そんなニホンミツバチの話を
子どもたちにも伝えてあげたいと思います。

むやみな殺生はしたくありませんし
誰にも して欲しくありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:季節はずれの「福笑い」

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  恐怖 生命 自我 

ページTOPへ↑

EDIT

驚きとワクワク…


Madeline + Train = Sheer Delight

うわぁ~~~っ!

はじめて電車に乗る3歳の女の子の
驚きと ワクワクが溢れれんばかりの表情が
カワイ過ぎますwww(^^)/

ゆきちゃんや もっちゃんを見ていても
こういう表情を よく目にします。

でも 解るなぁ そのキモチ。

子どもの頃は
初めてのことばかりで
何を見ても心をときめかせていました。

いえ…
子どものころだけじゃありません。

幼稚園や学校にあがったときにも
社会人になったときにも
大事なシゴトを任されたときにも
結婚したときにも
子どもが産まれたときにも

初めて知らない世界に踏み込んだとき
何かに一人で初めて挑戦してみたとき

これまでに何度も何度も
驚きとワクワク感に心を震わせて
楽しんできました。

けれども いつの間にか
その頻度は減ってきているように思います。

…というか
そう確信しています。

子どもの頃だけじゃなかったよな…
大人になってからも あったよな…

でも、最近は ちょっとご無沙汰かもな…

確かに…
歳を重ねるごとに
経験を積むごとに
普段の生活の中では
知らないことや予想もつかないことは
次第に減ってきています。

そうなると
驚いたりワクワクしたりすることも
だんだん減ってくるのも当然なのでしょう。

だけど
ホントにそれだけが
驚きとワクワクが減ってきた
理由なんでしょうか?

驚きとワクワク…

驚きと ワクワク っていうのは

期待不安を 同時に体験するんですよね。

言い換えてみると…

新たな世界への第一歩であり
夢の実現と希望に満ちた歓びであると同時に
未知の世界への恐怖と
向きあわなければならない苦痛でもあるんですね。

その
期待と不安のバランスが
いつの間にか変わってきたのでしょうね。

夢と希望に満ちた歓びに
グイグイと引っ張り込まれるような感覚が
だんだん恐怖や苦痛を避けようとする感覚に
変化してきたのだと思います。

年齢や経験を重ねるごとに
さまざまな現実を理解するようになって
新鮮さや可能性を感じにくくなってくると
期待感が小さくなってくるのは自然な流れです。

そして
安定や安心を手に入れるためには
危険や苦痛を避けて通った方が楽だという
生活の知恵も手にしていることでしょう。

そうなると当然のごとく
期待と不安のバランスが
変わってくるものなのでしょうね。

だけど
これって…
考え方次第なんだろうなぁ
…とも思うのです。

歳や経験を重ねて
いろんなことを見て聞いて
知ってきたことは事実なのですが
もちろん!
世の中の全てを知っているわけではありません。

まだまだ知らないことは たくさんありますし
きっと、一生かかっても全ては知り得ないですよね。

確かに
危険や苦痛を避けて通ることは
安定や安心を得るための
効率の良い方法の1つではありますが
安定や安心だけが歓びや幸せではないですよね。

なんだか いつの間にか
知ったかぶりになっていたかもしれません。

なんだか いつの間にか
うれしがり方が偏っていたかもしれません。

寄る年波には勝てないというと
及び腰まる出しの言い訳になりますが^^;
確かに 最近は小さくなっていたと思います。

好奇心チャレンジ精神 が…

改めて
そんなことを思ってみると
なんとなく…

もっと知りたい!

もっと楽しみたい!

もっと驚いて ワクワクしたい!

そんな風に感じました。

やっぱり!
ときどき視点を変えるきっかけを
もたなくちゃね(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

この域に達するまで まだまだ驚いて ワクワクするぞ!

 

●1年前の今日:うっかりミス

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  期待 好奇心 チャレンジ 不安 恐怖 視点 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

視線を感じる…

視線を感じる…

うぇっ!

こ これは アカン^^;

なんとも言えない
不敵な笑みが…

何人をも寄せ付けようとしない…

この椅子に案内されたら
全面降伏的に 困りますwww

ちょっとやそっとの覚悟では ムり!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:高い 高い 高ぁ~~~~~~~~~~~い!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  思い込み  恐怖 

ページTOPへ↑

EDIT

恐怖のパプリカ!

恐怖のパプリカ

赤いパプリカを こんな風に 切ってみたら・・・









恐怖のパプリカ

うわぁ~~~っ!

とてつもなく 恐ろしい!
歴史上 最も邪悪な一族の末裔か!

み…   み…
見てはならぬものを
見てしまったのではないか・・・!

恐怖のパプリカ

via: パプリカさん怖すぎワロタ・・・

横顔も かなり怖い!

真夏の夜にふさわしい
怪談ホラーネタでした。。。(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:緩か急か

コメント:4 | TB:0 【なに?コレ?】   恐怖 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

夢に出てきそ~ ^^;

コ レ は ヤ バ い

via: コ レ は ヤ バ い on Twitpic

 
巻貝? ヤドカリ?
ムツゴロウにも見えなくはない?

いや...
何をモデルにしたかなんて
この際、どうでもイイ!

コレは、どう見ても 怖いでしょ!?

食いしん坊の もっちゃんも
さすがに「食べたくな~い」って言ってた。

この目つきで…
この数で…
向かって来られたら…

夢に出てきそ~ ^^;

 

●1年前の今日:入道雲

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  スゴイ アイデア B級グルメ 恐怖 

ページTOPへ↑

EDIT

見えない

見えない敵っていうけれど

見えない敵
っていうけれど
ホントに敵なんて
いるのかなぁ。

見えてないのに
いるのかなぁ。

見えない味方かも
しれないなぁ。

via: 闘え!炎のニッポン人

 
見えないものは 怖い

見えないから 怖い

怖いから敵だと思ってしまう

神さまや仏さまは
味方でいてくれると思うけど
やっぱり 見えはしないもの

見えないからといって
敵だとは限らない

見えないものは それでも怖い

敵か味方かに関わらず
見えないことが 怖いんだ

 
見えないことって
どうして怖いんだろう?

見えてることの方が
圧倒的に少ないのに

どんなに視野を拡げようと
どんなに先を予測しようと
見えないことが ほとんどなのに

見えてる世界に閉じこもっているから
見えてる現実に拘っているから

見えるものだけが全てだと
心のどこかで思い込んでいる

闇や霧中の不安や恐れとは
自分の壁を 取り払って
その殻から出ることへの恐怖

何時、何に触れても
見えない前提で 観ることができれば
不安や恐れのフィルターを外して
ホンモノの敵や味方を
見極めることができるんだろうな

心の目を塞いでいるのは 自分自身

 
・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:今を生きる

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  恐怖 不安 こだわり 既成概念  

ページTOPへ↑

EDIT

怖そうなジェットコースターほど乗りたくなる

怖そうなジェットコースターほど乗りたくなる

アミューズメントパークでイチバン人気と言えば
やっぱり!ジェットコースター。

 
カタカタカタと音をたてて
徐々に高度を上げていくにつれ
恐怖と興奮が高まっていきます。

そして、いきなりの急下降!

あちらこちらで耳を劈くような絶叫!

息をつくまもなく 右へ左へ 上へ下へ
急上昇、急旋回、急下降の連続。

あ~ 怖かった などと感じるのも束の間...
急上昇したかと思うと そのまま宙返り!

ギャ~~~~~~ッ!

猛スピードで駆け抜ける車両の轟音を掻き消すくらいの
ものスゴイ絶叫が園内に響きわたる。。。

既に涙を流している人もいる。
目を開けていられない人もいる。

絶叫マシンと言われるが所以  ここにあり!

乗らなきゃ良かった~~~っ!

そんなことを言っても 止まらない。
もう 降りることはできないのだ!

その後も続く烈しい動き...
その度に翻弄される身体...
つい漏らしてしまう声、いや絶叫...

もう やめて~~~っ!

失神寸前かと思わせるような声が聞こえたかと思うと
ようやく、プラットホームが見えてくる。

ホッと息をついたと同時に...
ガタンッ!    最後の急制動!

ふらつきながら降りていく乗客たち。

怖かった~。。。
予想以上に烈しかった~。。。

うん。そう思う。
なにせ絶叫マシンなのだから。

ところが、
その直後に聞こえてくる台詞は...

でも楽しかった~!
また 乗りたいね~♪

 
周りで見ている人たちも
絶え間なく聞こえてくる轟音と絶叫、
フラフラになって降りてくる乗客を見るにつけ、
なんて怖そうなアトラクションなんだと認識する。

あんな怖い乗り物には近づかないぞ
と思う人もいることはいるのだけれど、
ほとんどの人は、なぜか...?
「乗ってみた~い!」と思うのだ。

 
そう。

平穏無事に過ごしていると
なんとなく のほほんと暮らしていると
なぜか?強い刺激を求めるものなのだ。

たとえ それが 恐怖や不快であったとしても。

心理的な視点でみた場合、通常、人間は、
「快適さを追求する心」と「苦痛を逃れたい心」が
基本的な行動の源泉になっているという。

しかし、逆の場合があるということ...
というよりは、
通常、快適と思われていることが不快で
苦痛と思われていることが快楽であったりすることが
よくあるのだということなのだと思う。

 
胎内記憶研究の第一人者で産婦人科医の池川明先生は
「子どもは 親を選んで 生まれてくる」と言う。

優しい親、楽しい親を選んで生まれてくる子もいれば、
離婚しそうな家庭、虐待する親を選ぶ子もいるのだと言う。

さらには、中絶する親を選ぶ子もいるし、
死産するために、その親を選ぶ子もいるのだと言う。

そんなはずはない。

幸せそうな家庭を選ぶのは解らないこともないが、
なぜ、わざわざ、そんな親を選ばなきゃならないのか?

しかし、池川先生は
そこに、ジェットコースターに乗りたい心理があると言う。

魂の世界は、とても安定し落着いた世界なのだそうだ。
だからこそ、刺激を求める子どもがいてもおかしくないと。

一般に快適だ苦痛だというのは、
今の生活を基準にした思い込みであるかも知れない。

人生はジェットコースターのようなものだ...

池川先生の喩えは、妙に納得できるものだった。

 
あんな怖いもの、乗り心地の悪いものに誰が乗るか!
と思うようなものに限って、とっても乗ってみたい!

乗ってみたら、やっぱり怖かった、不快だった。

イヤだ!止めてくれ!と後悔することも よくある。

景色がイイとか、風が気持ちイイとか
スピード感が堪らないとか思うこともあるけれど、
ほとんどは、恐怖と苦痛から絶叫と涙の時間で占められている。

そして、終わってみれば
足腰はガタガタ、フラフラの状態で降りてくる。

にも関わらず…
ほとんどの人が「また乗りたいね~♪」と言う。

 
自分も、ジェットコースターが大好きだ。

かつて若かったころには、
全国の遊園地のジェットコースターに乗って回った。

大人になってからは、絶叫も涙も発してはいないけど
恐怖や苦痛をスリルとして味わっている感はあるな。

そして、今、
人生のジェットコースターに
自ら望んで乗っている自分が ここにいることを実感した。

 

●1年前の今日:幼稚園 最後の運動会

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  天命 常識 恐怖 不安 不快感 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

恐怖を感じる時

小心者は、危険の起こる前に怖れる。
臆病者は、危険の起こっている間に怖れる。
大胆な人間は、危険が去ってから怖れる。

(リヒター)

 
馬鹿者は、いつになっても恐れない。

…とは書いていなけようだけど...

勇気とは恐れを感じないということではなく、
恐怖を目の前にしてなお行動できること。

恐怖を感じ、理解分析し、克服すること。

故に、恐れることを忌諱することはなく、
恐怖を感じないのは、むしろ愚者。。。

 
怖いと感じることは、悪くない。

怖い時に、どうするかが問題。

怖さが解らないのは、問題外。

 
…などと、
思ったり... 思わなかったり...(^^ゞ

恐怖を感じる時

 

●1年前の今日:「とても」の 47バリエーション

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  勇気 恐怖  お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |