元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

「走りながら考える」の本当の意味

「走りながら考える」の本当の意味

「走りながら考える」
よく目や耳にするコトバです。

完璧な方法を考え抜いてから行動に移そうとすると、概して実行できないまま時間だけが過ぎてゆく。

だから、まずは行動せよ。

行動しながら考えて改善していけばよい。
行動して初めて見えてくることもある。

走りながら考えることが大切。

成果を出している人の多くは走りながら考える人です。

なるほど納得ですね。

しかし、ここで一つ注意しておく点があります。

それは、「走りながら考える」とは、行動することと考えることを同時にすることではない ということ。

考えることも実行することも、それぞれ集中して行わないと効率が悪くなってしまいます。

つまり、考える時間と行動する時間を分けて取ることが重要だということ。

意図を持って仮説を考える。
そして、行動してみる。
行動の結果を検証、反省する。
検証を基に改善策を考える。
改善策を実行する。
その結果を検証、反省…

これを繰返すこと。
それが「走りながら考える」ということ。

考え過ぎないで行動に移すことは大切ですが、文字通り考えることと行動することを同時にやってしまうと、各々の動作に集中できず思うような成果は期待できません。

考える時間と実行する時間を分けて交互に行うこと。
それによって「走りながら考える」が活きてきます。

さらなる進化成長のために、効果的な「走りながら考える」を実践していきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ワンコイン? #2

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  行動 思考 集中 実践 チャレンジ 誤解  

ページTOPへ↑

EDIT

目標を達成して成長するための考え方

考え方A「階段式に上達しようとする」 考え方B「小ステータスをちまちま上げていく」

恩師から「絵に限らないけど、階段式に上達しようとすると、よっぽど情熱や根気がないとバテるよ」って言われて描いて貰った図に「あぁー!!!」ってなったので、ざっくりとですが共有したい。
階段じゃなくて、それぞれの小ステータスをちまちま上げていくイメージでやるほうが向いてる人も居ると。

via: Twitter / comori_uta

そうそう!
そういうこと。

考え方Bの場合、目標は「今日はここをやろう」の部分になるわけで、小目標・短期目標を設定して一つずつ片付けていこうという考え方。

一つずつ段階を上げていこうという考え方Aも、一見すると同様に思えるが、その階段は結果を示しているものであって、概して小目標になっていない場合が多い。

Aしか思いつかない人は、Bのような作業の要素分けをしていないので、最終目標までのマイルストーンの設定ができないことが多い。

つまり、やみくもに努力してその結果、何か一つでも良くなれば一段階アップ… みたいな発想になりがちなので、よほど根気がないとバテてしまうと。

というわけで、大きな目標はもちろんのこと、一気に仕上げられない作業は、短時間でできる小さめの要素に分けてリストアップして、一つずつ計画的に片付けていくのが達成するための鍵。

要素分けができているなら、AでもBでもどっちでもイイ。

改めて再確認!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
わってイイけど、わっちゃダメ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  思考 視点 目標 成長 

ページTOPへ↑

EDIT

停滞気味で行動できない時は

停滞気味で行動できない時は

考えたり悩んだりするばかりで停滞気味…
なにかにつけ行動に移せなくなっている…

そんな時は、人に会うのが一番イイ!

背中を押してくれる人がいるかもしれないし、ブレーキを外してくれる人がいるかもしれない。

でも、本当に大事なのは、様々な人に会って様々な人の話を聴いて、ぐちゃぐちゃになること。

様々なコトバで様々に表現された様々な意見を、わけが分からなくなるくらい浴びせかけられてみる。

人に会ってヒントや正解を教えてもらおうとするのではない。
人に会って自分の考えやコトバを一旦リセットするということ。

その上でもう一度自分で考えると驚くほど自由な発想ができるものだ。

結果、背中を押すのも自分自身、ブレーキを外すのも自分自身だったりする。

いつも答えは自分の中にある。
しかし、自分一人では見つけにくいことが少なくない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
カンタン! 美味しい! 自家製みかんジャム

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  コツ 行動 思考 心理 ハック 

ページTOPへ↑

EDIT

やめられないことでも一休みならできる

何かをやめるコツは、やめるのではなく一時休むことにすること。

何かをやめるコツは、やめるのではなく一時休むことにすること。「また次もある」と思えば、その場はやめられる。その「次」が来る前に寿命が来れば、やめたことになる。

via: Twitter / shigotanon

ハイ、コレ使えます!

ウチの愛娘たちがケームに夢中になっている時なんかも、「とりあえず一回休んでオヤツでも食べて、また後で遊んだらエエやん」って言ってやると、渋々でも大概はやめます。

そして多くの場合、そのままやめちゃうんですよね^^;

何かやめるということは、何かはじめるのと同じくらい難しい。

だから、とりあえず一旦休んでみる。

すると、不思議なことに考えが変わることも少なくありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
どっちやねん!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コツ 思考 行動 心理 ハック 

ページTOPへ↑

EDIT

悩み抜き考え抜く

頭で信じられようが信じられまいが、ひとつ言える確かなことは、悩んでるとき、停滞していると思うときほど、自分の意識の及ばない深遠な層から目まぐるしく変わり始めている。自分の変化に自分の頭が気づくのは、わりと変わりきった最後の段階だったりする。それまでじっと待てるかどうか。

via: Twitter / shh7

いや… ホント…
気がつかないものです、悩んでる真っ只中には。

気がつくも何も、悩みのタネは往々にして外的要因もしくは外部からの刺激にあると決めつけていることが多いので、まさか自分自身の変化が表面化しているなんていう可能性は頭の片隅にもなかったりします^^;

で、なんとか悩みを解決しようとして外に原因を探し求めるのですから、なおさら悩みは深まっていきます。

そうなると、自分にも問題があるんじゃないかと仮定してみますが、外部の変化が問題だという前提で考えていますから、外との関係性以外の自分自身の根本的な課題や変化には思考が及びません。

たいていは、この辺で思考停止に陥りますので、問題を直視しない方法をとるか、考えを深めずに堂々巡りを繰り返して疲労困ぱいしてしまうんですね。

けれども、ここでもう一踏ん張り考えを深めることができれば、今までに見たことも考えたこともないような新たな発見をすることができたり、自信を高めることができたりすることが多いように思います。
これまでの悩んで悩んで悩み抜いた経験を思い出してみても間違いないですね。

こういう感覚は、肉体的なトレーニングに似たようなところがあります。
軽く試してみただけでは身につかない体力や身体能力も、ある程度の負荷をかけて繰り返すことによって会得できるわけです。
同様に、悩んでも軽く考えただけでやめてしまっては得られないことも、悩んで悩んで悩み抜き、考えて考えて考え抜いた結果、気づくことができるんですね。

とはいえ、、カラダやココロを壊してしまっては元も子もありません。
やっぱりムリは禁物!

それに、とことん考え切ったら行動に移すことが肝心です!

カンタンに諦め過ぎず、でも負荷をかけ過ぎず、クヨクヨしない…
悩み抜き考え抜く姿勢を忘れないようにしたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

悩み抜き考え抜く

●1年前の今日:
こういう看板を出している店に限って…

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  とことん 思考  味わう 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |