元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

願いを込めて…

名物 にしたい! とんかつカレーうどん

via: なんぎな日記

とりあえず
今のところは
名物ではないんだね
^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ルーチンワークをきちんとこなす意義

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  希望 悲願 変な看板 キャッチコピー  

ページTOPへ↑

EDIT

やっぱり未来には希望がある

人工知能に代わられる主な仕事

via: Sharetube

少し前のことになりますが、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授がカール・ベネディクト・フライ研究員と共に著した「雇用の未来?コンピューター化によって仕事は失われるのか」という論文が世界中で話題となりました。

それ以来これを受けて、マスコミや評論家、一般のブロガーたちまでもが、「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」「20年以内に約47%の人の仕事がなくなる」などと悲観的な予測をしています。

おそらく、その予測は的中するでしょう。

様々な状況がとてつもない速さで変化している現代、雇用や職業にも大きな変化が起こり得る可能性は高く、とりわけコンピュータや人工知能が既存職業に与えるインパクトは絶大なものであることは想像に難くありません。 たしかに、今ある仕事の多くはなくなってしまうでしょう。

けれども、悲観的な要素ばかりではありません。

世間の風潮は、「消える仕事」と「生き残る仕事」だけが注目されているわけですが、その視点はあまりにも偏り過ぎています。

世の中の大きな変化に伴って「消える仕事」があれば「生き残る仕事」もあります。
そして、「新たに生まれる仕事」もあるのです。

危機感ばかりが煽られて、これから先に伸びる仕事や、これから新たに生まれてくるはずの仕事についてはほとんど語られることがありません。

ですが、「変化」とは必ずしも「衰退」や「消滅」ではありません。

既存のものが淘汰されるとともに、新規に生まれる価値があり、世代交代が行われるということでもあるのです。

もちろん、今まで通りの発想では「新たに生まれる仕事」に就くことは困難ですから、時代の流れに呑まれて仕事を失ってしまうことになりかねません。

そうならないようにするためには、時代の変化を掴み、時代の求める商品やサービスを開発すること、あるいは時代にマッチした人材に変化することが必要です。

ただ危機感を煽ったり煽られたりしているだけでなく、これから訪れるチャンスを掴み取る準備を進めましょう!

そんなに楽な時代じゃないかもしれません。

でも、捨てたもんじゃないですよ。
これからだって(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
お気楽なハニワたちがカワイ過ぎてワロタ

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望 未来 変身 天命  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

長い絶望の道のりも抜け切れば希望が待っている

ヤバイ!トイレどこ!トイレあった!やった!

もう漏れる!ヤバイ!トイレどこ!トイレあった!やった!トイレトインォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

via: Twitter / bonnoki

トイレトインォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

長ーーーいっ!
長すぎるwww

目につきやすいことはサインの必須条件ですが、もうちょっと距離感を表現してもらいたかった…
っていうか、
もっと近くトイレを設置して欲しいですね。

さて、先月下旬からインフルエンザでダウンしておりましたが、ダウン12日目に突入することはありませんでした。

今朝も平熱でした。
ダルさは残っておりますが、昨日から丸1日以上平熱が続いており、頭痛・関節痛もまったくありませんので、今日2月6日をもって収束宣言を出させていただきます(^^)/

いや~ 長かった!

ここまで本当に長かった。
先が見えない時はもちろんのこと、トンネルの出口が薄っすらと見えてからも劇的に長く感じました。

でも、もう振り返りません。

やることが一杯です。
やりたいことも一杯です。

健康のありがたみを改めて心に刻み込み、今此処を丁寧に生きていきます。

というわけで、今日から通常業務を始めました。

ところが、さすがに病み上がり…
というか、未だ完治したわけではありませんし、長く寝込んでいたので、いたるところがナマっています。

座っているだけでもスグ疲れるし、集中力は続かないし、手際も悪くなっていたりします。
10日以上もダウンしたのは生まれて初めてでしたが、このくらいの日数でこれほどまでに衰えるとは思いもしませんでした。
それほど長かったということなのですね。

完治までもう少しかかるでしょう。
そして、バリバリ動けるようになるためには、かなり長期間のリハビリが要りそうです。

けれども、イヤな感じはありません。
古い体をすべて捨て、何もかも新しく交換して生まれ変わった気分です。

そういえば、初めて回復の兆しを感じ取ったあの光は節分の日の朝日でした。
兆しが確信に変えてくれたのは立春の朝日でした。
今思えば初春の初日、あのお日さまは初日の出だったのですね!

新しい年、新しい時代の幕開けとともに、体も心も新しくなって、まさに新しい生活がスタートします。

きっと可能性に満ちた未来が拓けると確信しています。

ワクワクとドキドキにあふれています。
正直ドキドキは要らんなぁと思うものの、ワクワクとセットものですから甘んじて受け容れて、たっぷりワクワクを満喫します。

天与の力と才智を活かしきり、自分の役割に徹するため再スタートを切ります。
慣れないことも少なくないでしょうけれど、着実に歩みを進めていきます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
The light is he, shining on you and me.

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望 期待 変身 天命  感謝 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

アイデアと行動力が夢を育む

ほら、似てる。

食パンの袋を留める水色の留め具、バッグ・クロージャー。この形が青森県の地形に似ていることに着目した青森県の大学生が、「青森県の形のパンの袋どめ」を自作したことが話題を呼んでいる。

via: ライブドアニュース

ほら、とまる。

これは面白~い!

ナイスアイデアですね。

「似てる、と気づいてしまってから、作らずにいられなくなりました」と話すのは、「青森でパンの袋をとめよう会」の代表、弘前大学教育学部2年の鈴木海人さん。「青森そのものを資源として楽しむ、今までにない発想だ!と思って、わくわくして、すぐに作りたい、と思い立ちました」

via: ライブドアニュース

実は、何を隠そう…
ボクも大学生の頃に青森県とバッグ・クロージャーが似ていると思っていました。25年以上も前に!

いや、ウソじゃありません。

でも、ボクは似てると思っただけで、実現化する行動力はありませんでした。

権利を要求したりタカったりするつもりもありません^^;
思ったら即行動に移した鈴木さんの行動力には頭が下がります。スバラシイ!

今後の用途について鈴木さんは、「青森県産の印として、野菜や果物の袋の留め具になったらいいなと思います。地元の製造業の方々ともコラボレーションできたら、青森県をアピールするよいきっかけになると思います」と、夢を膨らませる。青森県のパン製造会社「工藤パン」との共演も夢見ているそうだ。

via: ライブドアニュース

ボクの母は弘前出身なので青森県への関心は高い方なのですが、この青森県型バッグ・クロージャーを通じて、もっと多くの人たちに青森県へ目を向けてもらえるようになればと願っています。

ライバル出現!?

via: Twitter / aomori_pandome

そして、新たに
ライバルの出現も!?

今後の展開が見逃せません!!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
平参平さんかと思った

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 行動   希望  

ページTOPへ↑

EDIT

拡散希望はもういい

拡散希望はもういい

拡散希望はもういい。
希望を拡散しろ。

via: Twitter / securecat

拡散って・・・
どうも良いイメージが持てなかったのだけど
希望の拡散なら悪くないかも!

拡散希望の希望っていうのは
拡散して欲しい人の希望なんだよね。

それは希望というより欲望でしょ。

みんなの希望になることなら
拡散希望なんかしなくたって
勝手に拡がっていくんだよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
今年はワタを栽培してみました

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望 自我  

ページTOPへ↑

EDIT

もうひといき…

もうひといき…

今日も一日、床に伏せっておりました。

焦る気持ちを なんとか沈めて養生します。

もうちょっと辛抱ですから…

もうひといき… もうひといき…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
爽やかな春の日差しにリハビリも捗ります

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  忍耐 希望 

ページTOPへ↑

EDIT

思わず「いい加減にしろ!」と言ったら…

創作料理居酒屋「いいかげんにしろ」

インフルエンザでダウンして6日目。

午前中は相変わらずの状態でした。

昨日は
もう いい加減なんとかしてよ~
と、愚痴をこぼしたくなると書きましたが

今日は
もう いい加減にしろ!
と、毅然たる態度で^^;
体内のウィルスに訴えかけてみたところ

なんと! 熱が
下がってきました!!

夕方にはカラダの痛みも治まってきて
ようやく回復の兆しが見えてきました(^^)/

まだ油断はできない段階だと思いますし
約1週間の病床生活で体力が衰えているようで
ちょっと家の中を歩くだけでフラフラですwww

とはいえ
やっと先が見えたということで
気分的には全快モード120%!

明日からの三連休の間に
しっかり社会復帰の準備をしたいものです。

まぁ ここまで来たら
焦らず 慌てず 完治を再優先します(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:巨大サクラクレパス!?(絵は描けません)

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】  インフルエンザ  希望 

ページTOPへ↑

EDIT

1%の希望

いちばん頭に入れておいて欲しいのは、1%の希望は99%の絶望を消しますよと。小さなことでも、それを希望にして立ち上がれば、絶望なんてどんどん消えていくんだよ。

via: 志茂田景樹さんの “元気になる言葉”

あぁ…
そうでした そうでした…

すっかり忘れていました。

一分の望みも持てないということを
絶望というのであって
稀に重くのしかかってくる絶望感は
絶望とは似て非なるものなのです。

ちゃんと希望は残っています。

いえ…
残り僅かな希望ではなく
たっぷり充分に恵まれています。

逆に…
ほんの僅かな傷の痛みが気になって
大半の恵まれた部分には
まったく目が届いていませんでした。

そう!
痛みや不遇や恐怖というものは
その実態よりも大きく見えるものです。

頭ではわかっているつもりでも
すっかり吹っ飛んでいました(^^ゞ

・・・とはいえ

やはり痛みはあるのです。

不遇も気のせいではないのです。

そうなれば自ずと恐怖を感じるものです。

たった1%のイヤなことが
99%がイヤなことに思えても
仕方がない時もあるのだと思います。

そんなことはないのだと…
大半は恵まれた状況なはずなのだと…
そう言い聞かされて頭で理解したつもりでも
どうしてもイヤになることもあるのですね。

実際にどのような状況なのかということと
本人がどう感じるかということが違うことは
けっして珍しいことではありません。

正論であっても
共感できないこともあるのです。

だから
強制することに意味はありません。

それが、たとえ
どんなに効果的な良い方法であっても…

自分に対しても
周りの人に対しても
強いることに意味はありません。

たとえ強いる意志がなかったとしても…

では、どうすれば良いのか?

イヤなことが過剰に気になっていても大丈夫!

99%がイヤなことだと感じていても大丈夫!

1%の希望が残っているならば…

きっと!
1%くらいの希望なら持てるはず…

悩んでいるのは
諦めていない証拠!

1%の希望は
99%の絶望を消しますよ。

小さなことでも
それを希望にして立ち上がれば
絶望なんてどんどん消えていくんだよ。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

、1%の希望は99%の絶望を消しますよ

 

●1年前の今日:意外な共通点!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望  お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

埋立地のフィルハーモニー楽団


Landfill Harmonic- The world sends us garbage... We send back music

世界は私たちにゴミを与え
私たちはそれを音楽にして返す

パラグアイの首都アスンシオン郊外にあるカテウラ地区。

大量のゴミの山の上に作られた小さな町で
南米の中でも最貧困のスラム街の一つと言われています。

この地域に住む多くの人たちは
使えそうなゴミを見つけてはそれを売って生活をしています。

Landfill Harmonic

ある日、Nicolas Gomez氏はゴミの山から
バイオリンのシェル型ケースを発見します。

それをミュージシャンのFavio Chavez氏と共に
ちゃんと演奏できるバイオリンにリサイクルしました。

これを契機に
チェロ、フルート、ドラムなどを
ゴミの山から次々に再生していきました。

Landfill Harmonic

そして生まれたのが
Landfill Harmonic というオーケストラ。

メンバーはカテウラ地区の子どもや若者たちです。

バイオリンの音色を聴くと
まるで自分の体内に蝶が舞うような気持ちになります

子供がリサイクル楽器を弾いている姿を見ると
とてつもなく幸せを感じます

厳しい生活の中で生まれたオーケストラは
楽器をリサイクルしている人にとっても
その楽器を演奏している人にとっても
夢と希望を与えてくれる一筋の光となっています。

Landfill Harmonic

スラム街の貧しい人たちによる
廃棄物のリサイクル楽器の演奏ですが
そのハーモニーは予想を遥かに上回る美しさ…

冒頭の映像は
ドキュメンタリー映画「Landfill Harmonic」の予告編です。

Youtubeでは200万回以上も再生され
2014年中の公開を目指してキャンペーンを展開するなど
さらに多くの人びとの心に感銘を与えています。

人々は、簡単にモノを捨ててはいけない
そして、人も簡単に見捨ててはいけない

何の気なしに使い捨てしているゴミ…

それは本当にゴミなのだろうか?

何にも代えがたい宝を
ゴミ扱いしていないだろうか?

猛烈に反省させられるとともに
勇気と希望を与えられたような気がします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

Landfill Harmonic

cf: Landfill Harmonic

 

●1年前の今日:それでもネコがスキ!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   自主自立 音楽 希望 再生 

ページTOPへ↑

EDIT

イイ人になりたい…

イイ人になりたい…
イイ男になりたい…
イイ親になりたい…

頼りになる存在になりたい…
仕事のデキるキレ者になりたい…
いつも笑顔でいれるようになりたい…

なんとなく…
いや、確信的に^^;
実は、こんな願望を持っていたりします。

同じようなことを思い願っている人も
少なからずいるんじゃないでしょうか。

こういう願いを持つということは
未だ願いが叶っていないということであって
つまり、今は"できていない"ってことなんです。

で…
今は"できていない"けど
なんとか"できる"ようになりたい!
そういう意志があるということでもあるんですね。

たしかに
今、"できていない"のは残念なことなんですが
"できる"ようになりたい!という意志を
日頃から持ち続けているということは
けっこう悪くないような… というか
わりとイケてることなんじゃないかと思うのです。

でも、世の中には
"できていない"ことを
"できている"ように見られたい!
と考えている人も少なくないようです。

イイ人に見られたい…
イイ男に見られたい…
イイ親に見られたい…
頼りになる存在に見られたい…
仕事のデキるキレ者に見られたい…
いつも笑顔でいるように見られたい…

きっと、こんな風に考えているんだな…
と思しき人たちを見かけたことがありませんか?

今は"できていない"けど
なんとか"できる"ようになりたい!
…と考えている人と

"できていない"ことを
"できている"ように見られたい!
…と考えている人とでは

とても大きな違いがありますよね。

イイ人になりたい…
こういう願いを持っているということは
それほど悪くない… というか
意外とイケてるんじゃないかと思うのです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:自分の機嫌をとるのも悪くない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望  成長 自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

明日があるさ

「また明日」の、明日があるから、早寝もするしご飯だって仕掛けるんだよ。明日があるってシアワセなこと。おやすみー。

via: Twitter / mo____ne

重い病気や 深い傷を負った人は
「明日はあるのかな…」と思うでしょう。

辛い境遇や 重大な責任を負っている人なら
「明日もあるのかな…」と思うでしょう。

そして、自分たちは
当たり前であるかのように
「明日がある」と言うのです。

けれども 実は
明日が あるか ないかは 誰にも分かり得ない…

確率が高いか低いかを言うことはできても
未来のことを正確に言い当てることなどできません。

にも関わらず
自分たちは当然の如く
「明日がある」と思い込んでいます。

「明日がある」と信じることができない人は
「明日がある」とは言い切れません。

「明日がある」と信じたくない人は
「明日がある」とは言えません。

ところが
「明日がある」と信じている人は
「明日がある」と言ってしまうのですね。

「明日がある」と信じられることに感謝!

「明日がある」って、とってもシアワセなこと!

じゃぁ また 明日… おやすみー

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

明日があるさ 坂本九 明日があるさ ウルフルズ

 

●1年前の今日:姉妹のチャレンジ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  希望 信じる 生きる 思い込み 感謝 お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |