元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

そろそろ「手帳を使いこなしたい」を卒業しよう!

手帳を使いこなしたい

「手帳が使いこなせない」という言葉に、なぜこれほど違和感を覚えるのかといえば、おそらくその裏に「手帳に合わせられない自分を恥じている」ようなニュアンスを感じるからだ。だけどそれって、主客逆転してないか?という違和感である。

via: inspi

烈しく同意!

手帳を使いこなそうとして、実は手帳に使われちゃっているようなもの。
まさに主客逆転、本末転倒ですね。

そして、その根底には、「手帳を使いこなしているあの人のようになりたい」があったりもする。

憧れの人、尊敬する人、目標にしている人、そういう人が手帳を使いこなしている人だったり、使いこなしていそうなイメージの強い人である場合、自分もまた手帳を使いこなしてみたいと思うの人の情け。

その人のようになるために、その人がしている行動の一つ「手帳を使いこなす」をやってみたいわけですね。

しかし、「手帳を使いこなす」ことは、その人の本質にどれほどの影響を与え、その人の魅力の何割くらいを占めているのでしょうか?

その人が手帳を使いこなすことによって世界を変えているとか、多くの人を救っているとか、記録を塗り替えているのだとしたら、「手帳を使いこなす」ことは彼の最も重要な行動要素だと言えるでしょう。

ですが、そうでないのだとしたら、「手帳を使いこなす」ことは彼の表面的な特徴の一面にしか過ぎません。

憧れの人、尊敬する人、目標にしている人のことなら何でもマネしてみたいキモチは解りますが、そんな表面的な特徴を模倣したところで、その人のようななることはできそうにありません。

そもそも、その人は誰かのモノマネをして一喜一憂しているでしょうか?

誰かに師事した経歴のある人は少なくないと思いますが、その修業の中で学んできたことは決して形式的なことや表面的なことではなかったと思うのです。

高い志と情熱に裏打ちされた生き様そのもの。
それを学び、磨き鍛え、さらに高めていく姿勢。

そんな本質を極めた人だからこそ、憧れの人、尊敬する人、目標にしている人として輝かしい存在であり得るのでしょう。

つまり、自分たちが模倣すべきことは「手帳を使いこなす」ことではなく、その人の生きざまや姿勢であるはずなのです。

もっと本質的なところを学び取らなければならない…

かなり大げさな話になってきましたが、なんだかんだ言って実は自分も手帳を使いこなしたいと思っている一人です。

今さらではありますが、自戒の念を込めて^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
チャンスとは選んだ者にのみ与えられる権利

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  真似 学び  自主自立  

ページTOPへ↑

EDIT

手本に学び実践することが即ち手本になる

電車内

10年くらい前の話なんだけど
平日午後3時ごろ、JRに乗っていたら私立小学校の制服姿の男の子(小2くらい)が2人乗ってきた。
しばらくしたらそのうちの1人がムズムズしはじめた。

近くに立っていた40代くらいの女性が「大丈夫?」などと声を掛けている。
ん?と思っていたが、男の子はおもらししていたのだ。
女性はティッシュや網棚の新聞紙を使ってテキパキとおしっこを処理し、
「次の駅で降りてトイレ行く?ついてってあげるよ」と話し掛けていた。

すると一緒にいた友達の男の子が「汚いな~」などとはやした。
多分その子も一緒にいるのが恥ずかしかったんだと思う。
女性は怒るでも説教するふうでもなく、ただ穏やかに優しく

「こういうときに助け合うのが友達なんだよ」

見ていて泣きそうになった。
ああいう大人の女性になりたいと思った。

via: CROSSBREED

さて、自分ならできただろうか?

なかなかできることじゃないですね。

「困っている人に手を差し伸べる」ということも なかなかできることじゃないんですが、「できない人を批判しないという姿勢」は もっと難しいような気がします。

怒るでも説教するふうでもなく、ただ穏やかに優しく…
なかなかそんな風にはできません。

できたらイイなと思っているんですけどね^^;

「なかなかできない」というのは、実は「できたらイイな」でもあるんですね。
「できたらイイな」と思っている人、つまり「なかなかできない」人も、見方によっては困っているんですよね。

この女性はそのことがよく解っているからこそ「なかなかできない」ことができるのかもしれません。
困っている人に手を差し伸べる姿勢は「なかなかできない」人にも向けられているのでしょう。

なるほど、ますますできることじゃないですね。

ですが、手本を示してもらったからには少しだけでも学び取りたいものです。

「こういうときに助け合うのが友達なんだよ」

せめて、友だちや親しい人が困っている時くらいは、自らすすんで支援しよう。
周りで見て見ぬふりをしている人や冷めた目で見ている人を非難せず、自分にできることを淡々とやって見せよう。
この女性ほどのテキパキとした行動ができなくても、周囲の目が気になってしまっても、その場その時の自分にできる最善を尽くそう。

目の前の人のために。
自分自身のために。
そして、後に続く人たちのために。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
トリマーもやってるのかな?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  学び 実践 手本  

ページTOPへ↑

EDIT

きれいな字の書き方

きれいな字の書き方

例えば綺麗に字を書いても中心線がバラバラだとダサいです。
→遠目で見たときの印象がすごく悪いです。
ですが適当に書いても中心線がしっかりしてるとすごく読みやすいのです。
→先ほどとは逆で遠目で悪い印象は受けません。
あと世間で言われる達筆ってのはぶっちゃけ読みづらいです。
→書類などでは使うべきではないでしょう。
女の子がよく書く字は読みやすいですがフォーマルな場所では微妙です。
→「とめ」「はね」が無かったりするので。
やはり、ある程度楷書が書けていると何かと便利ですね。
→日々の生活で気をつけて文字を書くだけでも上手になったりします。

な~るほど・・・!

とっても解りやすいですね。

こういった点を注意するだけでも
格段に きれいな文字が書けそうです。

最近は、鉛筆やペンで
字を書くことが少なくなってきてはいますが
それでも手書きが必要な場面はありますし
今後も手書きがなくなるようなことは
まず、あり得ないと言っていいでしょう。

だからこそ
少しでも きれいな文字を書きたいもの。

このヒントを参考にして
ちょこっと練習してみようと思います。

そう言えば…
この前、長女ゆきちゃんが
書道の宿題をしていました。

慣れない毛筆ですが
ちょっとしたコツを教えてあげると
筆の取り扱い方によって
様々な表現ができることが解ったようで
ますます楽しそうに練習していました。

自由に書くことは面白いものですが
書き方のバリエーションを
ある程度は習得しておかないと
表現の範囲は狭ばってしまうものです。

かくあるべし! といわんばかりに
お手本を完全コピーするという意味ではなく、
自分の表現の可能性を高め拡げるという意味で
書き方のコツやヒントを習うことは
とても有意義なことだと思います。

これは文字を書くことに限らず
仕事や趣味など様々なことに共通して言えますね。

ボクは自己流を否定することはありませんが
その自己流をより自由闊達に展開するためには
ある程度の模倣や学習は効果的だと思っています。

ちょっとしたコツを覚えたことによって
画期的なブレークスルーや閃きを得ることは
単なるモノマネやコピペなどではなく
自分自身の未開拓だった能力や才智を
発掘することだと言えるのではないでしょうか。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:わが家の守り神

コメント:3 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コツ 学び 自主自立 才能 

ページTOPへ↑

EDIT

知っていますか?「認知症サポーター」

認知症サポーター養成講座

今日の午後、
「認知症サポーター養成講座」を受講しました。

縁あって地域包括支援センターで
介護サービスなどのお話を伺っていたのですが
その流れで認知症についても話題にあがりました。

認知症の実態やや患者への応対などの説明を受け
DVDを観たりしているうちに
オレンジ色のリングが配布されました。

すると・・・
「今日から あなたも認知症サポーターです!」
と言われました。

えっ? 何?
と、一瞬ひるみましたが…
これが養成講座だったんだと気づききました。

というわけで…
受講しました  というよりは
ひょんなことから気がついたら
受講してしまっていた  の方が正確ですね^^;

なにはともあれ
今日からオレンジリング保持者ですww

認知症サポーター事業は
高齢者人口の増加による認知症対策として
厚生労働省が2005年から始めたものです。
6時間の講座を受けた「キャラバン・メイト」が講師となって
一般市民を対象に「認知症サポーター養成講座」を開きます。

この「認知症サポーター養成講座」を受講した人が
「認知症サポーター」と呼ばれます。

90分の養成講座で認知症の基礎知識を身につけ
地域で認知症の人を支えることを目指しています。

認知症サポーターは
何か「特別なこと」を行うわけではありません。

講座を通じて認知症を正しく理解し、
偏見を持たず、自分のできる範囲で
認知症の方やその家族を応援するのが認知症サポーターです。

地域や職場で、どんな支援ができるのか
一人ひとりが考えていくことが大切です。

  • 友人や家族に認知症の正しい知識を伝える
  • 認知症の人やその家族の気持ちを理解するよう努める
  • 職場で働きながら、地域で生活しながら、できる範囲で手助けをする

活動内容は人それぞれ、
ちょっとした気遣いや見守りが
地域の大きな支えになります。

認知症サポーターにはその「目印」として
「オレンジリング」が付与されています。

具体的な対応・7つのポイント

  1. まずは見守る
  2. 余裕をもって対応する
  3. 声をかける時は1人で
  4. 後ろから声をかけない
  5. 相手に目線を合わせてやさしい口調で
  6. おだやかに、はっきりした滑舌で
  7. 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

認知症の人への対応の心得・3つの「ない」

  1. 驚かせない
  2. 急がせない
  3. 自尊心を傷つけない

こうして見てみると
当たり前のことのようで
とっさの時には難しいことですね。

普段から意識を持って
練習しておく必要があると思います。

そして
このことは認知症患者に対してだけでなく
コミュニケーション全般に共通しているこです。

どんな人に対してであっても
日頃から このようなことに気をつけることで
いざ認知症の方と接する機会が訪れたとしても
自然にサポートができるのではないでしょうか。

既に全国で410万人以上が
「認知症サポーター養成講座」を受講したとのことです。

専門の知識や技能を認定する資格ではなく
老若男女を問わず常識として誰でも知っておくべき講座内容です。

チャンスがあれば、ぜひ受講してみてください。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:微笑ましさに隠された切なさ…

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  学び 老い 応援 傾聴 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

学び続ける 伝え続ける


Wildebeest

おいおい… ┐(´д`)┌

ヌー、 ちょっとは学習しろよ!

・・・などと
他人事のように言いたいところですが
ちょっと待てよ・・・

自称「万物の霊長」とかなんか言いながら
人もまた 同じようなことを繰り返しています。

年代の違い…  地域の違い…
いろいろな違いを乗り越えられずに
同じようなことを繰り返しています。

そして…
やっと覚えたことですらも
アッという間に 忘れてしまうのです。

ひどい目にあっても
つらい目にあっても
信じられないくらい短い時間で
忘却の彼方へ葬り去ってしまいます。

だから 同じ過ちを繰り返さないために
人は歴史や先人の生き様を学び、
今の体験を後世に伝えようとするのです。

なのに 人は今日もまた
一つ覚えたその途端に
一つ忘れていくのです。

けれども やっぱり…

忘れてしまうと解っていても
学び続けていくのが 人ですね。

忘れてしまうと解っていても
伝え続けていくのが 人ですね。

何を忘れてしまっても
このことだけは 忘れたくないのです。

人として…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ヌー、 ちょっとは学習しろよ!

 

●1年前の今日:おいおい…どこで寝とんねん

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   天命 学び 伝える 反省 進化 

ページTOPへ↑

EDIT

マジックワード

「私には知らないこと、できないことがあります」
「教えてください」
「お願いします」

これだけ。
これが「学び」のマジックワードである。
これが言えない人間は永遠に学び始めることができない。

via: 内田樹の研究室

 
今日は一日、いつも以上に
ガンガン感じたし、染みたし、身になった。

このコトバ、思い出した次の日やったからやな。 うん。

よかった よかった(^^)/

お願いします

 

●1年前の今日:パーティシーズン

コメント:0 | TB:0 【ちょっとイイことば】  学び コミュニケーション 魔法 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |