元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

まさに真一文字

新幹線を彷彿させる真一文字

だいずちゃんです。まるで新幹線を彷彿させる真一文字です。ここまで見事な一直線は珍しいです。

via: Twitter / neko_biyori_ayu

ここまで見事な一直線は珍しい

だいずちゃんって
本当にニャンコですか?

だとしたら

猫背って
いったい!?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

だいずちゃんです
●1年前の今日:
どこからどう見てもホンモノです!

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】   姿勢 珍しい ビックリ 

ページTOPへ↑

EDIT

猫背とは?

猫背とは?

猫背とは何か。
猫背とは、何か。

via: Twitter / slice1024

さて…
猫背とは いったい
何なのでしょうか?

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

猫背とは?

 

●1年前の今日:安全性の高いキャッシュカードの携帯方法

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  スゴイ猫 珍しい 姿勢 

ページTOPへ↑

EDIT

難易度が高すぎる顔ハメ看板

「顔のハメ方がわからない」足柄PAの顔ハメ看板

「顔のハメ方がわからない」というメッセージとともに送られてきた足柄PAの顔ハメ看板です。お納めください。

via: Twitter / chip_potekko

穴を空けておけばイイ
ってもんじゃない
┐(´∀`)┌

子どもたちは普通に頬杖つく感じではめてたらしい
とのコメントもついていましたが
それじゃ顔の向きが逆ですよね。

というわけで

解決策はコレしかないでしょ!!

逆立ちまたはブリッジのようなポーズならハメれます

via: Twitter / SuperSunshine21

かなり難易度は高そうですが^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
熟れ過ぎたトマトは捨てずに植えよう!?

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板  姿勢 チャレンジ 

ページTOPへ↑

EDIT

正しい姿勢は正しくなかった!?

正しい姿勢は正しくなかった!?

上の2つの写真を見て、“正しい姿勢”はどちらだと思いますか? 実は答えは右なんです! 左は一般的に「キレイ」と言われる姿勢です。一方右はだらしなく見えるかもしれませんが、体に無理や負担がかからない“自然な姿勢”であり、本当の意味で正しい姿勢です。

via: 正しい姿勢…みんな勘違い!?
「背筋ピンッ」で体が酸欠の可能性
Peachy - ライブドアニュース

えぇ~~っ!!

今までの常識と
全く逆じゃないか!?

『AQUA PURE カイロプラクティック』院長・射水徹さんによると、左の姿勢は見た目にはキレイですが、無理に一日中続けると体にとって悪影響をもたらすこともあるそう。
必要以上に肩を開いて胸を張ることで肺が圧迫され、呼吸が浅くなり、体が酸欠状態に。その結果、頭痛や眼精疲労、肩コリといった症状が引き起こされやすくなるのです。また、脳に酸素が十分に行き渡らなくなると眠くなり、目が閉じてくるので、目もショボショボと小さく見えてしまいます。
さらに胸を張り続けることでバストを支える“クーパー靭帯”が伸び、バストが下垂してしまう可能性もあるとか。

via: Peachy

「猫背は見た目だけじゃなくて肩や腰にも目にも悪いから、ちゃんと背筋を伸ばして座りなさい!」って言われ続けてきたのは、一体なんだったんでしょう!?

まぁ確かに、研究が進んでこれまでの常識が覆されることは、他の分野でもよくあることです。

自分たちが子どもの頃、ティラノザウルスといえば、ゴジラのように立って歩いていたと信じていました。
どの恐竜図鑑にも必ずそういう絵が載っていたからです。

それが、いつ頃からか、実はテイラのザウルスは鳥のように前のめりの姿勢だった… なんて言われるようになって驚いたものです。

それでも、ティラノザウルスなどの後脚の骨格は、鳥類のそれに似ているということは知っていたので、その時はなんとか新説を受け入れることができました。

ところが近年、ティラノザウルスの表皮は羽毛のようなもので覆われていた! などという衝撃的な研究結果が発表されました。
既に頭の硬い世代に突入していたせいもあってか、こればかりは暫く信じられませんでした。
というか信じたくありませんでした(^^ゞ

そういえば、イカやタコなども常識が二転三転していますね。

ずっと以前は、「イカやタコはコレステロールが高いので、成人病予防などのためにも摂取を控えた方がよい」と言われていました。
それがいつからか、イカやタコのコレステロールは善玉なので、むしろ積極的に摂取した方がよい」と言われるようになりました。
今では、そのどちらの説も耳にしません。
一体あの情報は なんだったんでしょうね^^;

また、かつてはスポーツの基礎トレーニングの定番だった「うさぎ跳び」や「手押し車運動」は、今ではご法度となっていますし、トレーニング中に水分を摂らせないことも常識から非常識へと大転換を遂げました。

このように自分たちは、常識だと信じていたことの変化に、少なからず影響を受け続けてきました。
ファッションや音楽の流行り廃りであれば、「一時の迷い」だとか「若気の至り」として笑い飛ばせばよいことですが、健康の良し悪しに直結する可能性の高い食品や保健衛生などの情報については、何度も大きく常識が変わってしまうと、不安を抱くことになってしまいます。

研究者たちは純粋により良い情報を提供してくれているのだと思いますが、自分自身を含めてそれを伝える人たちは、話題性の高さだけで安易に情報を拡散したり煽ったりしないように注意したいものです。

おっと…
話題は大きく逸れてしまいました^^;

ちなみに、最新の「最も避けたい着座姿勢」は、背もたれによりかかる姿勢だそうです。

背もたれに体重をかけることで、背中や肺が圧迫され、酸欠に拍車がかかってしまい、腰への負担も大きいとのこと。

デスクワークの際は「猫背になっても背もたれは使わない」ようにするのが良いようです。

さて、椅子の背もたれが善玉に担ぎ上げられるのは、何年後のことでしょうか^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
「自動車教習所」のこと何て呼ぶ?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  姿勢 常識 研究 改善 情報 

ページTOPへ↑

EDIT

自分で立つということ

<押し返さない>

太極拳で、
先生が私の身体を押しました。

私はそのとき、
押し返していたようで、
先生から、ばっと手を離され、
ぐらついてしまいました。

「ほーら、依存している。」

間髪いれず先生から来た言葉は、
さらに、

「押し返してはいけない。
 何をされてもただそこにいる。
 それが自分で立つということ。」

via: おとなの小論文教室。

なるほど…

言葉の上で理屈は解ったような気もしますが
実際には どうすれば良いのやら…
難しいところですね~

ですが
ばっと手を離されて
ぐらついてしまうという感覚は
確かに身に覚えがあります。

物理的に体重を預けていて
バランスを崩してしまったこともありますし
精神的に反発したり期待し過ぎたりしていて
それが空回りしてしまったこともあります。

ただ、それが「依存」だという意識は
その時には全くなかったように思います。

ここでいう「自分で立つ」ためには
具体的に どう行動すれば良いのかについては
未だ名案は思いつかないのですが^^;

自分の「依存」に気づけるように心がけることと
「依存」し過ぎないように気をつけることくらいから
意識してみようと思います。

…と
ここまで書いて気がついたこと…

「自立」と「自律」

「自分で立つ」ためには
この二つの両立が欠かせないということ。

行動だけではなく
態度・姿勢が問われているのでしょうね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

何をされてもただそこにいる。それが自分で立つということ。

 

●1年前の今日:勇者のリアクション

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   自主自立 行動 態度 姿勢 

ページTOPへ↑

EDIT

挨拶の本質

「自分からするのが挨拶。人の挨拶に返すのは返事」

via: TomoMaeno.com: 納期を守れない人の特徴

なるほど…

そう言われてみると
そういう区分もできますよね。

自らすすんで先に声をかけるという姿勢は
より主体性の高い積極的態度を示しています。

もちろん!
笑顔を伴う返事や 爽やかな返事など
気持ちのイイ返事をするということも
とても良いことだと思います。

とは言え
いつも返事をしているばかりで
自分から行動することがないのだとしたら
それは受け身で自主性のない態度に他なりません。

挨拶というものは
顔の表情や 発声の仕方、タイミング、
コトバ、立ち振る舞い全体の雰囲気など
表現によって、その印象は大きく変化します。

しかしながら
挨拶の印象を最も強く決定づけていることは
表現方法ではなく、主体性・自主性だと思うのです。

こちらから挨拶をしたとしても
相手が反応してくれるとは限らないにも関わらず
まず自らが働きかけるという主体性・自主性こそが
挨拶の本質なのではないかという気がします。

・・・で、
自分では、どちらかと言えば
まぁまぁ挨拶してる方じゃないかと
なんとなく思っていたのですが
こういう視点で振り返ってみると
どうも返事の方が多かったことに気づきました^^;

しかも
返事すらできていない時もあったと思うと
ちょっと… いや、烈しく反省。。。

けれども
「先に」「自分の方から」を実践するのなら…

ちょっとくらい小さな声でも
若干 ぎこちない笑顔でも
気の利いたコトバが思いつかなくても
OK! 大丈夫! ってことですよね(^^)/

これからは意識して
でも、あまり気負わず
積極的に挨拶をするように心がけます!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

あなたの朝のあいさつが きっと誰かを元気にしてる

 

●1年前の今日:既に暗号の域に達している!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  自主自立 実践 態度 姿勢 行動  

ページTOPへ↑

EDIT

まさに!「なに?コレ?」

座ったアルパカが強烈すぎる

おぉぉぉぉぉ~!
巨大イモムシか!?

アルパカさんが座っている姿は
とてつもなく印象深すぎますwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:「好きなこと」に過度にこだわらない

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  動物 カワイイ 姿勢 

ページTOPへ↑

EDIT

解らないことを受信しようとする姿勢

むしろ逆ですよね。何を言っているのかはっきりわからないことを受信する能力のことでしょう、コミュニケーション能力って。聞いたことのない語を受信することによって、「あっ、こういう言葉が存在するのか」というふうに驚くことを通じて語彙だって獲得されるものなんですから。

14歳の子を持つ親たちへ : 内田樹/名越康文

そうそう。

「何を言っているのかはっきりわからない」ときこそ
聴く力が発揮されるときであって
そこを踏ん張って聴いて、理解しようとするところに
コミュニケーションの本来の姿があるのでしょう。

聴くこと そのものよりも
理解すること そのものよりも
解らないことを受信しようとする姿勢
つながろうとする姿勢 というものが
コミュニケーションなのではないかと思います。

「何を言っているのかはっきりわからない」ことを聴く。
これこそ コミュニケーションの基本的な第一歩ですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:夢の架け橋

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  コミュニケーション 聴く 姿勢 態度 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |