元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

朝日のパワーと鬼退治

ひさしぶりの朝日

ダウンから9日目。
今までにも増して頭痛・関節痛に苛まされる朝。
もう何もかも嫌になり更に気分が落ち込みました。

その時、ふと目に入った朝日。

そういえば久しぶりに目にした太陽。

何もかも忘れて、しばらく眺めていました。
すると、なんだか少し前向きな気分になれました。

太陽のパワー、いただきました!
なんか吹っ切れた気がします。

そこで、昨夕レントゲンを撮ってもらったばかりでしたが、今朝改めて大きな病院で診てもらうことにしました。
辛さを耐えてでも自分の気持ちを納得させるためと、薬を変えてもらうためです。

果たして、インフルエンザの症状が長引いているだけだろうとのこと。念のために再度撮ったレントゲンにも異常はありませんでした。
長い待ち時間を堪えて特に変わりない診療結果。
無意味だったようですが気分は悪くありませんでした。

さっそく昼食後に処方された強めの解熱鎮痛剤を飲んで再び静養。
一寝入りして起きた時には、見違えるように楽になっていました。
もちろん、完治したわけではなく発熱を抑えているだけの段階なのでしょうけれど、約10日ぶりの軽い感覚です。

6時間以上間をあけて飲むように指示されている薬ですが、既に10時間以上経過して未だ比較的楽な状態でいます。
カンタンに楽観視はできませんが…

夕方になって次女が学校から帰ってきて、「一緒に豆まきしよう!」と言われました。

そういえば、今日は節分か!?
完全に忘れていました。

おかげさまで、わりと体調が良かったので、愛娘たちと豆まきをすることができました。
恵方巻きをまるかぶりすることもできました。

ウチの恵方巻きは細い巻き寿司です。
かっぱ巻きくらいの細さですが、いろんな具が入っていて美味しい上に、細いから食べやすいんですね。

毎年続けている定例行事。
こうして今年もつつがなく執り行うことができたことに感謝です。

明日の朝の状況をみてみないことには何とも言えませんが、いよいよ回復の兆しが見えてきたのかもしれません。
このまま良くなることを祈って、大人しく寝ます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

恵方細巻き

次女が巻いてくれた恵方細巻き。写真はカットしたもの。

●1年前の今日:
今年も家族そろって節分を楽しみました

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  太陽 朝日 節分 家族 イベント 感謝  

ページTOPへ↑

EDIT

日時計のようなニャンコの日向ぼっこ

陽の光とともに移動していくニャンコたち…

日時計のように時の流れに合わせて日向ぼっこしています。

なんとも言えないポカポカとした温かい雰囲気が伝わってきますね。

昨日、今日と、晴れたり曇ったり小雨も降ったりしましたが、凍えるような寒さはなく、ゆるゆると春が近づきつつある気配を感じました。

とはいえ、まだまだ寒い日も少なくない時期です。
カラダもココロも温かくして、風邪などひかないように気をつけましょう!

寒い日には、またこのムービーを観て温まろうかな^^

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

日時計のようなニャンコの日向ぼっこ

●1年前の今日:
しし じゅうろく

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   太陽 時間 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

視力低下の原因に驚くべき新事実!

視力低下の原因に驚くべき新事実!

目が悪くなる理由は、遺伝でもなく、読書やテレビゲームやパソコン作業による目の酷使でもなく、単純に日照不足であるという驚きの新研究結果が発表されました。

via: 近視や視力低下の原因は日光にあたる時間の短さ?

えっ!!
なんだって!?

眼球が細長くなり目に入る光への焦点形成が歪むのを防止するドーパミンの生成が、太陽光にさらされることによって、刺激されると見られています。

「近眼になるのを防ぐドーパミンの放出が、明るい光によって促進されることは明らかです。」オーストラリア国立大学のIan Morgan調査員が、The Lancet medical journalで発表された研究において述べています。

詳しくはよく解りませんが、ちゃんと研究した上での根拠があるようです。
しかも、Lancet誌に掲載されたレポートだということで信憑性も高いと言えるでしょう。

これは朗報ですね!

世界的にみると、日本・韓国・シンガポール・台湾・中国・香港といった東アジア諸国の大都市において、特に近視の子供たちが多く、その割合は80~90%にも上ります。

イギリスでは30~40%ほどで、オーストラリアは10%、アフリカは2~3%だそうです。東アジアの都市部の子供たちは、学校で勉強しすぎ、お昼に外に出なさすぎなようです。

なるほど! 昔からガリ勉クンは分厚いメガネをかけているイメージが浸透していますが、実際のところ日光に当たる時間との相関関係があったとは驚きですね。

研究者たちは、世界中の調査による発見を照合した上で、読書家やコンピュータおたくになることそれ自体に危険性はないと強調しています。

何はともあれ、目が悪くなるのはパソコンの使い過ぎなど目の酷使によるものではないということが科学的に実証されたことには、一筋の光明を感じます。

パソコンやデジタル端末はシゴト上でも欠かせませんし、完全に生活に浸透しきっていますから、今さら手放すことは難しいですからね。
まぁ、難しくても目の健康のためなら… という意志はないわけではありませんが、手放さずに済むに越したことはありません。

「外で活動している限りは、どれだけ勉強しても問題ないようです。」と、Morgan教授。

ということは、もっと日光に当たる時間を増やせば良いということですね。

とはいえ、カンタンなことではないですね。

遊びで室内に篭っている場合ならともかく、室内での作業が多いシゴトをしている場合は容易く外出時間を増やすことはできません。

毎日2~3時間は日光を浴びることが望ましいようなので、デスクを日当たりの良い位置に変えるとか、室内でなくてもできる作業をできるだけ屋外にシフトするなど、シゴトのスタイルを抜本的に変えていく必要がありそうです。

しかしながら、外出を増やすことによって今までにはなかった刺激を受けたり、意識の切り替えを促されると、シゴトや生活の活性化につながって、より創造的な思考や効率的なスケジューリングができるようになるかもしれません。

目の健康もさることながら、より豊かな暮らし方をするためにも、本気で取り組んでみる価値はありますね。

さて、何から始めようかな~(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
今回の勝負はママの完勝

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ビックリ 視力 研究 太陽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |