元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

アナログシンセ

学研「大人の科学マガジン」シンセサイザー・クロニクル

学研「大人の科学マガジン」の別冊として刊行される

「シンセサイザー・クロニクル」

付録は、なんと!
アナログシンセです。

なつかしい…
アナログシンセ。。。

昭和50年代…
シンセサイザーと言えば
最先端のテクノロジーであり、
それを使った音楽は
最先端のテイストを持っていました。

ピコピコミュージックなどとバカにする人もいましたが
いろいろと揶揄されるというのは
それだけ注目されていたということ。

しかし…
楽器やレコーディング周辺機器が
どんどんデジタル化してくるにつれて、
シンセを使った音楽は
次第に、つまらなくなっていったのも確か!

アナログシンセを駆っていたミュージシャンたちは
感性もアナログだったんだと思います。

彼らの奏でる音は
それがシンセの音であったとしても
温もりや 活気や 魂を感じる音でした。。。

 

「シンセサイザー・クロニクル」

レゾナンス調整は
ボリウムではなくスイッチなんだそうで
そこが ちょっと残念なわけですが…

こんな おもちゃ^_^; でありながら…
「外部入力端子つき」ってのが スゴイ!

学研「大人の科学マガジン」シンセサイザー・クロニクル

前に買った「テルミン」も接続できるぞ!

コレ 欲しいかも。

 

学研「大人の科学マガジン」別冊
「シンセサイザー・クロニクル」

発売予定日は、2008年7月30日
A4変型判128ペ ージ 予価:3,200円(税別)

 

 

●1年前の今日:逢うべき人

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アナログ 大人の科学 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |