元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

旅に出ていました

月曜から旅に出ていました。

今朝、帰宅したところです。

久しぶりの飛行機は機材トラブルで出発遅延

久しぶりの飛行機、伊丹空港から青森を目指します。

ところが、機材トラブルで搭乗できませんでした。

いきなりケチがつきましたが、トラブルも旅の醍醐味のひとつ。ある意味で楽しいものです。

時間に余裕がありましたし、喫茶券をもらって軽いランチもいただけたし、ブログのネタにもなったので良かったです。

果たして代替機が準備され一時間遅れで出発しました。

岩木山の麓はリンゴ果樹園が拡がっています

今回の旅の目的は、実の母を帰省させることでした。

八十歳も近くなってきたので、元気なうちに故郷の親戚を訪ねさせてあげたいと思い、本人もそう希望したので同行したというわけです。

母の実家は津軽富士・岩木山の麓にある山間の村。昭和初期に母の両親(自分にとっては祖父母)たち四十数名が入植して拓いた開墾地です。

戦後は村で生まれた子どもたちも住んでいたので活気もあったようですが、今は限界集落さながらの寂れ具合。

現代風に建て替えられた家屋も目につきますが、小学校も統廃合でなくなり、自分が子どもの頃に遊びに来た時と比べても寂しくなっていました。

そして、母の生家は既に建物自体が撤去され草むらになっていました。

ですが、リンゴ畑は親戚が引継いでくれているので現役で稼働中。
かろうじて故郷の印を残してくれています。

念願の墓参が実現

この村のはずれにある墓地に母の両親の墓があります。
この墓をお参りするのも旅の目的のひとつでした。

子どものころ訪れたときは、ただの石ころがならんだだけの原始的な墓場でしたが、立派な墓石が並べられていて驚きました。

子孫たちの多くは里に下りていってしまいましたが、厳しい環境の中、苦労に苦労を重ねて拓いた祖父母たちは、どんな気持ちでここに眠っているのでしょうか。

そして、ここで生まれ育った母は、どんな気持ちで墓参したのか。
深く聴いてみることもなく、淡々とお参りを済ませて山を後にしました。

関西から遠く離れた津軽、母方の親戚は滅多に会えない人たちばかりですが、自分たち親子を温かく迎え入れてくれました。

遠い親戚より近くのなんとか等と言いますが、滅多に会えないからこそ、かけがえのないご縁を感じるということもあるような気がします。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
モッチモチのアザラシ大福!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  旅行 親子 故郷 墓参り 親戚  感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

淡々と繰り返される真夏の行事

猛暑が堪える真夏の墓参

今日もめちゃめちゃ暑かった!

真夏の墓参りは猛暑が堪えます。

春の彼岸以来なので手入れに時間がかかります。

その間、色々な考え事が頭の中を行き来します。

家庭のこと、仕事のこと、将来のこと、暑さ、疲労…
さまざまな煩悩を巡らせながら一人で作業します。

けれども暫くすると、ふと気がつきます。
一心不乱に草を抜き、墓石を磨いている自分に。

一通り手入れが終わると、香を炊いて拝みます。

読経が済んたら手早く片付けて墓を後にします。

淡々と繰り返される真夏の行事。

容赦なく照りつける太陽と蝉しぐれ。

わりと嫌いじゃありません。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
人生いろいろ… キュウリもいろいろ…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   猛暑 墓参り 一念無想  

ページTOPへ↑

EDIT

春の彼岸の墓参り

春の彼岸の墓参り

朝から微熱と関節痛がありました。

というか、夕べから、いや何日か前から、寝不足気味で体調が万全ではありませんでした。

まぁ なんとかなるわとやり過ごしてきましたが、そのツケが表面化したのでしょう。

でも、彼岸の墓参りに行けるチャンスは今日しかないと思っていたので、多少しんどいのは我慢して出かけていきました。

長女ゆきちゃんは先に発熱していたので留守番させて、次女もっちゃんと二人でお参りしました。

片道2時間、何度も電車とバスを乗り継いで、きつい坂道を登って行きます。当然、いつもより堪えました。

お墓に着いたら決まった作業を淡々とこなしていきます。
草むしりなどの掃除をして、花を換えて、僅かに憶えた経文を唱えます。

次女はもじもじして拝もうとしません。
半ばムリヤリ頭を下げさせて山を降りました。

往復5時間の春の彼岸の墓参りが終わりました。

帰宅後、どっと疲れが吹き出してきて、寝込んでしまいました。
高熱があるのではないのですが、ダルさと関節痛がひどく辛いです。

そういえば、去年の今頃は、久々に感染したインフルエンザで1週間もダウンしてしました。
イイ歳なんだしムリはしちゃいけないと解っていたのですが、なぜムリを押して墓参りに行ったのでしょうね。

墓参りなんて行かなきゃよかったのに…
明日はそんな台詞をこぼしているかもしれません。

でも、きっと、なんとなく…
行きたかったのでしょうね、墓参りに。
何かがムリしても行かせようとしていたのかもしれません。

そう考えると、体調不良ではあったものの、墓参りだけは行けて良かったな… そう思うことができました。

そう! 行けてよかった。

でも、なぜ、そんなに行きたかったのか。
本当は行きたかったわけじゃないのにムリしたのか。
そんなことを自問しながら、もう少し養生します。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
「止まったら終わり」は本当なのか?

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  墓参り 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

春です。

朝イチバン、ゆきちゃんは病院へ。
この前の検査結果を聞きに行きます。

おかげさまで、
該当するウイルスには感染しておらず
他のものの感染があったとしても
症状は回復しているので心配なし、
とのことで一安心。。。

 
その後は、
家族揃って彼岸の墓参りへ。

今週に入ってからというもの
汗ばむくらいの温かさ暑さです。

駅から急坂を登っていかなくてはならない鵯越墓園。
みんな上着をはおって来たことを後悔しています。

もう花をつけている草木も見られます。
山間部にあるだけあって、野鳥の声も聞こえてきます。
穏やかな風の馨りと感触も気持ちイイ。。。

 
そして…
花粉、黄砂も たっぷり!

マスクの効き目も追いつかず
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…

ボクの花粉症は例年5月頃なのだけど
今年は、人並みに反応しているみたい。

 
これもまた、
春の風物詩ですね。。。(>_<)

 
別れと出会い…
そして、新しい息吹を感じる季節…

 
な~んとなく…
何かが始まる予感がします。。。

なんの根拠もないけれど...
それが っていうもんやね~

 

●1年前の今日:「成る」と「為す」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  季節 家族 墓参り 

ページTOPへ↑

EDIT

今年は遅めの墓参り

お婆ちゃん、ゆきちゃんと3人で
朝から、鵯越墓園へ。。。

今年は墓参りが遅くなってしまい
お盆期間中の墓園内臨時バスの運行が
既に終わっていました。

 
家の近所では、いつの頃からか?
クマゼミの声しかいなくなってしまったけれど、
ここでは、いろいろなセミの声が聴こえてきます。

照りつけるような日差しは変わりませんが
適度な風も吹いていて、悪くありません。

子どものころに感じた
夏の心地よさが蘇ってきました。

 
それは、
少しばかりの自然が残っている山沿いの場所のせいか…
それとも
少しばかりの素直さを取り戻したせいなのか…

 
比較的すいていたし
通常の墓参バスに乗れたし
ちゃんと、今年もお参りできました。
よかった よかった(^^)/

 
昼過ぎには大阪へ戻って
お好み焼きで昼食。

ここでまた、他愛のないことで
お婆ちゃんを責めてしまった自分を
ちょっと不甲斐なく感じながら帰宅...

 
夕方になって、
ゆきちゃんと2人でスーバー銭湯へ。。。

湯上りには
かき氷を2人で分け合って
の~んびり過ごしました。。。

 
ちょっと のんびりし過ぎたせいで
帰りが遅くなってしまったけど…
ゆっくり…じっくり…しっかりと…
親子水入らずの時間でした。。。
よかった よかった(^^)/

 
日陰では、もう秋の虫が鳴いています。

 
今年の夏も 残り僅か。。。
今のうちに しっかり感じておきたい。

 

●1年前の今日:戦争と戦後を見直してみる

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 墓参り スーパー銭湯 

ページTOPへ↑

EDIT

墓参りとハーバーランド

今日は お盆の墓参り

お婆ちゃんも一緒に家族4人で
いつもより早めに出かけました。

出発は8過ぎだというのに
もう カンカン照りで 暑い 暑い^_^;

お墓の周りは
山の上だから少しは温度が低いものの
ジリジリと照りつける日差しは変わらない。

≫ つづきを読む

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  墓参り ハーバーランド 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |