元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

日本に生まれてよかった

独活庵/山かけおろし蕎麦

昨晩は月に一度の勉強会。

その後の講師を囲んでの懇親会でいただいた越前蕎麦。

粗挽きの蕎麦に辛味大根と山芋を合わせます。

とろみと香りの強い蕎麦湯も欠かせません。

日本人でありながら、日本のことが分からない。
それは、自分のことが分からないのと同じぐらい、深刻なことである。
古来、歴史を忘れた国民は滅びると言われてきた。歴史を学ばないと、精神が骨抜きになる。
歴史は、人間の本質を学ぶための最高の教材である。

via: 志ネットワーク・メールマガジン

毎月一度ではありますが同志と共に日本の歴史、思想、生き方などを学んでいます。

自分は日本人であるにも関わらず、あまりにも日本や日本人のことを知らなさ過ぎる。このままではマズイのではないかという思いから学び始めました。

終戦後の占領軍によって自虐史観を植え付けられたとか、欧米化を強いられたことが日本人を骨抜きにしたという話がありますが、ならば自力で学べば良いのです。

自ら進んで自国の歴史を学び、古来から受け継がれる思想に触れ、日本人としての生き方や天命を探求すれば良いのです。

学び始めて十数年が経ちましたが、学べば学ぶほど日本と日本人の奥深さを感じさせられます。

まだまだ学ぶべきことは数えきれないくらいありますが、もっと知りたい、もっと学びたいという欲求は高まる一方です。

若い頃にはピンと来なかった日本人の誇りも感じられるようになりました。

昔は、良かった
だから今は、もっと良くなった
だから未来は、もっともっと良くなる

(福島正伸)

混迷を続けている現在の日本。今後も大きく好転する見込みはなく、市場縮小や価値観の大変革、本格的なグローバル化等の荒波は確実に押し寄せてきています。

しかし歴史を繙けば、日本人はこのような大変革期を幾度も経験し乗り越えていることがわかります。

それを学べば良いのです。

そして再び難局を乗り切って未来に繋げたい。

「昔はよかった」だけではなく「昔の何がよかった」のかを「どうやって未来に残せるのか」を考えれば知恵も力も湧いてくるというものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
人学ばざれば道を知らず
昔は、良かった
●1年前の今日:
冷たいものは控えめに…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  蕎麦 和の心  天命 自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

困った時こそ和顔愛語を思い出そう

和顔愛語 御木幽石

言葉というのは、目に見えませんが、確実に相手に届きます。
だから気をつけてつかいたいです。

本来、人は穏やかに言葉を選んで伝えれば、相手に思いが伝わるものです。
暴力を振ることもありません。
扉を力ずくで開けようとすれば、鍵が壊れてしまうでしょう。
穏やかに声をかけ、扉を開けてもらうことです。

当たり前の道理が見えないから、自ら悩み、迷うことになるのです。
今日も笑顔で過ごしましょう。

via: facebook【力ずくで開けようとしないこと】

あぁ そうでした そうでした…

うっかりしてた。

危ないところでした。

いや、既に手遅れかもしれない。

けど、気がついて良かった。

今さらかもしれないけど、今からだけでも…

覆水盆に返らずとも、せめて僅かな雫だけでも…

本当にそう思えているのなら、できるはず。

穏やかな声をかけ、扉を開けてもらえるはず。

もはや開けることのできない扉なら仕方ないけれど
少しでも開けてみようと思ってもらえるなら
それだけでも互いが救われます。

信じる男 日本一!
まだまだ信じ方が足りないぞ。

改めて心に刻み込み、笑顔で行動に移します。

どうも ありがとうございます。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
田んぼにフラミンゴ立ってる!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 コトバ 承認 笑顔 コミュニケーション お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

夏越の大祓

家族揃って茅の輪くぐり

今日は半晦日。

今年前半のケガレを祓い、今後もしあわせに暮らせることを祈って、家族と一緒に茅輪をくぐりました。

お手軽すぎる禊ではありますが、夏越の祓になればと願ってやみません。

いよいよ明日から7月。

家族そろって健康でいられることへの感謝を忘れずに、与えられた役割と機会を活かし切り、これからも精進していきます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
梅雨の晴れ間に真夏を垣間見た半晦日

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  祈り 感謝 家族 イベント 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

怒らなければうまくいく

怒らなければうまくいく。最近つくづくそう思う。

怒らなければうまくいく。最近つくづくそう思う。怒らせるようしかけられても、怒らなければ、冷静な判断力は奪われない。たとえ怒ってしまっても、その怒りを人に向けない。空に向かって叫ぶなど、いったん沈める。1回1回のりこえると、本当によかったと思い、さらにできるようになる。自信も湧く。

via: Twitter / @zoonieyamada

怒らなければうまくいく。

ずいぶん前からそう思っている。

そう思っているにも関わらず未だできていない。

多少できるようになってきたのだが、どうしてもできない相手がいる。

いつまで経ってもできなくて自信を失いそうになる。

今こそ思い出そう! 「しばし待て」

他の人にはできていること。

素質がないわけじゃない。

怒らなければうまくいく。

改めて最近つくづくそう思う。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
アナ雪を再現する双子ちゃんがスゴカワイイ件

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 尊重 承認 コミュニケーション お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

自灯明

自灯明

魑魅魍魎は山奥や闇に棲むと言われておりますが
たくさんの人が集まるところにも現れるようです

今日訪れたところはたいへん整った施設でしたが
その美麗さには似つかわしくない雰囲気が漂って
時間の経過に伴い気が枯れていくのを感じました

もちろん実際に化け物が蠢いていたわけではなく
人々が抱えるエゴや我欲、慢心のような心持ちが
不協和音を醸し出していたようにも感じられます

一人一人の内に潜む煩悩は僅かなものであっても
会することによってひしめき合い増幅拡大されて
あのようなムードを生み出していくのでしょうか

それとも陰の要素のみを引出して顕にさせている
まさに怪物の如き何者かが存在したのでしょうか

それが魑魅魍魎の正体なのだとするなら
自分自身が闇を照らす存在になることで
寄せ付けずにいられるのかもしれません

どんよりと重苦しい状況の中にあっても
優しく受け容れ温かい言葉を投げかけて
キラリと光る心遣いをされる方もいます

それはまさに闇を照らす存在
菩薩の心を以って行ずる方々

まだまだ足元にも及びません

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
気になる謎のトッピング

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   視点 自主自立 満喫 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

できることを させていただく

無財の七施

無財の七施

眼施(げんせ)
やさしい眼差しで人に接すること
和顔悦色施(わげんえつじきせ)
にこやかな顔で人に接すること
言辞施(ごんじせ)
思いやりのある言葉を使うこと
身施(しんせ)
自分にできる奉仕を進んで行うこと
心施(しんせ)
人の気持ちを汲んで共感すること
床座施(しょうざせ)
席や場所を譲って分かち合うこと
房舎施(ぼうじゃせ)
訪ねて来る人を心からもてなすこと

布施とは
金品を供することに限らず
無償の心で人を思いやる行動そのもの

多くのお金を持っていなくても
優れた能力を備えていなくても
自分にもできそうなことばかり

にも関わらず
自分にはできていないことばかり

それは
もしかすると
与えようとするが故に
二の足を踏んでいたのかもしれない

釈迦の逸話に
ここんな一節がある

釈迦が弟子に托鉢修行を命じた

釈迦が付け加えた托鉢の条件は
金持ちの家へ行ってはならない
ということだった

お金に困っている人の家に行き
施しを受けてきなさいとのこと

それに従って弟子たちは
貧しい家を選んで訪問した

ところが大方の予想通り
施しを受けることはできず
罵声を浴びるばかり

何軒回っても施しは得られず
ついに弟子たちは釈迦に訴えた
豊かな家を訪ねるべきではないかと

釈迦はこう応えた
それは違う
貧しい家を回りなさい

貧しい人々というのは
貧しいから施しができないと思って
これまで人に施しをしてこなかった

彼らは今そのために苦しんでいるのだ

その心の貧しさから救い出すために
托鉢修行はあるのだ
彼らを救ってきなさい

施しを与えること
そんなことができるほど
自分は偉くも豊かでもない
そう感じていたのかもしれない

しかしながら実のところ
自分にできる布施もある

施しを与えるではなく
施しをさせていただく

無財の七施のたった一つだけでも
心を込めて実践させていただこう

たとえ僅か些細なことであっても
誰かの役にたたせていただきます

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
苦笑いの誕生日

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   行動 天命 役割 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

他人を変えたいと思うなら…

他人を変えたいと思うなら…

「自分」が見ているのは「他人」なんだ。
「他人」が見ているのは「自分」なんだ。

「他人」を変えたければ、
「他人」が見ているものを変える。

つまり「自分」を変えれば、「他人」は変わるのだ。

via: 「自分が源泉」 | 人生学習塾『格闘塾』

あぁ そうやった...

また うっかりしとった

頭でわかってるつもりでも
身がついていってないんやな

「他人」を変えたいと思うが故に
ついつい「自分」が見ている
「他人」を変えようとしてしまう

でも、それでは変わらない

変えたい人が見ている「他人」
つまり「自分」を変えなければ…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
サクラサク '17 散り始め

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  思い込み コントロール 勘違い 自我 視点 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

身代わり

身代わり

失くした物は・・・

なにかの身代わりだから探しちゃダメ。

via: natsunana

あっ そうか!

そういうことか!!

ずいぶん前のこと、とっても大事なものを失くしてしまって暫く意気消沈していたことがあったけど…

精神的に辛くてしんどい事があった時に、愛着のあるキーホルダーがたくさんついた鍵一式をなくしてしまい。。。(TOT)
そんな時、かなり尊敬に値するぐらい超前向きな人からもらった言葉。

たしかに、その後状況が好転したもんなぁ~~鍵さんありがとうm(_ _)m

via: natsunana

あの後自分も、じわじわと運気が上がっていったもんなぁ

振り返ってみれば、その時の流れで今のしあわせのベースができてる

なるほど…

そういうことだったんだなぁ

シェアしてくれて ありがとう

とってもイイことに気づけて良かったです

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
-2度の雪解け酒が気になる

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】   視点 コトバ 共感 感謝 和の心 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

手づくりじゃなくても大丈夫

手づくりじゃなくても大丈夫

幼稚園の説明会で園長先生が「お弁当は手作りじゃなくっていいんです。買ってきたやつをその子のために詰め替えるだけで心は、愛情はこもります。子供が好きだから買って来て入れてあげようっていう愛情ですよ」って言ってて、あー手作りじゃないって悩むお母さんたちに届けって思った。

via: Twitter / sanbana

そうそう!
ほんの一手間でイイんですよ。

いや、一手間すら要らないかも。

大事なのは「思い」ですからね。

子どもたちのことをどれだけ思っているか。

手づくりは誰のため?

子どもたちのために手づくりしたいのか?
手づくりしてる自分を良く見せたいのか?

実際、子どもたちは手づくりじゃなくても自分のスキなものが入ってると嬉しがります。
それがジャンクフードでも、いつも同じおかずでも。

それじゃ栄養が偏るからってスキじゃないものも入れるのも悪くないですね。
ちゃんと子どもたちのこと考えての行動ですから。

スグに伝わらない「思い」もありますけどね。

でも「思い」があれば、いつか必ず伝わりますよ。

手づくりじゃなくたって大丈夫!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
そろそろ「手帳を使いこなしたい」を卒業しよう!

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  手づくり   共感 和の心 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

元気あってこそライバル。

今は、別府行くより、草津行こうぜ。

「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」

という広告。一瞬草津が出した挑戦的な広告かと思ってよくみたら、実は別府が出してて「どういうこと?」となり、最後しっかり「なるほど、良いな...」と思わせる。

草津に興味持たせながら自分たちのPRもできてるのすごい。#草津へ行こう

via: Twitter / by_azsa

「何コレ!? 露骨すぎ」と思いきや
広告主は草津じゃなくて別府でした。

白根山の大噴火で訪れる客数が激減している日本有数の名湯・草津温泉。
現在、噴火の影響はなく安全に温泉を堪能できる状況であるにも関わらず、風評被害によって客数は回復していません。

このピンチを乗り越えてもらおうとエールを送ったのが同じく日本有数の名湯・別府八湯。

両温泉は「にっぽんの温泉100選」などで常に上位を争うライバル同士。

しかし、2016年の熊本地震の影響で大幅な客数減となった別府八湯の地元・別府市がこの広告を企画したそうです。

自然災害や風評被害による厳しい状況を知る温泉地として他人事ではなかったのでしょう。
また、熊本地震の際、別府八湯は草津温泉からも支援を受けていたようで、その恩返しという意味があるのかもしれません。

日本を代表する温泉地が協力し合ってピンチを乗り切ろうとする姿は、ライバルであると同時に、互いが日本の温泉文化をリードしてきた者同士だと認め合っていることを感じさせます。

元気あってこそライバル。

好敵手とは単なる敵ではなく同志。

だからこそ生まれた粋な広告ですね。

草津にも別府にも行ってみたい!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
既に想像を超えている…

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】   応援 協力 同志 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

あたたかい義理チョコ文化は大賛成

いつもありがとう

『義理チョコ文化無くなったら困るよね。義理チョコって言わないと好きな人にチョコ渡せない人もいるのにね』って女子高生が話してて青春を感じてる

via: Twitter / reiko_souda

おっさんが言うのもなんですが…
思わず「わかるわかる…」と頷いてしまいました^^;

青春やのぉ~

そういえば、高級チョコ店の「日本は、義理チョコをやめよう」っていう広告が話題になり、多くの人たちが共感していましたね。

でも、よほどのセレブでない限り、あのショップのチョコを義理チョコにする人なんていませんよ。
競合にならない市場を叩かなくてもよかったのでは、という気がします。

そもそも「義理」っていうのは悪いことなんでしょうか?
義理と人情に厚い人は断然イイ人だと思うのですが…

「義理を通す」とは「筋を通す」ということ。
人として守るべき正しい道のことですからね。

「日頃の感謝のキモチを伝えるために贈り物をする」という意味での義理チョコは、やめなくていい… というより、あり続けて欲しい風習だと思います。

もちろん、感謝のキモチもないのに仕方なく配布しているチョコはやめた方がイイかもしれませんが、心配しなくても最近はそういうカタチだけの義理チョコは減ってますよね。

まぁ 賛否両論あるとは思いますが、個人的には今後も「あたたかい義理チョコ」は大歓迎です!

というわけで、遠慮なく義理チョコください。

ブラックサンダーで充分うれしいです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

一目で義理とわかるチョコ

とある広告が話題のようですね(‘-‘*)
よそはよそ、うちはうち。
みんなちがって、みんないい。
ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします(‘-‘*)

via: Twitter / Black_Thunder_

●1年前の今日:
ほんのりと潮の香りが漂ってくる!?

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  バレンタイン 感謝 和の心 伝える プレゼント 

ページTOPへ↑

EDIT

たった一言で無断キャンセルが激減!?

パブリックコメントの効果で無断キャンセルが三分の一に

たった一言で「無断キャンセル」を1/3に減らしたレストランの工夫

😀「予約をお願いします」
👨‍🍳「変更の際はご連絡いただけますか?」
😃「わかりました!」←コレが大事

無断キャンセル率30%だったのが、お客さんの口から承諾をもらうことで、キャンセル率が10%まで減った

影響力の武器 より

via: Twitter / appmarkelabo

このところ、飲食店での予約無断キャンセルが大きな問題になっています。

事前確認の回数を増やすなど様々な対策を講じているようですが、無断キャンセルは増える一方で、中には存続問題にまで発展しているケースも見られます。

そのような中、この方法はなかなかイイですね。
ちょっとした工夫で改善できるので、スグにでも試してみた方がよいと思います。

10%とか30%といった数値には充分な根拠があるのか疑わしいところもありますが、三分の一になるというのは感覚的に納得できます。

もし期待通りの改善がなかったとしても、店客双方にほとんどデメリットがないのも魅力です。
もうやってみるしかありません。

ただし、これを実行して改善が見られても、やはり 10%は逃げられるという課題は残ります。

厳格に本人確認をしたり、契約書を取交や事前決済を予約条件にするなどの手段も考えられているようですが、導入や運用のコストやサービス業としての在り方も考慮しなくてはならない難題の解決が求められます。

その点、ここで提案されている方法は、カンタン低コストというだけでなく、おもてなしの心をキープしたままで導入できるところが素晴らしい。

お客さまに落ち着いて楽しんでいただきたいのであれば、やはり落ち着いて穏やかな接客が必要です。
対峙して争わない穏やかな接客ができる対策として、引き続きブラッシュアップしいく価値は充分にあると思います。

お店やサービスにおける事業の基本理念に立ち返り、この事例をヒントにさらなる改善ができるとイイですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
指先の絆創膏の巻き方

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 心理 問題 対策 アイデア   

ページTOPへ↑

EDIT

幸福になりたかったら…

幸福になりたかったら幸福にしたい人をもつことですです

幸福になりたかったら、幸福にしたい人をもつことです。
子育てには悩みやつまずきも、困難もあるでしょう。しかし、「子どもを幸福にしたい」と思っていると、自分が幸福になる。 しかも、たったひとりの目の前の子どもを愛し続けることは、世界人類のための仕事に比べてもひけをとらない価値があるのです。

via: かわいがり子育て

一所懸命に働いて家族を幸福にしたい。
家族のしあわせそうな顔を見ることができれば疲れも吹っ飛んでしまう。
なんだか優等生ぶった話ではありますが、そういうキモチは誰にでも少なからずあるはずです。

いろんな幸福のカタチがあると思いますが、誰かのために役立ちたいという希望が叶う幸福は、中でも最もしあわせを感じる幸福なのではないでしょうか。

もちろん自分自身の幸福を願わない人はいないと思いますが、誰かの役に立ちたいという希望が叶うことは自分自身の幸福そのものなのです。

その誰かが具体的かつ身近であればあるほど、より幸福度が高くなる傾向もあります。

日本中の人たちを幸福に導く大発明や、世界中の人たちを感動させる歌を作ることはごく限られた人にしか与えられないお役目です。
けれども、目の前の我が子を幸福にすることは、世界を舞台にした大仕事にひけをとらないばかりか、それ以上の大きなしあわせを感じることのできる自分にしかできないお役目なのです。

家族や友人以外でもそう。

毎朝欠かさず来てくれるあのお客さんのために最高の商品をお届けしよう!
年に1回だけど毎年必ず指名してくれるあのお客さんのために最高のサービスをしよう!
そんな風に考えながら目の前のお客さんのために一所懸命にシゴトをする。

その結果、しあわせそうな最高の笑顔で感謝してもらえる。
これこそがシゴトのやり甲斐というもの。
この上ない幸福のカタチ。

幸福になりたかったら、幸福にしたい人をもつこと。

目の前の身近な人を幸福にするための行動をしよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
新成人のみなさん おめでとうございます

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   天命  視点 役割 覚悟 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

感謝の気持ちを箸袋で伝える

JAPANESE TIP

飲食店でお客さんが箸袋で作った造形物「JAPANESE TIP」。

あるある。見たことある。
っていうか、作ったこともあります。

【JAPANESE TIPとは】

きっかけは、飲食店で働いていたころの出来事。
お客さんが食べ終わって帰られた後、片付けをしていると、お客さんによって無造作に変形させられた箸袋を見つけることがありました。
かっこいいもの、へんてこなもの、様々な形があったので、手先の器用な日本人らしい手癖だな。といつの間にかその造作物をコレクションするようになっていました。そして、ある日、「もしそれが、お客さんからのごちそうさま!ありがとう!のしるしなら片付けがもっと楽しみになるのに」と考えるようになったのです。

via: ABOUT | JAPANESE TIP

海外にはレストランやホテルなどのサービスに対してお金を渡すTIPという文化があります。

この箸袋アートが、日本独自のTIPになるとしたら…

飲食店のおもてなしや食べものへ感謝の気持ちを箸袋で伝える、日本ならではのコミュニケーション・プロジェクトそれが「JAPANESE TIP」です。

JAPANESE TIP

【JAPANESE TIPがやりたいこと】

2012年に活動をスタート。
全国の協力下さる飲食店(箸袋のある)でつくられた造作物を集めて日本、海外での展覧会を計画中。
日本ならではである包むもてなしに対し、感謝を表現するというコミュニケーション。
そのカタチを記録・発表していきます。

via: ABOUT | JAPANESE TIP

JAPANESE TIP

「JAPANESE TIP」は箸袋で折り紙のように自由にかたどるだけ。特に何かのカタチになっていなくても大丈夫。飲食店や生産者に向けた「ごちそうさま」「ありがとう」の気持ちが込められていればOKです。

「このTIPをもっとたくさんの人に作ってほしい」「もっと多くのお店の方に、お客さんに同じ気持ちを感じてほしい」そんな思いから、この活動は行われています。

JAPANESE TIP

「JAPANESE TIP」の詳細は、オフィシャルサイトでご覧いただけます。

また、全国の飲食店から集めた「JAPANESE TIP」の展覧会も行われています。
次の展示(2018/1/11から2/18まで)の情報はコチラ

次に飲食店に行ったら、意識して箸袋を折ってみようかな。

ちょっと意識するだけで、きっと箸袋アートだけじゃなくて、残さずキレイに食べたり、食器をまとめちゃったりするでしょうね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

JAPANESE TIP
●1年前の今日:
ふともも太郎

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 和の心 尊重 承認 配慮 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

正論よりも大切なこと

私たちに必要なのは正論よりも配慮です。
正論はときに相手の心に冷たく響くことがあります。
必死にがんばっている人に「もっとがんばらないとダメだぞ」。食欲のない人に「もっと食べないと元気になれませんよ」。余命告知を受けたばかりの人に「あきらめたら負けですよ」。どれも正論です。間違ってはいません。
しかし、受け取った相手はどう思うでしょうか。私たちは冷たいものよりも温かいものを求めています。正論は二の次です。相手の心を慮って、温かい言葉を投げることが肝心です。

via: 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

先日、正月早々から、ちょっと厄介な出来事がありました。

嘘に嘘を重ねてがんじがらめになっているその人は、自分が悪いと口にはするものの、まったく反省の色が見えず、自分から謝ろうともしないばかりか、逆ギレして口論をしかけてきたりするのです。

騙されたこちら側には何も悪いところはないので、常に優勢な立場にいるわけですが、あまり辛辣に苦情を訴えたり攻撃的に責任追及したりすることはしないように心がけていました。

けれども、一向に反省する気配はありません。

果たして、悲しさと怒りは膨れ上がり、ついには声が大きくなってしまいました。烈しく反省。

いくらなんでも、そこまで非常識な人はいないでしょう。

だとしたら、こちら側にも何か落ち度があるのではないか?

それこそが「正論」なのではないか?

既に相手に逃げ道はありません。
そこへ正論を投げかけることは、崖っぷちから突き落とそうとしているも同然なのではないか?

とことん追い詰められた状態で正しい判断ができない状況を作っているのは自分なのではないか?

配慮をしているつもりでも、実は配慮になっていなかったということなのでしょう。

相手の心を慮って、温かい言葉を投げること。

イチバン肝心なことができていませんでした。

ごめんなさい ごめんなさい

どう話せばイイのかは、今はまだよく判りません。

けれども、きっと次はできるはず。

相手の心を慮って、温かい言葉を投げること。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
1/7まで変更できます。

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  和の心 配慮 尊重 承認 コトバ コミュニケーション 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT