元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

さらに便利になった Googlejマップ

「車椅子対応」ルート検索できるようになった

周知の事実かもしれないんだけど、Googleマップが「車椅子対応」ルート検索できるようになったんです。これ、ベビーカーユーザーにとっても朗報だと思うんです。

via: Twitter / kiyomimi

コレは便利!
実に素晴らしい!

車椅子の方はもちろん、それ以外にも助かる人が多そうです。

ウチの愛娘たちをベビーカーに乗せていた頃に欲しかった…

これからも様々な場面で活用できそうなので、どんどん充実させていって欲しいですね。

ちなみに、利用者による協力がコンテンツの拡充に拍車をかけるシステムになっています。

ローカルガイドさんの協力によって拡充されている

車椅子が通れるか?などをGoogleに報告しているローカルガイドさんが沢山いて、これは彼らの活躍によるものだそう。ローカルガイドさんありがとう!!

via: Twitter / kiyomimi

Google先生に任せっきりではなく、自分たちが情報提供することによって、さらに使いやすく便利なMapになっていきます。

wifiが利用できる場所、充電ができるカフェ、公衆トイレ、局地的な天気予報、百科事典など、ユーザーの情報提供が鍵になっているコンテンツが増え、既に一般化してきています。

情報量が圧倒的に増えてくれば、情報の信頼性や鮮度もさらに高まります。

便利に利用させてもらうとともに、情報提供にも積極的に協力したいですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
定期演奏会を終えて…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  便利 技術革新 情報 協力 おたがいさま 

ページTOPへ↑

EDIT

元気あってこそライバル。

今は、別府行くより、草津行こうぜ。

「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」

という広告。一瞬草津が出した挑戦的な広告かと思ってよくみたら、実は別府が出してて「どういうこと?」となり、最後しっかり「なるほど、良いな...」と思わせる。

草津に興味持たせながら自分たちのPRもできてるのすごい。#草津へ行こう

via: Twitter / by_azsa

「何コレ!? 露骨すぎ」と思いきや
広告主は草津じゃなくて別府でした。

白根山の大噴火で訪れる客数が激減している日本有数の名湯・草津温泉。
現在、噴火の影響はなく安全に温泉を堪能できる状況であるにも関わらず、風評被害によって客数は回復していません。

このピンチを乗り越えてもらおうとエールを送ったのが同じく日本有数の名湯・別府八湯。

両温泉は「にっぽんの温泉100選」などで常に上位を争うライバル同士。

しかし、2016年の熊本地震の影響で大幅な客数減となった別府八湯の地元・別府市がこの広告を企画したそうです。

自然災害や風評被害による厳しい状況を知る温泉地として他人事ではなかったのでしょう。
また、熊本地震の際、別府八湯は草津温泉からも支援を受けていたようで、その恩返しという意味があるのかもしれません。

日本を代表する温泉地が協力し合ってピンチを乗り切ろうとする姿は、ライバルであると同時に、互いが日本の温泉文化をリードしてきた者同士だと認め合っていることを感じさせます。

元気あってこそライバル。

好敵手とは単なる敵ではなく同志。

だからこそ生まれた粋な広告ですね。

草津にも別府にも行ってみたい!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
既に想像を超えている…

コメント:1 | TB:0 【しあわせメモ♪】   応援 協力 同志 和の心 

ページTOPへ↑

EDIT

兄弟姉妹ってイイな

「チョコバナナとミルクティー下さい」「あたしはカスタードチョコといちごミルク」 「1490円です」「あー」足りなかったみたい 「ミルクティなしにして下さい」「おねえちゃんいらんの?」 「いちごミルク半分こしよう!」ふたりともやさしいーーッ!

クレープ屋で働く私のどうでもいい話番外編 「すてき姉妹」
浄化されました。

via: mappy_pipipi

イイな イイな
兄弟姉妹ってイイな

嬉しいときも悲しいときも
共に分かち合える人がいる

そんな兄弟姉妹は
本当に心強い存在

ときにはケンカもするけれど
仲良し姉妹のウチの愛娘たち

大人になっても
仲良しでいてね

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
衣替えの季節です

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  姉妹 仲良し   協力 互助 信頼 

ページTOPへ↑

EDIT

電車内で携帯電話を使わざるを得ない人もいる

優先座席付近では携帯電話の電源をお切りください

電車に乗った時に,時間が知りたくて携帯電話を開いたときのことだ。
「こんなとこで電話したらアカンやろ!」と中年のおばさんに怒鳴られたそうだ。
優先座席の近くだったということもあるが,『目の不自由な人=白杖を持っている』という認識は広まってきているが,時間を知りたいときには音声が出る時計や携帯電話を使うということは,ほとんど知られていないのだ。
そのとき,父は説明しようと思ったが,どうせ分かってもらえないと思い「すみません。」と謝り,とても悲しい気持ちになったそうだ。
見えている人は,時間が知りたければ時計を見ればすぐに分かる。
だが,目が不自由だと音で聞くしかないのだ。

via: 「少しずつ…一歩づつ…」
全国中学生人権作文コンテスト(PDF)

ハッ! としました。

恥ずかしながら知りませんでした。

目の不自由な人は時間を知りたい時、音声が出る時計や携帯電話を使うのだということを。

ちょっと考えれば当たり前のことです。
ちょっと思いを寄せれば分かったはずです。

でも、知らなかった。

もちろん悪意はありませんが、知らなかったことによって、もしかしたら誰かに嫌な思いをさせたことがあったかもしれません。

そう考えると、この事実を遅ればせながら知ることができてよかったと思います。

電車に乗るとマナーの悪い人を見かけることは少なくありません。
明らかに他の乗客の迷惑になっていることもあります。

そんな時、勇気を出して注意してくれる人がいます。

ありがたいなと思います。
見習わないといけないとも思います。

でも、少し確認してみる必要もあるんですね。

その人が単にマナーの悪い人なのか。
理解と協力を必要としている人なのか。

独善的にならないよう注意しながら、大人としての行動を心がけなければならないんですね。

そして、昨日までの自分と同じく、目の不自由な人は時間を知りたい時、音声端末を使わざるを得ないということを知らない人がいるかもしれません。

知っている人が増えれば理解者・協力者は増えるはず。

既に知っている者になった一人として、少しでも多くの人に知ってもらう行動を実践します。

まずは、その第一歩としてのエントリー!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

否、ハッキリと確信しています。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ついつい探してみたくなります

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  理解 協力 互助 承認 コミュニケーション  

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |