元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

思考停止して近道するより、生きる力を養う回り道

私が化学の先生に憧れた理由はこの経験からかもしれません。

via: Twitter / Ei__rk

小学生の頃、通学中に謎の物体を見つけました 湿っていてプルプルしていて得体がしれない… もしかして化物? なんかの卵? 考えた末に理科の先生に聞いてみたら、ハサミやメスを用意してくれまいた 先生は答えずに「確かめてみなさい」… 切ってみたら色々なことに気づきました 生物ではない、卵でもない、全体に同じ材料、水を加えると膨らむ、逆もある、泡がたつ… そして良いニオイがする! その結果一つの考えを出しました コレは芳香剤、消臭剤の類だ! 先生は私に予想→実験→結果→考察までさせていたんです すぐに答えを与えてしまうのではなく、解決する力を養わせることはとても大切

すぐに答えを与えてしまうのではなく「なぜ」を解決する力(科学する力)を養わせる

コレ大事!

「魚を与えるのではなく釣りのしかたを教える」
自力で解決する力、即ち「生きる力」を教えることが大切です。

それを実践している理科の先生、素晴らしいですね。

ところが、このように「確かめてみなさい」と言うと、「そんな面倒なことするくらいなら、もう知らなくてもイイ」という子どもは少なからず存在します。

そういう意味では、やってみた@Ei__rk氏も素晴らしい!

生きる力を教える先生はエライ!
素直にやってみた生徒もエライ!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
なぜそこで止めた!?

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  自主自立  学び 教育 責任 信頼 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

大事な約束って…

大事な約束…

どんな場合でも、「約束の時間を守る」は、いちばん基本のルールだ。このルールが守れない人は、「きっとほかのルールも守れない人なんだろう」と、信用されなくなってしまう。
「大事な約束だけ守ればいい」と思っている人は、「相手によって態度を変える人なんだ」と疑われてもしかたがないと思うよ。

via: 小学生になったらどうするんだっけ
自立のすすめマイルールBEST

そもそも
大事じゃない約束なんてないし
守らなくてもいい約束なんてない。

守れやしないこと
守らなくてもいいことなら
軽はずみに約束なんてしちゃダメ!

っていうか
軽い気持ちで考えている時点で
それはもう約束なんかじゃなくって
その場限りの希望的観測でしかないんだよ。

今さらながら 改めて自戒。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
新感覚と言えばイイってもんじゃない

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  約束 信頼  自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

自分との約束をもっと大切にしよう!

自分との約束をもっと大切にしよう!

社会生活をしていくためには約束を守らなくてはなりません。

職場や学校では時間を守らなくてはなりませんし、予め互いに決めた事柄やルールを守ることも必要です。

当然のことですが、これができないと会社や学校に行くことも、車の運転をすることも、買い物をすることもできません。というか、ありとあらゆる社会生活に支障をきたすことになります。

というわけで、子どものころから約束を守ることを教えられてきました。
今も昔も、洋の東西を問わず、約束を守るということは最も重要な教育課題になっています。

ですから、世の中の大部分の人が約束を守ります。
そして、約束を破ることは悪いことだと認識しています。
約束を破られた時には、悲しんだり怒ったりします。

ところが、いつもは必ず約束を守っている人でも、ついつい破りがちな約束があります。

それは、「自分との約束」です。

他の誰かとの間で交わした約束は必ず守る人も、自分と交わした約束は、なぜか守れないことが少なくありません。

  • 早寝早起きをする
  • 決まった時間にトレーニングをする
  • ご飯は茶碗一杯にしておく

このような自分との約束は、他人との約束に比べて守られにくいものです。

それは、黙っていれば誰にも知られることがないからです。

つまり、約束を守らなかったことを誰からも責められないということ。その結果、社会的評価を下げることがないからです。

自分との約束が守られにくい理由は、もう一つあります。

それは、たとえ守らなくても誰にも迷惑をかけないからです。

約束を守らなければならないのは、人に迷惑をかけないようにするため、社会生活をしていくためだと教えられてきました。

それは間違った教育ではないと思いますが、場合によっては、人に迷惑をかけなければ約束を守らなくてもよいと解釈することもできます。

自分との約束を守らなかった場合、影響があるのは自分自身です。
他の誰にも迷惑をかけないのだから今回はまぁイイか… となることが多いのでしょう。

しかしながら、ここには大きな問題が隠されています。

自分との約束を何度も破り続けているとどうなるか?

  • 約束したことを実行しないままになる
  • 当然、欲しい成果はでない
  • 自信が持てなくなる

こんな具合に、徐々に自己評価を下げていきます。

  • 自分は 何をやっても続かない人間だ
  • 自分は こんなこともできない人間だ
  • 自分は ダメな人間だ

他人との約束を破ることが、他人からの評価を下げることに繋がっていたように、実は、自分との約束を破ることは、自分自身による評価を下げてしまうのです。

こうなってしまうと、何事にも消極的になり、無難に済ませようという気持ちが強くなってきます。約束を守る以前に、約束をすることすらできなくなってしまいます。

新しい挑戦や、目的に向かって努力することもできなくなる可能性が高くなります。
自信がなくなると、人と関わることを避けようとする傾向が強くなり、社会生活が困難になる場合もあります。

他人との約束も大切ではありますが、やはり自分との約束も大切なのです。
というより、むしろ、自分との約束の方がより大切だと言っても過言ではありません。

自己肯定感を持てず、自信をなくしてしまっては、他人との約束を守ることもできなくなってしまいます。

今さらながらではありますが、自戒の念を込めて、再確認しておきたいと思います。

約束を守ろう!
特に自分との約束を守ろう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
辛いけど、もう暫くかかりそうです

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  約束 自分 信頼 肯定 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

言行一致を旨とすべし

なんで40字以内って言っといて、解答がそれより多いんだよ

なんで40字以内って言っといて、解答がそれより多いんだよ

via: Twitter @ok812

おもしろネタ画像ですが、我に返ると笑えません^^;

果たして自分自身は言行一致できているだろうか?

仕事上、相談を持ちかけたり指導する立場におかれることも少なくありませんし、愛娘たちに厳しいことを言わなくてはならない場面も増えてきました。
どんな立派な受け答えができても、どんな高度な知識を知っていても、どんな正論を語ったとしても、言っている当の本人の行動が伴っていなければ説得力はありませんし、信頼を得ることもできません。

にも関わらず、口先だけで実践が伴わない人のことが気になって仕方がないときがあります。
それは、自らもまた言行一致できていないことを自覚しているからなのかもしれません。
できていない人に自分の不甲斐なさを投影しているのでしょう。

プロとして、父親として、一人の人間として言行一致を心がけることを、改めて再確認しました。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
互いに絡み合って一つになる

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  実践  信頼  自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

全幅の信頼を寄せる


ROCKY the French Bulldog puppy jumping

跳ぶのが怖くって
少しためらったけど
思い切って身を任せたワンコ…

健気でカワイイですね~♪

大好きな飼い主さんが
信じて待ってくれていたからこそ
元気・本気・勇気を発揮することができたのでしょう。

こういうのを
「全幅の信頼を寄せる」と言うのですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 
全幅の信頼を寄せる

●1年前の今日:大変な時は…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  カワイイ  一所懸命 信頼 

ページTOPへ↑

EDIT

アイムア主人公


赤ずきんと健康
BACA-JA2007佳作 作者:金沢美術工芸大学 井上 涼

こ こ これは・・・

じわじわくるwww

妙に後引くし・・・^^;

けど なんだか
ちょっと元気でるよね~♪

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「赤ずきんと健康」

 

●1年前の今日:久しぶりの おこげごはん

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 自主自立 行動 信頼 自分  

ページTOPへ↑

EDIT

頼ることは悪いことではない

そんなしんどい状況を、自分一人で乗り越えようってのが甘すぎる。自分がそんなに強い生き物だと思ってんの?諦めて自分の周りの人間にすがったらいい。金を借りるより大きな借りを作ったらいいのだ。借りを返すのに一生かかる?元々一生付き合う予定じゃなかったの?

via: Twitter / shh7

ここ数年は
随分お気楽なくらし方をしていますが
以前はガチガチに気負いまくっていました。

悪い依存と 良い依存があることを知ってからは
人に大事なことを任せたり
頼ったりすることにも
あまり抵抗がなくなりました。

けれども まだ
自分一人で背負いこんで
ジタバタしたり
悶々としたりしていることも
あるような気がします。

困難な課題になればなるほど
自分一人の力だけでは
乗り越えられないものです。

そのことは何度も実地に体験し
見聞きしてきているので
充分に分かっているはずなのですが…^^;

何にもすがらず
誰にも頼らないことによってのみ
自分の力を確かめようとする努力を
続けていた癖が抜け切れていないのですね。

でも
こうして気がついているから大丈夫。

甘えばかりの他力本願はでなく
自己満足の自力本願に拘るでもなく
周りが助けてくれる人になる努力を
少しずつ積み重ねていこうと思います。

はずかしながら
今日も あることを任せっきりにしています(^^ゞ

これからも頼りにしています。
どうも ありがとうございます。

これでイイのだ!

だって、周りの人たちだって
自分を助けて喜ばせることによって
しあわせな気分になれるのですから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

頼ることは悪いことではない

 

●1年前の今日:子ども時代は予想以上に短い

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  依存 信頼 自主自立 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

今日のところはイイじゃありませんか…

相手の「質問」だけは批判しちゃ駄目だ。「なんでそんなこと分からないの?」「それ前も同じこと聞いたよね?」「前に説明したよね」違うんだ、分かりかけてきたからやっと今、自分の口から質問ができたんだ。それを否定しないでおくれ。「そうだよ」っていってもらえればそれでいいんです。

via: Twitter / fta7

「なんでそんなこと分からないの?」
は論外だとしても…

「それ前も同じこと聞いたよね?」 とか
「前に説明したよね」 なんかは
ついつい口にしてしまうのではないでしょうか?

でも、そのことが
顔を出したばかりの新芽を
摘み取ることになってしまったり
やっとのことで踏み出した第一歩を
つまずかせてしまうかもしれません。

こうして言われてみれば
誰にでもスグに気がつくことです。

否定しちゃダメだよな…って。

責めちゃダメだよな…って。

逆の立場に立ってみれば
よりハッキリと理解できます。

そして
相手も相手だけれど
こっちもダメだな… などと
今度は逆に自分を
責めてしまうことも少なくありません。

そう!

そうなんですよね…

わかっちゃいるけど…
もうひと息なんだけど…

そういうことも
あるんですよね…

誰にでも…

質問してきた相手だって
きっと! そういうことなんです。

それを否定してしまった自分だって
やっぱり そういうことなんです。

だから今度は
同じ質問をせずに済みますよ。

だから今度は
否定することなく聞けますよ。

ちゃんと分かりかけてきたから
質問することができたんですね。

ちゃんと理解しているからこそ
反省と自責を感じてるんですね。

まだ完璧ではありませんが
ちゃんと進歩しているんだから…

うっかりヘマしちゃったけど
しっかり気がついてるんだから…

今日のところは
おたがい それで
イイじゃありませんか。

相手も自分も
責めなくたって
イイじゃありませんか。

責めたり
責められたりするのは
せっかくのキモチを
踏みにじってしまいますから…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:手作りバレンタイン2013

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  承認 和の心 共感 信頼 心の叫び 

ページTOPへ↑

EDIT

なぐさめ

いまそのとき、こころをあたためてくれることが、
なによりなんだと、いつからかぼくは思うようになった。
「ただのなぐさめにしかすぎない」と言われても、
じょうずな「なぐさめ」ができたら、
まず、その人の体温が、やわらかさがもどってくる。

解決に向うのは、からだとこころがあったまってからだ。
めしを食うでも、風呂に入るでも、やればいい。
解決まで距離が、すぐそこでない場合に、
「なぐさめ」は、すばらしくありがたいものだと思う。

via: 今日のダーリン 2014/01/19

「なぐさめ」というのは
たいていの場合、何も解決してくれません。

「ただのなぐさめ」に過ぎないのですね。

では
大失敗や大失恋、
いや…
ポカミスや惜敗であっても
「なぐさめ」じゃない何かが
それらを解決してくれるのでしょうか。

もちろん、時には
思いもつかなかった解決策を
得ることができることもあるでしょう。

しかしながら

強い思いを抱いて臨んだ大事な試合での敗戦…
結婚まで決意していた恋人との理不尽な別れ…
自分の命よりも大切に思っている人との死別…
長年手塩にかけて育てあげてきた事業の破綻…

こういうことがあったとき
スグさま解決してくれるような
画期的なアドバイスやアイデアが
果たして本当にあるのでしょうか?

取返しのつかないことしてしまった自分を
これでもかと責めて責めて責めまくり…
失ってしまったことの重大さを思い知って
底なし沼の如く深く深く打ちひしがれ…
先のことなど一切目にはいらない状況の中
ただただ悲しく切なくて仕方がないときに…

どんな素晴らしい解決方法があったとしても
それを実行するに移すことができるでしょうか?

いつまでも
こうしているわけにはいかないことは
充分に承知しているつもりでも
今は ただ 悲しく切なくやるせない…
それ以外に何も考えられない…
そういうときがあるのだと思うのです。

こんなことではダメだということは
ちゃんと解っているつもりでも
どうしようもないこともあると思うのです。

そんなとき
そんなダメさ加減に触れることなく
そっと寄り添ってくれるのが
「なぐさめ」なんじゃないのかなぁ。

今は ただ 悲しく切なくやるせない…
そんなキモチを認めてくれるのが
「なぐさめ」なんじゃないのかなぁ。

たしかに
「なぐさめ」は何も解決してくれません。

けれども
「なぐさめ」は
冷えきったココロとカラダを
じんわりと温めてくれるんですね。

ダメな自分を包み込んでくれる…
とてつもない辛さに共感してくれる…
ただ側にいて見守っていてくれる…

そんな「なぐさめ」があってこそ
良い解決策を受け容れて
再挑戦できる熱い意志を取戻し
柔軟な発想や行動ができるようになる…

そんな風になっているような気がします。

たかが「なぐさめ」
されど「なぐさめ」
  なんだよね~^^

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~


メンデルスゾーン・無言歌集 第9番 ホ長調 Op 30 3 「慰め」

なぐさめ

 

●1年前の今日:一緒にやりたい Whirled Beat!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  共感 承認 信頼 和の心 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

よしよし…


Dog strokes human

コレ…  なんか…
じわじわ くるわ~

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

よしよし…

via: よしよし|とみこはんのはんこだけ

 

●1年前の今日:大雨のち曇り/今年はじめてのセミの声

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  仲良し カワイイ 動物 信頼 承認 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

ヤル気を回復させる最も効果的な方法

モチベーションって、自家発電的なものっていうイメージが強いけど、実際は他人との関わりの中で発生するエネルギーなんじゃなかろうか。やる気がでないときって、一人で頑張ってない?やる気の不足はコミュニケーションの不足なのかもしれない。

via: Twitter / shh7

あぁ これこれ…

ずっと前から そんな気がしています。

なんか こう…
必死になって頑張って
自分の中から搾り出す…
みたいなイメージを持っている人が
意外に多いんじゃないかと思うんです。

でも、実は…
自分の中から出てくるヤル気っていうのは
ほとばしる抑えきれない欲求みたいなものであって
搾り出すようなものじゃないような気がしています。

ヤル気は、出すものではなく、出てくるもの

ヤル気が出ないときに
いくら自分自身を徹底的に搾ったところで
モチベーションなんて上がりっこないんですよね。

だから、むしろ…
なかなかヤル気が出てこないときには
自分ひとりだけで頑張らない方がイイ。

仲間でも、同僚でも、家族でも
場合によっては知らない人にでも…
相談してみるのがイイと思うのです。

人間関係の不調が原因でヤル気が失せているときは
なかなか相談する気にもなれないでしょうけれど
そんなときは、いつもは顔を合わせない人や
直接的に事情を知らない人に話をしてみるのも一手。

とにかく、ひとりだけで解決しようとせずに
他者との関係の中にヒントを見つけようとすると
たとえ良い解決策が見つからなくても
意外にヤル気は復活していたりするものです。

ヤル気さえ出せれば、後は自力で頑張れる!

本当の頑張りどころはヤル気が出てからなんだと思って
遠慮せずに誰かに相談をもちかけてみるとイイですね。

果たして、自分のヤル気が出て
首尾よく何か良い成果をあげることができたなら
きっと! 相談をもちかけた相手だって
自分のことのように喜んでくれることでしょう。

もしも、その後…
なかなか成果があがらなかったとしても
相談相手として選んでもらったということ自体が
その誰かにとって喜ばしいことであるに違いありません。

つまり…
自分にヤル気が出ないとき
誰かに相談をもちかけるということは
実は、同時に…
その誰かのヤル気を引き出す行為なのだ
ということにもなっているのです。

自分のヤル気を引き出せると共に
相手のヤル気も引き出すことができる…
こんなイイ方法を 使わない手はありません。

最近ちょっと ヤル気が出ないなぁ…
そんな風に感じたときは
臆さず… 気にせず… ためらわず…
お気楽に 誰かに相談してみよう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

【関連記事】

ヤル気を回復させる最も効果的な方法

 

●1年前の今日:あえて見せないという魅せ方

コメント:1 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  信頼 承認 共感 共存 ヤル気 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

五十目前にして未だ不惑を学び中

「何かのために」は聞こえは良い。

でも時に思い上がっているようにも思える。

人間関係に置いても言えることだが、誰かの「ために」やろうとすると厄介な問題になることがある。

しかし、誰かを「思い」何かをすることには、見返りを求めることもなく、そこに愛情が存在しているから不幸な結果になることが少ないように思う。

via: イチロー、40歳にして惑わず ヤンキースでの決意:日本経済新聞

「誰かのために」の真意は
「自分のために」であることが多い。

このインタヴューを読んで そう思いました。

「誰かのために」と言いながらも
「誰か」からの見返りを求めている…

直接的な見返りは求めていないとしても、
生きがい、やりがい、充実感、
感謝されることの歓びなどが得られることを
知っているからこその「誰かのために」である…
ということは少なくないのではないでしょうか。

本当の意味での「誰かのために」「何かのために」は
誰かを「思い」何かをすることなのですね。

このことは野球のみならず
あらゆる場面に当てはまると思います。

ビジネスにおいても
よく「利他」というコトバが使われますが
この「利他」の意味を誤解している人は
意外にも多いのかもしれません。

「お客さまのために」と言いながら
実は「自分のために」になっていないだろうか?

「利他」を標榜し実践しているつもりでも
「利他」の真意を理解していないのではないか?
今一度、再認識してみた方が良いように感じました。

そして
誰かを「思い」何かをするということは
自分の内側に大切に携えた
であり 願いなのだと思います。

成果目標を明確にして公表たり
夢を多くの人に宣言したりするのとは違って
あくまで自分の内側にあって多言せず
自分だけが知る中で
けっして自分を裏切らず
自分の信じることを一所懸命に行う…
誰かを「思い」何かをするとは
そういうものであるような気がします。

まさに ここで使うべきコトバが
不言実行 なのかもしれませんね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

イチロー、40歳にして惑わず

●イチロー関連エントリー

 

●1年前の今日:「シゴト」と「かせぎ」

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】   天命 信頼 信じる  

ページTOPへ↑

EDIT

偉人の名言より家族の小言

偉人の名言より家族の小言の方がよほど胸に突き刺さるよ。

via: Twitter / yodaka

そう言われてみれば
なるほど そうですね!

名言っていうのは
名言と言われているだけのことがあって
心の奥まで染み渡るようなコトバであったり
誰をも納得させてしまう本質を突いた論であったり
圧倒的なパワー放つ生き様の表現であったりします。

場合によっては
名言との出会いで人生が変わったり
座右の銘として生きる指標にしていたり
勇気や希望を与えられることもありますね。

けれども、それと同時に
「ほほー」とか「なるほどねぇ」
「エライ人はさすがだなぁ」などと
他人事のように接してしまったり
違う世界の出来事のように感じて
受け流してしまったりすることもあります。

その点、家族の小言っていうのは
ちょっとした何気ない呟きだったり
文句やぶっちゃけトークだったり
有名人の名言のような
輝きや渋さや高尚さはほとんどなく
ある意味で戯言そのものだったりするのですが…

それでも なぜか
家族の小言がきっかけで人生が変わったり
座右の銘として生きる指標になっていたり
希望や勇気を与えられることもあるのです。

しかも!
その影響力は 名言よりも強く、
圧倒的に叩きのめされたり
とんでもなく感動させられたり
死んでも忘れないと確信したりもします。

家族っていうのは
社会の中でも最も身近な存在で
空気のように当たり前の存在であったとしても
やはり、なくてはならない存在でもあって
ふと吐き出された家族の本音の小言は
想像以上の影響力をもって胸に刺さってきます。

これって
いわゆる存在感が関係してるんだうなぁ…

偉人の名言だって
自分自身が尊敬したり憧れたりしている人が
その人らしい内容を表現していると感じた場合は
やはり他の場合に比べて身近さを覚えるでしょうし
強い影響力を受けることもあるのだと思います。

これは、ある意味で

コトバの内容よりも
誰が言ったコトバなのか

ということが
関係していると言えるような気がします。

身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼされるんですね。

ということは・・・

名言のような
勇気や希望を与えて人生を好転させたり
発見や気付きを与えて感動と豊かさをもたらす
ポジティブなコトバだけではなくて…

疎外感や絶望を味あわせたり
寂しさや切なさ、やりきれなさを誘う
ネガティブなコトバだって同様に…

身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼされるんじゃないでしょうか。

・・・

どうも 疑う余地はないようです。

なぜなら…
身近な存在で関係性の強い人が発するコトバは
その内容や表現の如何に関わらず
強い影響が及ぼすのですから・・・

だとしたら・・・

もしかすると
知らず知らずのうちに
ちょっとした小言が
大切な人たちを
とてつもなく辛いキモチにさせたり
やりきれない腹立たしさを
感じさせているかもしれませんね。

いや… きっと!
数えきれないくらい
そんな罪を犯してきたように思います。

そう言えば 最近…
ちょっと小言が多くなってるような気がします^^;

これまでの罪は償いきれないとしても
せめて これからは充分に注意しなきゃ!
…と、強く反省。。。

でも それとは逆に・・・

もしかすると
知らず知らずのうちに
ちょっとした呟きが
大切な人たちに
勇気や希望を与えていたり
感動や信頼や心の安らぎを
感じさせていることもあるかもしれません。

自覚はあまりないのですが
これも きっと たまにはあったのでしょう。

だから やっぱり!
意識することが とても大切なのですね。

素直にコトバにすることは難しいかもしれません。
上手く正確に表現することは難しいかもしれません。

でも せめて…

大切な人を 大切に思っているキモチを
ちゃんと伝えるために…

大切な人が いつも しあわせでいてほしいと
強く願っていることを
改めて意識して暮らしていきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「あいしています」

 

●1年前の今日:スクエアなプードルさんなのです

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】   信頼 共感 承認 感謝 無意識 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

なかよし姉妹の大冒険!

この前の週末
ゆきちゃんと もっちゃんは
テル婆ちゃんのおウチにお泊りでした。

でも、いつものお泊りとは違います。

今回は
自宅から お婆ちゃんのウチまで
はじめて 二人だけで
行ってきたんです!!

土曜日の午前10時過ぎ、
長女ゆきちゃんと 次女もっちゃんが手をつないで
最寄りの駅へ向かうのを見送りました。

地下鉄を1回乗り換えて梅田へ…
そして、梅田から阪急に乗り継いで武庫之荘まで…
およそ1時間の道のりです。

大人にとっては たかだか1時間弱…
大阪から尼崎なんて目と鼻の先に過ぎません。

でも、ゆきちゃんと もっちゃんにとっては
初めての 大冒険だったに違いありません。

自分で切符を買わなくてはいけないし
乗る電車を間違わないようにしなきゃいけないし
道では車や自転車、ホームでは電車に注意して
大人たちにぶつかったり踏んづけられたりしないように
気をつけて歩いていかなくてはなりません。

しかも、周りには知らない人ばかり…
怖い人や悪い人に捕まったら どうしよう…
道が判らなくなったら どうしよう…
お金や切符がなくなったら どうしよう…

いろんな不安があったと思いますが
事前に準備していたメモを見ながら
慎重に、力強く、そして姉妹なかよく
手を取り合って目的地を目指していきました。

地下鉄・御堂筋線は混雑していて座れませんでした。

やや疲れ気味の もっちゃんが
ちょっとグズってしまったみたい…

すると、お姉ちゃんは
父ちゃんからもらったキャンディを妹に見せて
「次の電車に乗ったらあげるから
 もう少しガマンしててね。」と言ってなだめます。

もちろん!もっちゃんだって
ここでワガママを言っちゃいけないことは
充分に解っています。

スグに機嫌を取り戻して
お姉ちゃんの言うことに従います。

その少しあと…
梅田駅に着いて乗り換えをしようとした時
メモに書いてあった目印の売店が
なくなっていることに気が付きました!

ゆきちゃんは ちょっと焦りましたが
スグ!別の店に変わっているだけだと気がついて
予定通りのエスカレータを昇っていったそうです。

阪急電車に乗り換える前に
ちゃんと約束通り
お婆ちゃんに電話することもできました。

あとは、普通で6つ目の駅まで乗るだけです。

なかよく座ってキャンディを舐めながら
冒険の終盤を満喫しました。

こうして 多少あぶなっかしいこともありましたが
慎重に、力強く、そして姉妹なかよく
手を取り合って目的地の武庫之荘駅に到着しました。

ハル爺ちゃんとテル婆ちゃんが迎えに来てくれました。

ハル爺ちゃんの運転する車に乗った途端
急に疲れて眠たくなってきたねん・・・と
ゆきちゃんが ホッとしたキモチを教えてくれました。

二人とも よく頑張りました(^^)/
エライ! エライ!

最初は ゆきちゃんだけが
一人で行く予定にしていたんです。

もっちゃんには まだムリだろうって
お母ちゃんが心配していたみたいです。

けれども、父ちゃんは大丈夫だと思っていました。

いや… ホントは心配だったのですが^^;
二人の方が きっとイイ思い出になるんじゃないかと
なんとなく そう思ったんです。

それに、
小さな子は足手まといになりそうでいながら
実は、たとえ小さな子であっても
心強いパートナーになるんじゃないかと
なんとなく そう思ったんです。

そして、
姉妹が力を合わせて冒険を乗り切ることで
お互いに自信をつけながら
お互いが尊重し合い
今以上に仲良くできるんじゃないかと
なんとなく そう思ったんです。

果たして…
互いが互いに自分の責任を果たして
お互いが相手の立場を尊重し合い
慎重に、力強く、そして姉妹なかよく
はじめての二人旅を成功させました。

いつも以上に
どっぷりと親バカに浸っていますが(^^ゞ

二人とも ホントに よく頑張りました!
エライ エライ(^^)/

そして…
お父ちゃんと お母ちゃんも
ほんの少し 子離れをすることができたかも…(^^)v

今度は、ゆきちゃんは一人で行ってみてね。

もっちゃんは今度、一人でお使いに挑戦しよう!

そして何よりも
父ちゃん、母ちゃんは もっと もっと!
ゆきちゃんや もっちゃんを 信頼して
羽ばたかせてあげないとね。

ちょっとずつですが 頑張りまーす(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

なかよし姉妹

 

●1年前の今日:ひさしぶりのピアノ発表会

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 姉妹 冒険 チャレンジ 責任 自信 信頼 自主自立 

ページTOPへ↑

EDIT

父の日のおてがみ

父の日のお手紙

今日は父の日。

夕飯の前に
ゆきちゃんと もっちゃんが
おてがみをプレゼントしてくれました。

ゆきちゃん… もっちゃん…
どうも ありがとう(^^)/

例年の 父の日や母の日を思い出すと…
プレゼントの数や豪華さは
どうも その日の気分によって
気合の入り具合が違って
マチマチになるようですが…^^;

たとえ他に気になることがあったとしても
しっかり、ちゃんと覚えていてくれて
心のこもった贈り物を用意してくれます。

一時の盛り上がりだけで
その後は飽きて忘れてしまうのではなく
こうして、心の片隅にでも留め置いてくれるのは
何よりも信頼と愛情を感じるものですね。

この娘たちが父ちゃんを
いつまでもイチバン扱いしてくれるはずもなく
いずれは独り立ちしてゆくことを思えば、
熱狂的ではないものの決して冷めることのない
細く緩いながらも決して切れることのない
確かな信頼関係を保てるようなこの流れは
将来のために とってもイイ感じがします。

こういうことは
親子の絆だけではなくて
いろんな人間関係にも言えるのかも…。

太く短く… にも憧れますが
細く長く… も とってもステキです。

うん。。。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:改めて原子力について学ぶ

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 姉妹 親子  信頼  感謝 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT