元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

イチバン大切な人をイチバン大切にしよう

目を向けるべきは自分を大切にしてくれる人

「この作品大好き!買っちゃう!」って人が1万人いて、「なんだこれ。買わね」って人が1万人いたら、当然ですが本は1万冊売れるんですよ。決してプラマイで0冊になったりしない。好きだって言ってくれる人の数は重要ですが、好みもあるんだから、嫌いだって人のこと考えてても仕方ないですよ。

via: Twitter / amaneko2

自分を応援してくれる人
自分の味方でいてくれる人
自分を理解してくれている人
自分の商品を買ってくれる人
自分を好きでいてくれる人
自分のことを大切にしてくれる人

自分が目を向けるべきは こういう人

自分は彼らのおかげで生きている

イチバン大切にしなくちゃいけない人

批判的な人に応える暇があるのなら
イチバン大切な人をもっと大切にしよう

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
これは既に「多少盛ってる」程度ではない

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  視点 感謝  同志 仲間 共感 役割 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

もっと自分らしく輝いて自分の役割を全うしよう!

誕生日の日の出

誕生日の日の出

今日は朝からスッキリと晴れて爽やかな一日でした。

図書館に行った帰りに神社の公園の中を通ったら、あんまり新緑が鮮やかだったので一息いれていくことにしました。

コーヒーを飲みながら借りてきた本を読んで心地よい時間を満喫できました。

ふと気づいた時には、一冊読み終えていました。

若葉のころ、一年で一番スキな季節。

53年前の今日、この世に生を受けました。

おかげさまで今年も誕生日を迎えることができました。

しみじみと… じんわりと…
どうも ありがとうございます。

愛娘たちからのプレゼントは父ちゃんの宝物

今年も家族の手料理でささやかなバースデイパーティを楽しみました。
シャンペンも抜いてもらってご機嫌な父ちゃん!

愛娘たちが手作りしてくれたイチゴのケーキは甘すぎず爽やかかつ芳醇で、とっても美味しく仕上がっていました。
年々腕を上げています(^^)v

心のこもったメッセージつきのプレゼントも嬉しかった!
また一つ宝物が増えました(^^)/

そして、友人知人からもメッセージやプレゼントを一杯いただきました。
返信やお返しが追いつかなくて、まさに嬉しい悲鳴です^^;

こうして多くの人に支えられていると思うと、やっぱり誕生日は何歳になっても嬉しいものですね。

今年も家族にお祝いしてもらいました

だからこそ、自分はもっと自分らしく輝いて、自分の役割を全うしよう!

ついつい遠慮したり、自信が持てなくて躊躇ったり腰が引けたりすることがありますが、せっかくいただいたこのいのち、とことん活かしきらないと申し訳ありませんよね。

上手くいってもいかなくても、やっぱり自分らしく感じて行動して人と関わり合っていきます。

志と希望に心をつなげて今歳もいのちをはこんでいこう!

誕生日の眩い朝日に誓いました。

みんなのおかげで迎えた誕生日。
これまでも これからも
ありがとう ありがとう ありがとう…

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
もっと感謝のキモチを伝えます

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 誕生日 家族 仲間 プレゼント お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

自分の立ち位置を確認できた30年ぶりのLIVE

30年ぶりの再結成LIVE

この前の日曜日は久しぶりのLIVEでした。

ハイ。観客ではなく演者の方で…^^;

一昨年の暮、忘年会に誘われて行ったのですが、その時に集まったのが若かりし頃の音楽仲間たちでした。

そのメンバーが顔を揃えるのは約30年ぶりのこと。

懐かしい話題や近況報告などで盛り上がり、また時々集まろうということになりました。

いや、あの忘年会が、まさかバンド再結成の招集だったとは思ってもいませんでした。

ところが話はトントン拍子に進んで、昨年夏から月に1回ペースでリハーサルをすることになりまして…

実に30年ぶりの活動再開となったわけですが、それは「このメンバーとして」というだけでなく、すっかり音楽から離れていた自分にとっては、まさに30年ぶりの演奏だったのです。

50の齢を過ぎてからのリハビリは難関続きでした。

カラダがついていかないのは予想通りでしたが、イチバン難儀したのは「記憶力の低下」でした。

一つ覚えては一つ忘れていく状態では練習もままなりません(^^ゞ

実は他のメンバーは、当時から今に至るまで音楽を続けていて、プロやセミプロの活動をしているベテラン・ミュージシャン。
そんな彼らと一緒にやるのは嬉しくもあり辛いことでもあります。

正直、続けるのはムリかもなと思いましたが、なんだかんだで半年あまりをかけて今回のLIVEと相成りました。

元々スキでやっていたことですしね。それに、なんとなく運命的な縁の巡り合わせみたいなものも感じるところがあったので、今となっては自然な成り行きだと思っています。

とはいえ、30年のブランクはカンタンに埋まるものではありませんでした。

今回のLIVE会場では、いつもと違う楽器でいつもと違うアレンジの演奏をせざるを得ないという厳しい条件がついていました。

やっと少し慣れてきたと思ったのに1から出直し。しかも残り時間は1ヶ月。
できる限り練習はしましたが、やはり本番では足を引っ張ってしまいましたね。

ですが意外にも、あまり緊張はしませんでした。

とても楽しく演奏することができました。
いやホントに楽しかった!

他のメンバーも(たぶん)楽しんでいました。
満員のオーディエンスも温かく支えてくれて、会場が一体となって盛り上がることができたと思います。
実に気分良く再結成LIVEを終えることができました。

まぁ自分の演奏自体は酷いものでしたけど^^;

そのLIVEの夜から2日経って感じたことがあります。

それは、自分の立ち位置。

自分が担うべき役割というか、本来のシゴトというか、存在意義にも直結するようなこと。

たしかに、先日の演奏はとても満足のいくものではなかったのですが、それでも自分をメンバーとして受け容れてくれた仲間たちと共に楽しくLIVEができたというのは、演奏テクニック以外の別の要素が働いたからとしか思えません。

この数ヶ月、30年のブランクをいかに埋めるか、なんとかして少しでも仲間に追いつこうということに躍起になっていました。

もちろん演奏が上手いに越したことはないのですが、それだけじゃなかったんですよね、自分の存在意義は。

そう考えると、これから自分がどうしていけばよいのか、どんな役割を果たしていけばよいのか、ぼんやりとではありますが解ったような気がします。

そうそう。そうだった。
30年前も自分はそういう立場で参加してたんだった。

そして、音楽を離れた後の生活やシゴトにおいても、そういう役割をしてきたんだと気づきました。

気張って新しいことを習得したり厳しい訓練を重ねて乗り切ることばかり考えなくても、既に持っている自分らしさがある。
そういう「自分の立ち位置」を確認できたLIVEでした。

今のシゴトも、再開した音楽活動も、これまで培ってきた経験が活かされる舞台なんだということ。自分らしい道なのだということ。

今後、何か迷いが生じる出来事があったとしても、この立ち位置に軸足を置き直せばいいんだ。そう思うと心強いものがあります。

とはいうものの、やっぱり今回のLIVEのビデオはあまり観たくないなぁ^^;

自分にとってエポックメイキングなLIVEではありましたが、演奏自体は黒歴史になりそう┐(´∀`)┌

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

満員御礼 ありがとうございます

満員御礼 ありがとうございます

●1年前の今日:
「阪神大震災被災者からのお願い」より

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  天命  自分らしさ 役割 音楽 仲間 LIVE お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

もっと感謝のキモチを伝えます

誕生日の日の出

誕生日の日の出

おかげさまで今年も誕生日を迎えることができました。

あまり歳はとりたくない年齢になりましたが、誕生日は家族や友人にお祝いしてもらえる特別な日。未だこうして生かされているという有り難さを実感できる日。
やっぱり誕生日は何歳になっても嬉しいものです。

今年も家族の手料理でささやかなホームパーティを楽しみました。
愛娘たちが作ってくれた蒸しパンケーキは、辛党の父ちゃんにとってもマジ美味い逸品でした。
手製のプレゼントは毎年楽しみにしている宝物!

友人知人からもお祝いのコトバやプレゼントをいただきました。
返信やお返しが追いつかないくらい一杯でビックリです!

こうして多くの人に支えられていることを噛み締めています。
やっぱり誕生日は何歳になっても嬉しいものです。

手作り料理でお祝いしてもらいました

いつも誕生日を迎えると思います。

実は誕生日って、お祝いしてもらう日なんかじゃない。
誕生日っていうのは
この世に産んでいただいたこと、
この世に生かされていること、
この1年、無事に過ごさせてもらったことを
お世話になった家族や仲間たちみんなに
感謝のキモチを伝える日なんだな… って。

にも関わらす、まだまだ伝えきれていないですね。
本当は伝えても伝えても 伝えきれないくらいなんですけどね。
毎年そう思いつつ、できていないことを反省^^;

今歳の誕生日の誓い…
日頃からもっと感謝のキモチを伝えます!

歳は取るものではなく
感謝と共に重ねるもの…

みんなのおかげで迎えた誕生日。
これまでも これからも
ありがとう ありがとう ありがとう…

では、お気楽に...(^^)/~~~

何歳になっても誕生日は嬉しいもの
●1年前の今日:
誕生日ありがとう!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 誕生日 家族 仲間 プレゼント お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

誕生日ありがとう!

次女作・お父ちゃんの絵1

これは 父ちゃんの絵です。
次女もっちゃんがくれた誕生日プレゼント。

とっても朗らかで軽快な感じに描いてくれました。

実際の歳より随分と若々しい感じ(^^)v
こんな風に見られているのかと思うと、嬉しさもひとしおです。

けど、そんなに前頭部は寂しいかな~
いや、やっぱり こんなもんですね(^^ゞ

長女作・お父ちゃんの絵

コチラは長女ゆきちゃんにもらった絵。
妹の絵とは対照的にガテン系のイケメン風ですね。

ホントにこんな風に見えているのでしょうか?
たぶん それはないと思いますが、誕生日祝いの大サービスなのでしょう^^;

ハイ!
おかげさまで今年も誕生日を迎えることができました。

初老のおっさんにとっては、歳をとること自体はあまり嬉しいことではなくなってきていますが、誕生日という この特別な日は、やっぱり とっても ありがたいものですね。

メールやSNSでは、返信が追いつかないくらい多くのメッセージをいただきました。
愛娘たちだけでなく、お祖母ちゃんや友人、クライアントさんからも思わぬ嬉しいプレゼントをいただきました。
どうも ありがとうございます。

こうして誕生日を たくさんの人たちにお祝いしてもらっていますが、いつの頃からか感じていることがあります。

実は誕生日って、お祝いしてもらう日なんかじゃないよな…っていうこと。

誕生日っていうのは
この世に産んでいただいたこと、
この世に生かされていること、
この1年、無事に過ごさせてもらったことを
お世話になった家族や仲間たちみんなに
感謝のキモチを伝える日なんだな… って。

なのに、まだまだ伝えきれていませんでした。

伝えても伝えても伝え足りない気もします。

普段はうっかり忘れていたかも知れない「ありがとう」を改めて思い出させてくれる特別な日… それが誕生日。
本当に何よりのプレゼントです。

次女作・お父ちゃんの絵2

次女もっちゃんが描いてくれたもう1枚の絵。
コチラはさらに軽快ですね♪

今日は平日であまり時間がとれないので、今度の日曜日に愛娘たちが手作りのご馳走を用意してお祝いパーティーを開いてくれるそうです。

歳は取るものではなく、感謝と共に重ねるもの…

みんなのおかげで迎えた誕生日。
これまでも これからも
ありがとう ありがとう ありがとう…

歓喜と感謝のキモチを噛み締めて、生命をはこんでいきたいと思います。

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
五十路の誓い

コメント:4 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 誕生日 家族 仲間 プレゼント お気楽  

ページTOPへ↑

EDIT

亀を救助する亀


Amazing!!!The tortoise turning over, smart companion has saved it

ひっくり返って
身動きできなくなってしまった亀。

そこへ
仲間とおぼしき亀が歩み寄り
起き上がらせてやろうと試みます。

見ている子どもたちも
声援をおくっています。

果たして
渾身の救助活動が実を結び
無事に生還することができました。

実に、地味な映像です^^;

けれども
なんだか心に沁みる1分間です。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

ひっくり返った亀を救助する亀

 

●1年前の今日:ハードボイルド

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  スゴイ ビックリ カッコイイ カワイイ 仲間 

ページTOPへ↑

EDIT

しずかに じんわり しみじみと

今日は誕生日でした。

おっさんになってしまった今となっては
歳をとるということ自体は嬉しくないのですが^^;
誕生日っていう この特別な日は
やっぱり とっても ありがたいものですね。

メールやSNSでは、
とてもたくさんのメッセージをいただきました。

返信が追いつかないくらいたくさんで
嬉しい悲鳴をあげていました(^^ゞ

どうも ありがとうございます。

うって変わって わが家では…

今夜は誕生日の晩餐だったわけですが
なんでもない普通の日と変わらず
これまでにないくらい地味に過ごしていました(^^ゞ

というのも…
子どもたちは平日で学校や幼稚園があるし
ゆきちゃんは更にバレエのおけいこもあり
その後は宿題なんかもあって忙しいということで
誕生日パーティは、この前の日曜日に
前倒しでやっていたからなのです(^_-)

日曜日には
もっちゃんと ゆきちゃんは
お手紙を書いてくれたり
新しいソックスを買ってくれたりしました。

それに、いつものように
美味しい手料理もふるまってくれました。

おばあちゃんもプレゼントを届けてくれました。

とっても嬉しい誕生日パーティでした。

いつの頃からでしょうか?

何がきっかけだったかは
ハッキリとは覚えていませんが
いつの間にか、じんわりと気づいていました。

誕生日って
みんなにお祝いしてもらう日だと思っていたけれど
違うよな… って。

誕生日っていうのは
この1年、無事に過ごさせてもらったことを
お世話になった家族や仲間たちみんなに
感謝をする日なんだな… って。

今ではハッキリ! そう確信しています。

空 ありがとう
大地 ありがとう
お日さま ありがとう
水 ありがとう
風 ありがとう
光 ありがとう
自然 ありがとう
生き物 ありがとう
街の人 ありがとう
取引先の人 ありがとう
仲間たち ありがとう
友だち ありがとう
親戚 ありがとう
家族 ありがとう
お爺ちゃん お婆ちゃん ありがとう
お父ちゃん お母ちゃん ありがとう
ゆきちゃん ありがとう
もっちゃん ありがとう
自分自身 ありがとう
みんな みんな ありがとう

普段は うっかり
忘れかけていたかも知れない「ありがとう」を
改めて思い出させてくれる特別な日…
なによりのプレゼントです。

いつもよりも落ち着いて過ごした今年の誕生日…
しずかに… じんわり… しみじみと…
歓喜と感謝のキモチを 噛みしめています。

みんなのおかげで迎えた誕生日。

これまでも これからも ありがとう

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

いや…
ハッキリと そう思ってる。

では、お気楽に...(^^)/~~~

いつになく静かな誕生日

 

●1年前の今日:バースデーケーキならぬ・・・

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  感謝 誕生日 家族 仲間 プレゼント お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

バースデーケーキならぬ・・・

突然ですが・・・
お好み焼きが 大好きです。

「好きな食べ物は?」と尋ねられたら
すかさず 「お好み焼き!」と応えます。

そして、
今日は 誕生日です。

というわけで、
夕食は、大好物のお好み焼きでした。

バースデー豚玉

ゆきちゃんと もっちゃんが
スペシャルトッピングをしてくれました!

「誕生日に お好み焼きなんて・・・」
と思う人がいるかもしれませんが心配いりません。

お好み焼き好きにとっては何よりの献立です。

しかも、愛娘たちの手によるものなら
この上ないプレゼントなのです(^^)/

そして、なんと
1皿目のお好み焼きは・・・
大判で2枚重ね! 迫力満点でした!

バースデー豚玉

その名も・・・
バースデーケーキならぬ
バースデー豚玉! (^^ゞ

お好み焼きフリークにとっては
夢のようなバリエーションです!

「歓び」と「原価」を考えると
驚異的なコストパフォーマンスです!

2皿目は・・・
ゆきちゃんがマヨ&ケチャップで
メッセージを描いてくれました(^^)/

バースデー豚玉

出来栄えは   こんなもんです(^^ゞ

ま こういうこともありますが^^;
お祝いした方も された方も
楽しい!嬉しい!大満足!の
誕生日のディナータイムでした。

夕方には お婆ちゃんも
プレゼントと手紙を届けに来てくれたし、
友だちからは たくさんのメッセージをもらったし、
ホントにホントに 嬉しかったよ(^^)/

こうして 家族や友だちや いろいろな人たちと
つながり合っているんだな…ということを
改めて再確認できた1日でもありました。

世間を見渡せば…
厄介なことや 面倒なこともあるけれど
おかげさまで しあわせに今年も誕生日を
迎えさせていただくことができました。

本当に 本当に ありがとうございますm(__)m

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:これまでも これからも ありがとう

コメント:8 | TB:0 【しあわせメモ♪】  誕生日 お好み焼き 家族 仲間 プレゼント 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

30年ぶりの大阪場所

30年ぶりの大阪場所

ホント久しぶり
30年か31年ぶりに
大相撲・大阪場所の観戦に行きました。

誘ってくれたのは
先日、たまポンを分けてくれた角さん。

30年前の大阪場所にも、この角さんと
もう一人の同級生もっちが一緒でした。

建替前の大阪府立体育館でした。

そして今日、九日目の大阪場所は
満員御礼の垂れ幕は出ていたものの
あちらこちらに空席が目立ち
歓声も心なしか小さい気がして
近年の相撲離れを実感してしまいました。

けれども、中入後は
熱戦や大相撲になる取組みも多く
見応えたっぷりで概ね大満足でした。

相撲の見応えもあったのですが、
30年分のつのる話に花が咲き、
懐かしい話から、互いのその後の生活まで
たっぷりと同級生の会話を満喫しました。

その後、ちょっと一杯のはずの二次会は
うっかり長居してしまっただけでは済まず、
場所を梅田に変え、さらに同級生カイクンと合流し
ついつい呑み過ぎてしまいました(^^ゞ

こういうことができる仲間は
そんなに多くないと思い込んでいたのですが、
実は、忘れていただけのことなのでしょう。

知らず知らずのうちに
手の内にあるしあわせを
忘れてしまっていたのかもしれません。

なにはともあれ…
楽しい一日でした。。。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

30年ぶりの大阪場所

 

●1年前の今日:微力は 無力じゃない!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  仲間  信頼 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

おたがいさま おかげさま

生きているということは誰かに借りをつくること。生きてゆくということはその借りを返してゆくこと。

生きているということは
誰かに借りをつくること。

生きてゆくということは
その借りを返してゆくこと。

阪神淡路大震災を機に
自然災害の被災障害者を支援しつづけている団体
ゆめ風基金」の呼びかけ人・永六輔さんのコトバです。

子どもの頃から
「人に迷惑をかけてはいけません」
と教えられて育ってきました。

自分のことばかり考えて
他人に迷惑をかけることを厭わずに
どんな成果をあげても価値はない…
そう信じて生きています。

そして、
自分の娘たちにも そう教えています。

こうしてボクたちが受継いできた美徳を
後世まで伝えることができればと思っています。

ただ、
この「人に迷惑をかけてはいけません」には
少し注意が必要だと感じています。

どういうことかというと、
「人に迷惑をかけなければ何をしてもいい」
「人に迷惑をかけていないから偉い」
…などという意味ではないことを
十二分に理解しておかなくてはならいと思うのです。

なぜなら、
まったく人に迷惑をかけていない人など
一人もいるはずはない
 からです。

少し言い方を変えて説明するならば、
人に迷惑をかけずに暮らしている人でも
必ず誰かのおかげで生かされている

ということを忘れてはならないということです。

約束を破ったり、人に危害を加えたり、
意地悪をして邪魔をしたりするというような
人に迷惑をかける行為をしていない人も
家族や地域や所属する組織や国家社会において
必ず少なからぬ誰かの助けを借りることによって
この世に産まれ、生かされていることは
説明するまでもない現実ではないかと思います。

自分は人に迷惑をかけていないと思っていても、
案外、本人の気がつかないうちに
誰かに迷惑をかけているかもしれません。

本当に人に迷惑をかけていなかったとしても、
それでもなお、お世話になっている人はいるものです。

このことは、
別の視点で捉えてみると、
自分も誰かの世話になって生かされているのだから
他人が世話をかけていることも認め合って、
自分も誰かのためになる役目を担いたいものだ、
という言い方ができるかもしれません。

自分にできることはやる。
自分ができないことは委ねる。

互いに依存し、もたれ合うのではなく…
弱者救済というような上から目線の施しでもなく…
豊かさ故の余裕からでてくるものでもなく…

おたがいさま

おかげさま

この感謝と共存共栄の精神があってこそ
「人に迷惑をかけてはいけません」が
本当の意味で活きてくるのだと思うのです。

子どもはもちろん、大人になってからも、
手習中はもちろん、指導する立場になってからも、
何もできなかったとしても、何ができたとしても
能力が高くても、真面目で誠実でも、人徳があっても、

やっばり おたがいさま
やっぱり おかげさま  だと思うのです。

困った時は おたがいさまです。

おかげさまで 生かされていますから。

人に迷惑はかけちゃいけませんが
お互いに できること、出せる力を出し合って
お互いに ありがたく いただくということは
迷惑をかけたり、かけられたりということとは
ぜ~んぜん!関係ないことなんですから。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:認め合い 信じ合い 分かち合う

 

●4年前の今日:あちゃ~

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  感謝 家族 仲間 共存 許す  信頼 役割 

ページTOPへ↑

EDIT

無限の可能性を秘めた「場」の底力

人が大事、人が基本、人が仕事をする、人に投資しろ。
そこらへんまでは、理解してる人も多いと思うんです。
でも、その「人」の価値を大事にするためには、
「場」というものが、とても必要なんですよね。
そしてその「場」ってものは、自然にはできないし、
しっかり守らないと無くなっちゃうこともあるんだなぁ。

via: ほぼ日刊イトイ新聞「今日のダーリン」2011/12/30

どこにでもありそうで ないのが「場」。

この場合の「場」とは、
もちろん単なるスペースのことじゃなくて
「人と人とが関係しているところ」
…みたいな意味なんじゃないかと思う。

いや、それは
「ところ」と書いたけれども
別に場所なんかなくたっていいわけで
まさに「人間関係」そのもののことかも知れない。

「人間」というコトバは
「人」の「間」と書くところから
個体の「人」ということよりも
「人間関係」を意味しているとも言われる。

そういうことからすると、
「場」がない…ということは
「人間関係」がない…、「人間」がない…
ということだと考えることもできるわけで、
そりゃ~上手くいきっこないわなぁ と
改めて しみじみと感じざるを得ない。

インターネットの功罪は様々あれど、
最大の功績は、新しい「場」を提供したことだと思う。

ネットの普及によって
新たな「人間関係」が構築されたり
消えかかっていた「人間関係」が回復したり
既になくなっていた「人間関係」が復元したりした。

孤独を感じていた人に 居場所を見出させ
場数の不足に悩んでいた人に 他者のストロークを与え
既存の「場」を遥かに超えた手軽さと身近さを備えている。

「場」の提供は、全体の利益を最大化する。

全他利益を最大化しようとすると
個人の犠牲が伴うことが少なくない。

けれども、良い「場」が生み出すエネルギーは
個人の埋没や個人の犠牲を伴うことはなく、
むしろ、1人1人が活かされて、活かし合って
そのことによって全体が活性化している。

このように素晴らしいエネルギーを生み出す
良い「場」を提供しているのは
もちろん、インターネットだけではない。

人が大事、人が基本、人が仕事をする、人に投資しろ
そういう意識を持ち、それを具体的に実践している人たちは
いつも「場」を創り、維持することに余念がない。

どんなシゴト、どんな環境、どんな場面でも
良い「場」の存在によって「人」が活かされている。

一部の既得権益や全体最適だけを優先することなく
1人1人の「人」を大切にして
1人1人の「人」が活かされ、活かし合うための「場」。

右肩上がりの成長社会の時代が終焉し
少しずつ小さくなりながら成熟していくこれからの時代、
限界に達した経済的、物理的な価値に代わって、
このような「人間関係」や「場」というものこそが
無限に成長していく可能性をのある価値なのではないか。

「1人は全体のために、全体は1人のために」
このコトバの真意が発揮されるのは、今からかも知れない。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:コレは覚えておきたいっ!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  成長  和の心 個人 仲間 コミュニケーション 

ページTOPへ↑

EDIT

弾き語り・弾きまくりギター三昧

弾き語り・弾きまくりギター三昧 【山本恭司】

 
今夜は高校時代の仲間たちと
梅田のライブハウスへ。

BOWWOWのギタリスト山本恭司のワンマン
『弾き語り・弾きまくりギター三昧』

前半がアコースティク、後半がエレキの二部構成で
ループマシンを駆使した一人ライブだったけれど
率直な感想は、「流石は達者やなぁ」の一言。

若い頃から、わりと幅広いジャンルに興味があって
洋の東西を問わずさまざまなレコードを聴いてきたけれど
ハードロック、ヘビメタ系は、あまり縁がない。

とはいえ、欠かすことのできないスーパーパンドは
少ないながらもあるわけで、その中のひとつがBOWWOW。

若くしてハードロックのトップスターとして活躍し
今なお国内だけでなく海外でも評価が高い山本氏のプレイ
やはり、「流石は達者やなぁ」の一言だった。

そんなハードロックのスーパーギタリストが
アコースティクギターで艶やかな音色を奏で
しっとり、じっくり、おだやかに聴かせてくれるとは
まさか思いもよらなかったことなのだけど、
彼のここ暫くのソロ活動は、すっとこの傾向にあって
既にソリッドなエレキプレイヤーだけにとどまらない。

彼の長いミュージシャンとしての経験が
少しずつ、でも確かに幅と深さと円熟味を持たせ
プレイスタイルにも影響を与えてきたのだろう。

やはり、「流石は達者やなぁ」の一言だった。

そして、
同行した友人は、かつてのバンド仲間だったのだけど
彼らもまたハードロック・ヘビメタ系とは縁の薄い連中で
まさかこの面子で山本恭司のライブに行くとは思わなかった。

卒業後、各々が別の道へと歩みだし
それぞれが様々な経験を積み重ねてきて
いろいろな意味で幅が出てきた結果なのだろう。

自分なりの方向を見定めつつ、許容範囲は拡がって
たくさんのものを認め、楽しめるようになってきた。

けっして妥協ではなく、拡がりというべき肯定的な意識。
ゆるいながらも 手堅く奥行きのある余裕のような感覚。

さらに、今月は
ひょんなことから再会は果たした連中たちを中心に
十何年かぶりの同窓会を開くことも決まっている。

変わったところ、変わらないところ
それらすべてを含めて
単に懐かしいだけじゃない意味で
改めて顔を合わせることができそうな予感。

久しぶりに耳を劈くギターアンプの生音で
トリップしかかりながらも感じた確かな気配だった。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:真に独創的な頭脳

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 LIVE 仲間 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

人の心を暖かくする力

人間は誰でもいつか死んでしまうけど
「死んだらおしまい」なんていうのは間違いだ!
素晴らしい生き方をした人は
この世を去ってもまだ
他人の心を暖かくする力を持つんだよ!

via: ひろぐ

 
うん
確かに そうだと思う。

果たしてボクは
そんな力を持っているだろうか?

この世を去って なお
他人の心を暖かくするような力を。

 
自信がなかったり
疑問を抱いてしまうのは、
やはり、今の生き方に対して
そう感じているからなんだと思う。

目の前にいる人たちのために
少しでも役にたてるように考え、
そして、それを行動に移していくことこそが
他人の心を暖かくする力につながるのだろう。

そんなことは 少し考えれば
ある程度は想像することができるのだけれど、
思うように実践できないでいる自分に
苛立ちや不甲斐なさを感じてしまう。

 
ボクには家族がいるし
友人も恩人もいる。

みんなを心から思いやり、
行き届いた行動をすることは
今の自分には できないのかも知れない。

けれども、
ボクが その人たちを愛し
大切な存在だと感じているのは
彼らがボクの心を暖かくしてくれているから。

ボクの大切な人たちは
みんな やってくれているということ。

確かに、彼らは たとえ離れていても
暖かく見守ってくれていると感じられるし、
もし、この世を去っていったとしても
けっして 彼らの存在を忘れることはない。

 
そう考えると、
力不足のせいにしている場合じゃない…
なんとしても実践しなきゃ! と思えてくる。

世のため人のためなどという
大きなことには手が付けられないけれど、
目の前の大切な人のことを
大切なしたり思いやることなら
少しくらいできるかも知れないし、
できるできないに関わらず
やり通したいなという気になる。

もしかしたら…
こういうことの積み重ねが
素晴らしい生き方に近づくことができる
ひとつの方法なのかも知れない。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:油断は禁物

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  家族 仲間  信頼 感謝 

ページTOPへ↑

EDIT

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス

 
昨晩、気のおけない仲間と一緒に
久しぶレの Billboard LIVE を訪れた。

「EPO with センチメンタル・シティ・ロマンス」の
セカンドステージ。

ひととおり食事もすませ
アルコールもまわりつつある
まったりとした時間が
ゆっくりと過ぎていく。

 
それにしても…
センチの兄貴たちは
相変わらずカッコ良かった!

今も昔もマイペース。
進化しつつも 芯はぶれない。

長く続ける秘訣なんだろうと思う。

シワも増えたし 多少は老けたけど
禿げてないし バリバリ上手いし
まだまだ悪そうな顔しているし…

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
EPOと言えば、
80年代のJ-POPを代表する人だし
元気で明るいヒット曲も多い。

けれど、そのころから既に
しっとり じっくり歌った曲も少なくなく
むしろ その中に名曲がたくさんある。

そして、元気ハツラツのEPOも次第に歳を重ね
音楽に限らない活動の幅を拡げていくと共に
さらに、しっとり じっくり歌う曲が増え
いつしか、かつてのイメージは一変した。

正直、若いころの彼女の印象は、
声がキレイな歌の上手い人でしかなかったが、
近年の円熟ぶりには目を見張るものがある。

こんな風に歳をとりたいな...と思う。

 
「Down Town」「土曜の夜はパラダイス」など
ピチピチだった頃のヒット曲はもちろん、
「グッドナイトベイビー」などナツメロのカバー等
History of Japanese POP のタイトルに相応しい
とってもハッピーで めちゃめちゃ楽しいステージは
23時を過ぎても終わらない。。。

いよいよ盛上がりもピークに差かかったころ
EPOの夫でもある舞台俳優の宮川雅彦氏が登場。

EPOの創作童話「光になった馬。」を朗読した。

 
東日本大震災で、2人のお子様を亡くされた女性が、
ラジオで偶然耳にしたのが、この童話なのだという。

その方が投稿サイトで作者探しをしたことから話題になり
10月1日にCDブックとして出版された。

そのCDブックに収録されている曲が「たったひとつの」。

 
「光になった馬。」を朗読を受けて
語りかけるように聴かせてくれた「たったひとつの」。

 

EPO - たったひとつの

 
思わず 涙がこぼれ落ちた。

気がつけば
みっともないくらいのボロ泣き状態。

かなり恥ずかしかったけれど^^;
オッサンであることも忘れて浸りきった。

 
いや~ 昨晩のライブ
ホントに良かったよ。

そして、やっぱり
かな~り恥ずかしかったな(^^ゞ

 

CDブック『光になった馬。-たったひとつの-』

 

 

●1年前の今日:休みながらでもいいから、続けること

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 ライブ 仲間 生きる  満喫 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

チャリティLIVE よかったよ♪

チャリティLIVE

 
今夜は、ゆきちゃんと2人で
神戸の友人、フィッターのお店で催された
チャリティLIVEに行ってきました。

 
チャリティLIVE

 
関西屈指の女性ヴォーカルグループ TriBird。

一流ミュージシャンのバッキングボーカルとして
そして、各自ソロとしても活躍する3人のハーモニーは
時には強く... 時には優しく... 響き渡ります。

ホント!聴き応えあったなぁ。

ゑみやチャンネル live (USTREAM)

すっかり帰りが遅くなってしまって
電車の中では眠たくなってしまったけれど、
ゆきちゃんも ビックリ!うっとり!ノリノリ!でした。

それに、新しいお友達もできて
ホント!大満足だったみたい。

よかった よかった(^^)/

 
チャリティLIVE

 

●1年前の今日:腐らず続ける...地味やな~^^;

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽 LIVE 仲間 お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT