元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

経験を積み重ねれば成長できるのか?

昨日のエントリー
何でもできる人なんて!?

挑戦し続ける人は
きっと、何でもできる!

と書きました。

でも、実は
それと同時に

人は何から何まで
できるわけじゃない!

とも思っています。

何を矛盾したことを言ってるんだ…
と思われるかもしれませんが
こういうことを ↓ 考えているからなんです。

私は、経験を重ねることで人間が成長するという考え方に、実は、疑念を抱きはじめている。

via: 水を選ぶ魚:日経ビジネスオンライン

もちろん!
経験値を積むことによって
知識や技術を蓄えることができますし
媒体を介した学習では得られない
より多くの優れた知恵を
効果的に身につけることも可能です。

さらに
先のエントリーの通り、
繰返し失敗したり
いろいろな苦労をしたり
長く時間がかかったりしても
挑戦し続ける人は
経験を積み重ねることで
きっと、何でもできる!

ということにもなるわけで、
経験を重ねることは
人が成長する上で
最も有効な手段だと言えそうです。

ところが経験は
際限なく積重ねられるものではありません。

同時にできることも限られています。

あの聖徳太子は
36人の話を同時に聞いたのだそうですが
さすがに 100人はムリだったかもしれません。

今夜、誰かと食事にいく約束をしているなら
家族と食事をすることはできないかもしれないし
海外出張へ行かなければならない日には
子どもの運動会を見に行くことはできません。

つまり
何か経験するということは
別の経験を逃すということ
でもあるのです。

人の生命には限りがあります。

どんなに裕福な家庭に生まれても
どんなに健康な血を引く家系であっても
どんなにラッキーが重なった人生でも
100%確実に人は死期を迎えます。

人生は有限です。

人は限られた時間やリソースを
消費して生きています。

限りある人生の中で
どんな経験を取捨選択していくかは
成長の度合いや生きがいに
大きな影響を与えることになるでしょう。

闇雲に思いつくままに経験を重ねるだけでは
満足のいく成長や生きがいを
手にすることはできないかもしれません。

若い世代の人なら
まだ自分の進路や一生かけて歩む道を
見つけられないでいるかもしれませんから
まずは何でも経験してみることが必要でしょう。

けれども
人生半ばを過ぎた人ならば
自分自身の志す道に沿った経験や
自分が最も大切にしたい経験を
意識して優先的に選択することが大切です。

即ち

挑戦し続ける人は
きっと、何でもできる!

でも

人は何から何まで
できるわけじゃない!

ということになるんです(^^)b

私たちは
どんなことでも実現できる
ポテンシャルと可能性を持っています。

だからこそ
限られた人生を有意義に過ごすために
志を明確にして活きる原理原則を心に決め
それに向かって邁進していきたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

経験を積み重ねれば成長できるのか?

via: GANREF

 

●1年前の今日:気をつけなくちゃ!

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  経験 成長 選択  人生  

ページTOPへ↑

EDIT

へぇ~ そうなんですね~

マイケル・ジャクソンは姓も名もありふれてますが、マイケルはアメリカで4位、ジャクソンは18位だそうです。この順位を日本名に置き換えると斎藤修になることが先ほどわかりました。

via: Twitter / 3rdro

へぇ~
そうなんですね~

世の中にムダな知識などない
とは よく言われるますが…

果たして 本当に
世の中にムダな知識などないのでしょうか(^^ゞ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

人生に無駄なことなんてなにもないさ

 

●1年前の今日:「聴き上手」になるには…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  ムダ 人生 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

人間なんて

吉田拓郎  人間なんて  つま恋'75

人間、練習すれば間違える。 計画すると失敗する。 覚えていると忘れる。 生きていると、死んじゃう。細野晴臣

via: Twitter / skmt09

あぁ… なんだ…

だったら…

間違えても イイんじゃん

失敗しても イイんじゃん

忘れても イイんじゃん

そういうのが人間なんだなぁ
いまさらながら…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

人生ゲーム

人生ゲーム

 

●1年前の今日:見えない敵との終わりなき格闘

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 人生 あるがまま 

ページTOPへ↑

EDIT

りつ子さん…

美容ぜーんぶ りつ子

 
「エクステリアの奇抜な色彩」 といい
「ぜーんぶ」 といい
「りつ子」 といい


何から何まで ぜーんぶ
圧倒的なインパクト!

 
りつ子さんに 会ってみたいなぁ
でも、オヤジが入るような店じゃなさそーだなぁ
といいつつ、ちょっと怖そーな気もするなぁ

とにかく
何から何まで ぜーんぶ 気になるぞ!

 
ところで
りつ子さんといえば・・・

 
笠りつ子

今なら、この人が頭角を表しているような気がしますが、

やはり、No1.りつ子さんは、
あの「さわやか律子さん」ですね。


nakayama rituko 中山律子

 
華やかなイメージの律子さんにも
さまざまな苦心と涙の物語があったのですね。

水面下にこういう物語を忍ばせているからこそ
なんとも言えない美しさと魅力が現れるのかもしれません。

そして、
「奇抜な色彩」な「ぜーんぶ」の「りつ子」さんには
一体どんな人生の物語が隠されているのでしょうか?

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:補助輪付き一輪車

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板 物語 イメージ 人生 

ページTOPへ↑

EDIT

プロレスは人生の縮図だ(2)

@dr_haniwa まさしく。だから、感動できる。less than a minute ago via モバツイ / www.movatwi.jp Favorite Retweet Reply

昨日の記事に反応してくれたフォロワーさんがいたので
調子に乗って、もうちょっと続きを書いてみる。

天才と呼ばれたプロレスラーは「俺はホウキ相手でもプロレスができる」と言った。

上司がパワハラだろうと
組織が腐っていようと
政治に問題があろうと
僕らが結果を出していくのは当たり前だ。
問題の責任を自分以外の他者のせいにしてはいけない。

via:「人生はプロレスだ」 はじめに閲覧されるべきもの

まさに!
ホウキに向かって「俺ってすごいだろ」と
アピールすることなど意味のないことなわけで、
プロレスを成立させるためには
自分でホウキをレスラーとして扱う他ないのだ。

それが、ホウキでなく、
パワハラ上司だろうが、腐った組織であろうが、
人間とは、他者との繋がりそのものなのだから。

ガチだとか、ヤラセだとか、
正しいとか、誤りだとか、
新しいとか、古いとか、
そんなものは関係ない。どうでもイイ。

どんなやり方であったとしても
レスラーとしての相手に関わらなければ
そこにプロレスは成立せず、
当然、プロレスの主目的である
エンターテインメントは存在し得ない。

どんな相手であろうと
どんなやり方であろうと
人間としての相手に関わらなければ、
人間として活き活きと生きてゆくことは難しい。

自己と向き合い、他者と向き合い、
そして相手の存在を認め合うことでしか
互いに人間として存在してゆくことはできない。

まさに、プロレスは人生の縮図だ。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

お前!平田だろ!

 

●1年前の今日:鳴らしてみたい...(^^♪

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  人生 コミュニケーション 個人 自我 

ページTOPへ↑

EDIT

プロレスは人生の縮図だ

かなり唐突で強引なところもあるが、
ふむふむ…なるほど! と
思わず共感してしまったので、少し覚書を。
 

プロレスとはコミュニケーション力であり、他者との繋がりそのものだ。

相手を一方的に論破して「俺ってすごいだろ」的なことをアピールすることは
プロレス的にはレベルの低い行為だ。
相手の個性、魅力、強さを引き出し、相手を引き立たせた上で
何より試合自体がエンターテイメントとして成立することこそが重要である。

via:「人生はプロレスだ」 はじめに閲覧されるべきもの

 
「俺ってすごいだろ」的なことをアピールすることは
プロレス的にはレベルの低い行為だ。

これには、奥が深い洞察であり、高い志を感じる。

「プロレス的にはレベルの低い行為だ」
というのは、言い換えれば、
「人生的にはレベルの低い行為だ」
ということなのだろう。

 
しかし、
「俺ってすごいだろ」はレベルが低い
・・・としながらも、

所謂プロレスというものは、
「俺ってすごいだろ」的アピールが
終始ただよっている、というか
そういうアピールがを必要以上に目立たせた
田舎芝居が繰り広げられているのも事実。

ガチンコをウリにしている団体でさえ
同様のパフォーマンスを欠かすことはない。

プロレスにおいては
相手の個性、魅力、強さを引き出し、
試合をエンターテイメント化させるがために
意図的に「俺ってすごいだろ」的アピールを
することがあるということなのだろう。

「俺ってすごいだろ」はレベルが低いと認知しつつ、
あえて、「俺ってすごいだろ」を実行して
相手の個性、魅力、強さを引き出す。。。

さらに深い。。。 プロ魂を感じる。

 
プロレスは、1人きりでは成立しない。
相手があって初めてプロレスに成り得る。

そして、
人もまた、1人きりでは存在できない。
他者との関係の中でしか生きてはいけない。

「人」「間」と書いて「人間」。
人間とは、他者との繋がりそのものだ。

まさに、プロレスは人生の縮図だ。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

プロレスは人生の縮図だ

 

●1年前の今日:お気楽に一所懸命!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  人生 コミュニケーション 個人  

ページTOPへ↑

EDIT

飛びまぁ~す 飛びまぁ~す

飛びまぁ~す 飛びまぁ~す

「コント55号」で国民的人気を集めたコメディアンで俳優の坂上二郎(さかがみ・じろう)さんが10日、栃木県内の病院で脳梗塞のため死去した。76歳。通夜・告別式は執り行わず、近親者のみで家族葬を行う。

via: MSN産経ニュース

 
また1人... と言えば
つきなみな表現になってしまうのだけど、
やっぱり
また1人... と言ってしまう自分がいる。

 
熱狂的なファンだったと自負しているわけではないし、
もちろん、親戚でも知人でもないわけで、
多少の残念さや寂しさは感じたとしても
淡々と受け容れつつ過ごしていけばよいはずなのだが、
また1人... などと
つい、無念さを積み重ねてしまうのは なぜだろう。

 
コント55号。

圧倒的に 欽ちゃんの方が目だっていたけれど、
決して 次郎さんの存在は小さくなかった。

一方ばかりが人気が高くて、
解散後は、その一方だけが生き残っているような
とてもコンピとは言えないような漫才コンビとは違い、
コント55号は、完全なチームとして存在していた。

一般的に言われている「ボケ」「つっこみ」という枠にとどまらず
それでいて強烈な個性をぶつけ合わせながら
互いの役割を尊重し合い、発揮し合っていたからこそ
最高のパフォーマンスを実現できたのだろう。

特に、次郎さんは、
不世出の「最高の受け手」であったと思う。

欽ちゃんの意図する声なき声を完璧に聴き、
期待に応え、時には裏切って、観衆の声を聴き、
その出来ばえに触れた自らの心の声を聴いていた
まさに、最高の「受け手」職人。

 
二郎さんが、親父と同年代の人だからなのか...
人生の折返し点を過ぎたことを自覚したためか...
昭和への想いが、日ごと強くなるのを隠せない。

ご冥福を お祈りいたします。

 

●1年前の今日:もう少し人に迷惑かけてもいいかも

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  天命 一所懸命 プロフェッショナル 人生 ノスタルジー 

ページTOPへ↑

EDIT

即今只今の連続


走れ! "RUN!"

ある男の一生...


John Lewis Advert - April 2010

ある女の一生...

 
どちらも なかなか
意味深いものを感じる動画です^^;

 
長いようで短い人生...
短いようで長い人生...

どんな人生にも
さまざまなイベントや
さまざまなドラマがある。

どんな人生も
一瞬一瞬 即今只今の連続。

 
などと、思ったり... 思わなかったり...

 
即今只今の連続

●1年前の今日:叱るか、褒めるか、その前に…

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 人生 イベント  

ページTOPへ↑

EDIT

変わること 変わらないこと

阪本 九 - 心の瞳

心の瞳で 君を見つめれば
愛すること それが
どんなことだかわかりかけてきた
言葉で言えない 胸の暖かさ
遠まわりをしてた 人生だけど
君だけが いまでは
愛のすべて 時の歩み
いつも そばで わかち合える
たとえ あしたが
少しずつ 見えてきても
それは 生きてきた
足あとが あるからさ
いつか 若さを
失くしても 心だけは
決して 変らない
絆で 結ばれてる

夢のまた夢を 人は見てるけど
愛することだけは
いつの時代も永遠のものだから
長い年月を 歩き疲れたら
微笑なげかけて 手をさしのべて
いたわり合えたら
愛の深さ 時の重さ
何も言わず わかり合える
たとえ 過去を
懐しみ ふり向いても
それは 歩いてた
人生が あるだけさ
いつか 若さを
失くしても 心だけは
決して 変らない
絆で 結ばれてる

愛すること それが
どんなことだかわかりかけてきた
愛のすべて 時の歩み
いつも そばで わかち合える

心の瞳で 君を見つめれば……

心の瞳 (坂本九)
作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし

 

●1年前の今日:鈴木と小沢の見分け方

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  音楽   無常 人生 

ページTOPへ↑

EDIT

しあわせの感じ方

感じ方

自分が強く信じていたものが本当はそうでないとわかった時、それを受け入れるのは辛いことです。
思い入れが強ければ強いほど、違うと認めることで自分が否定されるような気がする。
そんな時、人は無意識に正当化する言い訳を考えて、自分を守るんだと思います。

via: 堤未果「ルポ貧困大国アメリカⅡ」岩波書店

 
受入れたくないから 受入れようとしない。

でも、
もう既に、そうでないと解っているから
意に反して 受入れさせられてしまう。

それでも、やっぱり
受入れたくないから
ますます 辛くなっていく。

 
思い入れが強ければ強いほど
そうでなかったと認めたくない。

でも、
もう既に、そうでないと解っているから
意に反して 認めさせられてしまう。

それでも、やっぱり
認めたくないから
ますます 辛くなっていく。

 
落胆する間もなく もがき苦しみ
強烈な矛盾と自己嫌悪が無限に続く。

そして、その醜さは増し
更に自分を否定したくなる。

だから、
それ以上に正当化する理由が必要になる。

しかし、
避ければ避けるほど…
紛らわせれば紛らわせるほど…

正当化しようとすればするほど…
自分を守れば守るほど…

その醜さは 更に増し
なお一層 自分を否定したくなる。

 
ずっと 自分を守っていけている人は、
決して上手くやっていけているわけじゃない。

ずっと 自己否定に抵抗し続けているだけ。

問題解決できているように見えても
実は、無限ループから抜け出せないでいる。

だから、よく観ると
いろんなところに歪が生じている。

 
それとは逆に、

徹底的に辛い思いに向き合って
どん底まで落ち込んで
その辛さを味わい尽くした人というのは、

辛い、悲しい、切ない気持ちを
本当の意味でデトックスして
清清しい人生を取り戻している。

 
一見、不幸に思える境遇に向き合って
今を生ききる生き方というものが
しあわせの感じ方なのかも知れない。

 
強く信じていたもの...
強く思い入れを抱いていたもの...
それが本当はそうでないとわかった時、
いったい何に失望したのだろう?

実は、その失望の対象もまた、
無意識に正当化する言い訳を考えて、
自分を守っていたのかも知れない。

その醜さに、その無意味さに、その滑稽さに、
一度しかない人生を生ききっていないことに、
失望を感じていたのではないだろうか?

 
もしも そうだとするなら、

この辛さは、この悲しみは、
同じ轍は踏まない... ということを
教えてくれている体験なのだとも言える。

失望と自己否定を繰り返すことよりも、
どうしようもなく辛い、悲しい、切ない気持ちを
とことん! 味わい尽くしていきたいものだと思う。

 
難しいことなんだろうけどね。

勇気がいることかもしれないけどね。

とても受け入れられないことだって
ちゃんと受け止めることくらいならできるかも。

歓びも 哀しみも そのまんま...
感じきって 味わい尽くしていくことで
生きる意味が観えてくるような気がする。。。

な~んて、
思ったり... 思わなかったり...

 
…っていうか、
この本とは あんまり関係なかったりして...^^;

 

●1年前の今日:闘戦経

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  人生 あるがまま 肯定 満喫 生きる 無意識 お気楽 

ページTOPへ↑

EDIT

人生の損得

私は酒が飲めないので、酒が飲める人から人生損しているといわれた事がある。
しかし私は、酒で失うであろう金と時間を別の事に当てる事が出来る。

私はスキューバーダイビングをしたことが無いので、した事がある人から人生損しているといわれた事がある。
確かにしてみたいとは思うが、人生を損したといえるレベルの物事ではないと思っている。

自分が経験した素晴らしい出来事は、人にも伝えたくなる気持ちは分かる。 しかし自分の経験こそが至上であると勘違いしてしまうのは人生を失敗している。

via: 自分の人生至上主義者
勝間和代氏の「35歳独身限界説」どう思う?

 
なるほど…

じゃ この逆もあるな。
不幸自慢みたいなの...

 
どっちにしても...

人生に失敗なんてないんちゃう?

 
失敗やと思っていることは
死ぬまでの途中にある
波風や起伏を示しているわけで
生まれてきて 死んでいったら
それで完成なんと違うんかな?

生まれてきただけで儲けもんや
って言った人がいたけど…
ある意味、その通りやと思う。

 
…というようなことを言うと
前向きやない、とか
積極的に生きろ、とか
よく お叱りをいただきますが…
一度、勝○氏にも怒られてみたい。。。

…って、
変な趣味は ないよ! くれぐれも...^^;

十人十色 百人百色

 

●1年前の今日:ただの山村じゃない

コメント:2 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 人生 成功 失敗 

ページTOPへ↑

EDIT

楽しいと楽は違う

僕はいろいろなところで人に聞かれるんだよ。
『楽しきゃいいのか?』って。
いいんだよ。そのかわり、楽じゃないんだよって。
漢字で書いたら同じじゃんって。
でもね、楽しいと楽は違うよ。楽しいと楽は対極だよ。
楽しいことがしたいんだったら、楽はしちゃダメだと思うよ。
楽しいことがやりたいと思った時点で、楽な道からはそれるんだよ。
その人は。だって、おおこれもやりたいって、
楽しいことを実現するためにはもう忙しいってなるじゃん。
寝てる暇なんかねーよって。
楽しようと思ったら、楽しいことはあきらめなきゃだめだね。
ただ、生活は楽なほうが絶対いいと思うよ。
でも人生は楽しいほうがいいじゃん。

余裕がなきゃ駄目だよ。
だから、僕は、飽食の果ての飢餓だと思う。
飽食の果ての飢餓が、ロックンロールにおけるハングリーってやつでしょ、
お腹が空いたハングリーとは違うぜ。
ハングリー精神っていうのと、貧乏は関係ないよ。
貧乏な人がハングリー精神っていったら駄目だよ。
まず金稼いでから言えよ。
うん、ハングリー精神っていうのは、
満ち足りてる人の中に芽生えるものだよ。
着るものもある、家もある、ギターだって買える。
だけどさ、足りねぇんだよ、
これが、っていうのがロックンロールじゃん。
うん、貧乏人にはロックンロールはできないよ。

via: 水道橋博士の「博士の悪童日記」

 
楽しいと楽は違う

楽しいと楽は対極

ただ、
生活は楽なほうがいい

でも、
人生は楽しいほうがいい

 
うん そうそう そう思う。

 
そう思うってことは、
飽食の果ての飢餓に
なってきてるるんだろうか?

ちょっと余裕が少なくなってきてるけどね(^^ゞ

 
でも、自意識としては
ハングリーさは あまり感じてないな。

むしろ、満足感が高まってきてる。

それが満ち足りた状態だとすると、
これから じわじわと
ハングリーが芽生えてくんのかな?

 
やっぱり!
まず金稼いでから言えよ!
…ってことか?    ハハハ (^^ゞ

楽しいと楽は違う

 

●1年前の今日:いも堀り遠足

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 人生 生活 ハングリー 

ページTOPへ↑

EDIT

カッコ良すぎて、いつもムカついていました

音楽家の加藤和彦さんが自殺 軽井沢のホテル、遺書も

 「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲で知られる音楽家の加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木=が17日、長野県軽井沢町のホテルで首をつって死亡しているのが見つかった。パソコンで打った遺書らしきメモがあり、軽井沢署は自殺とみている。

 同署によると、加藤さんは16日、1人でホテルを訪れ、1泊2日の予定で宿泊。ホテルから17日午前8時半ごろ、「客室の男性と連絡が取れない。室内を確認してほしい」と通報があった。

 署員とホテル従業員が17日午前9時半ごろに部屋に入り、浴室内で死亡している普段着姿の男性を発見。同署で関係者が加藤さんと確認した。

 加藤さんは1968年、ザ・フォーク・クルセダーズの最初のシングル「帰って来たヨッパライ」が大ヒット。その後、南北分断の悲しみを歌った北朝鮮の曲「イムジン河」が政治的な配慮から発売中止になった。

 ソロ転向後は北山修さんと連名の「あの素晴しい愛をもう一度」が大ヒット。ギタリストの高中正義さんらと結成したロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」で海外にも進出した。

 作曲家、プロデューサー業のほか、スーパー歌舞伎の音楽担当など幅広く活動。木村カエラさんを迎えてのサディスティック・ミカ・バンド再結成やアルフィーの坂崎幸之助さんとのデュオ「和幸」など、第一線で活躍を続けていた。

2009/10/17 16:54 【共同通信】
ウェブ魚拓

 
つらい...

なんか こう...
自分の中身が溶けてなくなっていくような
さみしくて さみしくて仕方がない気持ちが
止め処なく湧き上がってくる。。。

最近、こういう気持ちになることが
少しずつ増えてきたのは、歳をとったせいか?

 
ボクは、どちらかというと
はっぴいえんど・ティンパン派だったので
アンチ加藤的なことを口にすることも多かったけど、
それも強烈に意識していたことの反動だった。

甘い歌声、背の高い色男で、
いつもクールでファンキーな
圧倒的にカッコイイあの人に憧れていたことには
自分でも気付いていた。。。

 
なぜ?
どうして?

第一報を目にした時には
そんなコトバしか思いつかなかった。

でも、今は、
もう、そんなことは どうでもいい。

 
加藤和彦さん...
カッコ良すぎて、いつもムカついていました。

でも、圧倒的なカッコ良さに感服です。

さみしくて 仕方がないけれど…
どうぞ ゆっくりと お休みください。

ありがとうございます。

 


イムジン河/フォーク・クルセイダーズ


塀までひとっとび/サディスティック・ミカ・バンド


あの素晴らしい愛をもう一度 フォーククルセイダーズ


帰ってきたヨッパライ/フォーククルセイダーズ

ハイ・ベイビー/Sadistic Mika Band

塀までひとっとび/Sadistic Mika Band
郡山ワンステップ フェスティバル 1974

 

●1年前の今日:電車の中の忘れ物

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  音楽  人生 あこがれ 

ページTOPへ↑

EDIT

腕なし 脚なし 心配なし! そして 限界なし!

ニック・ブイヂチ

1982年、オーストラリアで生まれたニックは、
生まれた時から四肢がなく、とても小さい左足だけがあった。

 
僕には両手と両足がない。

でも、このチキン・スティックみたいな
小さい足をもっているのに感謝しているんだ。

これはできない… あれもできない…

いつもできないことばかり、
自分が持っていないものばかりを考えたら、
自分が本来持っているものを見失いがちになる。

そんなふうに思っていたら、
人生を無意味にしてしまう。

 

僕は8歳の時、人生の結論を出したんだ。

僕は一生、結婚できないし、仕事は見つからない。

目標ある人生はおくれない。

私はどんな夫になるだろう?
妻と手をつなぐことさえできない。

 

困難に耐えることは素晴らしい。
だけど、とも難しい。

でも、僕は信じてる。

僕は妻と手がつなげなくても
その日がくると。

彼女の心をつかめると。

彼女の心をつかむのに手は要らない。

 

いまだに手足を持つことを祈っているのかって?

実はそうなんだ。

たとえくださらないとしても、大きく失望したりはしない。

神が聞こうが聞くまいが、僕は奇跡を信じているから大丈夫。

神は僕に とても偉大な使命をくださった。

神の栄光と愛に対する僕の話を通して、
人々の心が変わっていく姿を見ることは 本当に美しいことだ。

僕は まだ 奇跡を信じてる。

 
腕なし 脚なし 心配なし!

そして 限界なし!

 
ニック すごいよ!

泣けて 泣けて しかたがない。

けど、悲哀、同一化、同情の涙じゃない。

それは、尊敬と感動で揺さぶられた涙。

ニックが やってみせてくれている。

とにかく 始めること。
できるまで 続けること。
そして 信じること。

信じる男 ニック...
ホンマに エエ男やわ。  うん。

 

●1年前の今日:ようやく…

コメント:0 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  天命 感謝 人生 勇気  

ページTOPへ↑

EDIT

すべては選択できる!?

ジェリーはアメリカのあるレストランの店長です。

彼はいつも機嫌がよく,ポジティブなことを言います。

誰かが彼のご機嫌を訊ねれば,「今日は特に気分がいいよ」といつも答えていました。

彼と同じレストランで働くウェイター達の多くは,彼がその店を辞めると一緒にやめてしまいます。

そしてレストランからレストランへと,

彼と一緒にわたっていくのです。

なぜそんなについて周るのかと言うと,
彼の態度がいいからです。

彼は天性のモチベーターなのです。

誰かが不機嫌になっているときは,
ジェリーがいつもそばにいて,その人にその状況のポジティブな側面を見るようにアドバイスするのです。

彼のこのような態度を見るにつけ,
私はとても興味深くなりました。

ある日,私はジェリーに聞いてみました。

「僕には全くわからないよ。常にポジティブでいられる人なんていないはずだ。一体どうやってやるんだい?」

ジェリーはこう答えました。

「毎朝起きると自分自身に言い聞かせるんだ。

今日は2つの選択肢がある,
ご機嫌でいようか,
不機嫌でいようか,の2つだ。

 
僕はいつもご機嫌でいるほうを選ぶ。

 
何か悪いことが起こったときは,
被害者になるか,
そこから学ぶ人になるか,
の2つから選ぶ。

 
僕はいつもそこから学ぶ人を選ぶ。

 
誰かが僕に愚痴を言ってきたときは,
その愚痴を単純に受け入れるか,
人生のポジティブな側面を指摘してあげるか,
の2つから選ぶ。

僕はいつも
人生のポジティブな側面を指摘してあげる。」


  「でもいつもそんなに簡単にはいかないでしょ?」
私は反論しました。

 
「いや簡単だよ。」
ジェリーは答えました。

「人生は選択なんだ。
余計なものを取り除くと,全ての事象は選択になる。

人はいろいろな状況に対してどう対応するかを選ぶんだ。

あなた自身が,他人が言うことに対して
どう感じるかを選ぶんだ。

ご機嫌でいるか,不機嫌でいるかを
選ぶのはあなたなんだ。

人生をどう生きるかはあなたの選択だ。」

 
数年後,ジェリーは不覚にも レストランでは
絶対にやってはならないことをやってしまいました。

ある朝,彼は店の裏戸のカギを閉め忘れてしまったのです。

 
そしてそれが原因で3人組の強盗に襲われてしまったのです。

ジェリーは脅されて金庫のカギを開けようとしましたが,緊張から手が震えてなかなか開けられませんでした。

 
強盗はパニックになって,銃で彼を撃ってしまったのです。

幸運にも,ジェリーはすぐに発見され,病院に運びこまれました。

 
18時間に及ぶ手術と何週間にも及ぶ集中治療のおかげで,
身体の中に弾の破片の一部がまだ残ったままではありましたが,ジェリーは退院しました。

 
私はそんな事件から6ヶ月後にジェリーに会いました。

彼のご機嫌を伺うと,
「今日は特に気分がいいよ。傷跡を見るかい?」
と言いました。

 
私は傷を見ることは辞退しましたが,
強盗にあったときに何を思ったのかを聞きました。

「まず最初に思ったことは,
裏戸を閉めておくべきだったということだね。」
ジェリーは言いました。

「強盗が僕を撃った後,
床に倒れながら思ったことは,
僕には2つの選択肢があるということだ。

 
生きようか,死のうか,の2つだ。

僕は生きる方を選んだ。」

 
「怖くなかったの?」私は聞きました。

ジェリーは続いていいました。

「救急隊の連中はよかったよ。
僕に,大丈夫だからね,と繰り返し言ってくれた。

でも,救急治療室に運び込まれて,
医者や看護婦の表情を見ると怖くなった。

彼らの目には,
"こいつはもう死人だな",と書いてあるんだ。

ここで何かしなきゃいかんと思った。」

 
「それでどうしたの?」私は聞きました。

 
「それでね,
大柄な看護婦が僕に大声で質問をしてきた。」
ジェリーは言いました。

「彼女は僕に何かのアレルギーがあるかと聞いてきた。
僕は"ある"と答えた。

医者と看護婦は僕の答えを聞こうと動きを止めた。

僕は深呼吸をして叫んだ

「"弾だ!"。」

彼らの笑い声をかき消すように僕は言った。

「"僕は生きることにした。
僕は死んだんじゃなくて,
生きていることを前提に手術をお願いします。"」

 
ジェリーは生きた。

医者の技術もさることながら,
彼の驚異的な態度のおかげである。

私は彼から,
人生を楽しむか,嫌うかの選択を
毎日することができることを学んだ。

 
本当の意味であなただけのもの,

他の誰にもコントロールされず,
奪われることのないもの,
それはあなたの態度です。

それがわかれば,
人生の全てのことにおいて
かなり楽になるはずです。

今,あなたには
2つの選択肢があります。

 
1.この文章を自分が読んで終わりにする。
2.この文章を身近な人に勧める。

 
ということで、
2.を選択しました(^O^)/

 
人生、楽しく生きることを選択します☆

via: プロデューサー桑名正典ブログ

 
やたらめったら、どんな時にでも前向きな
ポジティブシンキングおたくのような思考や行動は
個人的には、ちょっと いただけない...
と思っているのですが
このエピソードは エエ話やなぁ~

 
他の誰にもコントロールされず,
奪われることのないもの,
それはあなたの態度です。

 
そうやねん!そこやねんな。

いつも楽しいを選ばなくては...
じゃなくて、

自分で選べる。
自分で選んでいる。
そこに気がつくとエエねんな。

 
ということで、ボクも
2.を選択しました(^O^)/

 
そして、さらに
コレ↓を 選択します。

 

お気楽に... (^^)/~~~

それで ええねん!

 

●1年前の今日:One question IQ test................

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  お気楽 生きる モチベーション  人生 コントロール 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT | NEXT