元気!本気!勇気!毎日の しあわせメモ

EDIT

スピード違反を防止する横断歩道

道路の上になんか浮いてる!!

あっ!
道路の上になんか浮いてる!!

危ない! ぶつかっちゃう!

危ない!
ぶつかっちゃう!!

と思ったら・・・

真上から見るとこんな感じ

よく見ると
立体的に見えるように描かれた
トリックアートでした。

実は立体的に見えるように塗り分けられた横断歩道でした

路上に描かれたトリックアートは通りかかる人を楽しませたりギョッとさせたりましますが、アイスランドではこのようなトリックアートを使って車の速度を落とさせるための試みが行われました。

via: GIGAZINE

なるほど!
コレを見たドライバーは思わず速度を落としてしまいますね。

このアイデアはスピード違反が多く事故が頻発しているインドで導入したところ、平均時速が30kmまで下がった実績があるそうです。

それを受けてアイスランドでも実験が行われ、効果を実証できれば他の横断歩道にも採用する予定があるとのことです。

初めて目にした人は驚くでしょうね。

でも、見慣れてしまった人にも効果はあるんでしょうか?

トリックアートだと思って突っ込んだら、本当の障害物に衝突してしまったなんていう事故が発生する可能性も考えられます。

面白いアイデアなのでぜひ実用化してもらいたいところですが、まだまだ課題はありそうですね。

なんと言ってもコレ↓

反対方向から見ると何だかわからない

反対方向から見たら立体的に見えませんしね^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
お話しがいっぱいだね!

コメント:0 | TB:0 【しあわせメモ♪】  アイデア 心理 勘違い ビックリ 事故 防止 

ページTOPへ↑

EDIT

ココは9連発で死守するぞ!

いっぱい標識ついてる!

あみだ池筋、福島7丁目交差点の南
JR神戸線(東海道線)の高架下です。

何コレ!?
標識が一杯!!

しかも
よく見てみると・・・

えっ! 全部「けた下制限高3.9m」って!?

えっ! 全部おなじ!?

けた下制限高3.9m
どんだけ強調しとんねん┐(´∀`)┌

ガードもド派手なカラーで塗装してあります。

大動脈・東海道線の運行には
ゼッタイ影響させないぞという
JRの強い意志が感じられます。

しかし
どれだけ注意を促しても
ぶつける車が後を絶たないのでしょうね。

これ以上おなじ標識がが増えないことを
心よりお祈りしています。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

反対側も同じ標識がいっぱい!

もちろん反対側も9連発!

 

●1年前の今日:着実に進んでいる高齢化社会

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  変な看板 事故 防止  

ページTOPへ↑

EDIT

悲しすぎるチョコケーキ

悲しすぎるチョコケーキ

via: らばQ

最高のワクワクが
最悪のガッカリに
変わった瞬間…

クリスマスや誕生日、一番ワクワクする瞬間の一つは、買ってきたケーキの箱を開ける時!

その最高に盛り上がった気持ちを一気に奈落の底へ突き落とした悲しいアクシデント。

悲しすぎる。

実に悲しすぎる。

どう考えても悲しすぎる。

他人事だと思うと少し笑えるww

いや失礼(^^ゞ

やっぱりこのケーキは悲しすぎる。

が、思い出としては結構おいしい^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
まだまだあった! 詰め替えグッズ

コメント:2 | TB:0 【なに?コレ?】  ケーキ 突然 事故 哀愁 

ページTOPへ↑

EDIT

溺れた時は「助けて」と叫んではダメ!

お盆も過ぎて、そろそろ海水浴の季節も終盤となっていますが、水難事故が増える時期でもあります。

万が一、水難事故に遭ってしまったら・・・

合言葉は、
浮いて待て!

体の2%は必ず浮く。この2%を鼻と口にすれば息ができる。

「人間は空気を吸うと、体全体の2%だけ水に浮くようにできています。背浮きをすると、顔がその2%になります。顔が水面から出ていれば、鼻や口で呼吸ができますね。その状態で浮いていれば、溺れることはありません。しかし、足が下になるとどうなるでしょうか。体が縦になりますから、水面から出る2%は頭のてっぺんになり、顔は水面下に沈んでしまいます。これだと呼吸ができず、溺れてしまいますね」

via: 日経DUAL

なるほど…
そういうことなんですね!

人間は空気を吸うと水に浮くようにできている!
水面に出る部分は体全体の2%!
この2%の部分に顔があれば呼吸ができる!

めちゃめちゃ納得!
もう溺れる気がしません^^;

「浮いて待て」とは、溺れたときに「背浮きしたまま救助を待つ」というサバイバルスイミング法。この日、水難学会のインストラクター松本さんと一緒に「浮いて待て授業」を指導した東京海洋大学の田村祐司准教授によると、「着衣のまま水難事故に遭うケースが非常に多い。普段、泳ぎに慣れている人でも、着衣のまま泳ぐのは非常に難しい。そういう場合は、背浮きのままで救助を待ってほしい」とのこと。

via: 日経DUAL

助けを求めて手を上げてしまうと、その手が2%になり鼻と口は水没してしまう…
だから、落ち着いて「浮いて待て」なんですね。

咄嗟の時には上手く対処できないかもしれませんが、頭の片隅にだけでも、このことを覚えておくことで、いざという時に火事場の馬鹿力が発揮される可能性は充分にあります。

また、日頃から着衣水泳や背浮きの練習をしておくことで、より水難事故から身を守ることができるようになることは間違いないですね。

ウチの娘たちにも教えてあげなきゃ…

地味な練習だけど、しっかり身につけて欲しいな(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
全幅の信頼を寄せる

コメント:3 | TB:0 【伝えたいことが あるんや】  事故 防災 待つ  

ページTOPへ↑

EDIT

その一歩は・・・

その一歩は、ネコにとっては小さな一歩だが

その一歩は、ネコにとっては小さな一歩だが、基礎工事の職人さん達にとっては大きな一歩だ…と思う…。

via: Twitter / yakisoba

あちゃ~┐(´д`)┌

ネコに罪はないのですが…
心なしか遠慮がちに見えるのが
感情を逆なでしているような気もします^^;

どうせならこのくらい足跡つけてみろやぁ~!!!

どうせならこのくらい足跡つけてみろやぁ~!!!

via: Twitter / mla999

だからと言って
ここまで開き直られるとね~(^^ゞ

完全に悪人顔、否、悪猫顔だし^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
ワンコ先生のハイハイ教室

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】   事故  

ページTOPへ↑

EDIT

哀しい事故を未然に防ぎましょう!

カップ焼きそばと
扇風機の相性は
あまり良いとは言えません
^^;

扇風機とカップ焼きそばの相性はあまり良いとはいえません

節電のためエアコンを控えめにして
扇風機を使っている人も多いと思いますが
カップ焼きそばを作る際は
充分ご注意ください!

同様に
冷奴に鰹節を添えるときや
お好み焼きにトッピングするとき
すし太郎のきざみ海苔をふりかけるときにも
扇風機はたいへん危険ですので
くれぐれもご注意ください!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:カテゴリーは一応「デザートです

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  哀愁 事故 失敗  

ページTOPへ↑

EDIT

回転寿司は楽しいね

くら寿司で脱線事故が発生

【運行情報】15:15頃にくら寿司で脱線事故が発生いたしました。その影響で一部のテーブルにて運転を見合わせておりましたが、現在は運転を再開しております。一部のテーブルで振替輸送を行っております。

via: Twitpic

うわぁ~~~
大変だぁ~!

きっと事故もあるんだろうなぁ
…と思ってはいましたが
これまで一度も実際の事故現場に
出くわすことはありませんでした。

それで、最近は
きっと!スゴイ研究と努力の結果
極めて完成度が高く、事故の起こらない
高精度・回転寿司システムが開発されてるんだ
…などと、勝手に想像したりしていました(^^ゞ

一定時間とられずに回転し続けた寿司は
自動的に廃棄されるシステムがあったり、
食後に皿を放り込むだけで
自動で精算してくれる仕組みがあったり
まるで最新鋭の工場内で
食事をしてるみたいですから…^^;

もちろん・・・
寿司の安全な輸送についても
万全の対策が施されているのだと思います。

にも関わらず、
やっぱり トラブルは起こるんですね~

でも、なんとなく…

そこが ちょっと イイ感じかも
…などと、思ってしまいました^^;

だって
こんなにグチャグチャで
こんなに情けなく
こんなに哀れで
こんなに悲しい
それでいて
こんなに面白くて
こんなに笑うしかないよ~的な事故が
こんなに身近で起こっているのを見ると

やっぱり人のやることだなぁ~
って思っちゃうわけで
それは完全無欠のロボットや
完璧なシステムによるものと言うよりも
所詮は手作りに毛の生えた程度のモノだね~
って感じてしまうからなのかもしれません。

脱線事故自体の
衝撃的で悲惨な状況もさることながら
事故処理をするスタッフの人たちの
アナログな手作業の滑稽さというものも
回転寿司という現場ならではの
雰囲気を醸し出していたに違いありません。

フェイク食材や
インスタント志向への懸念
店員と客との関係性の欠如などが
指摘されることの多い回転寿司ですが
利用客の多くは
家族連れや友人同士のグループなどで
和気藹々とした会話とともに
みんなと一緒の食事を楽しんでいます。

いろいろ問題点もあるとは思いますが
忘れかけていた食事の楽しみ方を
時代に合ったカタチで維持させてくれている
貴重な業態なのではないかとも思えます。

回転寿司… 楽しいですもんね。

それはそうと・・・

こんなことを言うと不謹慎ではありますが(^^ゞ

一度でいいから
このような脱線事故を
ぜひ!実際に見てみたいものですwww

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:初めての試合観戦

コメント:0 | TB:0 【なに?コレ?】  B級グルメ 事故 寿司 コミュニケーション お気楽 

ページTOPへ↑

| PAGE-SELECT |